RTX 3070 Ti搭載おすすめゲーミングPC VRAMをアップグレード!高解像度でのパフォーマンスが向上したハイスペックモデル

  • RTX 3070から最大約10%性能が向上
  • VRAMのアップグレードで、特に高解像度での安定感がアップ
  • 搭載パソコンの予算目安は25~30万円台

RTX 3080に続き、RTX 3070にも上位クラスとなる”Tiバージョン”が登場。VRAMのアップグレードで性能を底上げした、ハイスペックグラボの実力と、おすすめモデルをチェックしてみましょう。

 

RTX 3070 Tiのスペックまとめ

リアルタイムレイトレーシング対応

RTX 3000シリーズでも引き続き、DXR(リアルタイムレイトレーシング)に対応しています。GPU内部にレイトレーシング専用ユニット”RTコア”を搭載することで、従来よりもさらにリアルな映像描写が可能になっています

 

上の画像はBattlefield Vのデモムービーですが、従来のGPUとの違いは一目瞭然。炎の描写が車体にもしっかり表現され、よりリアルになっているのがわかりますね。

さらにRTコアのほか、AI機能に対応した”Tensorコア”を搭載しているのもポイント。

Tensorコアを活用したアンチエイリアス技術”DLSSモード”では、AI機能を用いてジャギー(輪郭のギザギザ)を効率よく処理することで、従来のTAAやFXAA方式よりもフレームレートが向上します。

なお、DXR・DLSSいずれも対応したゲームでないと動作しない点に注意!

 

RTX 3070 Tiの仕様

 RTX 3090RTX 3080 TiRTX 3080RTX 3070 TiRTX 3070
コアGA102(Ampere)GA102(Ampere)GA102(Ampere)GA104(Ampere)GA104(Ampere)
プロセスルール8nm8nm8nm8nm8nm
CUDAコア数10496基10240基8704基6144基5888基
RTコア数 
82基80基68基48基46基
Tensorコア数
328基320基272基192基184基
動作クロック1395MHz1365MHz1440MHz1575MHz1500MHz
ブーストクロック1695MHz
1665MHz1710MHz1770MHz1725MHz
メモリークロック19.5GHz19GHz19GHz19GHz14GHz
メモリータイプGDDR6XGDDR6XGDDR6XGDDR6XGDDR6
メモリーインターフェース384bit384bit320bit256bit256bit
メモリーバス幅
936GB/s912GB/s760GB/s608GB/s448GB/s
メモリー搭載量24GB12GB10GB8GB8GB
TDP350W
350W320W290W220W
PCI Express4.04.04.04.04.0
NVLink SLI
外部電源12ピン12ピン12ピン12ピン12ピン

RTX 3070の上位モデルですが、グラフィック描写の要となるCUDAコアは、RTX 3070から約4%の増加にとどまり、クロックも微増とだいぶ控えめ。目玉はなんといってもVRAM(グラフィックメモリ)ですね。RTX 3070のGDDR6から、GDDR6Xにアップグレードされています。

メモリーインターフェースは256bitと据え置きですが、メモリークロックが19GHzとかなり高速になり、メモリーバス幅はなんと608GB/sと、RTX 3070から約35%も広くなっています。メモリーバス幅の強化により、高解像度でのパフォーマンス向上を実現しています。

ただ、マイナーチェンジといった感じで、Tiシリーズにしてはどうにもインパクト不足ですね。。

 

ベンチマーク

Ryzen 9 5900X・16GBメモリ(DDR4-3200)の組み合わせで実際の性能をチェックしてみましょう。

3DMark

おなじみのベンチマークソフトです。

まずDirectX11をベースにしたFire Strikeですが、RTX 3070 TiはRTX 3070を約6~7%上回っています。仕様通りといったところで、あまり差がつきません。

なお、上位のRTX 3080との性能差は、Fire Strikeこそ約2%ですが、Fire Strike Extremeでは約17%、Fire Strike Ultraでは約24%となり、解像度が上がると差が開く傾向にあります。コア数はもちろん、メモリの仕様の差がきっちりスコアに表れています。

 

次に最新のDirectX12をベースにしたTime Spyをチェック。

RTX 3070 TiはRTX 3070を約8~9%上回っており、Fire Strikeとあまり変わらない結果となりました。また、高解像度を想定したテストのため、RTX 3080との性能差は約21~22%と大きく差がついています。

Tiにもかかわらず、RTX 3070+αの性能というのは、やっぱり物足りないですね。

 

最後はDXR(リアルタイムレイトレーシング)性能を測定するPort Royalをチェック。

RTコアは微増ということで、RTX 3070 TiとRTX 3070の差は約6%と控えめ。なお、RTX 3080はRTコアがとても多く、RTX 3070 Tiよりも約24%高いスコアをマークしています。

 

FF14漆黒のヴィランズ

続いて実際のゲームでチェックしていきますが、まずはおなじみのMMORPGゲームから。スコア9000以上で平均60fpsをキープできるようになります。

 

RTX 3070 TiとRTX 3070との差は、フルHDでは約3%程度ですが、4Kともなると約12%までに拡大し、やはり高解像度に強いです。

なお、RTX 3080との差は、解像度が上がるほど大きくなる傾向で、フルHD&WQHDでは約3~5%程度ですが、4Kでは約18%にもなり、高解像度で格の違いを見せつけていますね。

 

Borderlands 3

DirectX12ベースの超重量級FPSゲームです。

解像度が上がるにつれRTX 3070 TiとRTX 3070との差が開き、フルHDでは平均fpsで約4%なのが、4Kでは約11%になります。が、4Kで平均60fpsに届かず、設定を落とす必要があります。

なお、RTX 3080との差は約15~29%と、解像度が上がるにつれ大きくなり、4Kでも平均60fpsをきっちり超えてきます。4Kでのパフォーマンス重視なら、RTX 3080以上あるとやはり安心です。

 

BIOHAZARD RE:3

DirectX12ベースの重量級TPSゲームですね。

RTX 3070 TiとRTX 3070との差は、フルHDでは平均fpsで約5%ですが、WQHD&4Kでは約10%に開き、高解像度での安定感が向上しています。なお、RTX 3080との差は約18~29%となり、やはり4Kでの差がとても大きくなっており、平均100fpsを突破するほど。

 

Watch Dogs Legion

DirectX12をベースにした、超重量級のTPSゲームで、DXR&DLSSに対応しています。DXR設定は”最高”、DLSS設定は”パフォーマンス”で計測しています。

RTX 3070 TiとRTX 3070との差は、フルHD&WQHDでは平均fpsで約3~4%と僅差ですが、4Kでは約11%と大きくなります。ただ、あまりにもグラフィック負荷が重いので、焼け石に水といったところ。

上位のRTX 3080との差は、フルHDこそ約9%ですが、4Kでは約74%と非常に大きくなり、4Kでも平均60fpsを狙えます。そもそもRTX 3070 TiはRTコア数が少ないので、高解像度でのDXRはかなり荷が重いです。。

 

Cyberpunk 2077

DirectX12をベースにした、超重量級のFPSゲームで、DXR&DLSSに対応しています。DXR設定は”サイコ”、DLSS設定は”パフォーマンス”で計測しています。

フルHDではDLSSそのものがボトルネックとなり、どのグラボもほぼ同じfpsをマークしています。Watch Dogs Legionもそうですが、それ以上に強烈です。

RTX 3070 TiとRTX 3070との差は、平均fpsで約5~15%となり、やはり4Kで大きく差がつきます。なお、RTX 3080とはWQHD以上でしっかり差がつき、4Kでは約43%と、上のゲームほどではないにしろかなり大きめです。ただ、このゲームはとてつもなく重いので、4KでDXRを動かすのは至難の業ですね。

 

消費電力

Time Spy実行時の消費電力を計測しました。

RTX 3070 Tiのピーク時の消費電力は、RTX 3070から約17%上昇。性能の上がり幅に比べ、消費電力が多く、ワットパフォーマンスはちょっと微妙ですね。

 

結局RTX 3070 Tiはどうなの?

RTX 3070からVRAM以外あまりテコ入れされず、性能は最大約10%の向上にとどまっています。高解像度でのゲーミングに強くなっていますが、RTX 3080には大きく差をつけられており、肩透かし感がありますね。ポジションとしては、RTX 3070と同じく、4Kでのファーストチョイスといったところです

なお、搭載モデルの価格は25万円台からとなっており、RTX 3070に比べ割高感があります。予算重視ならRTX 3070で済ませてしまうのもアリです。

 

RTX 3070 Ti搭載のおすすめゲーミングPC

 icon-info-circle モデルの構成・価格は日々変動するので、参考までにご覧ください。

 LEVEL-G0X5-R58X-UAX(パソコン工房)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Ryzen 7 5800X
■チップセット:X570チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-3200)
■グラボ:RTX 3070 Ti
■ストレージ:SSD 1TB(PCIe NVMe)
■電源:800W(80PLUS TITANIUM)
■大型CPUクーラー搭載
■価格:267,278円(税込)~

ハイクオリティのコスパモデル

AMDの第4世代8コア16スレッドCPU・Ryzen 7 5800XとRTX 3070 Tiを搭載した、4Kでのゲーミングに最適なフルタワーモデル。熱いCPUですが、大型CPUクーラーを搭載しており、冷却面は万全。

大容量の16GBメモリに超大容量SSDの充実した初期構成で、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを採用。さらに、高品質のASUS製マザーボード【X570-PRO】のほか、電源には最大94%の電力変換効率を誇る、省エネ・低発熱のチタンクラス電源を搭載する徹底ぶりです。

また、拡張性に優れたケースは裏配線構造となっており、エアフローに優れ冷却性はバツグン。オールインワンの完成度の高さが魅力のモデルです。

Core i7-11700K搭載の割安モデルはこちら>>>LEVEL-G059-LC117K-UAX icon-external-link 

 

おすすめカスタマイズ

基本的にはカスタマイズ不要ですが、HDDを追加してデュアルストレージにすると、ゲームとデータ類の保存先を分けることができ、さらに便利になります。

 icon-check-circle パソコン工房のおすすめカスタマイズを徹底解説

 

 G-Tune HN-Z-CM-3070Ti(G-Tune)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i7-11700K
■チップセット:Z590チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-3200)
■グラボ:RTX 3070 Ti
■ストレージ:SSD 512GB+HDD 2TB
■電源:800W(80PLUS TITANIUM)
■水冷式CPUクーラー搭載
■価格:274,780円(税込)~

※レビューモデルではRTX 2080を搭載しています。本体イメージの確認におすすめ。

保証&サポート重視ならG-Tuneがおすすめ

インテルの第11世代8コア16スレッドCPU・Core i7-11700KとRTX 3070 Tiを搭載した、4Kでのゲーミングに最適なミドルタワーモデル。K付きCPUなので、より高いパフォーマンスを発揮します。

大容量の16GBメモリに大容量デュアルストレージの充実した初期構成で、SSDは通常のSSDよりも4~5倍高速のNVMeタイプを採用。さらに、最大94%の電力変換効率を誇るチタンクラス電源や水冷式CPUクーラーを搭載するこだわりよう。文句なしのパーフェクト構成です。

また、ケースの完成度が高いのもポイント。ケース内部は電源とストレージを上部に集約した”チャンバー構造”になっており、エアフローがとてもスムーズ。さらに、フロント部分にHDMI端子がついているので、VR機器の取り回しもかんたんです。

ちなみに、G-Tuneは保証が充実しているのもポイント。G-Tuneでは延長保証が定額制で安く、例えば3年延長保証+センドバック修理保証に7,700円(税込)で加入することができます。また、24時間365日の電話サポート&96時間以内で修理完了が標準メニューとして用意されており、万が一でも安心。

予算重視のハイスペックモデルとしておすすめ。

 

おすすめカスタマイズ

充実した初期構成なので、基本的にカスタマイズ不要。余裕があればSSDを1TBに増やすのもあり。

 icon-check-circle G-Tuneのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

 icon-exclamation-circle ゲーミングPCは高い…とお悩みの方必見!

グラボ別激安ゲーミングPCまとめ 予算重視の方は必見!
各グラフィックボード別の激安モデルをピックアップしました。安さでいうならドスパラorパソコン工房の二択です。 グラフィックボード別激安ゲーミングPC icon-info-circleモデルの価格や構成は日々変動するので、参考まで...

 

 関連リンク

ほかのグラフィックボードもチェック

 

あわせて知りたい

 icon-exclamation-circle おトクなセール情報もチェック!

パソコン工房のゲーミングPCセール情報 格安モデルがさらに安く!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。 パソコン工房では、10月26日午後13時59分まで''...
ドスパラのゲーミングPCセール情報 無料アップグレードでコスパUP!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。コスパに優れたおすすめモデルをチェックしていきましょう。 ...
G-TuneのゲーミングPCセール情報 おトクな格安モデルをお見逃しなく!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。期間限定セールをチェックしてみましょう。 秋売り尽くしセ...
ツクモのゲーミングPCセール情報 自作クオリティのおトクなモデルをご紹介!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。 ツクモでは現在セールを実施していません。以下おすすめモ...
タイトルとURLをコピーしました