RTX 3060 Ti搭載おすすめゲーミングPC 4K入門に最適!RTX 2080 SUPERを超える性能に進化したアッパーミドルモデル

  • RTX 2060 SUPERから約30~40%性能が向上し、4K入門に最適
  • DXR性能も大きくパワーアップしたものの、4Kでは力不足
  • 搭載パソコンの予算目安は16~21万円台

低価格で高性能!RTX 2080 SUPERを超えるパフォーマンスに進化した、RTX 3060 Tiの実力とおすすめBTOパソコンをチェックしてみましょう。

 

RTX 3060 Tiのスペックまとめ

リアルタイムレイトレーシング対応

RTX 3000シリーズでも引き続き、DXR(リアルタイムレイトレーシング)に対応しています。GPU内部にレイトレーシング専用ユニット【RTコア】を搭載することで、従来よりもさらにリアルな映像描写が可能になっています

 

上の画像はBattlefield Vのデモムービーですが、従来のGPUとの違いは一目瞭然。炎の描写が車体にもしっかり表現され、よりリアルになっているのがわかりますね。

さらにRTコアのほか、AI機能に対応した【Tensorコア】を搭載しているのもポイント。

Tensorコアを活用したアンチエイリアス技術”DLSSモード”では、AI機能を用いてジャギー(輪郭のギザギザ)を効率よく処理することで、従来のTAAやFXAA方式よりもフレームレートが向上します。

なお、DXR・DLSSいずれも対応したゲームでないと動作しない点に注意!

 

RTX 3060 Tiの仕様

 RTX 3060 TiRTX 3070RTX 2080 SUPERRTX 2060 SUPER
コアGA104(Ampere)GA104(Ampere)TU104(Turing)TU106(Turing)
プロセスルール8nm8nm12nm FinFET12nm FinFET
CUDAコア数4864基5888基3072基2176基
RTコア数 
38基46基48基34基
Tensorコア数
152基184基384基272基
動作クロック1410MHz1500MHz1650MHz1470MHz
ブーストクロック1665MHz1725MHz1815MHz1650MHz
メモリークロック14GHz14GHz15.5GHz14GHz
メモリータイプGDDR6GDDR6GDDR6GDDR6
メモリーインターフェース256bit256bit256bit256bit
メモリーバス幅
448GB/s448GB/s496GB/s448GB/s
メモリー搭載量8GB8GB8GB8GB
TDP200W220W250W175W
PCI Express4.04.03.03.0
NVLink SLI
外部電源12ピン12ピン8ピン+6ピン8ピン

製造プロセスは12nmから8nmへさらに微細化。GPUコアは上位のRTX 3070と同じくGA104を採用していますが、SM(Streaming Multiprocessor)が一部無効化されており、CUDAコア数はRTX 3070の約83%にとどまっています。

それでも前世代からはしっかり底上げされており、CUDAコアは、RTX 2070 SUPER比で約1.6倍、RTX 2060 SUPER比で約2.2倍と大幅に増加。アッパーミドルクラスながら、前世代のハイエンドクラスの性能を手に入れています。

なお、あくまでもRTX 3070のデチューン版ということで、VRAM(グラフィックメモリ)はGDDR6のまま据え置きとなっており、メモリー規格からメモリー容量にいたるまで、RTX 3070どころかRTX 2060 SUPERと同等。ただ、このグレードでVRAM容量が8GBというのはグッドですね。

なお、RTX 3070以下はTDPが控えめで、RTX 3060 Tiでは200Wに抑えています。さすがにRTX 2060 SUPER並みとはいかないものの、RTX 2080 SUPERよりも50W低くなっており、ワットパフォーマンスは上々です。

 

そのほかのポイントとして、PCI Express 4.0をサポートしています。

従来のPCI Express 3.0との性能差ですが、ゲーミングではほとんど差はなく、あっても2~3%とごくわずか。PCI Express 4.0に対応したAMD製CPU(X570&B550チップセットのみ)と、PCI Express 3.0で据え置きのインテル製CPUのどちらを選ぶかは、お好み次第です。

 

ベンチマーク

Ryzen 9 5900X・16GBメモリ(DDR4-3200)の組み合わせで実際の性能をチェックしてみましょう。

3DMark

おなじみのベンチマークソフトです。

まずDirectX11をベースにしたFire Strikeですが、RTX 3060 TiはRTX 2060 SUPERに対し、フルHDでは約34%、WQHDでは約39%、4Kでは約42%とその差は圧倒的。さすがに1.6倍とはいかないものの、RTX 2080 SUPERを追い越し、約5~8%上回っています。

なお、上位のRTX 3070との性能差は約12~15%程度。さほど差はついていない感じですが、4Kだとこの差が意外と効いてきます。

 

次に最新のDirectX12をベースにしたTime Spyをチェック。

RTX 3060 TiはRTX 2060 SUPERに対しWQHDでは約37%、4Kでは約42と大きく差をつけています。やはりRTX 2080 SUPERを上回り、約3~9%の差をつけています。

なお、RTX 3070との性能差は約13~15%となり、Fire Strikeとほぼ同じような傾向となっています。

 

最後はDXR(リアルタイムレイトレーシング)性能を測定するPort Royalをチェック。

RTコアそのものは、RTX 2060 SUPERから4基増えただけとなっていますが、第2世代にアップグレードされており、約39%パフォーマンスが向上。RTX 2080 SUPERを下回っていますが、その差はあってないようなものです。

なお、RTX 3070との性能差は約16%程度ですが、4K×DXRだとはっきり言って厳しいです。最低でもRTX 3070、できればRTX 3080あると安心ですね。

 

FF14漆黒のヴィランズ

続いて実際のゲームでチェックしていきましょう。

 

まずはおなじみのMMORPGゲームから。

RTX 3060 TiはRTX 2060 SUPERに対し、フルHDでは約14%差と小さいものの、WQHDでは約33%、4Kではなんと約43%差にもなり、高解像度での性幅に向上しています。RTX 2080 SUPERと差は約4~5%ながら、しっかり上回っています。

なお、上位のRTX 3070との差は、フルHD・WQHDでは約2~6%程度ですが、4Kでは約10%とやや差がつきます。

 

Far Cry New Dawn

DirectX11ベースの重量級FPSゲームです。

RTX 3060 TiとRTX 2080 SUPERは見事に互角となっていますが、RTX 2060 SUPERとの差は歴然としています。フルHDこそCPUがボトルネックなので、ほとんど差はありませんが、平均fpsはWQHDで約16%、4Kでは約36%にもなります。

なお、RTX 3070との差ですが、WQHDでは約3%ですが、4Kでは約11%と明確に差がつき、ワンランク上の安定性を実現しています。ともあれ、4Kでは平均60fpsをキープしており、4KでのゲーミングならまずRTX 3060 Tiは押さえておきたいところですね。

 

Borderlands 3

DirectX12ベースの超重量級FPSゲームです。

とてもヘビーなゲームということで、全ての解像度で大きく差がつき、RTX 3060 TiはRTX 2060 SUPERに対し、平均fpsは約27~42%もの差がつきます。このゲームでもRTX 2080 SUPERを上回りますが、約7~8%とやはり小さめ。

なお、RTX 3070との性能差は、約12~18%とやや大きめですが、このグレード4Kでは厳しいですね。4KならRTX 3080は欲しいところ。

 

BIOHAZARD RE:3

DirectX12ベースの重量級TPSゲームですね。

RTX 2060 SUPERと比較すると、すべての解像度で差が大きくつき、平均fpsは約48~52%差にもなります。RTX 2080 SUPERに対しては、フルHDこそ約13%と大きく差をつけていますが、それ以上では約5~6%差と小さめです。

なお、RTX 3070に対しては約6~7%差まで詰め寄っています。

 

Call of Duty : Black Ops Cold War

DXRに対応した、DirectX12ベースの重量級ゲームです。DXR設定は”最高”で計測しています。

DXRはとにかくヘビー。RTX 3060 TiとRTX 2060 SUPERでは雲泥の差がつき、フルHDでの平均fpsは約50%、WQHDでは約62%、4Kでは約71%にもなります。RTX 2080 SUPERとの差は約3~9%ほどと、他のゲームとほぼほぼ同じような傾向です。

なお、RTX 3070と比較すると、フルHDでは約34%、4Kでは約22%差になり、他のテストよりも大きく差がつくようになります。

 

DLSSを有効にした際のベンチマークで、DLSS設定は”品質”にしています。

DLSSを有効にするだけで大幅にfpsが向上し、上げ幅は最大約40%にもなります。RTX 2060 SUPERに対しては、フルHDでの平均fpsは約43%、WQHDで約56%、4Kでは約55%高いfpsをマークし、まさに圧倒的。RTX 2080 SUPERとの差は変わらず、約6~8%程度です。

なお、RTX 3070との性能差は、約8~9%となり、DXRオンリーよりも差が縮まります。平均60fps近くまで伸ばせていることを考えると、DXRなら最低でもRTX 3070は欲しいところですね。

 

BATTLEFIELD V

同じくDirectX12をベースにした重量級ゲームですが、DXR&DLSSに対応しています。

RTX 3060 TiはRTX 2060 SUPERに対し、フルHDでは平均fpsが約37%、WQHDでは約57%、4Kでは約50%も高くなっています。なお、RTX 2080 SUPERとの差は約3~7%程度です。

また、DXRオンリーではRTX 3070との差が大きくつき、最大約23%にもなります。

 

DXRに加え、DLSS機能を有効にした際の結果となります。

DXRオンリーの時と変わらず、RTX 2060 SUPERに対し、平均fpsは約50%も向上。大きくパフォーマンスが上がっているものの、それでも平均51fps止まりとなり、DXRではやはり厳しいですね。

なお、RTX 3070は約20%fpsが高く、平均60fpsを突破。ここ一番での性能がRTX 3060 Tiとは一味違います。

 

消費電力

Time Spy実行時の消費電力を計測しました。

RTX 2060 SUPERから大幅にパワーアップしているにもかかわらず、消費電力は約8%の上昇にとどまっています。また、RTX 2080 SUPERとほぼ互角の性能で、約8%ほど消費電力が少なくなっており、RTX 3070同様ワットパフォーマンスは上々です

 

結局RTX 3060 Tiはどうなの?

RTX 2060 SUPERから約30~40%性能が向上し、RTX 2080 SUPERを上回るまでに進化しています。上位のRTX 3070との差もおおむね約10%前後となっており、4Kでのゲーミングにも対応。アッパーミドルにしてはかなりおいしい性能です。

ただ、DXRの性能も大幅に向上しているとは言うものの、RTX 3070に大きめの差をつけられ、4K×DXRには力不足といったところ。あくまでも4K入門モデルといったポジションですね。

なお、搭載モデルの価格は16万円台~と、RTX 3070よりもかなり安く、コスパ◎。予算をかけずに4Kでゲームを楽しみたい方におすすめです

 

RTX 3060 Ti搭載のおすすめゲーミングPC

 icon-info-circle モデルの構成・価格は日々変動するので、参考までにご覧ください。

AMD製CPU搭載モデル

総合力と価格の安さに優れた【Ryzen 3000シリーズ】をピックアップしました。

 GALLERIA/ガレリア XA7R-R36T(ドスパラ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Ryzen 7 3700X
■チップセット:B550チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-3200)
■グラボ:RTX 3060 Ti
■ストレージ:SSD 1TB(PCIe NVMe)
■電源:650W(80PLUS BRONZE)
■価格:209,980円(税込)~

高機能ケースを採用したハイスペックモデル

AMDの第3世代8コア16スレッドCPU・Ryzen 7 3700XとRTX 3060 Tiを搭載した、4K入門に最適なミドルタワーモデル。

大容量の16GBメモリに超大容量SSDの充実した初期構成で、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを採用しています。

曲線を用いた美しいケースは、裏配線&チャンバー構造を採用することで、高いエアフローを実現。さらに、LEDイルミネーションやクリアサイドパネルを搭載しており、トータルでの完成度が高い一台に仕上がっています。ワンランク上のミドルクラスモデルとしておすすめ。

 

おすすめカスタマイズ

基本的にはカスタマイズ不要ですが、HDDを追加してデュアルストレージにすると、ゲームとデータ類の保存先を分けることができ、さらに便利になります。

 icon-check-circle ドスパラのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

 GALLERIA/ガレリア RM5R-R36T(ドスパラ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Ryzen 5 3600
■チップセット:A520チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-2666)
■グラボ:RTX 3060
■ストレージ:SSD 512GB(PCie NVMe)
■電源:650W(80PLUS BRONZE)
■価格:169,980円(税込)~

割安のコスパモデル

AMDの第3世代6コア12スレッドCPU・Ryzen 5 3600とRTX 3060 Tiを搭載した、4K入門に最適なに最適なミニタワーモデル。

大容量の16GBメモリに大容量SSDの充実した初期構成で、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを採用。曲線を用いた美しいケースは、LEDイルミネーションやクリアサイドパネルを搭載するほか、チャンバー構造や裏配線を採用するこだわりよう。見た目も華やかで、エアフローもバツグンです。

価格も16万円台と安く、予算を抑えつつ、性能にもこだわりたいならおすすめ。

 

おすすめカスタマイズ

基本的カスタマイズ不要ですが、HDDを追加してデュアルストレージにすると、ゲームとデータの保存先を分けることができ、とても便利。

 icon-check-circle ドスパラのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

インテル製CPU搭載モデル

ゲーミング性能に優れたインテルCPU搭載モデルをピックアップしました。

 GALLERIA/ガレリア XA7C-R36T 第11世代Core搭載(ドスパラ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i7-11700
■チップセット:H570チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-3200)
■グラボ:RTX 3060 Ti
■ストレージ:SSD 1TB(PCIe NVMe)
■電源:650W(80PLUS BRONZE)
■大型CPUクーラー搭載
■価格:219,980円(税込)~

※実機モデルではCore i7-10700を搭載しています。

高品質ケースを採用したコスパモデル

インテルの第11世代8コア16スレッドCPU・Core i7-11700とRTX 3060 Tiを搭載した、4K入門に最適なミドルタワーモデル。

大容量の16GBメモリに大容量SSDの充実した初期構成で、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを採用。さらに大型のCPUクーラーを装備しており、冷却面も万全です。

曲線を用いた美しいケースは、裏配線&チャンバー構造を採用することで、高いエアフローを実現。さらに、LEDイルミネーションやクリアサイドパネルを搭載するこだわりようです。特にケースの完成度を重視する方におすすめ。

第10世代のCore i7-10700を搭載した割安モデルはこちら>>>GALLERIA XA7C-R36T icon-external-link 

 

おすすめカスタマイズ

基本的にはカスタマイズ不要ですが、HDDを追加してデュアルストレージにすると、ゲームとデータ類の保存先を分けることができ、さらに便利になります。

 icon-check-circle ドスパラのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

 GALLERIA/ガレリア RM5R-R36T第11世代Core搭載(ドスパラ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i5-11400
■チップセット:B560チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-3200)
■グラボ:RTX 3060 Ti
■ストレージ:SSD 512GB(PCIe NVMe)
■電源:650W(80PLUS BRONZE)
■価格:179,980円(税込)~

Core i5搭載の格安モデル

インテルの第11世代6コア12スレッドCPU・Core i5-11400とRTX 3060 Tiを搭載した、4K入門に最適なミニタワーモデル。

大容量の16GBメモリに大容量SSDの充実した初期構成となっています。最近のゲームはメモリを多く使い、容量そのものも増えていますが、この内容なら安心です。

第10世代のCore i5-10400を搭載した割安モデルはこちら>>>GALLERIA RM5C-R36T icon-external-link 

 

おすすめカスタマイズ

基本的カスタマイズ不要ですが、HDDを追加してデュアルストレージにすると、ゲームとデータの保存先を分けることができ、とても便利。

 icon-check-circle ドスパラのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

 icon-exclamation-circle ゲーミングPCは高い…とお悩みの方必見!

グラボ別激安ゲーミングPCまとめ 予算重視の方は必見!
各グラフィックボード別の激安モデルをピックアップしました。安さでいうならドスパラorパソコン工房の二択です。 グラフィックボード別激安ゲーミングPC icon-info-circleモデルの価格や構成は日々変動するので、参考まで...

 

 関連リンク

ほかのグラフィックボードもチェック

 

あわせて知りたい

 icon-exclamation-circle おトクなセール情報もチェック!

パソコン工房のゲーミングPCセール情報 格安モデルがさらに安く!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。 パソコン工房では、8月17日午後2時まで''ボーナスセ...
ドスパラのゲーミングPCセール情報 無料アップグレードでコスパUP!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。コスパに優れたおすすめモデルをチェックしていきましょう。 ...
G-TuneのゲーミングPCセール情報 おトクな格安モデルをお見逃しなく!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。期間限定セールをチェックしてみましょう。 ビッグサマーセ...
ツクモのゲーミングPCセール情報 自作クオリティのおトクなモデルをご紹介!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。 ツクモでは現在セールを実施していません。以下おすすめモ...
タイトルとURLをコピーしました