RTX 2080 Ti搭載おすすめゲーミングPC 4Kモデルの決定版!リアルタイムレイトレーシング対応の最強モデル

  • GTX 1080 Tiよりも最大約60%性能向上!4Kグラボの決定版
  • 最強のリアルタイムレイトレーシング性能。よりリアルな描写が可能に
  • 搭載パソコンの予算目安は24~34万円

新時代のハイエンドグラボ【RTX 2080 Ti】デビュー!そのスペックとおすすめBTOパソコンをチェックしてみましょう。

 

RTX 2080 Tiのスペックまとめ

リアルタイムレイトレーシング対応

RTX 2070をはじめRTX 20シリーズではリアルタイムレイトレーシング技術を採用しています。GPU内部にレイトレーシング専用ユニット【RTコア】を搭載することで、従来よりもさらにリアルな映像描写が可能になっています

 

上の画像はBattlefield Vのデモムービーですが、従来のGPUとの違いは一目瞭然。炎の描写が車体にもしっかり表現され、よりリアルになっているのがわかりますね。

さらにRTコアのほか、AI機能に対応した【Tensorコア】を搭載しているのもポイント。

Tensorコアを活用したアンチエイリアス技術【DLSSモード】では、AI機能を用いてジャギー(輪郭のギザギザ)を効率よく処理することで、従来のTAAやFXAA方式よりもフレームレートが向上します。

なお、DXR・DLSSいずれも対応したゲームでないと動作しない点に注意!

 

RTX 2080 Tiの仕様

 RTX 2080 TiRTX 2080GTX 1080 TiGTX 1080
アーキテクチャTuringTuringPascalPascal
プロセスルール12nm FinFET12nm FinFET16nm FinFET16nm FinFET
CUDAコア数4352基2944基3584基2560基
動作クロック1350MHz1515MHz1480MHz1607MHz
ブーストクロック1635MHz(FE)
1545MHz
1800MHz(FE)
1700MHz
1582MHz1733MHz
メモリークロック14GHZ14GHz11GHz10GHz
メモリータイプGDDR6GDDR6GDDR5XGDDR5X
メモリーインターフェース352bit256bit352bit256bit
メモリーバス幅616GB/s448GB/s484GB/s320GB/s
メモリー搭載量11GB8GB11GB8GB
TDP260W(FE)
250W
225W(FE)
215W
250W180W
Rays/sec10Giga8Giga
RTX-OPS78T60T
外部電源8ピン×28ピン+6ピン8ピン+6ピン8ピン

GPUの製造プロセスは、前世代の16nmから12nmへさらに微細化。

GTX 1080 Tiと比較してみると、グラフィック描写の要となるCUDAコアは約21%増加。RTX 2080と同じくベースクロックを下げる分、ブーストクロックを引き上げることにより、性能を引き出す仕組みです。

メモリは最大18Gbpsのデータ転送レートを誇る【GDDR6】へグレードアップ。メモリーインターフェースこそGTX 1080 Tiと同じ352bitですが、メモリーバス幅は約1.4倍となり、負荷のかかる場面でより高い安定性を発揮します。なお、VRAMの容量は変わらず11GBのままで変わらず。

仕様上ではTDPが同じということになっていますが、実際ピーク時の消費電力は約50Wほど上がっています。性能が大幅に向上しているので、想定内ではありますね。

 

ベンチマーク

Core i7-8700K・16GBメモリの組み合わせで実際の性能をチェックしてみましょう。

3DMark

こちらは現在主流のDirectX11をベースにしたテストです。総合スコアはCPUとGPUを含めたスコアで、グラフィックスコアはその名の通り、グラボ単体のスコアです。

見ての通りRTX 2080 Tiのグラフはいずれも頭二つ分ほど抜け出しており、GTX 1080 Tiより約28~33%、RTX 2080よりも約24~28%性能が上がっています。唯一、総合スコア・フルHDのみCPUがボトルネックになり、約13~17%とその差が縮まります。

主流の規格で約3割増しというのはかなり大きいですね。「4Kをド安定で」がようやく実現したといっても過言ではありません。

 

こちらは今後主流になるであろうDirectX12のテストです。

とりわけグラボの性能が重要になるテストなだけあり、GTX 1080 Ti比で約47~62%、RTX 2080比では約19~30%と大幅に性能が向上しています。圧巻の性能で、次世代にも十分通用するスペックに仕上がっています。

 

Far Cry 5

重量級のFPSゲームで、4K・最高設定でプレイするにはGTX 1080 TiのSLI構成が必要になるのですが、やってくれましたね。平均・最低ともに60fpsをキープし、安定してプレイ可能です。RTX 2080も善戦していますが、4Kになるとくっきり明暗が分かれます。

 

PUBG

こちらも同じく重量級のFPSゲームですが、やはり4Kに強し!RTX 2080・GTX 1080 Tiとは圧倒的な性能差で、4K・高設定で平均100fpsをうかがう高いパフォーマンスを発揮します。画質的にも高設定で十分なのでなおさら。

WQHDであれば平均・最低ともに非常にfpsが伸び、144Hzモニターを常時フル活用できます。

 

Fortnite

フルHDの軽さとは裏腹に、4Kになるとガッツリ重くなるゲームです。RTX 2080 Tiだと4K・エピックで平均60fpsをキープできます。最低fpsは60を若干下回ってしまいますが、十分許容範囲内です。

ただ、WQHDでは平均100fpsをキープでき、フルHDともなると平均・最低fpsともに高く、144Hzの高リフレッシュレートモニターをフル活用できます。やはりGTX 1080とGTX 1080 Tiとは格が違います。

 

FF14

言わずと知れた国産のMMORPGで、平均60fpsをキープするにはスコア9000以上が必要になります。

4K・最高設定でスコア9000以上となると、GTX 1080 TiのSLI構成が必要になるのですが、唯一RTX 2080 Tiのみ9000を大きく超え、まさかの10000オーバーをマークしています。

本格的に4KでゲームするならやはりRTX 2080 Tiを選びたいですね。

 

FF15

FF14よりもさらに重くなった、FFシリーズの最新タイトル。このゲームでは【DLSS】機能に対応しています。

”DLSS”(Deep Learning Super-Sampling)とは、AIの学習性能を活用したグラフィック処理のこと。対応したゲームであれば、性能を飛躍的に向上させることができます。もちろん、RTX 20シリーズ限定の機能となります。

4K・最高設定のカスタムモードで、通常のTAAモードとハイパフォーマンスのDLSSモードにて測定しています。

GTX 1080 Tiと比較してみると、TAAモードでは約64%、DLSSモードともなるとダブルスコア以上に。RTコア+DLSSモードの有無で、リアルタイムレイトレーシングで雲泥の差がつくことがわかります。

今後は”BATTLEFIELD V”をはじめ様々なゲームにも対応していくとのこと。パフォーマンスのアシスト機能として、かなり期待できますね。

 

結局RTX 2080 Tiはどうなの?

4Kでゲームを存分に楽しみたいのであればこれ一択!

GTX 1080 Tiより最大約60%も性能が高くなり、4Kでの高い安定感はもちろん、従来SLI構成が必須だったゲームを1枚で動かせる高いパフォーマンスは、まさに【最強グラボ】と呼ぶにふさわしい内容です。

リアルタイムレイトレーシング性能も申し分なく、4Kもリアルタイムレイトレーシングも存分に楽しみたいのであれば「これ一択」というレベルでおすすめ。価格はかなり高いですが、お値段以上の価値はあります。

 

RTX 2080 Ti搭載のおすすめゲーミングPC

 icon-info-circle モデルの価格は日々変動するので、価格は参考までにご覧ください。

AMD製CPU搭載モデル

インテルCPUを凌ぐ高いパフォーマンスとコスパが魅力の【Ryzen 3000シリーズ】をピックアップしました。

 GALLERIA/ガレリア AXZ 3700X搭載(ドスパラ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Ryzen 7 3700X
■チップセット:X570チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-2666)
■グラボ:RTX 2080 Ti
■ストレージ:SSD 512GB+HDD 2TB
■電源:750W(80PLUS GOLD)
■価格:259,980円(税別)~

高コスパ&フル装備のRyzen 7搭載モデル

AMDの8コア16スレッドCPU・Ryzen 7 3700XとRTX 2080 Tiを搭載した、ド安定の4K性能が魅力のミドルタワーモデル。

大容量の16GBメモリに大容量デュアルストレージの充実した初期構成で、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを採用。さらに電源は最大90%の電力変換効率を誇る、省エネ・低発熱のゴールドクラス電源を搭載する徹底ぶりです。

ケースも冷却性と拡張性に優れており、トータルでの完成度が高い一台に仕上がっています。この内容で25万円台はとても安く、コスパばつぐん!

 

おすすめカスタマイズ

文句なしの初期構成で、基本的にカスタマイズ不要。

 icon-check-circle ドスパラのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

  LEVEL-R0X5-R93X-XYVI(パソコン工房)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Ryzen 9 3900X
■チップセット:X570チップセット
■メモリ:8GB(DDR4-2666)
■グラボ:RTX 2080 Ti
■ストレージ:SSD 250GB+HDD 1TB
■電源:850W(80PLUS GOLD)
■価格:279,980円(税別)~

 

Ryzen 9搭載の特価モデル

AMDの12コア24スレッドCPU・Ryzen 9 3900XとRTX 2080 Tiを搭載した、ド安定の4K性能が魅力のミドルタワーモデル。このモデルでもASUS製のハイグレードマザーボード【PRIME X570-PRO】を搭載しています。

8GBメモリにデュアルストレージのポイントをおさえた初期構成で、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを採用。また、電源は最大90%の電源変換効率を誇る、ゴールドクラス電源を搭載する徹底ぶりです。このグレードのモデルなら、しっかりカスタマイズしたいところ。

 

おすすめカスタマイズ

重量級のゲームが増えており、メモリは16GBあると安心。また、ゲームそのものの容量も増えており、SSDは500GB以上にカスタマイズするのがおすすめ。

 icon-check-circle パソコン工房のおすすめカスタマイズを徹底解説

 

 GALLERIA/ガレリア AXZ 3950X搭載(ドスパラ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Ryzen 9 3950X
■チップセット:X570チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-3200)
■グラボ:RTX 2080 Ti
■ストレージ:SSD 1TB(PCIe NVMe)
■電源:750W(80PLUS GOLD)
■大型CPUクーラー搭載
■価格:333,333円(税別)~

16コア32スレッド!Ryzen 9 3950X搭載のアルティメットモデル

AMDの16コア32スレッドCPU・Ryzen 9 3950XとRTX 2080 Tiを搭載した、ド安定の4K性能が魅力のミドルタワーモデル。

大容量の16GBメモリに大容量SSDの充実した初期構成で、SSDは爆速のPCIe Gen.4タイプを採用。さらに電源は最大90%の電力変換効率を誇る、省エネ・低発熱のゴールドクラス電源を搭載する徹底ぶりです。

ケースも冷却性と拡張性に優れており、トータルでの完成度が高い一台に仕上がっています。

 

おすすめカスタマイズ

基本的にカスタマイズ不要ですが、編集用途でも使うのであれば、HDDを追加するのがおすすめ。

 icon-check-circle ドスパラのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

インテル製CPU搭載モデル

総合力ではAMD製CPUに軍配が上がりますが、ゲームならインテル製CPUが一歩リードしています。

 GALLERIA/ガレリア ZZ(ドスパラ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i9-9900K
■チップセット:Z390チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-2666)
■グラボ:RTX 2080 Ti
■ストレージ:SSD 1TB(PCIe NVMe)
■電源:750W(80PLUS GOLD)
■大型CPUクーラー搭載
■価格:279,980円(税別)~

フル装備のオールインワンモデル

第9世代の8コア16スレッドCPU・Core i9-9900KFとRTX 2080 Tiを搭載した、ド安定の4K性能が魅力のミドルタワーモデル。【K】付きのCPUなので、オーバークロック(自己責任)でさらに性能を引き出すこともできます。

もちろん冷却能力に優れた大型CPUクーラーを標準搭載しており、熱いCPUではありますが、冷却面は万全!

大容量の16GBメモリに超大容量SSDを搭載した、充実の初期構成が魅力的。SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを採用し、電源は最大90%の電源変換効率を誇るゴールドクラス電源というこだわりよう。

ケースも冷却性と拡張性に優れており、文句のつけようがないパーフェクトな一台です。

 

おすすめカスタマイズ

基本的にはカスタマイズ不要ですが、HDDを追加してデュアルストレージにすると、ゲームとデータ類の保存先を分けることができ、さらに便利になります。

 icon-check-circle ドスパラのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

  LEVEL-R040-LCi9K-XYVI-IeC(パソコン工房)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i9-9900K
■チップセット:Z390チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-2666)
■グラボ:RTX 2080 Ti
■ストレージ:SSD 500GB+HDD 2TB
■電源:800W(80PLUS BRONZE)
■水冷式CPUクーラー搭載
■価格:264,980円(税別)~

※実機レビューは関連モデルとなります。

水冷式CPUクーラー搭載のコスパモデル

第9世代の8コア16スレッドCPU・Core i9-9900KとRTX 2080 Tiを搭載した、ド安定の4K性能が魅力のミドルタワーモデル。【K】付きのCPUなので、オーバークロック(自己責任)でさらに性能を引き出すこともでき、CPUクーラーは高冷却の水冷式なので、冷却面も万全です。

大容量の16GBメモリに大容量デュアルストレージの充実した初期構成がポイント。SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを搭載し、さらに各種パーツを搭載するマザーボードには、高品質で信頼の高いASUS製の【PRIME Z390-A】を搭載する徹底ぶり。

 

まず拡張性ですが、マルチGPUに対応しており、SLIやCrossFireXといったグラボの2枚構成でさらに高いゲーミング性能を構築することができます。また、通常のSSDよりも4~5倍高速のPCIe接続SSDに対応したM.2スロットも用意されています。

機能面では、国産のオーディオ・コンデンサを採用したサウンドシステムに、安定した通信環境を実現するインテルのLANチップを搭載。さらに【AURA Sync】に対応したLEDイルミネーションも搭載し、PCのドレスアップも気軽に楽しめるようになっています。

耐久性にも優れており、【5X Protection III】とよばれる5つの機能では、過電圧や過電流対策、拡張スロットの強化などが施されてます。さらに拡張スロットは金属プレートで補強され、M2 SSDを冷却するヒートシンクも標準装備しています。

ケースも裏配線を採用しており、エアフローに優れ冷却性はバツグン。パーフェクトなRTX 2080 Ti搭載モデルがほしい方におすすめ。

 

おすすめカスタマイズ

この内容ならカスタマイズ不要!

 icon-check-circle パソコン工房のおすすめカスタマイズを徹底解説

 

  LEVEL-R040-i7K-XYVI-CR(パソコン工房)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i7-9700K
■チップセット:Z390チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-2666)
■グラボ:RTX 2080 Ti
■ストレージ:SSD 500GB+HDD 2TB
■電源:700W(80PLUS BRONZE)
■価格:238,980円(税別)~

Core i7搭載のリーズナブルなモデル

第8世代の8コアCPU・Core i7-9700KとRTX 2080 Tiを搭載した、ド安定の4K性能が魅力のミドルタワーモデル。【K】付きのCPUなので、オーバークロック(自己責任)でさらに性能を引き出すこともできます。

大容量の16GBメモリに大容量デュアルストレージのポイントをおさえた初期構成で、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを搭載するこだわりよう。ケースも裏配線を採用しており、エアフローに優れ冷却性はバツグン。拡張性も高く、コスパモデルながら高い完成度が魅力です。

 

おすすめカスタマイズ

前世代のCore i7よりも発熱が高く、CPUクーラーのカスタマイズがおすすめ。

 icon-check-circle パソコン工房のおすすめカスタマイズを徹底解説

 

 G-Tune HP-Z-DL(G-Tune)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i9-9900K
■チップセット:Z390チップセット
■メモリ:32GB(DDR4-2666)
■グラボ:RTX 2080 Ti
■ストレージ:SSD 512GB+HDD 2TB
■電源:800W(80PLUS TITANIUM)
■W水冷搭載
■価格:299,800円(税別)~

※実機モデルは空冷式クーラーを搭載しています。

保証&サポート重視ならおすすめ

第9世代の8コア16スレッドCPU・Core i9-9900KとRTX 2080 Tiを搭載した、ド安定の4K性能が魅力のミドルタワーモデル。【K】付きのCPUなので、オーバークロック(自己責任)でさらに性能を引き出すこともできます。

このモデルではなんとW水冷システムを採用しており、特に熱くなりがちなCPUとグラボを強力に冷却。長時間のゲーミングでも安心です。

さらに、メモリは特盛の32GB、ストレージはSSD 1TBの大容量構成で、SSDは通常のSSDよりも4~5倍高速のNVMewタイプを採用。さらに電源は最高峰のチタンクラス電源を搭載するこだわりよう。文句なしのパーフェクト構成です。

ケースのフロント部分は強化ガラス製でとてもスタイリッシュ。ケース自体の完成度も高く、ケース内部は電源とストレージを分離配置した【チャンバー構造】になっており、エアフローがとてもスムーズです。とことんクオリティにこだわる方におすすめ。

ちなみに、G-Tuneは保証が充実しているのもポイント。G-Tuneでは延長保証が定額制で安く、例えば3年延長保証+センドバック修理保証に7,000円(税別)で加入することができます。他社だと本体価格の10%かかることを考えると、はるかにおトク。

 

おすすめカスタマイズ

このモデルこそまさにカスタマイズ不要でしょう!

 icon-check-circle G-Tuneのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

 icon-exclamation-circle ゲーミングPCは高い…とお悩みの方必見!

グラボ別激安ゲーミングPCまとめ 予算重視の方は必見!
各グラフィックボード別の激安モデルをピックアップしました。安さでいうならドスパラorパソコン工房の二択です。 グラフィックボード別激安ゲーミングPC icon-info-circleモデルの価格や構成は日々変動するので、参考まで...

 

 関連リンク

ほかのグラフィックボードもチェック

デスクトップ

ノート

 

あわせて知りたい

 icon-exclamation-circle おトクなセール情報もチェック!

パソコン工房のゲーミングPCセール情報 格安モデルがさらに安く!
BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。 パソコン工房では現在次のセールやキャンペーンを実施中! ico...
ドスパラのゲーミングPCセール情報 無料アップグレードでコスパUP!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。 ドスパラでは現在、おトクな3大キャンペーンを実施中。コ...
G-TuneのゲーミングPCセール情報 おトクな格安モデルをお見逃しなく!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。期間限定セールをチェックしてみましょう。 期間限定セール...
ツクモのゲーミングPCセール情報 自作クオリティのおトクなモデルをご紹介!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。 ツクモでは現在、旧モデルの大幅値下げや、CPU無料アッ...
タイトルとURLをコピーしました