RTX 2080 Ti搭載おすすめゲーミングPC 4Kモデルの決定版!リアルタイムレイトレーシング対応の最強モデル

  • GTX 1080 Tiよりも最大約60%性能向上!4Kグラボの決定版
  • 最強のリアルタイムレイトレーシング性能。よりリアルな描写が可能に
  • 搭載パソコンの予算目安は26~35万円

新時代のハイエンドグラボ【RTX 2080 Ti】デビュー!そのスペックとおすすめBTOパソコンをチェックしてみましょう。

RTX 2080 Tiのスペックまとめ

リアルタイムレイトレーシング対応

RTX 2080をはじめRTX 20シリーズではリアルタイムレイトレーシング技術を採用しています。GPU内部にレイトレーシング専用ユニット【RTコア】を搭載することで、従来よりもさらにリアルな映像描写が可能になっています

上の画像はBattlefield Vのデモムービーですが、従来のGPUとの違いは一目瞭然。炎の描写が車体にもしっかり表現され、よりリアルになっているのがわかりますね。

このリアルタイムトレーシング機能を使うには、ゲームが対応している必要があります。今後発売予定のBattlefield Vなどで採用されるほか、PUBGなど従来のタイトルにも順次対応していくとのこと。

そのほか、GPUにはRTコアのほか、【Tensorコア】を搭載し、ゲームだけでなくAIの開発などに必要なディープラーニングにも最適な設計となっているのもポイントです。

RTX 2080 Tiの仕様

RTX 2080 Ti RTX 2080 GTX 1080 Ti GTX 1080
アーキテクチャ Turing Turing Pascal Pascal
プロセスルール 12nm FinFET 12nm FinFET 16m FinFET 16m FinFET
CUDAコア数 4352基 2944基 3584基 2560基
動作クロック 1350MHz 1515MHz 1480MHz 1607MHz
ブーストクロック 1635MHz(FE)
1545MHz
1800MHz(FE)
1700MHz
1582MHz 1733MHz
メモリークロック 14GHZ 14GHz 11GHz 10GHz
メモリータイプ GDDR6 GDDR6 GDDR5X GDDR5X
メモリーインターフェース 352bit 256bit 352bit 256bit
メモリー搭載量 11GB 8GB 11GB 8GB
TDP 260W(FE)
250W
225W(FE)
215W
250W 180W
Rays/sec 10Giga 8Giga
RTX-OPS 78T 60T
外部電源 8ピン×2 8ピン+6ピン 8ピン+6ピン 8ピン
映像出力端子 DisplayPort 1.4a
HDMI 2.0b
USB Type-C
DisplayPort 1.4a
HDMI 2.0b
USB Type-C
DisplayPort 1.4
HDMI 2.0b
DisplayPort 1.4
HDMI 2.0b
DVI-D

GPUの製造プロセスは、前世代の16nmから12nmへさらに微細化。

GTX 1080 Tiと比較してみると、グラフィック描写の要となるCUDAコアは約21%増加。RTX 2080と同じくベースクロックを下げる分、ブーストクロックを引き上げることにより、性能を引き出す仕組みです。

メモリは最大18Gbpsのデータ転送レートを誇る【GDDR6】へグレードアップ。これは従来のGDDR5(9Gbps)のゆうに2倍。メモリ帯域にいたってはかのHBM2に匹敵するレベルです。容量は変わらず11GBのまま。

仕様上ではTDPが同じということになっていますが、実際ピーク時の消費電力は約50Wほど上がっています。性能が大幅に向上しているので、想定内ではありますね。

ベンチマーク

Core i7-8700K・16GBメモリの組み合わせで実際の性能をチェックしてみましょう。

3DMark

こちらは現在主流のDirectX11をベースにしたテストです。総合スコアはCPUとGPUを含めたスコアで、グラフィックスコアはその名の通り、グラボ単体のスコアです。

見ての通りRTX 2080 Tiのグラフはいずれも頭二つ分ほど抜け出しており、GTX 1080 Tiより約28~33%、RTX 2080よりも約24~28%性能が上がっています。唯一、総合スコア・フルHDのみCPUがボトルネックになり、約13~17%とその差が縮まります。

主流の規格で約3割増しというのはかなり大きいですね。「4Kをド安定で」がようやく実現したといっても過言ではありません。

こちらは今後主流になるであろうDirectX12のテストです。

とりわけグラボの性能が重要になるテストなだけあり、GTX 1080 Ti比で約47~62%、RTX 2080比では約19~30%と大幅に性能が向上しています。圧巻の性能で、次世代にも十分通用するスペックに仕上がっています。

Far Cry 5

4K・最高設定でプレイするにはGTX 1080 TiのSLI構成が必要になるのですが、やってくれましたね。平均・最低ともに60fpsをキープし、安定してプレイ可能です。RTX 2080も善戦していますが、4Kになるとくっきり明暗が分かれます。

PUBG

やはり4Kに強し!RTX 2080・GTX 1080 Tiとは圧倒的な性能差で、4K・高設定で平均100fpsをうかがう高いパフォーマンスを発揮します。画質的にも高設定で十分なのでなおさら。

WQHDであれば平均・最低ともに非常にfpsが伸び、144Hzモニターを常時フル活用できます。

Fortnite

フルHDの軽さとは裏腹に、4Kになるとガッツリ重くなるゲームです。RTX 2080 Tiだと4K・エピックで平均60fpsをキープできます。最低fpsは60を若干下回ってしまいますが、十分許容範囲内です。

ただ、WQHDでは平均100fpsをキープでき、フルHDともなると平均・最低fpsともに高く、144Hzの高リフレッシュレートモニターをフル活用できます。やはりGTX 1080とGTX 1080 Tiとは格が違います。

FF14

このゲームで平均60fpsをキープするにはスコア9000以上が必要になります。4K・最高設定でスコア9000以上となると、GTX 1080 TiのSLI構成が必要になるのですが、唯一RTX 2080 Tiのみ9000を大きく超え、まさかの10000オーバーをマークしています。

本格的に4KでゲームするならやはりRTX 2080 Tiを選びたいですね。

FF15

最後に目玉のレイトレーシング性能をチェックしてみます。4K・カスタム設定で、通常のTAAモードとハイパフォーマンスのDLSSモードで測定しています。

ちなみに「DLSS」(Deep Learning Super-Sampling)とは、AIの学習性能を活用したグラフィック処理のこと。対応したゲームであれば、性能を飛躍的に向上させることができます。もちろん、RTX 20シリーズ限定の機能となります。

GTX 1080 Tiと比較してみると、TAAモードでは約64%、DLSSモードともなるとダブルスコア以上に。RTコア+DLSSモードの有無で、リアルタイムレイトレーシングで雲泥の差がつくことがわかります。

結局RTX 2080 Tiはどうなの?

4Kでゲームを存分に楽しみたいのであればこれ一択!

GTX 1080 Tiより最大約60%も性能が高くなり、4Kでの高い安定感はもちろん、従来SLI構成が必須だったゲームを1枚で動かせる高いパフォーマンスは、まさに【最強グラボ】と呼ぶにふさわしい内容です。

リアルタイムレイトレーシング性能も申し分なく、4Kもリアルタイムレイトレーシングも存分に楽しみたいのであれば「これ一択」というレベルでおすすめ。価格はかなり高いですが、お値段以上の価値はあります。

RTX 2080 Ti搭載のおすすめゲーミングPC

ツクモではRTX 2080 Ti搭載モデルが無いため、RTX 2080搭載モデル icon-external-link-squareをベースにしてカスタマイズする形になります
icon-info-circle モデルの価格は日々変動するので、価格は参考までにご覧ください。

第9世代Coreシリーズ搭載モデル

最新の【Coffee Lake-S Refresh】搭載モデルをピックアップしました。

ガレリア ZZ i9-9900K(ドスパラ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i9-9900K
■チップセット:Z390チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-2666)
■グラボ:RTX 2080 Ti
■ストレージ:SSD 500GB+HDD 3TB
■電源:750W(80PLUS PLATINUM)
■大型CPUクーラー搭載
■価格:339,980円(税別)~

フル装備のコスパ最強モデル

第9世代の8コア16スレッドCPU・Core i9-9900KとRTX 2080 Tiを搭載した、ド安定の4K性能が魅力のミドルタワーモデル。【K】付きのCPUなので、オーバークロック(自己責任)でさらに性能を引き出すこともできます。

もちろん冷却能力に優れた大型CPUクーラーを標準搭載しており、熱いCPUではありますが、冷却面は万全!

大容量の16GBメモリに大容量のデュアルストレージを搭載した、充実の初期構成が魅力的。SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを採用し、電源は最大94%の電源変換効率を誇るチタンクラス電源というこだわりよう。

ケースも冷却性と拡張性に優れており、文句のつけようがないパーフェクトな一台です。

おすすめカスタマイズ

基本的にはカスタマイズ不要。ここまでやるならメモリを増やしたり、グリスを変更するのもあり。

icon-check-circleドスパラのおすすめカスタマイズを徹底解説

LEVEL-R039-i9K-XYVI-FB(パソコン工房)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i9-9900K
■チップセット:Z390チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-2666)
■グラボ:RTX 2080 Ti
■ストレージ:SSD 500GB+HDD 2TB
■電源:800W(80PLUS TITANIUM)
■価格:335,980円(税別)~

最高峰のチタンクラス電源搭載モデル

第9世代の8コア16スレッドCPU・Core i9-9900KとRTX 2080 Tiを搭載した、ド安定の4K性能が魅力のミドルタワーモデル。【K】付きのCPUなので、オーバークロック(自己責任)でさらに性能を引き出すこともできます。

大容量の16GBメモリに大容量デュアルストレージの充実した初期構成がポイント。SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを搭載し、電源は最大94%の電源変換効率を誇る、最高峰のチタンクラス電源を搭載しています。

ケースも裏配線を採用しており、エアフローに優れ冷却性はバツグン。拡張性も高く、コスパモデルながら高い完成度が魅力のモデルです。

おすすめカスタマイズ

8コア16スレッドで発熱が高く、CPUクーラーのカスタマイズがおすすめ。その他は用途・予算次第です。

icon-check-circleパソコン工房のおすすめカスタマイズを徹底解説

【予算重視】第8世代Coreシリーズ搭載モデル

前世代の【Coffee Lake-S】搭載モデルをピックアップしました。

ガレリア ZZ(ドスパラ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i7-8700K
■チップセット:Z370チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-2666)
■グラボ:RTX 2080 Ti
■ストレージ:SSD 500GB+HDD 3TB
■電源:800W(80PLUS TITANIUM)
■大型CPUクーラー搭載
■価格:320,980円(税別)~

コスパ最強モデル

6コア12スレッドの【K】付きCPU・Core i7-8700KとRTX 2080 Tiを搭載した、ド安定の4K性能が魅力のミドルタワーモデル。クロックが高い分、Core i7-8700より約10%ほど性能が高く、またオーバークロック(自己責任)でさらに性能を引き出すこともできます。

もちろん冷却能力に優れた大型CPUクーラーを標準搭載しており、熱いCPUではありますが、冷却面は万全!

大容量の16GBメモリに大容量のデュアルストレージを搭載した、充実の初期構成が魅力的。SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを採用し、電源は最大94%の電源変換効率を誇るチタンクラス電源というこだわりよう。

ケースも冷却性と拡張性に優れており、文句のつけようがないパーフェクトな一台です。

icon-info-circleCore i7-8700搭載の割安モデルはこちら>>>ガレリア XZ icon-external-link

おすすめカスタマイズ

基本的にはカスタマイズ不要。ここまでやるならメモリを増やしたり、グリスを変更するのもあり。

icon-check-circleドスパラのおすすめカスタマイズを徹底解説

LEVEL-R037-i7K-XYVI(パソコン工房)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i7-8700K
■チップセット:Z370チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-2666)
■グラボ:RTX 2080 Ti
■ストレージ:SSD 500GB+HDD 2TB
■電源:700W(80PLUS BRONZE)
■価格:308,980円(税別)~

Core i7-8700K×NVMe SSDのコスパ重視モデル

6コア12スレッドの【K】付きCPU・Core i7-8700KとRTX 2080 Tiを搭載した、ド安定の4K性能が魅力のミドルタワーモデル。クロックが高い分、Core i7-8700より約10%ほど性能が高く、またオーバークロック(自己責任)でさらに性能を引き出すこともできます。

大容量の16GBメモリに大容量デュアルストレージの充実した初期構成がポイント。SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを搭載しています。

ケースも裏配線を採用しており、エアフローに優れ冷却性はバツグン。拡張性も高く、コスパモデルながら高い完成度が魅力のモデルです。

icon-info-circle240GB SSD+1TB HDDの割安モデルはこちら>>>LEVEL-R037-i7K-VYR icon-external-link

おすすめカスタマイズ

前世代のCore i7よりも発熱が高く、CPUクーラーのカスタマイズがおすすめ。その他は用途・予算次第です。

icon-check-circleパソコン工房のおすすめカスタマイズを徹底解説

MASTERPIECE i1630PA2-SP2[プラチナモデル](G-Tune)

■OS:Windows 10
■CPU:Core i7-8700K
■チップセット:Z370チップセット
■メモリ:32GB(DDR4-2400)
■グラボ:RTX 2080 Ti
■ストレージ:SSD 512GB+HDD 3TB
■電源:800W(80PLUS TITANIUM)
■価格:349,800円(税別)~
■キーボード・マウス無し

サポート重視ならおすすめ

6コア12スレッドの【K】付きCPU・Core i7-8700KとRTX 2080 Tiを搭載した、ド安定の4K性能が魅力のミドルタワーモデル。クロックが高い分、Core i7-8700より約10%ほど性能が高く、またオーバークロック(自己責任)でさらに性能を引き出すこともできます。

メモリは特盛の32GB、ストレージはSSD 512GB+HDD 3TBの大容量構成で、SSDは通常のSSDよりも4~5倍高速のNVMeタイプを採用。さらに電源は最高峰のチタンクラス電源を搭載するこだわりよう。文句なしのパーフェクト構成です。

ケースのフロント部分は強化ガラス製でとてもスタイリッシュ。ケース自体の完成度も高く、ケース内部は電源とストレージを分離配置した【チャンバー構造】になっており、エアフローがとてもスムーズです。

ちなみにG-Tuneは保証が充実しているのもポイント。G-Tuneでは延長保証が定額制で安く、例えば3年延長保証+センドバック修理保証に7,560円(税込)で加入することができます。他社だと本体価格の10%かかることを考えると、はるかにおトク。

おすすめカスタマイズ

前世代のCore i7よりも発熱が高く、CPUクーラーのカスタマイズがおすすめ。その他は用途・予算次第です。ちなみに、オプションでサイドパネルを強化ガラスに変更できます。

icon-check-circleG-Tuneのおすすめカスタマイズを徹底解説

icon-exclamation-circleゲーミングPCは高い…とお悩みの方必見!

グラボ別激安ゲーミングPCまとめ 予算重視の方は必見!
各グラフィックボード別のおすすめモデルでは、大容量メモリやSSD+HDDのデュアルストレージ構成など、快適に使えるモデルを紹介しています...

 関連リンク

ほかのグラフィックボードもチェック

デスクトップ

ノート

あわせて知りたい

icon-exclamation-circleおトクなセール情報もチェック!

パソコン工房のゲーミングPCセール情報 格安モデルがさらに安く!
公式サイトicon-external-link BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップ...
ドスパラのゲーミングPCセール情報 無料アップグレードでコスパUP!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感...
G-TuneのゲーミングPCセール情報 おトクな格安モデルをお見逃しなく!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感...
ツクモのゲーミングPCセール情報 自作クオリティのおトクなモデルをご紹介!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感...
Sycom(サイコム)のゲーミングPCセール情報 自作PCクオリティを安く手に入れるチャンス!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感...

シェアする

フォローする