RTX 2070 SUPER搭載おすすめゲーミングPC RTX 2080に迫る性能!4Kでのゲーミングにおすすめの高コスパモデル

  • RTX 2080に迫る性能!4Kでのゲーミングにおすすめ
  • RTX 2070に近い価格設定で高コスパ
  • 搭載パソコンの予算目安は13~21万円

「手に入れろSUPERパワー」というキャッチコピーでおなじみ?RTX 2070 SUPERのスペックと、オススメBTOマシンをチェックしてみましょう。

 

RTX 2070 SUPERのスペックまとめ

リアルタイムレイトレーシング対応

RTX 2070 SUPERをはじめRTX 20シリーズではリアルタイムレイトレーシング技術を採用しています。GPU内部にレイトレーシング専用ユニット【RTコア】を搭載することで、従来よりもさらにリアルな映像描写が可能になっています

 

上の画像はBattlefield Vのデモムービーですが、従来のGPUとの違いは一目瞭然。炎の描写が車体にもしっかり表現され、よりリアルになっているのがわかりますね。

さらにRTコアのほか、AI機能に対応した【Tensorコア】を搭載しているのもポイント。

Tensorコアを活用したアンチエイリアス技術【DLSSモード】では、AI機能を用いてジャギー(輪郭のギザギザ)を効率よく処理することで、従来のTAAやFXAA方式よりもフレームレートが向上します。

なお、DXR・DLSSいずれも対応したゲームでないと動作しない点に注意!

 

RTX 2070 SUPERの仕様

 RTX 2070
SUPER
RTX 2070RTX 2080
コアTU104TU106TU104
プロセスルール12nm FinFET12nm FinFET12nm FinFET
CUDAコア数2560基2304基2944基
RTコア数 
40基36基46基
Tensorコア数
320基288基368基
動作クロック1605MHz1410MHz1515MHz
ブーストクロック1770MHz
1710MHz(FE)
1620MHz
1800MHz(FE)
1700MHz
メモリークロック14GHz14GHz14GHz
メモリータイプGDDR6GDDR6GDDR6
メモリーインターフェース256bit256bit256bit
メモリーバス幅448GB/s448GB/s448GB/s
メモリー搭載量8GB8GB8GB
TDP215W185W(FE)
175W
225W(FE)
215W
Rays/sec7Giga6Giga8Giga
RTX-OPS52T45T60T
外部電源8ピン+6ピン8ピン8ピン+6ピン

RTX 2070のマイナーチェンジバージョン…と思いきや、コアはTU104をベースにしており、RTX 2070とは名ばかりでその実態はRTX 2080そのものです

ただ、さすがにRTX 2080と同等というわけにはいかず、各種コア数が少なくなっているため、実際の性能はやや低めとなっています。

なお、中身はRTX 2080ということで、SLIに対応しています。ちょっと不思議な感じですね。

 

ベンチマーク

Core i7-9700K・16GBメモリ(DDR4-2666)の組み合わせで実際の性能をチェックしてみましょう。※RTX 2080・2070・2060はFE版となります。

3DMark

おなじみのベンチマークソフトです。

まず現在主流のDirectX11をベースにしたFire Strikeですが、RTX 2070よりも頭一つ抜けており。もはや別物。フルHDでは約112%の性能ですが、4Kでは若干パフォーマンスが向上し約116%の性能となっています。

RTX 2080に対してはフルHDでは約97%、4Kでは約93%の性能と肉薄しています。

 

次に最新のDirectX12をベースにしたTime Spyをチェック。

RTX 2070に対しWQHDでは約107%、4Kでは約112%の性能としっかり差をつけています。また、RTX 2080に対しては、WQHD・4Kいずれもで約94%と10%内をキープしています。

 

最後はDXR(リアルタイムレイトレーシング)性能を測定するPort Royalをチェック。

RTX 2070に対し約117%、RTX 2080に対しては約92%の性能となり、やはりRTX 2080寄りということがわかります。

 

FF14漆黒のヴィランズ

続いて実際のゲームでチェックしていきましょう。

 

まずはおなじみのMMORPGゲームから。

RTX 2070とはコア数の差がきっちり出ており、フルHDでは約104%とそこまで差がつきませんが、WQHDでは約112%、4Kでは約119%の性能と、負荷が高くなるにつれRTX 2070 SUPERが有利になります。

一方RTX 2080に対しても同じような傾向で、フルでは約99%と誤差レベルですが、4Kでは約93%の性能となります。いずれも10%以内ですが、高解像度での安定感は、やはりRTX 2080の方が上です。

 

Apex Legends

お次は軽めのfpsをチェック。

RTX 2070と比べると、フルHDでは差がつきませんが、WQHDでは平均fpsは約112%、4Kでは約118%と地力の差がきっちり出ています。

RTX 2080に対しては、WQHDまでは食らいつきますが、4Kでの平均fpsは約90%と差をつけられています。高解像度では同じような傾向ですね。

 

Far Cry New Dawn

DirectX11ベースの重量級FPSゲームです。

RTX 2070と比較してみると、フルHDではほとんど差が付きませんが、WQHDでの平均fpsは約108%、4Kともなると約118%と大きく差を開けます。軽いゲームよりも重量級のゲームでその真価を発揮します。

一方でRTX 2080に対しては、WQHDでの平均fpsは約95%、4Kでは約90%と変わらぬ?安定感です。

 

BATTLEFIELD V

こちらも同じく重量級のFPSゲームですが、最新のDirectX12をベースにしており、DXR&DLSSに対応しています。

RTX 2070に比べ、平均fpsは約117~118%と大幅にパフォーマンスが向上し、RTX 2080とは約10%以内の差に収まっています。

 

こちらはフルHD・DXR機能を有効にした際の結果ですが、かなり重く、fpsはガクッと落ち込んでしまいます。

ちょっと変わった結果になり、RTX 2070 SUPERがRTX 2080を逆転しています。CUDAコアはもちろん、RTコアもRTX 2080の方が多く、なんとも不思議な感じですね。なお、RTX 2070に対しては平均fpsが約111%としっかり差をつけています。

 

WQHD以上ではDXRとDLSS機能両方を有効にすることができ、fpsを向上させることが出来ます。

こちらも一癖あり、WQHDでは順当な性能差となっていますが、4Kで逆転現象が起こっています。なお、RTX 2070に対しWQHDでの平均fpsは113%、4Kでは約117%と解像度が上がるにつれ、その差が開きます。

 

MONSTER HUNTER WORLD

DirectX11をベースにした知名度バツグンの狩りゲームですね。バトルフィールドに勝るとも劣らない重さを誇ります。

RTX 2070に対し、WQHDでの平均fpsは約123%、4Kでは約119%と大幅にパフォーマンスが向上しています。RTX 2080に対しては、フルHDでの平均fpsは約114%ですが、WQHD・4Kではほぼ互角とちぐはぐな感じ

 

ちなみに、WQHD以上ではDLSSに対応しています。DLSSではシャープネスを自由に設定することができ、控えめな「0.3」に設定しています。

平均fpsはRTX 2070に対し約114%、RTX 2080に対し93~94%と、特に逆転などなく落ち着いています。

それにしてもモンハンではDLSSがよく効きますね。平均fpsは約40~50%も伸び、安定性は格段に上がります。WQHDでは平均100fps近くをキープでき、ド安定で楽しむことができます。

モンハンを楽しみたいのであれば、DLSSに対応したRTXシリーズがイチオシです!

 

消費電力

Time Spy実行時の消費電力を計測しました。

中身はRTX 2080ということで、消費電力もRTX 2080寄りです。ただ、TDPは10W低いため、RTX 2080に比べると省エネです。両者の性能差を考えると、順当といったところでしょうか。

 

結局RTX 2070 SUPERはどうなの?

RTX 2080をベースにしているだけあり、RTX 2070から最大約20%ほどパフォーマンスが向上。また、大本のRTX 2080からコアが削られているものの、10%内の性能差におさえており、4Kでのゲーミングにもしっかり対応しています

ネーミングこそRTX 2070ですが、もはや格が違いますね。現在ではRTX 2070&RTX 2080が終息しており、
4Kでゲームを楽しみたいということであれば、RTX 2070 SUPERがまずおすすめ!

 

RTX 2070 SUPER搭載のおすすめゲーミングPC

 icon-info-circle モデルの構成・価格は日々変動するので、参考までにご覧ください。

AMD製CPU搭載モデル

インテルCPUを凌ぐ高いパフォーマンスとコスパが魅力の【Ryzen 3000シリーズ】をピックアップしました。

 GALLERIA/ガレリア AXF(ドスパラ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Ryzen 7 3700X
■チップセット:X570チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-3200)
■グラボ:RTX 2070 SUPER
■ストレージ:SSD 512GB+HDD 2TB
■電源:650W(80PLUS BRONZE)
■価格:165,980円(税別)~

Ryzen 7×RTX 2070 SUPERの高コスパモデル

AMDの8コア16スレッドCPU・Ryzen 7 3700XとRTX 2070 SUPERを搭載した、4Kでのゲーミングに最適なミドルタワーモデル。

大容量の16GBメモリに大容量デュアルストレージの充実した初期構成で、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMewタイプを搭載しています。ケースも冷却性と拡張性に優れており、トータルでの完成度が高い一台に仕上がっています。

 icon-info-circleリーズナブルなB350マザーボード搭載モデルはこちら>>>ガレリア AF icon-external-link 

 

おすすめカスタマイズ

文句なしの初期構成で、基本的にカスタマイズ不要。

 icon-check-circle ドスパラのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

 LEVEL-R0X5-R73X-TWVI-PJS(パソコン工房)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Ryzen 7 3700X
■チップセット:X570チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-2666)
■グラボ:RTX 2080 Ti
■ストレージ:SSD 500GB+HDD 2TB
■電源:850W(80PLUS GOLD)
■価格:172,980円(税別)~

ハイグレードマザーボードが魅力のモデル

AMDの8コア16スレッドCPU・Ryzen 7 3700XとRTX 2070 SUPERを搭載した、ド安定の4K性能が魅力のミドルタワーモデル。

大容量の16GBメモリに大容量デュアルストレージの充実した初期構成で、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを採用。また、電源は最大90%の電源変換効率を誇る、ゴールドクラス電源を搭載する徹底ぶりです。

 

さらに、このモデルではASUS製のハイグレードマザーボード【PRIME X570-PRO】を搭載しています。

【5X Protection III】とよばれる5つの機能では、過電圧や過電流対策、拡張スロットの強化などが施されており、高い耐久性を実現。

機能面も充実しており、PCIe Gen.4に対応しているのはもちろん、熱くなりがちなM.2 SSDの冷却用ヒートシンクを標準装備。また、安定したネット環境を実現するインテル製LANチップをはじめ、高音質のオーディオ機能を搭載するなど、至れり尽くせり。

そのほか、AMDのマルチGPU【CROSSFIRE】だけでなく、NVIDIAのマルチGPU【SLI】にも対応しています。この内容で27万円台はかなりお値打ちなので、本格的な一台が欲しい方には特にイチオシのモデルです。

 

おすすめカスタマイズ

申し分のない構成なので、基本的にカスタマイズ不要。

 icon-check-circle パソコン工房のおすすめカスタマイズを徹底解説

 

  GALLERIA/ガレリア RF5(ドスパラ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Ryzen 5 3500
■チップセット:B450チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-2666)
■グラボ:RTX 2070 SUPER
■ストレージ:SSD 256GB+HDD 1TB
■電源:650W(80PLUS BRONZE)
■価格:134,980円(税別)~

Ryzen 5×RTX 2070 SUPERの低価格モデル

AMDの6コア12スレッドCPU・Ryzen 5 3600とRTX 2070 SUPERを搭載した、4K入門に最適なミニタワーモデル。

8GBメモリにデュアルストレージのポイントをおさえた初期構成で、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプというこだわりよう。

 

おすすめカスタマイズ

重量級のゲームが増えており、メモリは16GBあると安心。また、ゲームそのものの容量も増えているため、SSDは500GBあるとより安心です。

 icon-check-circle ドスパラのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

インテル製CPU搭載モデル

総合力ではAMD製CPUに軍配が上がりますが、ゲームならインテル製CPUが一歩リードしています。

 GALLERIA/ガレリア XA7C-R70S(ドスパラ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i7-10700
■チップセット:H470チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-2666)
■グラボ:RTX 2070 SUPER
■ストレージ:SSD 512GB(PCIe NVMe)
■電源:650W(80PLUS BRONZE)
■大型CPUクーラー搭載
■価格:169,980円(税別)~

※レビューモデルは旧筐体モデルとなります。

コスパばつぐんの大人気モデル

第10世代の8コア16スレッドCPU・Core i7-10700とRTX 2070 SUPERを搭載した、4Kでのゲーミングに最適なミドルタワーモデル。熱いCPUなので、冷却能力に優れた大型CPUクーラーが標準搭載されているのが嬉しいですね。

大容量の16GBメモリに大容量SSDの充実した初期構成で、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを採用する徹底ぶり。ケースはエアフローに優れ、LEDイルミネーションやクリアサイドパネルを搭載。トータルでの完成度が高い一台に仕上がっています。

 

おすすめカスタマイズ

基本的カスタマイズ不要ですが、HDDを追加してデュアルストレージにすると、ゲームとデータの保存先を分けることができ、とても便利。

 icon-check-circle ドスパラのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

  LEVEL-R040-LCi9KF-TWA(パソコン工房)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i9-9900KF
■チップセット:Z390チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-2666)
■グラボ:RTX 2070 SUPER
■ストレージ:SSD 480GB+HDD 2TB
■電源:700W(80PLUS BRONZE)
■水冷式CPUクーラー搭載
■価格:196,980円(税別)~

Core i9搭載の本格派モデル

第9世代の8コア16スレッドCPU・Core i9-9900KFとRTX 2070 SUPERを搭載した、4Kでのゲーミングに最適なミドルタワーモデル。水冷式CPUクーラーを搭載しており、発熱の高いCPUをしっかり冷やします。

大容量の16GBメモリに大容量デュアルストレージの充実した初期構成で、またケースも裏配線を採用しており、エアフローに優れ冷却性はバツグン。完成度の高い一台に仕上がっています。Core i9はゲームにめっぽう強いので、パフォーマンにとことんこだわるならおすすめ。

 

おすすめカスタマイズ

この内容ならカスタマイズ不要。

 icon-check-circle パソコン工房のおすすめカスタマイズを徹底解説

 

  NEXTGEAR i690GA5[ゴールドモデル](G-Tune)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i7-9700K
■チップセット:Z390チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-2400)
■グラボ:RTX 2070 SUPER
■ストレージ:SSD 256GB+HDD 1TB
■電源:700W(80PLUS BRONZE)
■価格:219,800円(税別)~

※レビューモデルはRTX 2080を搭載しています。本体イメージの確認にどうぞ。

サポート&保証重視ならG-Tuneがおすすめ

第9世代の8コアCPU・Core i7-9700KとRTX 2070 SUPERを搭載した、4Kでのゲーミングに最適なミドルタワーモデル。【K】付きのCPUなので、オーバークロック(自己責任)でさらに性能を引き出すこともできます。

大容量の16GBメモリにデュアルストレージ構成の、ポイントをおさえた初期構成が魅力的。SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを採用するこだわりよう。

また、ケースの完成度が高いのもポイント。ケース内部は電源とストレージを上部に集約した、【チャンバー構造】になっており、エアフローがとてもスムーズ。さらに、フロント部分にHDMI端子がついているので、VR機器の取り回しもかんたん。

ちなみにG-Tuneは保証が充実しているのもポイント。G-Tuneでは延長保証が定額制で安く、例えば3年延長保証+センドバック修理保証に7,560円(税込)で加入することができます。他社だと本体価格の10%かかることを考えると、はるかにおトク。

 

おすすめカスタマイズ

前世代のCore i7とほぼ同じ発熱なので、CPUクーラーのカスタマイズがおすすめ。

 icon-check-circle G-Tuneのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

 icon-exclamation-circle ゲーミングPCは高い…とお悩みの方必見!

グラボ別激安ゲーミングPCまとめ 予算重視の方は必見!
各グラフィックボード別の激安モデルをピックアップしました。安さでいうならドスパラorパソコン工房の二択です。 グラフィックボード別激安ゲーミングPC icon-info-circleモデルの価格や構成は日々変動するので、参考まで...

 

 関連リンク

ほかのグラフィックボードもチェック

デスクトップ

ノート

 

あわせて知りたい

 icon-exclamation-circle おトクなセール情報もチェック!

パソコン工房のゲーミングPCセール情報 格安モデルがさらに安く!
BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。 パソコン工房では現在次のセールやキャンペーンを実施中! ico...
ドスパラのゲーミングPCセール情報 無料アップグレードでコスパUP!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。 ドスパラでは、6月11日午前11時まで【先取りサマーセ...
G-TuneのゲーミングPCセール情報 おトクな格安モデルをお見逃しなく!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。期間限定セールをチェックしてみましょう。 第3弾!夏のボ...
ツクモのゲーミングPCセール情報 自作クオリティのおトクなモデルをご紹介!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。 ツクモでは、6月11日16時まで【パワーアップセール】...
タイトルとURLをコピーしました