RTX 2070搭載おすすめゲーミングPC 4K入門に最適!リアルタイムレイトレーシング対応のハイスペックモデル

  • GTX 1080+αの性能で4K入門に最適
  • リアルタイムレイトレーシング対応でよりリアルな描写が可能に
  • 搭載パソコンの予算目安は16~22万円

RTX 2080 Ti&RTX 2080に続き、新時代のハイスペックグラボ【RTX 2070】がデビューしました。そのスペックとおすすめBTOパソコンをチェックしてみましょう。

RTX 2070のスペックまとめ

リアルタイムレイトレーシング対応

RTX 2080をはじめRTX 20シリーズではリアルタイムレイトレーシング技術を採用しています。GPU内部にレイトレーシング専用ユニット【RTコア】を搭載することで、従来よりもさらにリアルな映像描写が可能になっています

上の画像はBattlefield Vのデモムービーですが、従来のGPUとの違いは一目瞭然。炎の描写が車体にもしっかり表現され、よりリアルになっているのがわかりますね。

このリアルタイムトレーシング機能を使うには、ゲームが対応している必要があります。今後発売予定のBattlefield Vなどで採用されるほか、PUBGなど従来のタイトルにも順次対応していくとのこと。

そのほか、GPUにはRTコアのほか、【Tensorコア】を搭載し、ゲームだけでなくAIの開発などに必要なディープラーニングにも最適な設計となっているのもポイントです。

RTX 2070の仕様

RTX 2080 Ti RTX 2080 RTX 2070 GTX 1070
アーキテクチャ Turing Turing Turing Pascal
プロセスルール 12nm FinFET 12nm FinFET 12m FinFET 16m FinFET
CUDAコア数 4352基 2944基 2304基 1920基
動作クロック 1350MHz 1515MHz 1410MHz 1506MHz
ブーストクロック 1635MHz(FE)
1545MHz
1800MHz(FE)
1700MHz
1710MHz(FE)
1620MHz
1683MHz
メモリークロック 14GHZ 14GHz 14GHz 8GHz
メモリータイプ GDDR6 GDDR6 GDDR6 GDDR5
メモリーインターフェース 352bit 256bit 256bit 256bit
メモリー搭載量 11GB 8GB 8GB 8GB
TDP 260W(FE)
250W
225W(FE)
215W
185W(FE)
175W
150W
Rays/sec 10Giga 8Giga 6Giga
RTX-OPS 78T 60T 45T
外部電源 8ピン×2 8ピン+6ピン 8ピン 8ピン
映像出力端子 DisplayPort 1.4a
HDMI 2.0b
USB Type-C
DisplayPort 1.4a
HDMI 2.0b
USB Type-C
DisplayPort 1.4a
HDMI 2.0b
USB Type-C
DVI-D
DisplayPort 1.4
HDMI 2.0b
DVI-D

GPUの製造プロセスは、前世代の16nmから12nmへさらに微細化。

GTX 1070と比較してみると、グラフィック描写の要となるCUDAコアは約20%増加。その分ベースクロックは低いものの、ブーストクロックを引き上げることにより、性能を引き出す仕組みです。このあたりはRTXシリーズ共通ですね。

メモリは最大18Gbpsのデータ転送レートを誇る【GDDR6】へグレードアップ。これは従来のGDDR5(9Gbps)のゆうに2倍。メモリ帯域にいたってはかのHBM2に匹敵するレベルです。容量は変わらず8GBのまま。

消費電力はガッツリ上がっており、仕様上ではTDP25W増しということになっていますが、実際ピーク時の消費電力は最大約100Wほど上がっています。GTX 1080をも超えるレベルで、ワットパフォーマンスの鬼であったGTX 1070の面影はもはやありません。

ちなみに、SLI(グラボ2枚構成)には非対応なので注意!

ベンチマーク

Core i7-8700K・16GBメモリの組み合わせで実際の性能をチェックしてみましょう。

3DMark

こちらは現在主流のDirectX11をベースにしたテストです。総合スコアはCPUとGPUを含めたスコアで、グラフィックスコアはその名の通り、グラボ単体のスコアです。

GTX 1070より約18~27%性能が向上しており、ワンランク上のGTX 1080とほぼ互角の性能にパワーアップしました。ちなみに、RTX 2080の約80%程度の性能になっており、うまくバランスがとれている印象です。

NVIDIAによると【WQHD解像度に最適なグラボ】ということですが、このスペックなら4K入門グラボといえるでしょう。

こちらは今後主流になるであろうDirectX12のテストです。CUDA Coreが最適化されているせいか、Fire Strikeよりもかなりスコアが伸びます。

GTX 1070比で約41~50%、GTX 1080比では約17~25%と大幅に性能が向上し、GTX 1080 Tiと肩を並べる性能です!ちなみにこのテストでも、RTX 2080では約80%程度の性能となっています。

ポテンシャルが高く、将来的にはさらに評価が上がりそうな感じがします。

Far Cry 5

重量級のオープンワールドゲームですが、GTX 1080 TiとGTX 1080のちょうど中間あたりのポジションで、fpsがよく伸びます。さすがに4K・最高設定は厳しいものの、WQHDであれば平均・最低fpsともに60を大きく超えており、安定したプレイが可能です。

Fortnite

フルHDの軽さとは裏腹に、4Kになるとガッツリ重くなるFPSゲームです。Far Cry 5とは異なり、GTX 1080 Tiに近いfpsをマークし、GTX 1080に最大20%もの差をつけます。

こちらも4Kは厳しいものの、WQHDでは平均・最低fpsともに60を大きく超え、安定してプレイできます。フルHDともなると、144Hzの高リフレッシュレートモニターを活用できるレベルです。

Overwatch

こちらは軽さで定評のあるFPSゲームで、GTX 1070でも4K・ウルトラ設定でプレイ可能なほど。

このゲームは解像度によって結果がマチマチで、WQHDではGTX 1080に、フルHDではGTX 1080 Tiに近い性能を発揮します。4Kでも平均100fps近くをマークし、ド安定でプレイできる頼もしい性能です。

FF14

言わずと知れたビッグタイトルで、平均60fpsをキープするにはスコア9000以上が必要になります。

このゲームもOverwatchに近い傾向になっており、解像度によって結果はマチマチ。4K・フルHDがGTX 1080に近く、WQHDはGTX 1080 Tiに近い性能を発揮します。

Far Cry 5もそうですが、RTX 2080 Tiの化け物ぶりが際立ちますね。。

FF15

最後に目玉のレイトレーシング性能をチェックしてみます。4K・カスタム設定で、通常のTAAモードとハイパフォーマンスのDLSSモードで測定しています。

ちなみに「DLSS」(Deep Learning Super-Sampling)とは、AIの学習性能を活用したグラフィック処理のこと。対応したゲームであれば、性能を飛躍的に向上させることができます。もちろん、RTX 20シリーズ限定の機能となります。

通常のTAAモードだとGTX 1080 TiとGTX 1080の中間スコアに甘んじるものの、DLSSモードともなると一転、GTX 1080Tiよりも約24%性能が高くなります。リアルタイムレイトレーシングならRTXシリーズが圧倒的に有利!

結局RTX 2070はどうなの?

GTX 1080+αという感じの性能ですが、ゲームやプラットフォームによってはGTX 1080 Tiに迫り、さらに抜き去るという、ポテンシャルの高さを感じさせるグラボです。

搭載モデルの価格も、性能と同じくGTX 1080+αの価格設定となっており、リアルタイムレイトレーシング対応ということも考えると十分納得できます。

WQHDをメインに、軽めのゲームを4Kで動かしたいということであれば、RTX 2070搭載モデルを選びましょう。今後リアルタイムレイトレーシング対応ゲームが続々リリースされるので、なおさらです。

RTX 2070搭載のおすすめゲーミングPC

icon-info-circle モデルの価格は日々変動するので、価格は参考までにご覧ください。

第9世代Coreシリーズ搭載モデル

最新の【Coffee Lake-S Refresh】搭載モデルをピックアップしました。

G-GEAR GA9J-F181/ZT(ツクモ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i7-9700K
■チップセット:Z390チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-2666)
■グラボ:RTX 2070
■ストレージ:SSD 240GB+HDD 1TB
■電源:700W(80PLUS BRONZE)
■価格:209,800円(税別)~
■キーボード・マウス無し

高耐久マザーボード搭載の高コスパモデル

第9世代の8コアCPU・Core i7-9700KとRTX 2070を搭載した、4K入門に最適なミドルタワーモデル。【K】付きのCPUなので、オーバークロック(自己責任)でさらに性能を引き出すこともできます。

大容量の16GBメモリにデュアルストレージを装備し、ポイントをおさえた使い勝手のいい初期構成になっています。

ツクモで毎度おなじみですが、各種パーツを搭載する基盤(マザーボード)には、高い耐久性と信頼性を誇るASUS製TUF(The Ultimate Force)シリーズ【TUF Z390-PLUS GAMING】を採用しています。

チョークコイルやコンデンサなど重要部品をはじめ、金属プレートで補強された拡張スロットなど、各パーツが軍事規格に準拠しており、とにかくタフ。長時間・長期間の使用でも安定したパフォーマンスを発揮します。

機能面も充実しており、熱くなりがちなM.2 SSDの冷却用ヒートシンクを標準装備。また、安定したネット環境を実現するインテル製LANチップをはじめ、ゲーミングヘッドセット用のオーディオ機能やLEDイルミネーション機能を搭載するなど、至れり尽くせり。

前面がメッシュ加工されたケースは、通気性と冷却能力に優れ、拡張性もバツグン。品質面にもこだわる方におすすめの一台!

icon-info-circleさらに高い拡張性と冷却性で人気のCooler Master製ケース【MasterCase】採用モデルはこちら>>>G-GEAR neo GX7J-B181/ZT icon-external-link

おすすめカスタマイズ

前世代のCore i7とほぼ同じ発熱なので、CPUクーラーのカスタマイズがおすすめ。その他は用途・予算次第です。

icon-check-circleツクモのおすすめカスタマイズを徹底解説

ガレリア ZF(ドスパラ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i7-9700K
■チップセット:Z390チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-2666)
■グラボ:RTX 2070
■ストレージ:SSD 500GB+HDD 2TB
■電源:650W(80PLUS BRONZE)
■大型CPUクーラー搭載
■価格:217,980円(税別)~

カスタマイズ要らずのオールインワンモデル

第9世代の8コアCPU・Core i7-9700KとRTX 2070を搭載した、4K入門に最適なミドルタワーモデル。【K】付きのCPUなので、オーバークロック(自己責任)でさらに性能を引き出すこともできます。

熱いCPUなので、冷却能力に優れた大型CPUクーラーが標準搭載されているのが嬉しいですね。

大容量の16GBメモリに大容量のデュアルストレージを搭載した、充実の初期構成が魅力的。ケースも冷却性と拡張性に優れており、ゲーム用のキーボードやマウスを標準装備!トータルでの完成度が高い一台に仕上がっています。

おすすめカスタマイズ

基本的にカスタマイズ不要。電源のアップグレードなどは用途・予算次第です。

icon-check-circleドスパラのおすすめカスタマイズを徹底解説

NEXTGEAR i690PA1-SMM[プラチナモデル](G-Tune)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i7-9700K
■チップセット:Z390チップセット
■メモリ:32GB(DDR4-2400)
■グラボ:RTX 2070
■ストレージ:SSD 256GB+HDD 3TB
■電源:700W(80PLUS BRONZE)
■価格:239,800円(税別)~
■光学ドライブ非搭載・キーボード・マウス無し

サポートと保証重視ならG-Tuneがおすすめ

第9世代の8コアCPU・Core i7-9700KとRTX 2070を搭載した、4K入門に最適なミドルタワーモデル。【K】付きのCPUなので、オーバークロック(自己責任)でさらに性能を引き出すこともできます。

超大容量の32GBメモリにデュアルストレージ構成の、ポイントをおさえた初期構成が魅力的。SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを採用するこだわりよう。

また、ケースの完成度が高いのもポイント。ケース内部は電源とストレージを上部に集約した、【チャンバー構造】になっており、エアフローがとてもスムーズ。さらに、フロント部分にHDMI端子がついているので、VR機器の取り回しもかんたん。

ちなみにG-Tuneは保証が充実しているのもポイント。G-Tuneでは延長保証が定額制で安く、例えば3年延長保証+センドバック修理保証に7,560円(税込)で加入することができます。他社だと本体価格の10%かかることを考えると、はるかにおトク。

おすすめカスタマイズ

前世代のCore i7とほぼ同じ発熱なので、CPUクーラーのカスタマイズがおすすめ。また、光学ドライブ非搭載なので、必要な方はカスタマイズをお忘れなく。

icon-check-circleG-Tuneのおすすめカスタマイズを徹底解説

【予算重視】第8世代Coreシリーズ搭載モデル

前世代の【Coffee Lake-S】搭載モデルをピックアップしました。

ガレリア XF(ドスパラ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i7-8700
■チップセット:H370チップセット
■メモリ:8GB(DDR4-2666)
■グラボ:RTX 2070
■ストレージ:SSD 500GB+HDD 2TB
■電源:650W(80PLUS BRONZE)
■大型CPUクーラー搭載
■価格:185,980円(税別)~

コスパ最強モデル

第8世代の6コア12スレッドCPU・Core i7-8700とRTX 2070を搭載した、4K入門に最適なミドルタワーモデル。熱いCPUなので、冷却能力に優れた大型CPUクーラーが標準搭載されているのが嬉しいですね。

8GBメモリに大容量のデュアルストレージを搭載した、充実の初期構成が魅力的。ケースも冷却性と拡張性に優れており、ゲーム用のキーボードやマウスを標準装備!トータルでの完成度が高い一台に仕上がっています。

おすすめカスタマイズ

重量級のゲームが増えているので、メモリは16GBあると安心。その他は用途・予算次第です。

icon-check-circleドスパラのおすすめカスタマイズを徹底解説

LEVEL-R037-i7-TOR(パソコン工房)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i7-8700
■チップセット:Z370チップセット
■メモリ:8GB(DDR4-2666)
■グラボ:RTX 2070
■ストレージ:SSD 240GB+HDD 1TB
■電源:700W(80PLUS BRONZE)
■価格:179,980円(税別)~

シンプルなデュアルストレージモデル

第8世代の6コア12スレッドCPU・Core i7-8700とRTX 2070を搭載した、4K入門に最適なミドルタワーモデル。8GBメモリにデュアルストレージ構成のシンプルながら、ポイントをおさえた初期構成となっています。

ケースも裏配線を採用しており、エアフローに優れ冷却性はバツグン。拡張性も高く、コスパモデルながら高い完成度が魅力のモデルです。

おすすめカスタマイズ

6コア12スレッドなので発熱が高く、CPUクーラーのカスタマイズがおすすめ。また、重量級のゲームが増えているので、メモリは16GBあると安心。その他は用途・予算次第です。

icon-check-circleパソコン工房のおすすめカスタマイズを徹底解説

LEVEL-R037-i5-TOR(パソコン工房)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i5-8500
■チップセット:Z370チップセット
■メモリ:8GB(DDR4-2666)
■グラボ:RTX 2070
■ストレージ:SSD 240GB+HDD 1TB
■電源:700W(80PLUS BRONZE)
■価格:168,980円(税別)~

予算重視のモデル

第7世代のCore i7に匹敵する6コアCPU・Core i5-8500とRTX 2070を搭載した、4K入門に最適なミドルタワーモデル。

CPU以外は上のモデルと同じ構成で、予算重視ならおすすめ!

おすすめカスタマイズ

6コア12スレッドなので発熱が高く、CPUクーラーのカスタマイズがおすすめ。また、重量級のゲームが増えているので、メモリは16GBあると安心。その他は用途・予算次第です。

icon-check-circleパソコン工房のおすすめカスタマイズを徹底解説

icon-exclamation-circleゲーミングPCは高い…とお悩みの方必見!

グラボ別激安ゲーミングPCまとめ 予算重視の方は必見!
各グラフィックボード別のおすすめモデルでは、大容量メモリやSSD+HDDのデュアルストレージ構成など、快適に使えるモデルを紹介しています...

 関連リンク

ほかのグラフィックボードもチェック

デスクトップ

ノート

あわせて知りたい

icon-exclamation-circleおトクなセール情報もチェック!

パソコン工房のゲーミングPCセール情報 格安モデルがさらに安く!
公式サイトicon-external-link BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップ...
ドスパラのゲーミングPCセール情報 無料アップグレードでコスパUP!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感...
G-TuneのゲーミングPCセール情報 おトクな格安モデルをお見逃しなく!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感...
ツクモのゲーミングPCセール情報 自作クオリティのおトクなモデルをご紹介!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感...
Sycom(サイコム)のゲーミングPCセール情報 自作PCクオリティを安く手に入れるチャンス!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感...

シェアする

フォローする