RTX 2070搭載おすすめゲーミングPC 4K入門に最適!リアルタイムレイトレーシング対応のハイスペックモデル

  • GTX 1080+αの性能で4K入門に最適
  • リアルタイムレイトレーシング対応でよりリアルな描写が可能に
  • 搭載パソコンの予算目安は13~19万円

RTX 2080 Ti&RTX 2080に続き、新時代のハイスペックグラボ【RTX 2070】がデビューしました。そのスペックとおすすめBTOパソコンをチェックしてみましょう。

RTX 2070のスペックまとめ

リアルタイムレイトレーシング対応

RTX 2070をはじめRTX 20シリーズではリアルタイムレイトレーシング技術を採用しています。GPU内部にレイトレーシング専用ユニット【RTコア】を搭載することで、従来よりもさらにリアルな映像描写が可能になっています

上の画像はBattlefield Vのデモムービーですが、従来のGPUとの違いは一目瞭然。炎の描写が車体にもしっかり表現され、よりリアルになっているのがわかりますね。

さらにRTコアのほか、AI機能に対応した【Tensorコア】を搭載しているのもポイント。

Tensorコアを活用したアンチエイリアス技術【DLSSモード】では、AI機能を用いてジャギー(輪郭のギザギザ)を効率よく処理することで、従来のTAAやFXAA方式よりもフレームレートが向上します。

なお、DXR・DLSSいずれも対応したゲームでないと動作しない点に注意!

RTX 2070の仕様

RTX 2080 Ti RTX 2080 RTX 2070 GTX 1070
アーキテクチャ Turing Turing Turing Pascal
プロセスルール 12nm FinFET 12nm FinFET 12nm FinFET 16nm FinFET
CUDAコア数 4352基 2944基 2304基 1920基
動作クロック 1350MHz 1515MHz 1410MHz 1506MHz
ブーストクロック 1635MHz(FE)
1545MHz
1800MHz(FE)
1700MHz
1710MHz(FE)
1620MHz
1683MHz
メモリークロック 14GHZ 14GHz 14GHz 8GHz
メモリータイプ GDDR6 GDDR6 GDDR6 GDDR5
メモリーインターフェース 352bit 256bit 256bit 256bit
メモリー搭載量 11GB 8GB 8GB 8GB
TDP 260W(FE)
250W
225W(FE)
215W
185W(FE)
175W
150W
Rays/sec 10Giga 8Giga 6Giga
RTX-OPS 78T 60T 45T
外部電源 8ピン×2 8ピン+6ピン 8ピン 8ピン
映像出力端子 DisplayPort 1.4a
HDMI 2.0b
USB Type-C
DisplayPort 1.4a
HDMI 2.0b
USB Type-C
DisplayPort 1.4a
HDMI 2.0b
USB Type-C
DVI-D
DisplayPort 1.4
HDMI 2.0b
DVI-D

GPUの製造プロセスは、前世代の16nmから12nmへさらに微細化。

GTX 1070と比較してみると、グラフィック描写の要となるCUDAコアは約20%増加。その分ベースクロックは低いものの、ブーストクロックを引き上げることにより、性能を引き出す仕組みです。このあたりはRTXシリーズ共通ですね。

メモリは最大18Gbpsのデータ転送レートを誇る【GDDR6】へグレードアップ。これは従来のGDDR5(9Gbps)のゆうに2倍。メモリ帯域にいたってはかのHBM2に匹敵するレベルです。容量は変わらず8GBのまま。

消費電力はガッツリ上がっており、仕様上ではTDP25W増しということになっていますが、実際ピーク時の消費電力は最大約100Wほど上がっています。GTX 1080をも超えるレベルで、ワットパフォーマンスの鬼であったGTX 1070の面影はもはやありません。

ちなみに、SLI(グラボ2枚構成)には非対応なので注意!

ベンチマーク

Core i7-8700K・16GBメモリの組み合わせで実際の性能をチェックしてみましょう。

3DMark

こちらは現在主流のDirectX11をベースにしたテストです。総合スコアはCPUとGPUを含めたスコアで、グラフィックスコアはその名の通り、グラボ単体のスコアです。

GTX 1070より約18~27%性能が向上しており、ワンランク上のGTX 1080とほぼ互角の性能にパワーアップしました。ちなみに、RTX 2080の約80%程度の性能になっており、うまくバランスがとれている印象です。

NVIDIAによると【WQHD解像度に最適なグラボ】ということですが、このスペックなら4K入門グラボといえるでしょう。

こちらは今後主流になるであろうDirectX12のテストです。CUDA Coreが最適化されているせいか、Fire Strikeよりもかなりスコアが伸びます。

GTX 1070比で約41~50%、GTX 1080比では約17~25%と大幅に性能が向上し、GTX 1080 Tiと肩を並べる性能です!ちなみにこのテストでも、RTX 2080では約80%程度の性能となっています。

ポテンシャルが高く、将来的にはさらに評価が上がりそうな感じがします。

Far Cry 5

重量級のFPSゲームですが、GTX 1080 TiとGTX 1080のちょうど中間あたりのポジションで、fpsがよく伸びます。さすがに4K・最高設定は厳しいものの、WQHDであれば平均・最低fpsともに60を大きく超えており、安定したプレイが可能です。

Fortnite

フルHDの軽さとは裏腹に、4Kになるとガッツリ重くなるFPSゲームです。Far Cry 5とは異なり、GTX 1080 Tiに近いfpsをマークし、GTX 1080に最大約20%もの差をつけます。

こちらも4Kは厳しいものの、WQHDでは平均・最低fpsともに60を大きく超え、安定してプレイできます。フルHDともなると、144Hzの高リフレッシュレートモニターを活用できるレベルです。

Overwatch

こちらは軽さで定評のあるFPSゲームで、GTX 1070でも4K・ウルトラ設定でプレイ可能なほど。

このゲームは解像度によって結果がマチマチで、WQHDではGTX 1080に、フルHDではGTX 1080 Tiに近い性能を発揮します。4Kでも平均100fps近くをマークし、ド安定でプレイできる頼もしい性能です。

FF14

言わずと知れた国産のMMORPGで、平均60fpsをキープするにはスコア9000以上が必要になります。

このゲームもOverwatchに近い傾向になっており、解像度によって結果はマチマチ。4K・フルHDがGTX 1080に近く、WQHDはGTX 1080 Tiに近い性能を発揮します。

Far Cry 5もそうですが、RTX 2080 Tiの化け物ぶりが際立ちますね。。

FF15

FF14よりもさらに重くなった、FFシリーズの最新タイトル。このゲームでは【DLSS】機能に対応しています。

”DLSS”(Deep Learning Super-Sampling)とは、AIの学習性能を活用したグラフィック処理のこと。対応したゲームであれば、性能を飛躍的に向上させることができます。もちろん、RTX 20シリーズ限定の機能となります。

4K・最高設定のカスタムモードで、通常のTAAモードとハイパフォーマンスのDLSSモードにて測定しています。

通常のTAAモードだとGTX 1080 TiとGTX 1080の中間スコアに甘んじるものの、DLSSモードともなると一転、GTX 1080Tiよりも約24%性能が高くなります

今後は”BATTLEFIELD V”をはじめ様々なゲームにも対応していくとのこと。パフォーマンスのアシスト機能として、かなり期待できますね。

結局RTX 2070はどうなの?

GTX 1080+αという感じの性能ですが、ゲームやプラットフォームによってはGTX 1080 Tiに迫り、さらに抜き去るという、ポテンシャルの高さを感じさせるグラボです。

搭載モデルの価格も、性能と同じくGTX 1080+αの価格設定となっており、リアルタイムレイトレーシング対応ということも考えると十分納得できます。

WQHDをメインに、軽めのゲームを4Kで動かしたいということであれば、RTX 2070搭載モデルを選びましょう。今後リアルタイムレイトレーシング対応ゲームが続々リリースされるので、なおさらです。

icon-star 上位のRTX 2070 SUPERに世代交代中

RTX 2070 SUPER搭載おすすめゲーミングPC RTX 2080に迫る性能!4Kでのゲーミングにおすすめの高コスパモデル
「手に入れろSUPERパワー」というキャッチコピーでおなじみ?RTX 2070 SUPERのスペックと、オススメBTOマシンをチェッ...

RTX 2070搭載のおすすめゲーミングPC

icon-info-circle モデルの構成・価格は日々変動するので、参考までにご覧ください。

G-GEAR GA7J-F181/ZT(ツクモ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i7-9700K
■チップセット:Z390チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-2666)
■グラボ:RTX 2070
■ストレージ:SSD 240GB+HDD 1TB
■電源:700W(80PLUS BRONZE)
■価格:184,800円(税別)~

高耐久マザーボード搭載のタフモデル

第9世代の8コアCPU・Core i7-9700KとRTX 2070を搭載した、4K入門に最適なミドルタワーモデル。【K】付きのCPUなので、オーバークロック(自己責任)でさらに性能を引き出すこともできます。

大容量の16GBメモリにデュアルストレージを装備し、ポイントをおさえた使い勝手のいい初期構成になっています。

ツクモで毎度おなじみですが、各種パーツを搭載する基盤(マザーボード)には、高い耐久性と信頼性を誇るASUS製TUF(The Ultimate Force)シリーズ【TUF Z390-PLUS GAMING】を採用しています。

チョークコイルやコンデンサなど重要部品をはじめ、金属プレートで補強された拡張スロットなど、各パーツが軍事規格に準拠しており、とにかくタフ。長時間・長期間の使用でも安定したパフォーマンスを発揮します。

機能面も充実しており、熱くなりがちなM.2 SSDの冷却用ヒートシンクを標準装備。また、安定したネット環境を実現するインテル製LANチップをはじめ、ゲーミングヘッドセット用のオーディオ機能やLEDイルミネーション機能を搭載するなど、至れり尽くせり。

前面がメッシュ加工されたケースは、通気性と冷却能力に優れ、拡張性もバツグン。品質面にもこだわる方におすすめの一台!

icon-info-circleさらに高い拡張性と冷却性で人気のCooler Master製ケース【MasterCase】採用モデルはこちら>>>G-GEAR neo GX7J-B181/ZT icon-external-link

おすすめカスタマイズ

前世代のCore i7とほぼ同じ発熱なので、CPUクーラーのカスタマイズがおすすめ。

icon-check-circleツクモのおすすめカスタマイズを徹底解説

icon-exclamation-circleゲーミングPCは高い…とお悩みの方必見!

グラボ別激安ゲーミングPCまとめ 予算重視の方は必見!
各グラフィックボード別の激安モデルをピックアップしました。安さでいうならドスパラorパソコン工房の二択です。 グラフィックボード別...

 関連リンク

ほかのグラフィックボードもチェック

デスクトップ

ノート

あわせて知りたい

icon-exclamation-circleおトクなセール情報もチェック!

パソコン工房のゲーミングPCセール情報 格安モデルがさらに安く!
BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘...
ドスパラのゲーミングPCセール情報 無料アップグレードでコスパUP!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感...
G-TuneのゲーミングPCセール情報 おトクな格安モデルをお見逃しなく!
BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘...
ツクモのゲーミングPCセール情報 自作クオリティのおトクなモデルをご紹介!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感...
Sycom(サイコム)のゲーミングPCセール情報 自作PCクオリティを安く手に入れるチャンス!
現在セールを実施しておりません 公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグ...

シェアする

フォローする