RTX 2060 SUPER搭載おすすめゲーミングPC RTX 2070と同等のパフォーマンスで安い!4K入門に最適な高コスパモデル

  • RTX 2070と同等の性能!4K入門におすすめ
  • RTX 2070よりも安く、コスパ◎
  • 搭載パソコンの予算目安は11~20万円

「手に入れろSUPERパワー!」というキャッチコピーでおなじみ?RTX 2060 SUPERのスペックと、オススメBTOマシンをチェックしてみましょう。

 

RTX 2060 SUPERのスペックまとめ

リアルタイムレイトレーシング対応

RTX 2060 SUPERをはじめRTX 20シリーズではリアルタイムレイトレーシング技術を採用しています。GPU内部にレイトレーシング専用ユニット【RTコア】を搭載することで、従来よりもさらにリアルな映像描写が可能になっています

 

上の画像はBattlefield Vのデモムービーですが、従来のGPUとの違いは一目瞭然。炎の描写が車体にもしっかり表現され、よりリアルになっているのがわかりますね。

さらにRTコアのほか、AI機能に対応した【Tensorコア】を搭載しているのもポイント。

Tensorコアを活用したアンチエイリアス技術【DLSSモード】では、AI機能を用いてジャギー(輪郭のギザギザ)を効率よく処理することで、従来のTAAやFXAA方式よりもフレームレートが向上します。

なお、DXR・DLSSいずれも対応したゲームでないと動作しない点に注意!

 

RTX 2060 SUPERの仕様

 RTX 2060
SUPER
RTX 2060RTX 2070
コアTU106TU106TU106
プロセスルール12nm FinFET12nm FinFET12nm FinFET
CUDAコア数2176基1920基2304基
RTコア数 
34基30基36基
Tensorコア数
272基240基288基
動作クロック1470MHz1365MHz1410MHz
ブーストクロック1650MHz
1680MHz1710MHz(FE)
1620MHz
メモリークロック14GHz14GHz14GHz
メモリータイプGDDR6GDDR6GDDR6
メモリーインターフェース256bit192bit256bit
メモリーバス幅448GB/s336GB/s448GB/s
メモリー搭載量8GB6GB8GB
TDP175W
160W185W(FE)
175W
Rays/sec6Giga5Giga6Giga
RTX-OPS41T37T45T
外部電源8ピン8ピン8ピン

RTX 2060と同じくTU106をベースにしていますが、CUDAコアをはじめ各種コア数が増加。さらにVRAMが大容量の8GBになり、メモリのバス幅も広くなるなど、限りなくRTX 2070に近い仕様となっています。

もともとRTX 2060がハイスペック寄りのグラボにも関わらずメモリ周りが貧弱だったので、しっかりそれを克服した形なります。

なお、ベースはRTX 2060なのでSLIには非対応です。

 

ベンチマーク

Core i7-9700K・16GBメモリの組み合わせで実際の性能をチェックしてみましょう。※RTX 2080・2070・2060はFE版となります。

3DMark

おなじみのベンチマークソフトです。

まず現在主流のDirectX11をベースにしたFire Strikeですが、RTX 2070と瓜二つのスコアをマークしています。CUDAコアは少ないですが、ほとんど影響ないようですね。

もはやRTX 2060とは別物で、フルHDでは約113%、4Kでは約128%の性能と大きく差をつけています。

 

次に最新のDirectX12をベースにしたTime Spyをチェック。

こちらもRTX 2070とほぼ同じ。またRTX 2060に対しても、WQHD・4Kいずれも約113%としっかり差をつけています。

 

最後はDXR(リアルタイムレイトレーシング)性能を測定するPort Royalをチェック。

RTX 2070と若干差がついてますが、ほぼ誤差レベル。RTX 2060に対しては約112%の性能と、上のテストと同じような感じになっています。

 

FF14漆黒のヴィランズ

続いて実際のゲームでチェックしていきましょう。

 

まずはおなじみのMMORPGゲームから。

解像度をあげようがRTX 2070とは約1~2%しか差がつかず、RTX 2070そのものですね。一方RTX 2060に対しては、フルHDでは約103%とほぼ同じですが、WQHD・4Kでは約113%のスコアとなり、負荷が上がると仕様の差がきっちり表れます。

 

Apex Legends

お次は軽めのfpsをチェック。

この通り、見事なまでのRTX 2070っぷりです。軽いのでフルHDレベルならRTX 2060ともほとんど差がつかず。ただ、解像度が上がると性能差が出るようになり、WQHDでの平均fpsは約113%、4Kでは約112%としっかり上回ります。

軽めのゲームなら4Kでも十分動かせます。

 

Far Cry New Dawn

DirectX11ベースの重量級FPSゲームです。

こちらも以下略といったところですね。RTX 2060とはやはり解像度が上がると差がつくようになり、平均fpsはフルHDでは約106%ですが、4Kともなると約115%と大きく差を開けます。

先のゲームとは打って変わり、重量級のゲームだとWQHDまでといったとことですね。

 

BATTLEFIELD V

こちらも同じく重量級のFPSゲームですが、最新のDirectX12をベースにしており、DXR&DLSSに対応しています。

RTX 2070とほぼ同じパフォーマンスですが、RTX 2060との差が大きくつくのが特徴。平均fpsはフルHDで約109%だったのが、4Kでは約130%までに拡大します。コア数はもちろん、メモリ周りの強化がしっかり効いてますね

 

こちらはフルHD・DXR機能を有効にした際の結果ですが、かなり重く、fpsはガクッと落ち込んでしまいます。

なんとこのモードでは、わずかながらRTX 2060 SUPERがRTX 2070を逆転しています。また、RTX 2060に対しては平均fpsが約114%としっかり差をつけており、さらに最低fpsも60以上をしっかりキープ。安定感もバツグンです。

 

WQHD以上ではDXRとDLSS機能両方を有効にすることができ、fpsを向上させることが出来ます。

WQHDではRTX 2070とほぼ同じですが、とりわけヘビーな4Kともなると、RTX 2070のほうが約13%ほどパフォーマンスが高くなります。RTX 2070の面目躍如といったところですが、平均30fps程度なので実用性はイマイチ…というのが泣けます。

なお、RTX 2060に対しWQHDでの平均fpsは120%、4Kでは約129%と解像度が上がるにつれ、その差が開きます。さすがにこのレベルだとRTX 2060は息切れ気味です。

 

MONSTER HUNTER WORLD

DirectX11をベースにした知名度バツグンの狩りゲームですね。バトルフィールドに勝るとも劣らない重さを誇ります。

毎度のことながら、RTX 2070と同じパフォーマンスです。やはり重いゲームだとRTX 2060と差がつきやすく、平均fpsはフルHDで約121%、WQHD・4Kでは約117~118%となります。

 

ちなみに、WQHD以上ではDLSSに対応しています。DLSSではシャープネスを自由に設定することができ、控えめな「0.3」に設定しています。

DLSSモードでもRTX 2070とほぼ同じ。RTX 2060と比較すると、平均fpsはWQHDで約119%、4Kでは約123%となり、高解像度での安定感はやはり上。

それにしてもモンハンではDLSSがよく効きますね。平均fpsは約40~50%も伸び、安定性は格段に上がります。4Kは流石に無理ですが、WQHDならド安定で楽しむことが出来ます。

モンハンを楽しみたいのであれば、DLSSに対応したRTXシリーズがイチオシです!

 

消費電力

Time Spy実行時の消費電力を計測しました。

RTX 2070に近い仕様なので、やはり消費電力もRTX 2070寄りです。ただコアが少なく、TDPもFE版に比べ10W低いため、実際の消費電力も11W低くなっています。

ほぼ同等のパフォーマンスにもかかわらず、消費電力が少ないので、ワットパフォーマンスはかなり優秀!

 

結局RTX 2060 SUPERはどうなの?

RTX 2060から最大30%も性能が向上し、そのパフォーマンスはRTX 2070そのもの。もはやRTX 2060の面影はありません。また、RTX 2070に比べワットパフォーマンスも優れており、RTX 2070キラーにもなっています。

搭載モデルの価格もRTX 2060よりもやや高め、RTX 2070安い価格設定となっており、3兄弟の中では一番美味しいグラボです。WQHDをメインに、軽めのゲームを4Kで楽しみたい方にオススメ。

 

RTX 2060 SUPER搭載のおすすめゲーミングPC

 icon-info-circle モデルの構成・価格は日々変動するので、参考までにご覧ください。

AMD製CPU搭載モデル

インテルCPUを凌ぐ高いパフォーマンスとコスパが魅力の【Ryzen 3000シリーズ】をピックアップしました。

 GALLERIA/ガレリア AXV(ドスパラ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Ryzen 7 3700X
■チップセット:X570チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-3200)
■グラボ:RTX 2060 SUPER
■ストレージ:SSD 512GB+HDD 2TB
■電源:650W(80PLUS BRONZE)
■価格:155,980円(税別)~

Ryzen 7 3700X搭載の高性能モデル

AMDの8コア16スレッドCPU・Ryzen 7 3700XとRTX 2060 SUPERを搭載した、4K入門に最適なミドルタワーモデル。

大容量の16GBメモリに大容量デュアルストレージの充実した初期構成で、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMewタイプを搭載しています。ケースも冷却性と拡張性に優れており、トータルでの完成度が高い一台に仕上がっています。

 

おすすめカスタマイズ

文句なしの初期構成で、基本的にカスタマイズ不要。

 icon-check-circle ドスパラのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

 GALLERIA/ガレリア RV5(ドスパラ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Ryzen 5 3500
■チップセット:B450チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-2666)
■グラボ:RTX 2060 SUPER
■ストレージ:SSD 256GB+HDD 1TB
■電源:650W(80PLUS BRONZE)
■価格:114,980円(税別)~

Ryzen 5搭載のリーズナブルなモデル

AMDの6コアCPU・Ryzen 5 3500とRTX 2060 SUPERを搭載した、4K入門に最適なミニタワーモデル。

大容量の16GBメモリにデュアルストレージのポイントをおさえた初期構成で、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプというこだわりよう。この内容で11万円台と安く、予算重視ならおすすめです。

 

おすすめカスタマイズ

基本的にカスタマイズ不要ですが、ゲームのデータ容量が増えているため、SSDの容量を増やすとより安心。

 icon-check-circle ドスパラのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

インテル製CPU搭載モデル

総合力ではAMD製CPUに軍配が上がりますが、ゲームならインテル製CPUが一歩リードしています。

 GALLERIA/ガレリア ZV(ドスパラ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i7-9700K
■チップセット:Z390チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-2666)
■グラボ:RTX 2060 SUPER
■ストレージ:SSD 512GB+HDD 2TB
■電源:650W(80PLUS BRONZE)
■大型CPUクーラー搭載
■価格:155,980円(税別)~

カスタマイズ要らずのCore i7搭載モデル

第9世代の8コアCPU・Core i7-9700KとRTX 2060 SUPERを搭載した、4K入門に最適なミドルタワーモデル。【K】付きのCPUなので、オーバークロック(自己責任)でさらに性能を引き出すこともできます。

熱いCPUなので、冷却能力に優れた大型CPUクーラーが標準搭載されているのが嬉しいですね。

大容量の16GBメモリに大容量のデュアルストレージの充実した初期構成で、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを採用する徹底ぶり。ケースも冷却性と拡張性に優れており、トータルでの完成度が高い一台に仕上がっています。

 

おすすめカスタマイズ

申し分のない初期構成なので、基本的にカスタマイズ不要。

icon-check-circleドスパラのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

 GALLERIA/ガレリア DF(ドスパラ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i5-9400F
■チップセット:H310チップセット
■メモリ:8GB(DDR4-2666)
■グラボ:RTX 2060 SUPER
■ストレージ:SSD240GB+HDD 1TB
■電源:500W(80PLUS BRONZE)
■価格:119,980円(税別)~

Core i5搭載の格安モデル

第9世代の6コアCPU・Core i5-9400FとRTX 2060 SUPERを搭載した、4K入門に最適なミニタワーモデル。

8GBメモリに、デュアルストレージのポイントをおさえた初期構成で、11万円台を実現。RTX 2060 SUPER搭載モデルを安く手に入れたいならイチオシ。

 

おすすめカスタマイズ

重量級のゲームが増えており、メモリは16GBあると安心。

 icon-check-circle ドスパラのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

  NEXTGEAR i690SA2-SP[ゴールドモデル](G-Tune)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i7-9700K
■チップセット:Z390チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-2400)
■グラボ:RTX 2060 SUPER
■ストレージ:SSD 256GB+HDD 1TB
■電源:700W(80PLUS BRONZE)
■価格:199,800円(税別)~

※レビューモデルはRTX 2080を搭載しています。本体イメージの確認にどうぞ。

サポート&保証重視ならG-Tuneがおすすめ

第9世代の8コアCPU・Core i7-9700KとRTX 2060 SUPERを搭載した、4K入門に最適なミドルタワーモデル。【K】付きのCPUなので、オーバークロック(自己責任)でさらに性能を引き出すこともできます。

大容量の16GBメモリにデュアルストレージ構成の、ポイントをおさえた初期構成が魅力的。SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを採用するこだわりよう。

また、ケースの完成度が高いのもポイント。ケース内部は電源とストレージを上部に集約した、【チャンバー構造】になっており、エアフローがとてもスムーズ。さらに、フロント部分にHDMI端子がついているので、VR機器の取り回しもかんたん。

ちなみにG-Tuneは保証が充実しているのもポイント。G-Tuneでは延長保証が定額制で安く、例えば3年延長保証+センドバック修理保証に7,560円(税込)で加入することができます。他社だと本体価格の10%かかることを考えると、はるかにおトク。

 

おすすめカスタマイズ

前世代のCore i7とほぼ同じ発熱なので、CPUクーラーのカスタマイズがおすすめ。

 icon-check-circle G-Tuneのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

 icon-exclamation-circle ゲーミングPCは高い…とお悩みの方必見!

グラボ別激安ゲーミングPCまとめ 予算重視の方は必見!
各グラフィックボード別の激安モデルをピックアップしました。安さでいうならドスパラorパソコン工房の二択です。 グラフィックボード別激安ゲーミングPC icon-info-circleモデルの価格や構成は日々変動するので、参考まで...

 

 関連リンク

ほかのグラフィックボードもチェック

デスクトップ

ノート

 

あわせて知りたい

 icon-exclamation-circle おトクなセール情報もチェック!

パソコン工房のゲーミングPCセール情報 格安モデルがさらに安く!
BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。 パソコン工房では現在次のセールやキャンペーンを実施中! ico...
ドスパラのゲーミングPCセール情報 無料アップグレードでコスパUP!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。 ドスパラでは、4月1日まで【新生活応援セール】を開催中...
G-TuneのゲーミングPCセール情報 おトクな格安モデルをお見逃しなく!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。期間限定【決算セール】をチェックしてみましょう。 期間限...
ツクモのゲーミングPCセール情報 自作クオリティのおトクなモデルをご紹介!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。 ツクモでは、3月31日まで【春の大感謝祭】を開催中。自...
タイトルとURLをコピーしました