RTX 2060搭載おすすめゲーミングPC リアルタイムレイトレーシングに対応した新時代のミドルクラスモデル

  • GTX 1070 Tiを超える性能でWQHDでのゲーミングに最適
  • リアルタイムレイトレーシング対応でよりリアルな描写が可能に
  • 搭載パソコンの予算目安は10~14万円

リアルタイムレイトレーシングに対応した【RTXシリーズ】に待望のミドルクラスモデル登場。次世代のスタンダードとなるグラボの性能をチェックしてみましょう。

 

RTX 2060のスペックまとめ

リアルタイムレイトレーシング対応

RTX 2070をはじめRTX 20シリーズでは、リアルタイムレイトレーシング(DXR)に対応しています。GPU内部にレイトレーシング専用ユニット【RTコア】を搭載しており、従来よりもさらにリアルな映像描写が可能になっています

 

上の画像はBattlefield Vのデモムービーですが、従来のGPUとの違いは一目瞭然。炎の描写が車体にもしっかり表現され、よりリアルになっているのがわかりますね。

さらにRTコアのほか、AI機能に対応した【Tensorコア】を搭載しているのもポイント。

Tensorコアを活用したアンチエイリアス技術【DLSSモード】では、AI機能を用いてジャギー(輪郭のギザギザ)を効率よく処理することで、従来のTAAやFXAA方式よりもフレームレートが向上します。

なお、DXR・DLSSいずれも対応したゲームでないと動作しない点に注意!

 

RTX 2060の仕様

 RTX 2070RTX 2060GTX 1070GTX 1060
アーキテクチャTuringTuringPascalPascal
プロセスルール12nm FinFET12nm FinFET16nm FinFET16nm FinFET
CUDAコア数2304基1920基1920基1280基
RTコア数 36基30基
Tensorコア数288基240基
Rays/sec6Giga5Giga
RTX-OPS45T37T
動作クロック1410MHz1365MHz1503MHz1506MHz
ブーストクロック1710MHz(FE)
1620MHz
1680MHz1683MHz1708MHz
メモリークロック14GHZ14GHz8GHz8GHz
メモリータイプGDDR6GDDR6GDDR5GDDR5
メモリーインターフェース256bit192bit256bit192bit
メモリーバス幅448GB/s336GB/s256GB/s192GB/s
メモリー搭載量8GB6GB8GB6GB
TDP185W(FE)
175W
160W150W120W
外部電源8ピン8ピン8ピン6ピン

GPUの製造プロセスは、前世代の16nmから12nmへさらに微細化。置き換え対象となるGTX 1060と比較してみると、グラフィック描写の要となるCUDAコア数はGTX 1070と同じく1920基で、約50%も増加しています。

メモリは最大18Gbpsのデータ転送レートを誇る【GDDR6】へ大幅にグレードアップ。メモリーインターフェースこそGTX 1060と同じ192bitですが、メモリーバス幅は1.75倍となり、負荷のかかる場面でより高い安定性を発揮します。

なお、メモリ容量は6GBのままで据え置き少しちぐはぐな印象を受けますが、4Kを想定しているわけではないので、そこは割り切りが必要です。

ちなみに消費電力ですが、TDPが40Wも増えているため、ピーク時での実際の消費電力は最大約80Wほど上がっています。これはGTX 1070どころか、GTX 1070 Tiに匹敵するレベル。RTXシリーズは性能が大幅に向上している分、消費電力もガッツリ上がっている感じですね。

 

ベンチマーク

Core i7-8700K・16GBメモリ(DDR4-2666)の組み合わせで実際の性能をチェックしてみましょう。

3DMark

こちらは現在主流のDirectX11をベースにしたテストです。総合スコアはCPUとGPUを含めたスコアで、グラフィックスコアはその名の通り、グラボ単体のスコアです。

GTX 1060比で約39~52%と大幅に性能が向上しており、GTX 1070どころか、GTX 1070 Tiに匹敵するスコアを叩き出しています。二階級特進で、もはやミドルクラスとは思えない性能です。

 

こちらは今後主流になるであろうDirectX12のテストです。

こちらはさらにスコアの伸びが高く、GTX 1060比で約65~76%も性能が向上。ついにGTX 1070 Tiを超える結果となっています。RTXシリーズ全般にいえることですが、DirectX12環境にめっぽう強く、将来的なポテンシャルはかなり高いです。

ちなみに上位のRTX 2070と比較すると、Fire Strikeでは約76~87%、Time Spyでは約80~83%の性能になっています。ざっくりRTX 2070の70~90%の性能ということで、RTXシリーズ間でのバランスはうまく取れています。

 

Far Cry 5

重量級のFPSゲームですが、いずれもGTX 1070 Tiを超えるfpsをマーク。WQHDでも平均・最低ともに60fps以上をキープし、もはやミドルクラスとは思えない高いパフォーマンスを発揮します。フルHDで平均100fpsを超えるのも魅力的。

GTX 1060とは比較にならないレベルで、フルHDでは約47~50%、GTX 1060のパフォーマンスが落ちるWQHDにいたっては最大約86%と圧倒的な差をつけています。

 

Fortnite

フルHDの軽さとは裏腹に、4Kになるとガッツリ重くなるFPSゲームです。

Far Cry 5に近い結果となり、4Kでは逆転しているものの、基本的にはGTX 1070 Tiよりも性能は上。やはりWQHDに強く、平均・最低ともに60fpsをきっちり超え、フルHDであれば平均100fpsをキープできます。

GTX 1060に対しては、フルHDでは約65~67%、WQHDもほぼ同じく約63~66%と大きく差をつけています。

 

FF14

言わずと知れた国産のMMORPGで、平均60fpsをキープするにはスコア9000以上が必要になります。

僅差ではありますが、やはりGTX 1070 Tiよりも高いスコアをマークし、WQHDでも快適にプレイできます。GTX 1060に対しては、負荷の軽いフルHDでは約35%程度ですが、WQHDでは約51%と大きな差をつけています。

 

FF15

FF14よりもさらに重くなった、FFシリーズの最新タイトル。このゲームでは【DLSS】機能に対応しています。

”DLSS”(Deep Learning Super-Sampling)とは、AIの学習性能を活用したグラフィック処理のこと。対応したゲームであれば、性能を飛躍的に向上させることができます。もちろん、RTX 20シリーズ限定の機能となります。

4K・最高設定のカスタムモードで、通常のTAAモードとハイパフォーマンスのDLSSモードにて測定しています。

DLSSモードにするとスコアが大幅に伸び、RTX 2060だとDLSSモードではTAAモードよりも約37%もスコアが高くなっています。GTX 1060には倍以上の差をつけ、GTX 1070 Tiもついに及ばず、まさに異次元レベル。

今後は”BATTLEFIELD V”をはじめ様々なゲームにも対応していくとのこと。パフォーマンスのアシスト機能として、今後かなり期待できますね

 

BATTLEFIELD V

リアルタイムレイトレーシング(DXR)に対応した、大御所のFPSゲームです。DirectX11と12を選択できますが、DXRで動かすにはDirectX12が必須になります。また、DirectX12の方が高いパフォーマンスを発揮するので、基本的にはDirectX12一択。

まずDXRを無効にした標準モードでの結果ですが、やはりGTX 1070 Tiよりも性能は上です。WQHDでも平均60fpsを大きく超え、フルHDでは平均100fpsをキープし、ド安定でプレイできます。

GTX 1060との差ですが、フルHDでは約40~50%、WQHDでは約56~60%と、解像度・負荷が高くなるにつれ差が大きくなるパターンです。もはや別次元の性能。

ちなみに、4Kだとグラフィックメモリ6GBだと足りないのですが、意外にもRTX 2060が僅差でGTX 1070 Tiを上回っています。地力の差がそのまま出た感じになりますね。

 

結局RTX 2060はどうなの?

ワンランクどころか、二階級特進でGTX 1070 Tiを超える性能に大幅パワーアップし、最新のゲームをWQHDで難なく動かせるパフォーマンスを実現しています。DLSSやリアルタイムレイトレーシングにも対応しており、ワンランク上のミドルクラスグラボとしておすすめ。

なお、DLSSやリアルタイムレイトレーシングが不要ということであれば、ワンランク下のGTX 1660 SUPERで済ませるのもあり。ド安定のフルHD性能はもちろん、RTX 2060ほどではありませんがWQHDでのゲーミングにも対応しています。

 

 icon-exclamation-circleGTX 1660 SUPERについてはこちらもチェック!

GTX 1660 SUPER搭載おすすめゲーミングPC ワンランク上のフルHD性能!高いコスパが魅力のミドルクラスモデル
ついに''Turing世代''のGTXシリーズにも【SUPERシリーズ】が登場。ワンランク上のフルHD性能を手に入れたグラボのスペックとおすすめモデルをチェックしてみましょう。 GTX 1660 SUPERのスペックまとめ ...

 

RTX 2060搭載のおすすめゲーミングPC

 icon-info-circle モデルの構成・価格は日々変動するので、参考までにご覧ください。

AMD製CPU搭載モデル

インテルCPUを凌ぐ高いパフォーマンスとコスパが魅力の【Ryzen 3000シリーズ】をピックアップしました。

  LEVEL-R0X4-R73X-ROS(パソコン工房)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Ryzen 7 3700X
■チップセット:X470チップセット
■メモリ:8GB(DDR4-2666)
■グラボ:RTX 2060
■ストレージ:SSD 240GB
■電源:500W(80PLUS BRONZE)
■価格:124,980円(税別)~

Ryzen 7×高品質マザーボード搭載モデル

AMDの8コア16スレッドCPU・Ryzen 7 3700XとRTX 2060を搭載した、WQHDでのゲーミングに最適なミドルタワーモデル。

8GBメモリにSSDのみのシンプルな初期構成ですが、ASUS製のハイグレードマザーボード【PRIME X470-PRO】を搭載しているのがポイント。

 

機能が非常に充実し、熱くなりがちなM.2 SSDの冷却用ヒートシンクを標準装備。また、安定したネット環境を実現するインテル製LANチップをはじめ、高品質のオーディオ機能やLEDイルミネーション機能を搭載するなど、至れり尽くせり。

拡張性に優れたいケースは裏配線を採用しており、エアフローに優れ冷却性はバツグン。ワンランク上のモデルを求める方におすすめ。

 

おすすめカスタマイズ

重量級のゲームが増えており、メモリは16GBあると安心。また、SSDの容量を増やしたり、HDDを追加してデュアルストレージにしたりすると、より便利になります。

 icon-check-circle パソコン工房のおすすめカスタマイズを徹底解説

 

  LEVEL-M0B4-R53-ROR-RTC(パソコン工房)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Ryzen 5 3600
■チップセット:B450チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-2666)
■グラボ:RTX 2060
■ストレージ:SSD 240GB+HDD 1TB
■電源:500W(80PLUS BRONZE)
■価格:109,980円(税別)~

リーズナブルなRyzen 5搭載モデル

AMDの6コア12スレッドCPU・Ryzen  5 3600とRTX 2060を搭載した、WQHDでのゲーミングに最適なミニタワーモデル。

大容量の16GBメモリにデュアルストレージの充実した初期構成となっています。最近のゲームはメモリをガッツリ使うので、16GBあるとやはり安心。

 

おすすめカスタマイズ

ゲームそのものの容量も増えてきており、SSDは500GBにしておくのがおすすめ。

 icon-check-circle パソコン工房のおすすめカスタマイズを徹底解説

 

インテル製CPU搭載モデル

総合力ではAMD製CPUに軍配が上がりますが、ゲームならインテル製CPUが一歩リードしています。

 XPSタワー スペシャルエディション[RTX 2060搭載](デル)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i7-9700
■チップセット:Z370チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-2666)
■グラボ:RTX 2060
■ストレージ:SSD 512GB+HDD 2TB
■電源:460W
■価格:193,980円148,733円(税別・送料込み)~

充実した初期構成が魅力のモデル

第9世代の8コアCPU・Core i7-9700とRTX 2060を搭載した、WQHDでのゲーミングに最適なミニタワーモデル。

大容量の16GBメモリに大容量デュアルストレージの充実した初期構成で、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを採用しています。洗練されたフラットボディのケースは機能性に優れ、排熱性もバツグン。価格も安く、高コスパモデルとしておすすめです。

 

おすすめカスタマイズ

デルのXPSシリーズはカスタマイズできません。

 

  G-GEAR GA7J-D194/T(ツクモ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i7-9700
■チップセット:H370チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-2666)
■グラボ:RTX 2060
■ストレージ:SSD 240GB+HDD 1TB
■電源:550W(80PLUS BRONZE)
■価格:134,980円(税別)~

ポイントをおさえたCore i7搭載モデル

第9世代の8コアCPU・Core i7-9700とRTX 2060を搭載した、WQHDでのゲーミングに最適なミドルタワーモデル。高い品質で定評のあるASUS製マザーボード【H370-A】を搭載しています。

大容量の16GBメモリにデュアルストレージのポイントをおさえた初期構成ながら低価格を実現しており、予算重視で高性能モデルが欲しい方におすすめ。最近のゲームはメモリを多く使うようになっており、メモリが16GBあるとやはり安心です。

 

おすすめカスタマイズ

6コア12スレッドで発熱が高く、CPUクーラーのカスタマイズがおすすめ。また、重量級のゲームが増えており、メモリは16GBあると安心。

そのほか、SSDを追加してデュアルストレージにすれば、HDDとの使い分けができ、とても便利です。

 icon-check-circle ツクモのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

  LEVEL-M0B6-i5F-ROR(パソコン工房)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i5-9400F
■チップセット:B360チップセット
■メモリ:8GB(DDR4-2666)
■グラボ:RTX 2060
■ストレージ:SSD 240GB+HDD 1TB
■電源:500W(80PLUS BRONZE)
■価格:109,980円(税別)~

Core i5搭載の格安モデル

第9世代の6コアCPU・Core i5-9400FとRTX 2060を搭載した、WQHDでのゲーミングに最適なミニタワーモデル。

8GBメモリにデュアルストレージのポイントをおさえた初期構成で、10万円台を実現。メモリやストレージをカスタマイズして、さらに使いやすくしたいところ。

 

おすすめカスタマイズ

重量級のゲームが増えており、メモリは16GBあると安心。また、ゲームそのものの容量も増えているため、SSDは500GBあるとより安心です。

 icon-check-circle パソコン工房のおすすめカスタマイズを徹底解説

 

 icon-exclamation-circle ゲーミングPCは高い…とお悩みの方必見!

グラボ別激安ゲーミングPCまとめ 予算重視の方は必見!
各グラフィックボード別の激安モデルをピックアップしました。安さでいうならドスパラorパソコン工房の二択です。 グラフィックボード別激安ゲーミングPC icon-info-circleモデルの価格や構成は日々変動するので、参考まで...

 

 関連リンク

ほかのグラフィックボードもチェック

デスクトップ

ノート

 

あわせて知りたい

 icon-exclamation-circle おトクなセール情報もチェック!

パソコン工房のゲーミングPCセール情報 格安モデルがさらに安く!
BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。 パソコン工房では現在次のセールやキャンペーンを実施中! ico...
ドスパラのゲーミングPCセール情報 無料アップグレードでコスパUP!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。 ドスパラでは現在、おトクな3大キャンペーンを実施中。コ...
G-TuneのゲーミングPCセール情報 おトクな格安モデルをお見逃しなく!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。期間限定セールをチェックしてみましょう。 期間限定セール...
ツクモのゲーミングPCセール情報 自作クオリティのおトクなモデルをご紹介!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。 ツクモでは現在、旧モデルの大幅値下げや、CPU無料アッ...
タイトルとURLをコピーしました