RTX 2060搭載おすすめゲーミングPC リアルタイムレイトレーシングに対応した新時代のミドルクラスモデル

  • GTX 1070 Tiを超える性能でWQHDでのゲーミングに最適
  • リアルタイムレイトレーシング対応でよりリアルな描写が可能に
  • 搭載パソコンの予算目安は12~19万円

リアルタイムレイトレーシングに対応した【RTXシリーズ】に待望のミドルクラスモデル登場。次世代のスタンダードとなるグラボの性能をチェックしてみましょう。

 

RTX 2060のスペックまとめ

リアルタイムレイトレーシング対応

RTX 2070をはじめRTX 20シリーズではリアルタイムレイトレーシング技術を採用しています。GPU内部にレイトレーシング専用ユニット【RTコア】を搭載することで、従来よりもさらにリアルな映像描写が可能になっています

 

上の画像はBattlefield Vのデモムービーですが、従来のGPUとの違いは一目瞭然。炎の描写が車体にもしっかり表現され、よりリアルになっているのがわかりますね。

さらにRTコアのほか、AI機能に対応した【Tensorコア】を搭載しているのもポイント。

Tensorコアを活用したアンチエイリアス技術【DLSSモード】では、AI機能を用いてジャギー(輪郭のギザギザ)を効率よく処理することで、従来のTAAやFXAA方式よりもフレームレートが向上します。

なお、DXR・DLSSいずれも対応したゲームでないと動作しない点に注意!

 

RTX 2060の仕様

 RTX 2070RTX 2060GTX 1070GTX 1060
アーキテクチャTuringTuringPascalPascal
プロセスルール12nm FinFET12nm FinFET16nm FinFET16nm FinFET
CUDAコア数2304基1920基1920基1280基
RTコア数 36基30基
Tensorコア数288基240基
Rays/sec6Giga5Giga
RTX-OPS45T37T
動作クロック1410MHz1365MHz1503MHz1506MHz
ブーストクロック1710MHz(FE)
1620MHz
1680MHz1683MHz1708MHz
メモリークロック14GHZ14GHz8GHz8GHz
メモリータイプGDDR6GDDR6GDDR5GDDR5
メモリーインターフェース256bit192bit256bit192bit
メモリー搭載量8GB6GB8GB6GB
TDP185W(FE)
175W
160W150W120W
外部電源8ピン8ピン8ピン6ピン
映像出力端子DisplayPort 1.4a
HDMI 2.0b
USB Type-C
DVI-D
DisplayPort 1.4a
HDMI 2.0b
USB Type-C
DVI-D
DisplayPort 1.4
HDMI 2.0b
DVI-D
DisplayPort 1.4
HDMI 2.0b
DVI-D

GPUの製造プロセスは、前世代の16nmから12nmへさらに微細化。

置き換え対象となるGTX 1060と比較してみると、グラフィック描写の要となるCUDAコア数はGTX 1070と同じく1920基で、約50%も増加しています。

メモリは最大18Gbpsのデータ転送レートを誇る【GDDR6】へ大幅にグレードアップ。これは従来のGDDR5(9Gbps)のゆうに2倍。メモリ帯域にいたってはかのHBM2に匹敵するレベルです。

前世代のハイスペッククラスの仕様にグレードアップしていますが、あくまでもミドルクラスモデルということで、メモリーインターフェースやメモリ容量は据え置き。少しちぐはぐな印象を受けますが、4Kを想定しているわけではないので、そこは割り切りが必要です。

ちなみに消費電力ですが、TDPが40Wも増えているため、ピーク時での実際の消費電力は最大約80Wほど上がっています。これはGTX 1070どころか、GTX 1070 Tiに匹敵するレベル。RTXシリーズは性能が大幅に向上している分、消費電力もガッツリ上がっていますね。

ちなみに、SLI(グラボ2枚構成)には非対応なので注意!

 

ベンチマーク

Core i7-8700K・16GBメモリの組み合わせで実際の性能をチェックしてみましょう。

3DMark

こちらは現在主流のDirectX11をベースにしたテストです。総合スコアはCPUとGPUを含めたスコアで、グラフィックスコアはその名の通り、グラボ単体のスコアです。

GTX 1060比で約39~52%と大幅に性能が向上しており、GTX 1070どころか、GTX 1070 Tiに匹敵するスコアを叩き出しています。二階級特進で、もはやミドルクラスとは思えない性能です。

 

こちらは今後主流になるであろうDirectX12のテストです。

こちらはさらにスコアの伸びが高く、GTX 1060比で約65~76%も性能が向上。ついにGTX 1070 Tiを超える結果となっています。RTXシリーズ全般にいえることですが、DirectX12環境にめっぽう強く、将来的なポテンシャルはかなり高いです。

ちなみに上位のRTX 2070と比較すると、Fire Strikeでは約76~87%、Time Spyでは約80~83%の性能になっています。ざっくりRTX 2070の70~90%の性能ということで、RTXシリーズ間でのバランスはうまく取れています。

 

Far Cry 5

重量級のFPSゲームですが、いずれもGTX 1070 Tiを超えるfpsをマーク。WQHDでも平均・最低ともに60fps以上をキープし、もはやミドルクラスとは思えない高いパフォーマンスを発揮します。フルHDで平均100fpsを超えるのも魅力的。

GTX 1060とは比較にならないレベルで、フルHDでは約47~50%、GTX 1060のパフォーマンスが落ちるWQHDにいたっては最大約86%と圧倒的な差をつけています。

 

Fortnite

フルHDの軽さとは裏腹に、4Kになるとガッツリ重くなるFPSゲームです。

Far Cry 5に近い結果となり、4Kでは逆転しているものの、基本的にはGTX 1070 Tiよりも性能は上。やはりWQHDに強く、平均・最低ともに60fpsをきっちり超え、フルHDであれば平均100fpsをキープできます。

GTX 1060に対しては、フルHDでは約65~67%、WQHDもほぼ同じく約63~66%と大きく差をつけています。

 

FF14

言わずと知れた国産のMMORPGで、平均60fpsをキープするにはスコア9000以上が必要になります。

僅差ではありますが、やはりGTX 1070 Tiよりも高いスコアをマークし、WQHDでも快適にプレイできます。GTX 1060に対しては、負荷の軽いフルHDでは約35%程度ですが、WQHDでは約51%と大きな差をつけています。

 

FF15

FF14よりもさらに重くなった、FFシリーズの最新タイトル。このゲームでは【DLSS】機能に対応しています。

”DLSS”(Deep Learning Super-Sampling)とは、AIの学習性能を活用したグラフィック処理のこと。対応したゲームであれば、性能を飛躍的に向上させることができます。もちろん、RTX 20シリーズ限定の機能となります。

4K・最高設定のカスタムモードで、通常のTAAモードとハイパフォーマンスのDLSSモードにて測定しています。

DLSSモードにするとスコアが大幅に伸び、RTX 2060だとDLSSモードではTAAモードよりも約37%もスコアが高くなっています。GTX 1060には倍以上の差をつけ、GTX 1070 Tiもついに及ばず、まさに異次元レベル。

今後は”BATTLEFIELD V”をはじめ様々なゲームにも対応していくとのこと。パフォーマンスのアシスト機能として、今後かなり期待できますね

 

BATTLEFIELD V

リアルタイムレイトレーシング(DXR)に対応した、大御所のFPSゲームです。DirectX11と12を選択できますが、DXRで動かすにはDirectX12が必須になります。また、DirectX12の方が高いパフォーマンスを発揮するので、基本的にはDirectX12一択。

まずDXRを無効にした標準モードでの結果ですが、やはりGTX 1070 Tiよりも性能は上です。WQHDでも平均60fpsを大きく超え、フルHDでは平均100fpsをキープし、ド安定でプレイできます。

GTX 1060との差ですが、フルHDでは約40~50%、WQHDでは約56~60%と、解像度・負荷が高くなるにつれ差が大きくなるパターンです。もはや別次元の性能。

ちなみに、4Kだとグラフィックメモリ6GBだと足りないのですが、意外にもRTX 2060が僅差でGTX 1070 Tiを上回っています。地力の差がそのまま出た感じになりますね。

次に目玉のDXRモードでの結果ですが、負荷が格段に重くなり、fpsは半分にまで落ちてしまいます。WQHDでの動作は厳しいですが、それでもフルHDで平均60fps以上をキープしているのは立派ですね

 

結局RTX 2060はどうなの?

ワンランクどころか、二階級特進でGTX 1070 Tiを超える性能に大幅パワーアップしたのは驚きの一言。最新のゲームをWQHDで難なく動かせるパフォーマンスの高さは、もはやミドルクラスとは思えないですね。

今後DLSSやリアルタイムレイトレーシング対応ゲームが続々リリース予定なので将来性も高く、新時代のミドルクラスグラボとしておすすめ。搭載モデルの価格も14~18万円と、ざっくりGTX 1060とGTX 1070 Tiの中間といった感じで、あまり高くないのもいいですね。

ただ、ミドルクラスモデルにしては、やや高く感じてしまうのも事実。現在メインのフルHDでゲームを楽しむのであれば、最新のGTX 1660 Tiでも十分すぎるので、予算重視ならGTX 1660 Ti搭載モデルを選ぶのも全然あり

 

RTX 2060搭載のおすすめゲーミングPC

 icon-info-circle モデルの構成・価格は日々変動するので、参考までにご覧ください。

AMD製CPU搭載モデル

インテルCPUを凌ぐ高いパフォーマンスとコスパが魅力の【Ryzen 3000シリーズ】をピックアップしました。

  LEVEL-M0B4-R73X-ROR(パソコン工房)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Ryzen 7 3700X
■チップセット:B450チップセット
■メモリ:8GB(DDR4-2666)
■グラボ:RTX 2060
■ストレージ:SSD 240GB+HDD 1TB
■電源:500W(80PLUS BRONZE)
■価格:139,980円(税別)~

 

リーズナブルなRyzen 7搭載モデル

AMDの8コア16スレッドCPU・Ryzen 7 3700XとRTX 2060を搭載した、WQHDでのゲーミングに最適なミニタワーモデル。

8GBメモリにデュアルストレージのポイントをおさえた初期構成となっており、メモリをカスタマイズするだけで快適に使えます。予算重視ならおすすめ。

 

おすすめカスタマイズ

最近は重量級のゲームが増えており、メモリは16GBあると安心。

 icon-check-circle パソコン工房のおすすめカスタマイズを徹底解説

 

  G-GEAR GA7A-J193/XT(ツクモ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Ryzen 7 3700X
■チップセット:X570チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-2666)
■グラボ:RTX 2060
■ストレージ:SSD 500GB+HDD 2TB
■電源:700W(80PLUS BRONZE)
■価格:179,800円(税別)~

 

ハイグレードマザーボード搭載モデル

AMDの8コア16スレッドCPU・Ryzen 7 3700XとRTX 2060を搭載した、WQHDでのゲーミングに最適なミドルタワーモデル。

大容量の16GBメモリにデュアルストレージの充実した初期構成で、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを採用するこだわりよう。

 

このモデル最大のポイントは、Asrock製の高品質マザーボード【X570 Steel Legend】を搭載していること。

チョークコイルやコンデンサなど重要部品はサーバーグレードとなっており、さらに拡張スロットは金属プレートで補強する徹底ぶり。とにかくタフで、長時間・長期間の使用でも安定したパフォーマンスを発揮します。

機能面も充実しており、PCIe Gen.4に対応しているのはもちろん、熱くなりがちなM.2 SSDの冷却用ヒートシンクを標準装備。また、安定したネット環境を実現するインテル製LANチップをはじめ、高音質のオーディオ機能を搭載するなど、至れり尽くせり。

裏配線を採用したケースはエアフローに優れ冷却性はバツグン。拡張性も高く、コスパモデルながら高い完成度が魅力のモデルです。

 

おすすめカスタマイズ

充実した初期構成なので、基本的にカスタマイズ不要。

 icon-check-circleツクモのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

 G-GEAR GA5A-D193/T(ツクモ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Ryzen 5 3600
■チップセット:B450チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-2666)
■グラボ:RTX 2060
■ストレージ:SSD 240GB+HDD 1TB
■電源:550W(80PLUS BRONZE)
■価格:129,800円(税別)~

 

予算重視ならRyzen 5がおすすめ

AMDの8コア16スレッドCPU・Ryzen 5 3600とRTX 2060を搭載した、WQHDでのゲーミングに最適なミドルタワーモデル。

大容量の16GBメモリにデュアルストレージの充実した初期構成となっています。最近のゲームはメモリをガッツリ使うので、最初から16GBあるのは嬉しいですね。

 

おすすめカスタマイズ

充実した初期構成なので、基本的にカスタマイズ不要。

 icon-check-circleツクモのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

インテル製CPU搭載モデル

総合力ではAMD製CPUに軍配が上がりますが、ゲームならインテル製CPUが一歩リードしています。

  LEVEL-R040-i7-ROA(パソコン工房)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i7-9700
■チップセット:Z390チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-2666)
■グラボ:RTX 2060
■ストレージ:SSD 480GB+HDD 2TB
■電源:500W(80PLUS BRONZE)
■価格:152,980円(税別)~

 

充実した初期構成が魅力のモデル

第9世代の8コアCPU・Core i7-9700とRTX 2060を搭載した、WQHDでのゲーミングに最適なミドルタワーモデル。大容量の16GBメモリに大容量デュアルストレージの充実した初期構成となっています。

ケースも裏配線を採用しており、エアフローに優れ冷却性はバツグン。拡張性も高く、コスパモデルながら高い完成度が魅力のモデルです。

 

おすすめカスタマイズ

6コア12スレッドなので発熱が高く、CPUクーラーのカスタマイズがおすすめ。その他は用途・予算次第です。

 icon-check-circle パソコン工房のおすすめカスタマイズを徹底解説

 

  G-GEAR GA7J-E190/T(ツクモ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i7-8700
■チップセット:H370チップセット
■メモリ:8GB(DDR4-2666)
■グラボ:RTX 2060
■ストレージ:HDD 1TB
■電源:550W(80PLUS BRONZE)
■価格:129,980円(税別)~

 

シンプルなCore i7搭載モデル

第8世代の6コア12スレッドCPU・Core i7-8700とRTX 2060を搭載した、WQHDでのゲーミングに最適なミドルタワーモデル。高い品質で定評のあるASUS製マザーボード【H370-A】を搭載しています。

8GBメモリに1TB HDDのシンプルな構成で低価格を実現しており、予算重視で高性能モデルが欲しい方におすすめ。

 

おすすめカスタマイズ

6コア12スレッドで発熱が高く、CPUクーラーのカスタマイズがおすすめ。また、重量級のゲームが増えており、メモリは16GBあると安心。

そのほか、SSDを追加してデュアルストレージにすれば、HDDとの使い分けができ、とても便利です。

 icon-check-circle ツクモのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

  ガレリア DF(ドスパラ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i5-8500
■チップセット:H310チップセット
■メモリ:8GB(DDR4-2666)
■グラボ:RTX 2060
■ストレージ:SSD240GB+HDD 1TB
■電源:500W(80PLUS BRONZE)
■価格:119,980円(税別)~

 

格安のRTX 2060搭載モデルならコレ

第8世代の6コアCPU・Core i5-8500とRTX 2060を搭載した、WQHDでのゲーミングに最適なミニタワーモデル。

8GBメモリに、デュアルストレージのポイントをおさえた初期構成で、11万円台を実現。RTX 2060モデルを安く手に入れたいならイチオシ。

 

おすすめカスタマイズ

重量級のゲームが増えており、メモリは16GBあると安心。

 icon-check-circle ドスパラのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

 icon-exclamation-circle ゲーミングPCは高い…とお悩みの方必見!

グラボ別激安ゲーミングPCまとめ 予算重視の方は必見!
各グラフィックボード別の激安モデルをピックアップしました。安さでいうならドスパラorパソコン工房の二択です。 グラフィックボード別激安ゲーミングPC icon-info-circleモデルの価格や構成は日々変動するので、参考まで...

 

 関連リンク

ほかのグラフィックボードもチェック

デスクトップ

ノート

 

あわせて知りたい

 icon-exclamation-circle おトクなセール情報もチェック!

パソコン工房のゲーミングPCセール情報 格安モデルがさらに安く!
BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。 パソコン工房では現在次のセールやキャンペーンを実施中! ico...
ドスパラのゲーミングPCセール情報 無料アップグレードでコスパUP!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。 ドスパラでは、9月30日まで【最大5万円分ポイントバッ...
G-TuneのゲーミングPCセール情報 おトクな格安モデルをお見逃しなく!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。毎度おなじみ【期間限定セール】をチェックしてみましょう。 ...
ツクモのゲーミングPCセール情報 自作クオリティのおトクなモデルをご紹介!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。 ツクモでは、10月31日まで【秋の感謝セール】を開催中...
Sycom(サイコム)のゲーミングPCセール情報 自作PCクオリティを安く手に入れるチャンス!
現在セールを実施しておりません 公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。 お値段以上の満足度!...
タイトルとURLをコピーしました