GTX 1660 Ti搭載おすすめゲーミングPC ミドルクラスの新定番!価格と性能のバランスに優れたフルHD推奨モデル

  • GTX 1070に匹敵する性能でド安定のフルHDパフォーマンスを実現
  • GTXシリーズなので、DXR性能は低め
  • 搭載パソコンの予算目安は10~14万円

”Turing世代”にもGTXシリーズがついに登場!ド安定のフルHD性能を誇る、新世代のミドルクラスグラボの性能をチェックしてみましょう。

 

GTX 1660 Tiのスペックまとめ

GTX 1660 Tiの仕様

 RTX 2060GTX 1660 TiGTX 1070GTX 1060
アーキテクチャTuringTuringPascalPascal
プロセスルール12nm FinFET12nm FinFET16nm FinFET16nm FinFET
CUDAコア数1920基1536基1920基1280基
RTコア数 30基
Tensorコア数240基
Rays/sec5Giga
RTX-OPS37T
動作クロック1365MHz1500MHz1503MHz1506MHz
ブーストクロック1680MHz1770MHz1683MHz1708MHz
メモリークロック14GHZ12GHz8GHz8GHz
メモリータイプGDDR6GDDR6GDDR5GDDR5
メモリーインターフェース192bit192bit256bit192bit
メモリー搭載量6GB6GB8GB6GB
TDP160W120W150W120W
外部電源8ピン8ピン8ピン6ピン

GPUの製造プロセスは、前世代の16nmから12nmへさらに微細化。グラフィック描写の要となるCUDAコア数は、置き換え対象となるGTX 1060よりも20%増加しています。

ミドルクラスモデルながらメモリも刷新され、最大18Gbpsのデータ転送レートを誇る【GDDR6】へ大幅にグレードアップ。これは従来のGDDR5(9Gbps)のゆうに2倍。メモリ帯域にいたってはかのHBM2に匹敵するレベルです。

仕様だけ見るならGTX 1060とGTX 1070の中間といったところですが、CUDAコアの性能がパワーアップし、さらにブーストクロックも上がっているので、GTX 1070に匹敵するパフォーマンスを発揮します。詳しくは下のベンチマークテストをチェック!

なお消費電力ですが、ピーク時ではGTX 1060よりも最大約30W上がり、TDPこそ同じものの性能アップに伴いしっかり上がっています。それでもGTX 1070より消費電力は少なく、うまいこと調整されているといった印象です。

ちなみに、SLI(グラボ2枚構成)には非対応なので注意!

 

DXR(リアルタイムレイトレーシング)性能は低め

型番からもわかる通りRTXシリーズではないので、DXR(リアルタイムレイトレーシング)の性能は低く、DLSSには非対応となっています。

それぞれをサクッと解説すると、DXR(リアルタイムレイトレーシング)は、RTコアを活用したグラフィック描写技術のこと。従来よりもさらにリアルな映像描写が可能になり、ゲーム臨場感がより一層高くなります。

 

上の画像はBattlefield Vのデモムービーですが、従来のGPUとの違いは一目瞭然。炎の描写が車体にもしっかり表現され、よりリアルになっているのがわかりますね。

DLSSモードはTensorコアを活用したアンチエイリアス技術のこと。AI機能を用いてジャギー(輪郭のギザギザ)を効率よく処理することで、従来のTAAやFXAA方式よりもフレームレートが向上します

DXRはお好み要素が強いのですが、DLSSモードはフレームレート向上=ゲームの安定性に直結するので、かなり便利。なお、どちらの機能も対応したゲームでないと動作しないので注意!

 

ベンチマーク

Core i7-8700K・16GBメモリの組み合わせで実際の性能をチェックしてみましょう。

3DMark

こちらは現在主流のDirectX11をベースにしたテストです。総合スコアはCPUとGPUを含めたスコアで、グラフィックスコアはその名の通り、グラボ単体のスコアです。

GTX 1060比で最大約26%と大幅に性能が向上しています。ただ4Kでは見事にGPUがボトルネックになり、約3~9%程度とあまり変わりません。

GTX 1070と比べてみると、約8~32%の差をつけられています。解像度が上がるほど性能差が開き、地力の高さを見事に発揮しています。

 

しかし今後主流になるであろうDirectX12のテストでは全く違う様相を見せます。

GTX 1060比では約40~45%も性能が向上し、解像度に関係なく大きく差をつけています。それどころかGTX 1070よりも約5~8%高い性能となり、Fire Strikeから一転、上回る結果になっています。

RTXシリーズ全般にいえることですが、DirectX12環境にめっぽう強く、将来的なポテンシャルはかなり高いです。

ちなみに上位のRTX 2060と比較すると、Fire Strikeでは約75~83%、Time Spyでは約82~85%の性能になっています。ざっくりRTX 2060の70~90%の性能ということで、”Turing世代”間ではうまくバランスがとれているといっていいでしょう。

 

Far Cry 5

 

重量級のFPSゲームですが、GTX 1070とほぼ互角かやや上回る性能です。フルHDでの安定感はもちろん、WQHDでも平均60fpsを超えるのはいいですね。4Kはさすがに厳しいですね。

ほぼGTX 1070ということで、GTX 1060は眼中になし。フルHDでは約24~32%、WQHDでは約40~47%の差をつけまさに圧倒的。GTX 1060のパフォーマンスがガクッと落ち込む4Kともなると最大約72%もの差がついています。

なお、上位のRTX 2060比では約81~87%の性能となっており、他のゲームでもおよそ80~90%の性能に落ち着いています。RTX 2060の性能は頼もしく、フルHDでは平均100fpsをキープし、WQHDでも平均60fpsを大幅に超え、まさに盤石です。

 

Anthem

高いアクション性で人気のMORPGですが、広大なマップと自由度の高い戦闘システムのため、かなり重いゲームです。

いずれの解像度でもGTX 1070を上回る性能です。フルHDで平均60fpsをキープできるのは大きなアドバンテージですね。一方WQHD・4Kでは平均60fpsに届かず、このゲームがいかに重いかということがよくわかります。

GTX 1060との性能差は、フルHDでは約50~53%、WQHDでは約77~78%と解像度が上がるにつれ、大幅な差がつきます。4Kはもう息も絶え絶えですが、最大約64%差となっています。

 

Fortnite

 

フルHDの軽さとは裏腹に、4Kになるとガッツリ重くなるFPSゲームです。

フルHD・WQHDではGTX 1070を上回る性能をマークしています。フルHDでは平均100fpsに届きそうなレベルで頼もしい限りですね。WQHDでも平均60fpsを超えるのも◎。一方、4KだとGTX 1070よりも下回る結果になり、地力の差が出てしまった感じです。

もちろんGTX 1060には大きく差をつけており、フルHDでは約33~35%、WQHDでは約33~50%とさらに差が広がっています。4KではGTX 1070を下回るため、GTX 1060とほぼ互角になっています。

 

FF14

言わずと知れた国産のMMORPGで、平均60fpsをキープするにはスコア9000以上が必要になります。

いずれの解像度でも、わずかではありますがGTX 1070を下回る結果となっています。とはいえWQHDでも10000を超えるのは立派。GTX 1060に対しては、負荷の軽いフルHDでは約23%程度ですが、WQHDでは約32%、4Kでは約33%と大きく差をつけています。

 

BATTLEFIELD V

リアルタイムレイトレーシング(DXR)に対応した、大御所のFPSゲームです。DirectX12の方が高いパフォーマンスを発揮するので、基本的にはDirectX12一択。また、GTX 1660 TiはDXRに対応していないため、通常モードでのfpsをまとめてみました。

Fortniteと同じ傾向ですね。フルHD・WQHDではGTX 1070を上回り、4KではGTX 1070を下回ってしまいます。他のゲームと同じく、WQHDでもきっちり平均60fpsを大きく超えてくるのは魅力的です。

GTX 1060との差ですが、フルHDでは約22~37%、WQHDでは約29~39%、4Kでは約30~37%とおおむね20~30%の差をつけています。

 

結局GTX 1660 Tiはどうなの?

前世代のGTX 1070に匹敵する性能に進化することで、フルHDをゆうに飛び越え、WQHD入門にも最適なパフォーマンスを発揮します。予算重視のミドルクラスグラボにしては申し分ない性能ですね。

価格も10万円台~と、VRAM6GB版GTX 1060搭載モデルの価格を踏襲しているのもグッド。価格据え置きでワンランク上の性能を手に入れられると考えれば、結構おいしいです。

唯一ネックなのは、今後DLSSやDXR対応ゲームが続々リリースされた場合、その恩恵を受けられないことでしょうか。

先にも紹介した通り、DLSSのフレームレートアシスト機能は意外に侮れず、例えばBattlefield Vの場合、DLSSモードを有効にすると最大40%のパフォーマンスアップを実現します。あくまでも予算次第ですが、RTX 2060搭載モデルの方が後々便利です。

 

GTX 1660 Ti搭載のおすすめゲーミングPC

 icon-info-circle モデルの構成・価格は日々変動するので、参考までにご覧ください。

AMD製CPU搭載モデル

インテルCPUを凌ぐ高いパフォーマンスとコスパが魅力の【Ryzen 3000シリーズ】をピックアップしました。

  ガレリア AT(ドスパラ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Ryzen 7 3700X
■チップセット:B350チップセット
■メモリ:8GB(DDR4-2666)
■グラボ:GTX 1660 Ti
■ストレージ:SSD 500GB+HDD 2TB
■電源:500W(80PLUS BRONZE)
■価格:129,980円(税別)~

 

Ryzen 7×GTX 1660 Tiのハイスペックモデル

AMDの8コア16スレッドCPU・Ryzen 7 3700XとGTX 1660 Tiを搭載した、ド安定のフルHD性能が魅力のミドルタワーモデル。8GBメモリに大容量デュアルストレージの充実した初期構成となっています。

 

おすすめカスタマイズ

最近は重量級のゲームが増えており、メモリは16GBあると安心。

 icon-check-circle ドスパラのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

  ガレリア RT5(ドスパラ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Ryzen 5 3600
■チップセット:B350チップセット
■メモリ:8GB(DDR4-2666)
■グラボ:GTX 1660 Ti
■ストレージ:SSD 240GB+HDD 1TB
■電源:500W(80PLUS BRONZE)
■価格:109,980円(税別)~

 

予算重視のミニタワーモデル

AMDの6コア12スレッドCPU・Ryzen 5 3600とGTX 1660 Tiを搭載した、ド安定のフルHD性能が魅力のミニタワーモデル。8GBメモリにデュアルストレージのポイントをおさえた初期構成となっています。

Ryzen 5の基本性能はCore i7-9700Kに匹敵し、ゲーミング性能はCore i5レベルと、ミドルクラスCPUながら高いパフォーマンスを発揮します。

 

おすすめカスタマイズ

重量級のゲームが増えており、メモリは16GBあると安心。

 icon-check-circle ドスパラのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

インテル製CPU搭載モデル

総合力ではAMD製CPUに軍配が上がりますが、ゲームならインテル製CPUが一歩リードしています。

  レリア XT(ドスパラ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i7-8700Core i7-9700K
■チップセット:B365チップセット
■メモリ:8GB16GB(DDR4-2666)
■グラボ:GTX 1660 Ti
■ストレージ:SSD 512GB+HDD 2TB
■電源:500W(80PLUS BRONZE)
■大型CPUクーラー搭載
■価格:127,617円123,980円(税別)~

Core i7搭載のコスパ最強モデル

第8世代の6コア12スレッドCPU・Core i7-8700とGTX 1660 Tiを搭載した、ド安定のフルHD性能が魅力のミドルタワーモデル。熱いCPUなので、冷却能力に優れた大型CPUクーラーが標準搭載されているのが嬉しいですね。

8GBメモリに大容量のデュアルストレージを搭載した充実の初期構成ですが、今なら最新の8コアCPU・Core i7-9700K&16GBメモリ&NVMe SSDに無料アップグレードでさらにおトクになっています。

 

おすすめカスタマイズ

完成された初期構成なので、基本的にカスタマイズ不要です。

 icon-check-circle ドスパラのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

  ガレリア ZT(ドスパラ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i7-9700K
■チップセット:Z390チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-2666)
■グラボ:GTX 1660 Ti
■ストレージ:SSD 512GB+HDD 2TB
■電源:650W(80PLUS BRONZE)
■大型CPUクーラー搭載
■価格:175,980円145,980円(税別)~

ワンランク上のCore i7-9700Kを搭載した本格派モデル

第9世代の8コアCPU・Core i7-9700KとGTX 1660 Tiを搭載した、ド安定のフルHD性能が魅力のミドルタワーモデル。【K】付きのCPUなので、オーバークロック(自己責任)でさらに性能を引き出すこともできます。

熱いCPUなので、冷却能力に優れた大型CPUクーラーが標準搭載されているのが嬉しいですね。

大容量の16GBメモリに大容量のデュアルストレージの充実した初期構成で、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを採用する徹底ぶり。完成度が非常に高く、コスパはバツグンです。

 

おすすめカスタマイズ

基本的にカスタマイズ不要。電源のアップグレードなどは用途・予算次第です。

icon-check-circleドスパラのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

  ガレリア DT(ドスパラ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i5-9400F
■チップセット:H310チップセット
■メモリ:8GB(DDR4-2666)
■グラボ:GTX 1660 Ti
■ストレージ:SSD 240GB+HDD 1TB
■電源:650W(80PLUS BRONZE)
■価格:109,980円(税別)~

 

Core i5を搭載した予算重視モデル

第9世代の6コアCPU・Core i5-9400FとGTX 1660 Tiを搭載した、ド安定のフルHD性能が魅力のミニタワーモデル。

8GBメモリにデュアルストレージのポイントをおさえた初期構成で、メモリを増設すればより快適に使えます。

 

おすすめカスタマイズ

重量級のゲームが増えており、メモリは16GBあると安心。

 icon-check-circle ドスパラのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

  NEXTGEAR i690SA4[シルバーモデル](G-Tune)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i7-8700Core i7-9700F
■チップセット:Z390チップセット
■メモリ:8GB(DDR4-2400)
■グラボ:GTX 1660 Ti
■ストレージ:SSD 240GB+HDD 1TB
■電源:500W(80PLUS BRONZE)
■価格:149,800円(税別)~

 

サポート&保証重視ならG-Tuneがおすすめ

第8世代の6コア12スレッドCPU・Core i7-8700とGTX 1660 Tiを搭載した、ド安定のフルHD性能が魅力のミドルタワーモデル。

8GBメモリに大容量のデュアルストレージのポイントをおさえた初期構成となっており、CPUはワンランク上の8コアCPU・Core i7-9700Fに無料アップグレードされています。

また、ケースの完成度が高いのもポイント。ケース内部は電源とストレージを上部に集約した、【チャンバー構造】になっており、エアフローがとてもスムーズ。さらに、フロント部分にHDMI端子がついているので、VR機器の取り回しもかんたん。

ちなみにG-Tuneは保証が充実しているのもポイント。G-Tuneでは延長保証が定額制で安く、例えば3年延長保証+センドバック修理保証に7,560円(税込)で加入することができます。他社だと本体価格の10%かかることを考えると、はるかにおトク。

 

おすすめカスタマイズ

前世代のCore i7とほぼ同じ発熱なので、CPUクーラーのカスタマイズがおすすめ。

 icon-check-circle G-Tuneのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

 icon-exclamation-circle ゲーミングPCは高い…とお悩みの方必見!

グラボ別激安ゲーミングPCまとめ 予算重視の方は必見!
各グラフィックボード別の激安モデルをピックアップしました。安さでいうならドスパラorパソコン工房の二択です。 グラフィックボード別激安ゲーミングPC icon-info-circleモデルの価格や構成は日々変動するので、参考まで...

 

 関連リンク

ほかのグラフィックボードもチェック

デスクトップ

ノート

 

あわせて知りたい

 icon-exclamation-circle おトクなセール情報もチェック!

パソコン工房のゲーミングPCセール情報 格安モデルがさらに安く!
BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。 パソコン工房では現在次のセールやキャンペーンを実施中! ico...
ドスパラのゲーミングPCセール情報 無料アップグレードでコスパUP!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。 ドスパラでは、11月28日まで【冬のボーナスセール】を...
G-TuneのゲーミングPCセール情報 おトクな格安モデルをお見逃しなく!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。期間限定【冬のボーナスセール】をチェックしてみましょう。 ...
ツクモのゲーミングPCセール情報 自作クオリティのおトクなモデルをご紹介!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。 ツクモでは、12月23日16時まで【歳末感謝SALE】...
Sycom(サイコム)のゲーミングPCセール情報 自作PCクオリティを安く手に入れるチャンス!
現在セールを実施しておりません 公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。 お値段以上の満足度!...
タイトルとURLをコピーしました