GTX 1660 Ti搭載おすすめゲーミングPC ミドルクラスの新定番!価格と性能のバランスに優れたフルHD推奨モデル

  • GTX 1070に匹敵する性能でド安定のフルHDパフォーマンスを実現
  • GTX 1660 SUPERとほぼ同じ性能
  • 搭載パソコンの予算目安はGTX 1660 SUPERと同じく10~13万円

”Turing世代”にもGTXシリーズがついに登場!ド安定のフルHD性能を誇る、新世代のミドルクラスグラボの性能をチェックしてみましょう。

 

GTX 1660 Tiのスペックまとめ

GTX 1660 Tiの仕様

 RTX 2060GTX 1660 TiGTX 1070GTX 1060
アーキテクチャTuringTuringPascalPascal
プロセスルール12nm FinFET12nm FinFET16nm FinFET16nm FinFET
CUDAコア数1920基1536基1920基1280基
RTコア数 30基
Tensorコア数240基
Rays/sec5Giga
RTX-OPS37T
動作クロック1365MHz1500MHz1503MHz1506MHz
ブーストクロック1680MHz1770MHz1683MHz1708MHz
メモリークロック14GHZ12GHz8GHz8GHz
メモリータイプGDDR6GDDR6GDDR5GDDR5
メモリーインターフェース192bit192bit256bit192bit
メモリー搭載量6GB6GB8GB6GB
TDP160W120W150W120W
外部電源8ピン8ピン8ピン6ピン

GPUの製造プロセスは、前世代の16nmから12nmへさらに微細化。グラフィック描写の要となるCUDAコア数は、置き換え対象となるGTX 1060よりも20%増加しています。

ミドルクラスモデルながらメモリも刷新され、最大18Gbpsのデータ転送レートを誇る【GDDR6】へ大幅にグレードアップ。これは従来のGDDR5(9Gbps)のゆうに2倍。メモリ帯域にいたってはかのHBM2に匹敵するレベルです。

仕様だけ見るならGTX 1060とGTX 1070の中間といったところですが、CUDAコアの性能がパワーアップし、さらにブーストクロックも上がっているので、GTX 1070に匹敵するパフォーマンスを発揮します。詳しくは下のベンチマークテストをチェック!

なお消費電力ですが、ピーク時ではGTX 1060よりも最大約30W上がり、TDPこそ同じものの性能アップに伴いしっかり上がっています。それでもGTX 1070より消費電力は少なく、うまいこと調整されているといった印象です。

ちなみに、SLI(グラボ2枚構成)には非対応なので注意!

 

DXR(リアルタイムレイトレーシング)性能は低め

型番からもわかる通りRTXシリーズではないので、DXR(リアルタイムレイトレーシング)の性能は低く、DLSSには非対応となっています。

それぞれをサクッと解説すると、DXR(リアルタイムレイトレーシング)は、RTコアを活用したグラフィック描写技術のこと。従来よりもさらにリアルな映像描写が可能になり、ゲーム臨場感がより一層高くなります。

 

上の画像はBattlefield Vのデモムービーですが、従来のGPUとの違いは一目瞭然。炎の描写が車体にもしっかり表現され、よりリアルになっているのがわかりますね。

DLSSモードはTensorコアを活用したアンチエイリアス技術のこと。AI機能を用いてジャギー(輪郭のギザギザ)を効率よく処理することで、従来のTAAやFXAA方式よりもフレームレートが向上します

DXRはお好み要素が強いのですが、DLSSモードはフレームレート向上=ゲームの安定性に直結するので、かなり便利。なお、どちらの機能も対応したゲームでないと動作しないので注意!

 

ベンチマーク

Core i7-8700K・16GBメモリの組み合わせで実際の性能をチェックしてみましょう。

3DMark

こちらは現在主流のDirectX11をベースにしたテストです。総合スコアはCPUとGPUを含めたスコアで、グラフィックスコアはその名の通り、グラボ単体のスコアです。

GTX 1060比で最大約26%と大幅に性能が向上しています。ただ4Kでは見事にGPUがボトルネックになり、約3~9%程度とあまり変わりません。

GTX 1070と比べてみると、約8~32%の差をつけられています。解像度が上がるほど性能差が開き、地力の高さを見事に発揮しています。

 

しかし今後主流になるであろうDirectX12のテストでは全く違う様相を見せます。

GTX 1060比では約40~45%も性能が向上し、解像度に関係なく大きく差をつけています。それどころかGTX 1070よりも約5~8%高い性能となり、Fire Strikeから一転、上回る結果になっています。

RTXシリーズ全般にいえることですが、DirectX12環境にめっぽう強く、将来的なポテンシャルはかなり高いです。

ちなみに上位のRTX 2060と比較すると、Fire Strikeでは約75~83%、Time Spyでは約82~85%の性能になっています。ざっくりRTX 2060の70~90%の性能ということで、”Turing世代”間ではうまくバランスがとれているといっていいでしょう。

 

Far Cry 5

 

重量級のFPSゲームですが、GTX 1070とほぼ互角かやや上回る性能です。フルHDでの安定感はもちろん、WQHDでも平均60fpsを超えるのはいいですね。4Kはさすがに厳しいですね。

ほぼGTX 1070ということで、GTX 1060は眼中になし。フルHDでは約24~32%、WQHDでは約40~47%の差をつけまさに圧倒的。GTX 1060のパフォーマンスがガクッと落ち込む4Kともなると最大約72%もの差がついています。

なお、上位のRTX 2060比では約81~87%の性能となっており、他のゲームでもおよそ80~90%の性能に落ち着いています。RTX 2060の性能は頼もしく、フルHDでは平均100fpsをキープし、WQHDでも平均60fpsを大幅に超え、まさに盤石です。

 

Anthem

高いアクション性で人気のMORPGですが、広大なマップと自由度の高い戦闘システムのため、かなり重いゲームです。

いずれの解像度でもGTX 1070を上回る性能です。フルHDで平均60fpsをキープできるのは大きなアドバンテージですね。一方WQHD・4Kでは平均60fpsに届かず、このゲームがいかに重いかということがよくわかります。

GTX 1060との性能差は、フルHDでは約50~53%、WQHDでは約77~78%と解像度が上がるにつれ、大幅な差がつきます。4Kはもう息も絶え絶えですが、最大約64%差となっています。

 

Fortnite

 

フルHDの軽さとは裏腹に、4Kになるとガッツリ重くなるFPSゲームです。

フルHD・WQHDではGTX 1070を上回る性能をマークしています。フルHDでは平均100fpsに届きそうなレベルで頼もしい限りですね。WQHDでも平均60fpsを超えるのも◎。一方、4KだとGTX 1070よりも下回る結果になり、地力の差が出てしまった感じです。

もちろんGTX 1060には大きく差をつけており、フルHDでは約33~35%、WQHDでは約33~50%とさらに差が広がっています。4KではGTX 1070を下回るため、GTX 1060とほぼ互角になっています。

 

FF14

言わずと知れた国産のMMORPGで、平均60fpsをキープするにはスコア9000以上が必要になります。

いずれの解像度でも、わずかではありますがGTX 1070を下回る結果となっています。とはいえWQHDでも10000を超えるのは立派。GTX 1060に対しては、負荷の軽いフルHDでは約23%程度ですが、WQHDでは約32%、4Kでは約33%と大きく差をつけています。

 

BATTLEFIELD V

リアルタイムレイトレーシング(DXR)に対応した、大御所のFPSゲームです。DirectX12の方が高いパフォーマンスを発揮するので、基本的にはDirectX12一択。また、GTX 1660 TiはDXRに対応していないため、通常モードでのfpsをまとめてみました。

Fortniteと同じ傾向ですね。フルHD・WQHDではGTX 1070を上回り、4KではGTX 1070を下回ってしまいます。他のゲームと同じく、WQHDでもきっちり平均60fpsを大きく超えてくるのは魅力的です。

GTX 1060との差ですが、フルHDでは約22~37%、WQHDでは約29~39%、4Kでは約30~37%とおおむね20~30%の差をつけています。

 

結局GTX 1660 Tiはどうなの?

前世代のGTX 1070に匹敵する性能に進化することで、フルHDをゆうに飛び越え、WQHD入門にも最適なパフォーマンスを発揮します。予算重視のミドルクラスグラボにしては申し分ない性能ですね。

価格も10万円台~と、VRAM6GB版GTX 1060搭載モデルの価格を踏襲しているのもグッド。価格据え置きでワンランク上の性能を手に入れられると考えれば、結構おいしいです。

唯一ネックなのは、今後DLSSやDXR対応ゲームが続々リリースされた場合、その恩恵を受けられないことでしょうか。

先にも紹介した通り、DLSSのフレームレートアシスト機能は意外に侮れず、例えばBattlefield Vの場合、DLSSモードを有効にすると最大40%のパフォーマンスアップを実現します。あくまでも予算次第ですが、RTX 2060搭載モデルの方が後々便利です。

 

 icon-star ほぼ同等の性能を持つGTX 1660 SUPER搭載モデルもデビュー

GTX 1660 SUPER搭載おすすめゲーミングPC ワンランク上のフルHD性能!高いコスパが魅力のミドルクラスモデル
ついに''Turing世代''のGTXシリーズにも【SUPERシリーズ】が登場。ワンランク上のフルHD性能を手に入れたグラボのスペックとおすすめモデルをチェックしてみましょう。 GTX 1660 SUPERのスペックまとめ ...

 

GTX 1660 Ti搭載のおすすめゲーミングPC

 icon-info-circle モデルの構成・価格は日々変動するので、参考までにご覧ください。

AMD製CPU搭載モデル

インテルCPUを凌ぐ高いパフォーマンスとコスパが魅力の【Ryzen 3000シリーズ】をピックアップしました。

  LEVEL-R0X4-R73X-RXA(パソコン工房)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Ryzen 7 3700X
■チップセット:X470チップセット
■メモリ:8GB(DDR4-2666)
■グラボ:GTX 1660 Ti
■ストレージ:SSD 480GB+HDD 2TB
■電源:500W(80PLUS BRONZE)
■価格:124,980円(税別)~

高品質マザーボード搭載モデル

AMDの8コア16スレッドCPU・Ryzen 7 3700XとGTX 1660 Tiを搭載した、ド安定のフルHD性能が魅力のミドルタワーモデル。

8GBメモリにSSDのみのシンプルな初期構成ですが、ASUS製のハイグレードマザーボード【PRIME X470-PRO】を搭載しているのがポイント。

 

装備がとても充実しており、熱くなりがちなM.2 SSDの冷却用ヒートシンクを標準装備。また、安定したネット環境を実現するインテル製LANチップをはじめ、高音質のオーディオ機能、さらにはイルミネーション機能を搭載するなど、まさに至れり尽くせりです。

そのほか、AMDのマルチGPU【CROSSFIRE】だけでなく、NVIDIAのマルチGPU【SLI】にも対応しています。拡張スロットは金属プレートで補強されているので、グラボの重さでスロットが破損する心配もありません。なお、X570ではないので、PCIe Gen.4規格には非対応なので注意。

 

おすすめカスタマイズ

重量級のゲームが増えており、メモリは16GBあると安心。

 icon-check-circle パソコン工房のおすすめカスタマイズを徹底解説

 

  LEVEL-M0B4-R53-RXR-RG(パソコン工房)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Ryzen 5 3600
■チップセット:B450チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-2666)
■グラボ:GTX 1660 Ti
■ストレージ:SSD 240GB+HDD 1TB
■電源:700W(80PLUS BRONZE)
■価格:119,980円(税別)~

リーズナブルなRyzen 5搭載モデル

AMDの6コア12スレッドCPU・Ryzen 5 3600とGTX 1660 Tiを搭載した、ド安定のフルHD性能が魅力のミニタワーモデル。

大容量の16GBメモリにデュアルストレージの充実した初期構成で、まさにカスタマイズ要らず。11万円台とお手頃なので、予算重視ならおすすめ

 

おすすめカスタマイズ

基本的にカスタマイズ不要ですが、ゲームそのものの容量が増えており、SSDは500GBあると安心。

 icon-check-circle パソコン工房のおすすめカスタマイズを徹底解説

 

  NEXTGEAR-MICRO am560SA2(G-Tune)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Ryzen 7 3700X
■チップセット:B450チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-2400)
■グラボ:GTX 1660 Ti
■ストレージ:SSD 512GB
■電源:500W(80PLUS BRONZE)
■価格:124,800円(税別)~

保証重視のモデル

AMDの8コア16スレッドCPU・Ryzen 7 3700XとGTX 1660 Tiを搭載した、ド安定のフルHD性能が魅力のミニタワーモデル大容量メモリに大容量SSDの充実した初期構成となっています。

また、ケースの完成度が高いのもポイント。ケース内部は電源とストレージを上部に集約した、【チャンバー構造】になっており、エアフローがとてもスムーズ。さらに、フロント部分にHDMI端子がついているので、VR機器の取り回しもかんたん。

ちなみにG-Tuneは保証重視なら特におすすめ。G-Tuneでは延長保証が定額制で安く、例えば3年延長保証+センドバック修理保証に7,560円(税込)で加入することができます。他社だと本体価格の10%かかることを考えると、はるかにおトク。

 

おすすめカスタマイズ

HDDを追加してデュアルストレージ構成にすればさらに便利になります。

 icon-check-circle G-Tuneのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

インテル製CPU搭載モデル

総合力ではAMD製CPUに軍配が上がりますが、ゲームならインテル製CPUが一歩リードしています。

  LEVEL-R040-i7-RXA(パソコン工房)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i7-9700
■チップセット:Z390チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-2666)
■グラボ:GTX 1660 Ti
■ストレージ:SSD 480GB+HDD 2TB
■電源:500W(80PLUS BRONZE)
■価格:134,980円(税別)~

ケースの機能性に優れたフル装備モデル

第9世代の8コアCPU・Core i7-9700にGTX 1660 Tiを搭載した、ド安定のフルHD性能が魅力のミドルタワーモデル。

大容量の16GBメモリに大容量デュアルストレージの充実した初期構成が魅力的。最近のゲームはメモリをガッツリ使い、データ容量も多いので、大容量ストレージ&メモリはありがたいですね。

ケースも裏配線を採用しており、エアフローに優れ冷却性はバツグン。拡張性も高く、コスパモデルながら高い完成度が魅力のモデルです。

 

おすすめカスタマイズ

前世代のCore i7よりも発熱が高く、CPUクーラーのカスタマイズがおすすめ。

 icon-check-circle パソコン工房のおすすめカスタマイズを徹底解説

 

LEVEL-C0B7-i5-RXR-IeC

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i5-9400
■チップセット:B360チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-2666)
■グラボ:GTX 1660 Ti
■ストレージ:SSD 240GB+HDD 1TB
■電源:500W(80PLUS BRONZE)
■価格:104,980円(税別)~

Core i5搭載の格安モデル

第9世代の6コアCPU・Core i5-9400とGTX 1660 Tiを搭載した、フルHDでのゲーミングに最適なモデル。大容量の16GBメモリにデュアルストレージの充実した初期構成となっており、このままでも十分使えます。この内容で10万円台は超おトク!

 

おすすめカスタマイズ

基本的にカスタマイズ不要ですが、SSDの容量を多くすればゲームをより多く入れられるようになります。そのほか、パーツの発熱とエアフロー対策として、CPUクーラー・ケースファンをカスタマイズすればなおよし。

 icon-check-circle パソコン工房のおすすめカスタマイズを徹底解説

 

  NEXTGEAR i690SA5(G-Tune)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i7-9700
■チップセット:Z390チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-2400)
■グラボ:GTX 1660 Ti
■ストレージ:SSD 256GB+HDD 1TB
■電源:500W(80PLUS BRONZE)
■価格:159,800円(税別)~

サポート&保証重視ならG-Tuneがおすすめ

第9世代の8コアCPU・Core i7-9700とGTX 1660 Tiを搭載した、ド安定のフルHD性能が魅力のミドルタワーモデル。

大容量の16GBメモリにデュアルストレージの充実した初期構成となっており、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプというこだわりよう。ミニタワーモデルと同じく、チャンバー構造やHDMI端子をバッチリ採用しています。

G-Tuneは保証の価格が定額制でとても安く、保証を最優先で考えるならおすすめ。

 

おすすめカスタマイズ

前世代のCore i7とほぼ同じ発熱なので、CPUクーラーのカスタマイズがおすすめ。また、ゲームそのものの容量が増えており、SSDは500GBあると安心です。

 icon-check-circle G-Tuneのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

 icon-exclamation-circle ゲーミングPCは高い…とお悩みの方必見!

グラボ別激安ゲーミングPCまとめ 予算重視の方は必見!
各グラフィックボード別の激安モデルをピックアップしました。安さでいうならドスパラorパソコン工房の二択です。 グラフィックボード別激安ゲーミングPC icon-info-circleモデルの価格や構成は日々変動するので、参考まで...

 

 関連リンク

ほかのグラフィックボードもチェック

デスクトップ

ノート

 

あわせて知りたい

 icon-exclamation-circle おトクなセール情報もチェック!

パソコン工房のゲーミングPCセール情報 格安モデルがさらに安く!
BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。 パソコン工房では現在次のセールやキャンペーンを実施中! ico...
ドスパラのゲーミングPCセール情報 無料アップグレードでコスパUP!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。 ドスパラでは、9月3日午前11時まで【SUMMER S...
G-TuneのゲーミングPCセール情報 おトクな格安モデルをお見逃しなく!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。期間限定セールをチェックしてみましょう。 第2弾!夏トク...
ツクモのゲーミングPCセール情報 自作クオリティのおトクなモデルをご紹介!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。 ツクモでは現在、旧モデルの大幅値下げや、CPU無料アッ...
タイトルとURLをコピーしました