GTX 1660 SUPER搭載おすすめゲーミングPC ワンランク上のフルHD性能!高いコスパが魅力のミドルクラスモデル

  • GTX 1660よりも約10~20%性能が向上
  • GTX 1660 Tiとほぼ同じ性能で、フルHDでのゲーミングに最適
  • 搭載パソコンの予算目安は14万円台

ついに”Turing世代”のGTXシリーズにも【SUPERシリーズ】が登場。ワンランク上のフルHD性能を手に入れたグラボのスペックとおすすめモデルをチェックしてみましょう。

 

GTX 1660 SUPERのスペックまとめ

GTX 1660 SUPERの仕様

GTX 1660 SUPERはGTX 1660 Ti&GTX 1660と同じく最新世代となる”Turing”のミドルクラスグラボです。

 

 GTX 1660 SUPERGTX 1660 TiGTX 1660
アーキテクチャTuring(TU116)Turing(TU116)Turing(TU116)
プロセスルール12nm FinFET12nm FinFET12nm FinFET
CUDAコア数1408基1536基1408基
RTコア数 
Tensorコア数
Rays/sec
RTX-OPS
動作クロック1530MHz1500MHz1530MHz
ブーストクロック1785MHz1770MHz1785MHz
メモリークロック14GHz12GHz8GHz
メモリータイプGDDR6GDDR6GDDR5
メモリーインターフェース192bit192bit192bit
メモリーバス幅
336GB/s288GB/s192GB/s
メモリー搭載量6GB6GB6GB
TDP125W120W120W
外部電源8ピン8ピン8ピン

GTX 1660 SUPERとGTX 1660の違いはVRAM(メモリ)のみです。

VRAM(メモリ)規格は前世代のGDDR5から最新のGDDR6へチェンジ。メモリインターフェースこそ128bitと変わらないものの、メモリバス帯域幅は336GB/sと約1.75倍になり、VRAMへの負荷が高い重量級のゲームで高い安定性を発揮します。また、メモリクロックも大幅に引き上げられ、GTX 1660 Ti以上の高クロックとなっています。

もちろんGTXシリーズということで【RTコア】は非搭載。DXR(リアルタイムレイトレーシング)性能は低く、SLI(グラボ2枚構成)にも非対応です。

 

ベンチマーク

Core i7-9700K・16GBメモリ(DDR4-2666)の組み合わせで実際の性能をチェックしてみましょう。

3DMark

こちらは現在主流のDirectX11をベースにしたテストです。総合スコアはCPUとGPUを含めたスコアで、グラフィックスコアはその名の通り、グラボ単体のスコアです。

VRAMを変えただけで性能が大きく上がり、GTX 1660に対し約113~117%の性能となっています。その実力は上位のGTX 1660 Tiに対し約96~98%の性能と肉薄しています

 

最近普及しつつあるDirectX12ベースのテストですが、GTX 1660に対し約110~118%、GTX 1660 Tiに対しては約96~98%の性能と、上のテストとほぼ同じような結果となりました。

お次は実際のゲームでのパフォーマンスをチェックしてみましょう。

 

FF14

言わずと知れた国産のMMORPGで、平均60fpsをキープするにはスコア9000以上が必要になります。

このテストでもGTX 1660 Tiに近いパフォーマンスを発揮し、約95~97%の性能とその差はあってないようなもの。一方GTX 1660比では約110~117%の性能となり、解像度が上がれば上がるほど差がつきます。VRAM一つでだいぶ変わりますね。

 

Fortnite

軽そうに見えて意外と重いDirectX11ベースのFPSゲームです。

GTX 1660に対してはVRAMの差がしっかり出ており、平均fpsはフルHDで約103%だったのが、4Kでは約122%となり、大きく差がついています。GTX 1660 Tiに対してはいずれの解像度でも約95%とぴったり追走しています。

ただ、GTX 1660 TiはフルHDで平均100fpsを狙うことができ、やはり安定性はGTX 1660よりもワンランク上。

 

Apex Legends

こちらもDirectX11をベースにした軽めのFPSゲームです。

GTX 1660と比較してみると、平均fpsは約108%~112%向上しており、やはり解像度が高くなるほど差がつく傾向です。一方GTX 1660 Tiに対しては4Kで約90%とやや差をつけられています。CUDAコアの多いGTX 1660 Tiが意地を見せた感じです。

 

Borderlands 3

見た目からは想像できないほど重いDirectX12ベース(DirectX11に変更も可能)のFPSゲームです。一番上の”バッドアス”設定はとんでもなく重いので、高設定にしています。

GTX 1660に対し平均fpsは約110~115%、GTX 1660 Tiに対しては約94~95%とほぼほぼ同じような結果です。それにしても高設定に落としてもこの結果はなかなか恐ろしいですね。。

 

Call of Duty: Modern Warfare

毎度おなじみ、DirectX12ベースの重量級FPSゲームです。DXRにも対応しています。

GTX 1660に対し平均fpsは約110~115%となっていますが、解像度が上がるにつれ性能差が縮まります。GTX 1660 Tiに対しては約89~92%と、逆に解像度が上がるほど差がつき、CUDAコアの差がしっかりでています。

特にGTX 1660 TiだとフルHDで平均100fpsを狙うことができ、やはり安定性は一回り上。

 

こちらはDXR(リアルタイムレイトレーシング)での結果です。重量級のDXRモードですが、このゲームでは比較的軽め。専用のRTコアこそ搭載していませんが、フルHDではいずれのグラボも平均60fpsをキープできます。

DXRだとまたちょっと違う結果になり、GTX 1660に対し平均fpsは約105~107%とその差は小さめ。一方でGTX 1660 Tiに対しては約84~93%とやや大きめの差がついています。負荷が高くなるとやはり地力の差が出る感じですね。

 

消費電力

最後にTime Spy実行時の消費電力をチェックしてみましょう。

メモリのクロックアップでGTX 1660から消費電力は約10%アップ。性能分相応に増えている感じで、GTX 1660 Tiに比べ若干少なめの消費電力となっています。TDPで考えるとなかなか省エネなグラボです。

 

結局GTX 1660 SUPERはどうなの?

 

GTX 1660のVRAMを変更しただけですが、約10~20%も性能が向上。GTX 1660 Tiに迫るパフォーマンスを発揮し、価格もGTX 1660 Ti搭載モデルとほぼ同等となっています

予算重視であればGTX 1660搭載モデル、性能重視ならGTX 1660 Ti&GTX 1660 SUPER搭載モデルがおすすめです。

 

 

GTX 1660 SUPER搭載のおすすめゲーミングPC

 icon-info-circle モデルの構成・価格は日々変動するので、参考までにご覧ください。

G-GEAR GA5J-D211/T(ツクモ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i5-11400
■チップセット:H570チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-3200)
■グラボ:GTX 1660 SUPER
■ストレージ:SSD 500GB(PCIe NVMe)
■電源:750W(80PLUS GOLD)
■価格:142,800円(税込)~

充実した初期構成が魅力のモデル

インテルの第11世代6コア12スレッドCPU・Core i5-11400とGTX 1660 SUPERを搭載した、フルHDでのゲーミングに最適なミドルタワーモデル。

大容量の16GBメモリに大容量SSDの充実した初期構成で、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを採用。さらに、最大90%の電力変換効率を誇る、ゴールドクラス電源を標準搭載する徹底ぶり。

前面がメッシュ加工されたケースは、通気性と冷却能力に優れ、拡張性もバツグン。トータルで高い完成度を実現しています。

 

おすすめカスタマイズ

基本的にカスタマイズ不要ですが、HDDを追加してデュアルストレージにすれば、ゲームとデータを別々に保存でき、より便利になります。

 icon-check-circleツクモのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

 icon-exclamation-circle ゲーミングPCは高い…とお悩みの方必見!

グラボ別激安ゲーミングPCまとめ 予算重視の方は必見!
各グラフィックボード別の激安モデルをピックアップしました。安さでいうならドスパラorパソコン工房の二択です。 グラフィックボード別激安ゲーミングPC icon-info-circleモデルの価格や構成は日々変動するので、参考まで...

 

 関連リンク

ほかのグラフィックボードもチェック

GeForce

 

Radeon

 

あわせて知りたい

 icon-exclamation-circle おトクなセール情報もチェック!

パソコン工房のゲーミングPCセール情報 格安モデルがさらに安く!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。 パソコン工房では、10月26日午後13時59分まで''...
ドスパラのゲーミングPCセール情報 無料アップグレードでコスパUP!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。コスパに優れたおすすめモデルをチェックしていきましょう。 ...
G-TuneのゲーミングPCセール情報 おトクな格安モデルをお見逃しなく!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。期間限定セールをチェックしてみましょう。 秋売り尽くしセ...
ツクモのゲーミングPCセール情報 自作クオリティのおトクなモデルをご紹介!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。 ツクモでは現在セールを実施していません。以下おすすめモ...
タイトルとURLをコピーしました