GTX 1660搭載おすすめゲーミングPC フルHDならまずコレ!価格の安さが魅力のミドルクラスモデル

  • GTX 1060 6GBよりも最大約30%性能が向上。フルHDならまずコレ
  • GTXシリーズなので、DXRやDLSSには非対応
  • 搭載パソコンの予算目安は9~14万円

”Turing世代”のGTXシリーズに新モデル登場。低価格&高コスパを武器とするフルHD推奨グラボの性能と、おすすめモデルをチェックしてみましょう。

GTX 1660のスペックまとめ

GTX 1660の仕様

GTX 1660はGTX 1660 Tiと同じく最新世代となる”Turing”のグラボで、GTX 1060の後継モデルとなります。

GTX 1660 Ti GTX 1660 GTX 1060 6GB GTX 1060 3GB
アーキテクチャ Turing Turing Pascal Pascal
プロセスルール 12nm FinFET 12nm FinFET 16m FinFET 16m FinFET
CUDAコア数 1536基 1408基 1280基 1152基
RTコア数 
Tensorコア数
Rays/sec
RTX-OPS
動作クロック 1500MHz 1530MHz 1506MHz 1506MHz
ブーストクロック 1770MHzz 1785MHz 1708MHz 1708MHz
メモリークロック 12GHz 8GHz 8008MHz相当 8008MHz相当
メモリータイプ GDDR6 GDDR5 GDDR5 GDDR5
メモリーインターフェース 192bit 192bit 192bit 192bit
メモリー搭載量 6GB 6GB 6GB 3GB
TDP 120W 120W 120W 120W
外部電源 8ピン 8ピン 6ピン 6ピン
映像出力端子 DisplayPort 1.4a
HDMI 2.0b
DVI-D
DisplayPort 1.4a
HDMI 2.0b
DVI-D
DisplayPort 1.4
HDMI 2.0b
DVI-D
DisplayPort 1.4
HDMI 2.0b
DVI-D

その仕様ですが、GTX 1660 TiとGTX 1060のまさに折衷バージョンといえる内容です。GPUの製造プロセスは、最新世代ということで12nmとなり、前世代の16nmから微細化されています。

グラフィック描写の要となるCUDAコアは、上位のGTX 1660 Tiからユニット2つ分が無効化され、128基少ない1408基となっています。それでもGTX 1060 6GBよりも約20%、GTX 1060 3GBよりも約22%増加しており、基礎性能はきっちり強化されています。

VRAM(メモリ)規格は前世代と同じGDDR5に据え置き。GTX 1660 Tiに搭載されているGDDR6との帯域幅は2倍の差がついており、VRAMの負荷がかかるゲームではGTX 1660 Tiが高い安定性を発揮します。

なお消費電力ですが、驚くべきことにピーク時ではGTX 1060 6GBよりも消費電力が少なく、最大約40Wもの差がつきます。もちろんGTX 1660 Tiよりも消費電力は少なく、その差は最大約70Wにもなります。ミドルクラスグラボでは抜きんでた省エネ性能です。

ちなみに、SLI(グラボ2枚構成)には非対応なので注意!

DXR&DLSSには非対応

型番からもわかる通りRTXシリーズではないので、【RTコア】や【Tensorコア】を搭載しておらず、DXRやDLSSには非対応になっています

それぞれをサクッと解説すると、DXR(リアルタイムレイトレーシング)は、RTコアを活用したグラフィック描写技術のこと。従来よりもさらにリアルな映像描写が可能になり、ゲーム臨場感がより一層高くなります。

上の画像はBattlefield Vのデモムービーですが、従来のGPUとの違いは一目瞭然。炎の描写が車体にもしっかり表現され、よりリアルになっているのがわかりますね。

DLSSモードはTensorコアを活用したアンチエイリアス技術のこと。AI機能を用いてジャギー(輪郭のギザギザ)を効率よく処理することで、従来のTAAやFXAA方式よりもフレームレートが向上します

DXRはお好み要素が強いのですが、DLSSモードはフレームレート向上=ゲームの安定性に直結するので、かなり便利。なお、どちらの機能も対応したゲームでないと動作しないので注意!

ベンチマーク

Core i7-8700K・16GBメモリの組み合わせで実際の性能をチェックしてみましょう。なお、RTXシリーズのミドルクラスVGA・RTX 2060のスコア・fpsもあわせて掲載していますので、参考までにどうぞ。

3DMark

こちらは現在主流のDirectX11をベースにしたテストです。総合スコアはCPUとGPUを含めたスコアで、グラフィックスコアはその名の通り、グラボ単体のスコアです。

上位のGTX 1660 Ti比で約83~86%の性能となっています。下位のGTX 1060よりもおおむね高い性能を発揮しますが、4Kでは違う傾向を見せるのが妙なところ。

GTX 1060 6GBと比べてみると、フルHD・WQHDでは約102~108%と上回るものの、4Kでは見事に逆転されます。GTX 1060 3GBだと、フルHD・WQHDでは約110~116%とさらに差が開きますが、4Kではほぼ互角となります。

しかし今後主流になるであろうDirectX12のテストですが、また違った様相を見せます。

GTX 1660 Ti比で約83~86%の性能とFire Strikeと同じような傾向ですが、GTX 1060 6GB比では最大約130%、GTX 1060 3GB比では最大約141%と圧倒的な差を見せつけます。

Turing世代全般に言えることですが、最新のDirectX12環境にめっぽう強いので、今後さらに輝く可能性を秘めています。なお、このテストでも4KではGTX 1060に逆転or肉薄されるケースがありますが、これはおそらくドライバの最適化不足が原因でしょう。

Far Cry 5

重量級のオープンワールドゲームですが、フルHDでの安定感が魅力的。

GTX 1060 6GB比で約113~117%の性能となり、GTX 1060 3GB比ではVRAM容量の差でさらにその差が開きます。フルHDでは約128~133%ですが、4Kともなると約173~209%と大きく差がつき、GTX 1060 3GBは特に最低フレームレートの落ち込みが大きいです。

なおGTX 1660 Tiに対しては約81~87%の性能となっており、WQHDでは平均60fpsに届かず。やはりこの20%差というのは大きいですね。

Fortnite

フルHDの軽さとは裏腹に、4Kになるとガッツリ重くなるFPSゲームです。

このゲームでも3DMarkに似た傾向で、4KではGTX 1060とほぼ互角か逆転されています。他のゲームではしっかり性能差が出ていることを考えると、やはりドライバの最適化不足が原因と考えられます。

フルHD・WQHDではしっかり差がつき、GTX 1060 6GB比で約120~127%、GTX 1060 3GB比で約129~140%の性能となっています。フルHDで平均100fpsを狙える性能の高さはいいですね。

ちなみに、GTX 1660 Ti比では約88~92%の性能ですが、4Kでは最適化不足ということもあり、約76%と振るいません。

FF14

言わずと知れた国産のMMORPGで、平均60fpsをキープするにはスコア9000以上が必要になります。

このテストではGTX 1060に近いスコアとなり、GTX 1060 6GB比で約105~106%、GTX 1060 3GB比で約112~114%の性能と差がつきにくくなっています。一方GTX 1660 Ti比では約80~85%の性能とやや大きな差をあけられています。

CUDAコアの差が素直に出たといったところでしょうか。WQHDでスコア9000を越えられないところに、GTX 1660 Tiとの壁を感じます。

BATTLEFIELD V

リアルタイムレイトレーシング(DXR)に対応した、大御所のFPSゲームです。VRAMへの負荷が非常に高いことで有名。なお、GTXシリーズはDXRに対応していないので、通常のDirectX12モードで測定しています。

GTX 1060 6GB比では約113~118%の性能ですが、GTX 1060 3GBはVRAM容量不足で性能がガタ落ち。ほぼお話になりません。

一方GTX 1660 Ti比では約79~85%の性能と、やや差が開きます。VRAMへの負荷が高いゲームでは、帯域幅の広いGDDR6を搭載したGTX 1660 Tiのほうが有利というわけですね。それだけでなく、やはりGTX 1660 TiはWQHDにも強いです。

BIOHAZARD RE:2

新生BIOHAZARD2ですが、こちらもBATTLEFIELD Vと同じくVRAMへの負荷が非常に高くなっており、似たような傾向となります。

GTX 1060 6GB比では約118~167%の性能で、解像度が上がるたびにその差は開きます。GTX 1060 3GBはVRAM容量不足で性能は大幅に落ち、WQHDでは最大約189%と大きく差がつきます。4Kではもはや比べるまでもありません。

一方GTX 1660 Ti比では約78~84%の性能と、やはりGDDR6を搭載したGTX 1660 Tiの方が安定して高いフレームレートをキープできます。

結局GTX 1660はどうなの?

一部最適化不足がみられるものの、GTX 1060からきっちり進化しており、フルHDでより高いパフォーマンスを発揮するようになっています。まさに新世代のフルHD推奨グラボというにふさわしい性能ですね。

ただしVRAMの規格が据え置きなので、負荷の高いゲームが多く出てきていることを考えると、ワンランク上のGTX 1660 Tiを選んだほうが安心。またモデルの価格も、GTX 1660 Ti搭載モデルとほぼ同じ価格設定なので、基本的にはGTX 1660 Ti搭載モデルがおすすめ。

唯一差別化できているのはCore i5を搭載したモデルくらいのもの。9万円台~とかなりお値打ちということで、格安モデル狙いならGTX 1660搭載モデルもありといったところです。

なお繰り返しにはなりますが、DXRやDLSSには非対応となっています。仮に今後対応するゲームが多くリリースされても、GTX 1660では一切対応できないという点には注意!

DXR対応ということであれば、まずはRTX 2060搭載モデルがおすすめ。DXRやDLSSに対応しているのはもちろん、WQHD解像度で快適にゲームを楽しめる高いパフォーマンスを発揮します。

icon-exclamation-circle RTX 2060・GTX 1660 Tiについてはこちらもチェック!

https://digi-station.com/gamingpc_gpu_gtx2060

GTX 1660 Ti搭載おすすめゲーミングPC ミドルクラスの新定番!価格と性能のバランスに優れたフルHD推奨モデル
''Turing世代''にもGTXシリーズがついに登場!ド安定のフルHD性能を誇る、新世代のミドルクラスグラボの性能をチェックしてみ...

GTX 1660搭載のおすすめゲーミングPC

icon-info-circle モデルの構成・価格は日々変動するので、参考までにご覧ください。

LEVEL-R039-i7-RIR(パソコン工房)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i7-8700
■チップセット:Z390チップセット
■メモリ:8GB(DDR4-2666)
■グラボ:GTX 1660
■ストレージ:SSD 240GB+HDD 1TB
■電源:500W(80PLUS BRONZE)
■価格:129,980円(税別)~

格安のデュアルストレージモデル

第8世代の6コア12スレッドCPU・Core i7-8700とGTX 1660を搭載した、フルHDでのゲーミングに最適なミドルタワーモデル。

8GBメモリにデュアルストレージのポイントをおさえた初期構成で、ケースも裏配線を採用しており、エアフローに優れ冷却性はバツグン。拡張性も高く、コスパモデルながら高い完成度が魅力のモデルです。

おすすめカスタマイズ

重量級のゲームが増えており、メモリは16GBあると安心。また前世代のCore i7とほぼ同じ発熱なので、CPUクーラーのカスタマイズがおすすめですが、そこまでやるならドスパラのモデルがおすすめ。その他は用途・予算次第です。

icon-check-circleパソコン工房のおすすめカスタマイズを徹底解説

ガレリア XJ(ドスパラ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i7-8700
■チップセット:H370チップセット
■メモリ:8GB(DDR4-2666)
■グラボ:GTX 1660
■ストレージ:SSD 240GB+HDD 1TB
■電源:500W(80PLUS BRONZE)
■大型CPUクーラー搭載
■価格:132,980円(税別)~

充実した初期構成が魅力のモデル

第8世代の6コア12スレッドCPU・Core i7-8700とGTX 1660を搭載した、フルHDでのゲーミングに最適なミドルタワーモデル。熱いCPUなので、冷却能力に優れた大型CPUクーラーが標準搭載されているのが嬉しいですね。

8GBメモリにデュアルストレージのポイントをおさえた初期構成が魅力的。ケースも冷却性と拡張性に優れており、トータルでの完成度が高い一台に仕上がっています。

おすすめカスタマイズ

重量級のゲームが増えており、メモリは16GBあると安心。その他は用途・予算次第です。

icon-check-circle ドスパラのおすすめカスタマイズを徹底解説

ガレリア DJ(ドスパラ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i5-9400F
■チップセット:H310チップセット
■メモリ:8GB(DDR4-2666)
■グラボ:GTX 1660
■ストレージ:SSD 240GB+HDD 1TB
■電源:400W(80PLUS BRONZE)
■価格:94,980円(税別)~

Core i5搭載の激安モデル

第9世代の6コアCPU・Core i5-9400FとGTX 1660を搭載した、フルHDでのゲーミングに最適なミニタワーモデル。

8GBメモリに1TB HDDのシンプルな初期構成ですが、今なら高速の240GB SSD無料プレゼントでデュアルストレージ構成となっています。これで9万円台はとてもおトク!

おすすめカスタマイズ

重量級のゲームが増えており、メモリは16GBあると安心。その他は用途・予算次第です。

icon-check-circle ドスパラのおすすめカスタマイズを徹底解説

icon-exclamation-circleゲーミングPCは高い…とお悩みの方必見!

グラボ別激安ゲーミングPCまとめ 予算重視の方は必見!
各グラフィックボード別のおすすめモデルでは、大容量メモリやSSD+HDDのデュアルストレージ構成など、快適に使えるモデルを紹介しています...

 関連リンク

ほかのグラフィックボードもチェック

デスクトップ

ノート

あわせて知りたい

icon-exclamation-circleおトクなセール情報もチェック!

パソコン工房のゲーミングPCセール情報 格安モデルがさらに安く!
BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘...
ドスパラのゲーミングPCセール情報 無料アップグレードでコスパUP!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感...
G-TuneのゲーミングPCセール情報 おトクな格安モデルをお見逃しなく!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感...
ツクモのゲーミングPCセール情報 自作クオリティのおトクなモデルをご紹介!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお...
Sycom(サイコム)のゲーミングPCセール情報 自作PCクオリティを安く手に入れるチャンス!
現在セールを実施しておりません 公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグ...

シェアする

フォローする