GTX 1650 SUPER搭載おすすめゲーミングPC GTX 1660に迫る性能!?フルHDでの性能が向上した予算重視のエントリーモデル

  • GTX 1650よりも最大約40%性能が向上し、GTX 1660に迫る高いパフォーマンス
  • VRAMが4GBと少なく、ゲームによってはVRAM不足に…
  • 搭載モデルの価格は11万円台~と高く、GTX 1660 SUPERとほぼ同じ

”Turing世代”のエントリーグラボ・GTX 1650にもSUPERシリーズが登場。フルHDでのゲーミング性能が大幅に向上したその実力と、おすすめモデルをチェックしてみましょう

 

GTX 1650 SUPERのスペックまとめ

GTX 1650 SUPERの仕様

 GTX 1660 SUPERGTX 1650 SUPERGTX 1660 TiGTX 1660GTX 1650
コアTU116TU116TU116TU116TU117
プロセスルール12nm FinFET12nm FinFET12nm FinFET12nm FinFET12nm FinFET
CUDAコア数1408基1280基1536基1408基896基
RTコア数 ー 
Tensorコア数
Rays/sec
RTX-OPS
動作クロック1530MHz1530MHz1500MHz1530MHz1485MHz
ブーストクロック1785MHz1725MHz1770MHz1785MHz1665MHz
メモリークロック14GHz12GHz12GHz8GHz8GHz
メモリータイプGDDR6GDDR6GDDR6GDDR5
GDDR5
メモリーインターフェース192bit128bit192bit192bit128bit
メモリーバス幅336GB/s192GB/s288GB/s192GB/s128GB/s
メモリー搭載量6GB4GB6GB6GB4GB
TDP125W100W120W120W75W
外部電源8ピン6ピン6ピン8ピン

”Turing”世代のエントリーグラボ・GTX 1650の上位モデルとなるGTX 1650 SUPERですが、ミドルクラスのGTX 1660シリーズと同じ”TU116”をベースにしており、中身は全くの別物です。

GTX 1650との最大の違いは、VRAM(ビデオメモリ)にGDDR6を採用している点です。メモリインターフェースこそ128bitと変わらないものの、メモリバス帯域幅は192GB/sと約1.5倍になり、VRAMへの負荷が高い重量級のゲームで高い安定性を発揮します。

また、グラフィック描写の要となるCUDAコアは約43%増え、基礎性能も着実にパワーアップ。ただ、その分TDPは25W増えており、補助電源が必要になっています。補助電源不要のグラボはGTX 1650のみ、唯一無二の存在としてしっかり差別化できていますね。

なお、VRAMの容量は引き続き4GBと少なめという点に注意。従来のゲームならともかく、最新の重量級ゲームだとメモリ不足になる場合があります。

 

ベンチマーク

Core i7-9700K・16GBメモリ(DDR4-2666)の組み合わせで実際の性能をチェックしてみましょう。

3DMark

現在主流のDirectX11をベースにしたテストです。

GTX 1650と比較してみると、最大約135%の性能となっており、コア&メモリ帯域幅の増加分だけ順当にパワーアップしています。

一方GTX 1660に対しては約81~91%の性能となり、どちらかというとGTX 1660寄りの性能となっています。

 

こちらは徐々に普及しつつあるDirectX12のテストです。

Fire Strikeと似たような傾向で、GTX 1650に対し最大約134%、GTX 1660に対し約85~89%の性能となっています。メインとなるフルHDではGTX 1660に10%差まで迫っており、なかなかおいしいスペックですね。

 

FF14

言わずと知れた国産のMMORPGで、平均60fpsをキープするにはスコア9000以上が必要になります。

やはりGTX 1660に近いパフォーマンスを発揮し、約92~96%の性能と、いずれの解像度でも10%以内に収まっています。一方GTX 1650に対しては最大約143%とまさに圧倒的です。

 

Rainbow Six Siege

まずはDirectX11をベースにした軽めのFPSゲームをチェック。かなり軽いため、レンダリング解像度を”100”にし、負荷を上げて測定しています。

GTX 1650に対してはやはり圧倒的で、フルHDの平均fpsは約141%となり、平均100fps以上で安定してプレイできます。WQHDでも約138%と、平均60fpsをキープできるようになっています。

一方GTX 1660に対しては約84~93%となり、フルHDでの性能差は10%以内に収まっています。解像度が上がると差がつきやすい傾向ですね。

 

Apex Legends

こちらもDirectX11をベースにした軽めのFPSゲームです。

R6Sと似たような傾向となり、GTX 1650に対し平均fpsは約143~146%と軒並み40%オーバーのパフォーマンスアップとなっています。フルHDでは平均100fpsをオーバーし、WQHDでも平均60fpsを大きく超える安定ぶりです。

なお、GTX 1660との性能差は約10%前後と、いずれの解像度でもその差は小さめです。

 

Call of Duty: Modern Warfare

毎度おなじみ、DirectX12ベースの重量級FPSゲームです。

重量級のゲームとなるとまた違う傾向となり、GTX 1650に対し平均fpsは最大約140%ときっちりパワーアップしていますが、GTX 1660と差が開くようになり、フルHDでの平均fpsは約80%まで落ち込みます。

また、VRAMもほぼ4GB使い余裕がなくなるので、最新のゲームまでまんべんなく楽しむならVRAM6GBのGTX 1660がやはりおすすめ。

 

MONSTER HUNTER WORLD

DirectX11をベースにした知名度バツグンの狩りゲームですね。国産ゲーム屈指の重さを誇ります。

最高設定でのVRAM使用量は5GBに近く、そもそもVRAM4GBのGTX 1650には不向きです。中設定ならVRAM使用量を軽減し、パフォーマンスが向上しますが、画質のクオリティがガッツリ落ちるので、全くおすすめしません。

同じVRAM4GBのGTX 1650との性能差は圧倒的ですが、重量級のゲームで使うのはやや無理があるといった感じですね

 

消費電力

最後にTime Spy実行時の消費電力をチェックしてみましょう。

補助電源を使用しており、GTX 1650から消費電力は約26%アップ。性能分相応に増えており、GTX 1660に対し約88%とやはりGTX 1660寄りとなっています。トータルでも200W行かないのでだいぶ省エネですね。

 

結局GTX 1650 SUPERはどうなの?

 

GTX 1650から最大約40%も性能が向上し、GTX 1660に近いパフォーマンスを発揮。フルHDでのゲーミングに最適な性能に進化しています。

ただ、やはりネックなのがVRAM4GBという点ですね。最近のゲームは以前と比較にならないくらいにVRAMを使うようになっているので、今後のことも考えると最低でも6GBは欲しいのが本音です。あくまでもフルHD入門+αクラスのポジションで、従来のゲームをフルHDで楽しむ分にはアリといったところです

ただ、搭載モデルの価格が11万円台からと非常に高く、GTX 1660 SUPER搭載モデルと同等レベル。基本的におすすめできないグラボとなります

 

GTX 1650 SUPER搭載のおすすめゲーミングPC

 icon-info-circle モデルの構成・価格は日々変動するので、参考までにご覧ください。

LEVEL-M056-114-RVX(パソコン工房)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i5-11400
■チップセット:B560チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-2933)
■グラボ:GTX 1650 SUPER
■ストレージ:SSD 500GB(PCIe NVMe)
■電源:500W(80PLUS BRONZE)
■価格:119,978円(税込)~

格安のGTX 1650 SUPER搭載モデル

インテルの第11世代6コア12スレッドCPU・Core i5-11400とGTX 1650 SUPERを搭載した、フルHD入門+αのミニタワーモデル。

大容量の16GBメモリに大容量SSDの充実した初期構成となっており、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを採用。ただ、格安モデルでもこの価格なので、GTX 1660 SUPER搭載モデルを選びましょう。

 

おすすめカスタマイズ

基本的にカスタマイズ不要ですが、HDDを追加してデュアルストレージ構成にすると、ゲームは高速のSSDに、データ類は大容量のHDDに保存する使い分けができ、より便利になります。

 icon-check-circle パソコン工房のおすすめカスタマイズを徹底解説

 

 icon-exclamation-circle ゲーミングPCは高い…とお悩みの方必見!

グラボ別激安ゲーミングPCまとめ 予算重視の方は必見!
各グラフィックボード別の激安モデルをピックアップしました。安さでいうならドスパラorパソコン工房の二択です。 グラフィックボード別激安ゲーミングPC icon-info-circleモデルの価格や構成は日々変動するので、参考まで...

 

関連リンク

ほかのグラフィックボードもチェック

GeForce

 

Radeon

 

あわせて知りたい

 icon-exclamation-circle おトクなセール情報もチェック!

パソコン工房のゲーミングPCセール情報
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。 パソコン工房では、12月7日午後13時59分まで''ボ...
ドスパラのゲーミングPCセール情報
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。コスパに優れたおすすめモデルをチェックしていきましょう。 ...
G-TuneのゲーミングPCセール情報
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。期間限定セールをチェックしてみましょう。 ボーナス先取り...
DELL(デル)のゲーミングPCセール情報
BTOパソコンの真価はセールにあり!特にゲーミングノートで高いコスパを誇る、デルのセール情報をチェックしてみましょう。 BLACK FRIDAYセール 直販セールサイト 期間限定で最大22%OFFの''ブラックフライデーセ...
タイトルとURLをコピーしました