GTX 1650 SUPER搭載おすすめゲーミングPC GTX 1660に迫る性能!?フルHDでの性能が向上した予算重視のエントリーモデル

  • GTX 1650よりも最大約40%性能が向上し、GTX 1660に迫る高いパフォーマンス
  • VRAMが4GBと少なく、ゲームによってはVRAM不足に…
  • 搭載パソコンの予算目安は8~10万円

”Turing世代”のエントリーグラボ・GTX 1650にもSUPERシリーズが登場。フルHDでのゲーミング性能が大幅に向上したその実力と、おすすめモデルをチェックしてみましょう

 

GTX 1650 SUPERのスペックまとめ

GTX 1650 SUPERの仕様

 GTX 1660 SUPERGTX 1650 SUPERGTX 1660 TiGTX 1660GTX 1650
コアTU116TU116TU116TU116TU117
プロセスルール12nm FinFET12nm FinFET12nm FinFET12nm FinFET12nm FinFET
CUDAコア数1408基1280基1536基1408基896基
RTコア数 ー 
Tensorコア数
Rays/sec
RTX-OPS
動作クロック1530MHz1530MHz1500MHz1530MHz1485MHz
ブーストクロック1785MHz1725MHz1770MHz1785MHz1665MHz
メモリークロック14GHz12GHz12GHz8GHz8GHz
メモリータイプGDDR6GDDR6GDDR6GDDR5
GDDR5
メモリーインターフェース192bit128bit192bit192bit128bit
メモリーバス幅336GB/s192GB/s288GB/s192GB/s128GB/s
メモリー搭載量6GB4GB6GB6GB4GB
TDP125W100W120W120W75W
外部電源8ピン6ピン6ピン8ピン

”Turing”世代のエントリーグラボ・GTX 1650の上位モデルとなるGTX 1650 SUPERですが、ミドルクラスのGTX 1660シリーズと同じ”TU116”をベースにしており、中身は全くの別物です。

GTX 1650との最大の違いは、VRAM(ビデオメモリ)にGDDR6を採用している点です。メモリインターフェースこそ128bitと変わらないものの、メモリバス帯域幅は192GB/sと約1.5倍になり、VRAMへの負荷が高い重量級のゲームで高い安定性を発揮します。

また、グラフィック描写の要となるCUDAコアは約43%増え、基礎性能も着実にパワーアップ。ただ、その分TDPは25W増えており、補助電源が必要になっています。補助電源不要のグラボはGTX 1650のみ、唯一無二の存在としてしっかり差別化できていますね。

なお、VRAMの容量は引き続き4GBと少なめという点に注意。従来のゲームならともかく、最新の重量級ゲームだとメモリ不足になる場合があります。

 

ベンチマーク

Core i7-9700K・16GBメモリ(DDR4-2666)の組み合わせで実際の性能をチェックしてみましょう。

3DMark

現在主流のDirectX11をベースにしたテストです。

GTX 1650と比較してみると、最大約135%の性能となっており、コア&メモリ帯域幅の増加分だけ順当にパワーアップしています。

一方GTX 1660に対しては約81~91%の性能となり、どちらかというとGTX 1660寄りの性能となっています。

 

こちらは徐々に普及しつつあるDirectX12のテストです。

Fire Strikeと似たような傾向で、GTX 1650に対し最大約134%、GTX 1660に対し約85~89%の性能となっています。メインとなるフルHDではGTX 1660に10%差まで迫っており、なかなかおいしいスペックですね。

 

FF14

言わずと知れた国産のMMORPGで、平均60fpsをキープするにはスコア9000以上が必要になります。

やはりGTX 1660に近いパフォーマンスを発揮し、約92~96%の性能と、いずれの解像度でも10%以内に収まっています。一方GTX 1650に対しては最大約143%とまさに圧倒的です。

 

Rainbow Six Siege

まずはDirectX11をベースにした軽めのFPSゲームをチェック。かなり軽いため、レンダリング解像度を”100”にし、負荷を上げて測定しています。

GTX 1650に対してはやはり圧倒的で、フルHDの平均fpsは約141%となり、平均100fps以上で安定してプレイできます。WQHDでも約138%と、平均60fpsをキープできるようになっています。

一方GTX 1660に対しては約84~93%となり、フルHDでの性能差は10%以内に収まっています。解像度が上がると差がつきやすい傾向ですね。

 

Apex Legends

こちらもDirectX11をベースにした軽めのFPSゲームです。

R6Sと似たような傾向となり、GTX 1650に対し平均fpsは約143~146%と軒並み40%オーバーのパフォーマンスアップとなっています。フルHDでは平均100fpsをオーバーし、WQHDでも平均60fpsを大きく超える安定ぶりです。

なお、GTX 1660との性能差は約10%前後と、いずれの解像度でもその差は小さめです。

 

Call of Duty: Modern Warfare

毎度おなじみ、DirectX12ベースの重量級FPSゲームです。

重量級のゲームとなるとまた違う傾向となり、GTX 1650に対し平均fpsは最大約140%ときっちりパワーアップしていますが、GTX 1660と差が開くようになり、フルHDでの平均fpsは約80%まで落ち込みます。

また、VRAMもほぼ4GB使い余裕がなくなるので、最新のゲームまでまんべんなく楽しむならVRAM6GBのGTX 1660がやはりおすすめ。

 

MONSTER HUNTER WORLD

DirectX11をベースにした知名度バツグンの狩りゲームですね。国産ゲーム屈指の重さを誇ります。

最高設定でのVRAM使用量は5GBに近く、そもそもVRAM4GBのGTX 1650には不向きです。中設定ならVRAM使用量を軽減し、パフォーマンスが向上しますが、画質のクオリティがガッツリ落ちるので、全くおすすめしません。

同じVRAM4GBのGTX 1650との性能差は圧倒的ですが、重量級のゲームで使うのはやや無理があるといった感じですね

 

消費電力

最後にTime Spy実行時の消費電力をチェックしてみましょう。

補助電源を使用しており、GTX 1650から消費電力は約26%アップ。性能分相応に増えており、GTX 1660に対し約88%とやはりGTX 1660寄りとなっています。トータルでも200W行かないのでだいぶ省エネですね。

 

結局GTX 1650 SUPERはどうなの?

GTX 1650から最大約40%も性能が向上し、GTX 1660に近いパフォーマンスを発揮。フルHDでのゲーミングに最適な性能に進化しています。

ただ、やはりネックなのがVRAM4GBという点ですね。最近のゲームは以前と比較にならないくらいにVRAMを使うようになっているので、今後のことも考えると最低でも6GBは欲しいのが本音です。あくまでもフルHD入門+αクラスのポジションで、従来のゲームをフルHDで楽しむ分にはアリといったところです

なお、ワンランク上のGTX 1660との価格差は小さく、基本的にはGTX 1660がおすすめ。さらに欲を言えばGTX 1660 SUPERを選んでおくとより安心です。

 

 icon-exclamation-circleGTX 1660 SUPER・GTX 1660についてはこちらもチェック!

GTX 1660 SUPER搭載おすすめゲーミングPC ワンランク上のフルHD性能!高いコスパが魅力のミドルクラスモデル
ついに''Turing世代''のGTXシリーズにも【SUPERシリーズ】が登場。ワンランク上のフルHD性能を手に入れたグラボのスペックとおすすめモデルをチェックしてみましょう。 GTX 1660 SUPERのスペックまとめ ...
GTX 1660搭載おすすめゲーミングPC フルHDならまずコレ!価格の安さが魅力のミドルクラスモデル
''Turing世代''のGTXシリーズに新モデル登場。低価格&高コスパを武器とするフルHD推奨グラボの性能と、おすすめモデルをチェックしてみましょう。 GTX 1660のスペックまとめ GTX 1660の仕様 GTX 1...

 

GTX 1650 SUPER搭載のおすすめゲーミングPC

 icon-info-circle モデルの構成・価格は日々変動するので、参考までにご覧ください。

  G-Tune PM-A(G-Tune)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Ryzen 5 3500
■チップセット:B450チップセット
■メモリ:8GB(DDR4-2666)
■グラボ:GTX 1650 SUPER
■ストレージ:SSD 256GB+HDD 1TB
■電源:500W(80PLUS BRONZE)
■価格:79,800円(税別)~

Ryzen 5 3500搭載の格安モデル

AMDの第3世代6コアCPU・Ryzen 5 3500とGTX 1650 SUPERを搭載した、フルHD入門+αのミニタワーモデル8GBメモリにデュアルストレージのポイントをおさえた初期構成となっており、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを採用しています。

また、ケースの完成度が高いのもポイント。ケース内部は電源とストレージを上部に集約した、【チャンバー構造】になっており、エアフローがとてもスムーズ。さらに、フロント部分にHDMI端子がついているので、VR機器の取り回しもかんたん。

ちなみに、G-Tuneは保証が充実しているのもポイント。G-Tuneでは延長保証が定額制で安く、例えば3年延長保証+センドバック修理保証に7,000円(税別)で加入することができます。また、24時間365日の電話サポート&96時間以内で修理完了が標準メニューとして用意されており、万が一でも安心。

 

おすすめカスタマイズ

メモリやSSDの容量を増やすのがおすすめですが、あくまでもエントリークラスのモデルとして、割り切ってしまうのもあり。

 icon-check-circle G-Tuneのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

  LEVEL-M0B4-R53-RVS(パソコン工房)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Ryzen 5 3600
■チップセット:B450チップセット
■メモリ:8GB(DDR4-2666)
■グラボ:GTX 1650 SUPER
■ストレージ:SSD 480GB
■電源:500W(80PLUS BRONZE)
■価格:89,980円(税別)~

性能と価格のバランスに優れたモデル

AMDの6コア12スレッドCPU・Ryzen 5 3600とGTX 1650 SUPERを搭載した、フルHD入門+αのミニタワーモデル。マルチコア・スレッドCPUなので、ゲームでの安定性がさらに向上します。

8GBメモリに大容量の480GB SSDのポイントをおさえた初期構成で8万円台前半を実現!GTX 1650 SUPER搭載モデルならまずコレ。

 

おすすめカスタマイズ

エントリークラスモデルならこの構成でも十分。HDDをを追加してデュアルストレージにすれば、さらに便利になります。

 icon-check-circle パソコン工房のおすすめカスタマイズを徹底解説

 

  LEVEL-M0B4-R73X-RVS(パソコン工房)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Ryzen 7 3700X
■チップセット:B450チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-2666)
■グラボ:GTX 1650 SUPER
■ストレージ:SSD 480GB
■電源:500W(80PLUS BRONZE)
■価格:106,980円(税別)~

Ryzen 7搭載のハイスペックモデル

AMDの8コア16スレッドCPU・Ryzen 7 3700XとGTX 1650 SUPERを搭載した、フルHD入門+αのミニタワーモデル。

大容量の16GBメモリに大容量の480GB SSDの充実した初期構成で10万円台前半とコスパばつぐん。ワンランク上の高性能モデルが欲しい方におすすめ。

 

おすすめカスタマイズ

基本的にカスタマイズ不要ですが、HDDをを追加してデュアルストレージにすれば、さらに便利になります。

 icon-check-circle パソコン工房のおすすめカスタマイズを徹底解説

 

 icon-exclamation-circle ゲーミングPCは高い…とお悩みの方必見!

グラボ別激安ゲーミングPCまとめ 予算重視の方は必見!
各グラフィックボード別の激安モデルをピックアップしました。安さでいうならドスパラorパソコン工房の二択です。 グラフィックボード別激安ゲーミングPC icon-info-circleモデルの価格や構成は日々変動するので、参考まで...

 

関連リンク

ほかのグラフィックボードもチェック

デスクトップ

ノート

 

あわせて知りたい

 icon-exclamation-circle おトクなセール情報もチェック!

パソコン工房のゲーミングPCセール情報 格安モデルがさらに安く!
BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。 パソコン工房では現在次のセールやキャンペーンを実施中! ico...
ドスパラのゲーミングPCセール情報 無料アップグレードでコスパUP!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。 ドスパラでは現在、おトクな3大キャンペーンを実施中。コ...
G-TuneのゲーミングPCセール情報 おトクな格安モデルをお見逃しなく!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。期間限定セールをチェックしてみましょう。 期間限定セール...
ツクモのゲーミングPCセール情報 自作クオリティのおトクなモデルをご紹介!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。 ツクモでは現在、旧モデルの大幅値下げや、CPU無料アッ...
タイトルとURLをコピーしました