RTX 3080 Ti搭載おすすめゲーミングノート 4Kでのゲーミングにも対応!最高峰の性能を誇るウルトラハイエンドモデル

  • RTX 3080から約10%性能が向上した、最高峰のモデル
  • 4Kでのゲーミングにも対応
  • 搭載パソコンの予算目安は36万円台から

NVIDIAの最新世代となる”Ampere”に、新たなハイエンドGPUが登場。RTX 3080からさらなる進化を果たしたRTX 3080 Tiの実力と、おすすめモデルをチェックしてみましょう。

 

RTX 3080 Tiのスペックまとめ

RTX 3080 Tiの特徴と性能をサクッとチェックしてみましょう。

リアルタイムレイトレーシング対応

ゲーミングモデルの最重要パーツであるGPUには、NVIDIAのRTXシリーズを搭載。

RTXシリーズでは従来のGTXシリーズと異なり、リアルタイムレイトレーシング技術(DXR)に対応しています。GPU内部にレイトレーシング専用ユニット”RTコア”を搭載することで、従来よりもさらにリアルな映像描写が可能になっています。

 

上の画像はDXRに対応したBattlefield Vのデモムービーですが、従来のGPUとは異なり、炎の描写が車体に反射しているのがわかります。また、反射だけでなく、影や光の描写も豊かになり、より自然なグラフィックを実現しているのもポイントです。

さらに、RTコアのほか、AI機能に対応した”Tensorコア”を搭載。AI機能を活用したアップスケーリング&アンチエイリアス技術の”DLSSモード”で、対応したゲームであればより高いパフォーマンスを発揮することが可能です。

 

RTX 3080 Tiの性能をチェック

 RTX 3080 TiRTX 3080RTX 3070 Ti
RTX 3070
RTX 3060
アーキテクチャAmpereAmpereAmpereAmpereAmpere
製造プロセス8nm8nm8nm8nm8nm
CUDAコア数7424基6144基5888基5120基3840基
動作クロック1125MHz1245MHz1035MHz1290MHz1283MHz
ブーストクロック1590MHz1710MHz1485MHz1620MHz1703MHz
メモリータイプGDDR6-16000MHzGDDR6-14000MHzGDDR6-14000MHzGDDR6-14000MHzGDDR6-14000MHz
メモリーインターフェース256bit256bit256bit256bit192bit
メモリーバス幅512GB/s448GB/s448GB/s448GB/s336GB/s
メモリー搭載量16GB8・16GB8GB8GB6GB
TGP80~150W80~150W80~125W80~125W60~115W

RTX 3080 Tiは、RTX 3080の上位バージョンとなる最上位のGPUです。

性能の要となるCUDAコアは、RTX 3080の6144基から7424基へ約21%増加しています。一方で、VRAM(グラフィックメモリ)もしっかり強化され、メモリーインターフェースは256bitのまま据え置きですが、帯域幅が約14%広くなり、高解像度でのゲーミングにより強くなっているのがポイントです。

なお、RTX 3080とは違い、VRAM容量は全てのモデルで16GB搭載しています。デスクトップ用グラボよりも多く、VRAM不足で困ることはまずありません。

 

まず、DirectX 11・フルHD相当のテスト・Fire Strikeをチェックしてみると、RTX 3080から約14%高いスコアをマークしており、派手さはないものの、着実に性能が向上しています。

 

次に、DirectX 12・WQHD相当のテスト・Time Spyをチェックしてみると、RTX 3080との差は約9%と、Fire Strikeに比べ控えめです。

とはいうものの、デスクトップ用のグラボでいうなら、RTX 3070相当のスコアをマークしており、4Kでのゲーミングにも対応できます

 

DXR機能テスト・Port Royalの結果をまとめたものとなります。

DXRは負荷がとにかく重く、目安としてはスコア4000以上をキープしたいところ。また、最新ゲームでは、以前とは比較にならないほどDXRの負荷が激増しており、スコアは6000以上が理想的です。

RTX 3080 Tiのスコアは、RTX 3080よりも約10%高く、スコア8000に迫る非常に高いスコアをマーク。DXRでのゲーミングにもしっかり対応できます。

 

 

結局RTX 3080 Tiはどうなの?

仕様ほどではありませんが、RTX 3080から約10%前後パフォーマンスが向上し、4Kでのゲーミングに対応できます。RTX 3080と同じく、フルHDにはオーバースペックですが、240Hzや300Hzなどの超高速ディスプレイでは、その性能をしっかり生かすことができます。

なお、肝心の価格ですが、現行では最上位となるGPUということで、36万円台~と破格レベル。予算関係なく、最強のゲーミングノートが欲しい方におすすめです。なお、フルHDでのゲーミングなら、RTX 3060やRTX 3070で正直十分ですね。

 

【参考】CPU性能指標

CPUの性能指標をサクッとまとめてみました。CPUのパフォーマンスを測るのに最適なレンダリングソフト・CINEBENCH R23の結果となります。

 

最近ではCPUの性能が飛躍的に向上しており、ゲーム目的なら6コア12スレッドのCore i5やRyzen 5もあれば十分です

ただし、より多くのコア・スレッドに最適化されたゲームも多くなってきているので、フレームレートにこだわるのであれば、8コア16スレッドのCore i7やRyzen 7以上がおすすめ。もちろん、動画や画像編集などクリエイティブ作業もはかどります。

 

CPUにはインテルとAMD製CPUがありますが、性能重視なら第12世代インテルCPUがおすすめ

第12世代では設計を一新し、性能重視のP-コアと電力効率重視のE-コアの2タイプを搭載。タスクによって各コアを使い分け、場合によっては併用することにより、効率よく処理できるのが強みです。また、コア・スレッド数そのものも増えており、ライバルのRyzen 5000シリーズを凌ぐ、高いパフォーマンスを発揮します。

なお、予算重視ならRyzen 5000シリーズがおすすめ。第11世代インテルCPUと同等の性能でありながら、価格が安く、コスパに優れています。

 

RTX 3080 Ti搭載のおすすめゲーミングノート

 icon-info-circle モデルの構成・価格は日々変動するので、参考までにご覧ください。

15インチモデル

持ち運びにも最適な、スタンダードの15インチモデル

 ROG Strix SCAR 15 G533ZX(ASUS)

【スペック】
■OS:Windows 11
■ディスプレイ
15.6インチ フルHD ノングレア 300Hz
■CPU:Core i9-12900H
■メモリ:32GB(DDR5-4800)
■グラボ:RTX 3080 Ti
■ストレージ:SSD 1TB(PCIe NVMe)
■価格:389,800円(税込)~

コスパに優れた本格派モデル

ノート用のインテル第12世代14コア20スレッドCPU・Core i9-12900HとRTX 3080 Tiを搭載したウルトラハイエンドモデル。32GBメモリに1TB SSDの特盛構成で、SSDは通常のSSDよりも4~5倍速いNVMeタイプを搭載しています。

装備も充実しており、ディスプレイはフルHDながら、300Hzの超高速仕様になっており、RTX 3080 Tiの性能を十二分に生かすことができます。また、フルカラーキーボードを搭載するほか、CPUに液体金属グリスを採用するなど、冷却面もぬかりありません。

なお、フロント下部にはLEDイルミネーションバーを装備し、ゲーミングモデルらしさはバッチリ。クオリティにとことんこだわる方におすすめです。

 

おすすめカスタマイズ

このモデルはカスタマイズに対応していません。

 

 Alienware M15 R7 プラチナ(デル)

【スペック】
■OS:Windows 11
■ディスプレイ
15.6インチ フルHD ノングレア IPS 165Hz
■CPU:Core i7-12700H
■メモリ:32GB(DDR5-4800)
■グラボ:RTX 3080 Ti
■ストレージ:SSD 512GB(PCIe NVMe)
【クーポン利用】468,130円367,984円(税・送料込)~

※実機モデルではRyzen 7&RTX 3070を搭載しています。本体イメージの確認におすすめ。

カスタマイズ可能な本格派モデル

ノート用のインテル第12世代14コア20スレッドCPU・Core i7-12700HとRTX 3080 Tiを搭載したウルトラハイエンドモデル。

32GBメモリに512GB SSDの非常に充実した初期構成で、SSDは通常タイプよりも4~5倍速いNVMeタイプを採用。165Hz出力の高速ディスプレイは、G-Syncに対応しており、滑らかな映像描写を実現しています。さらに、フルカラーキーボードを採用する徹底ぶりです。

約2cmのスリム&スタイリッシュなボディは、ラウンドフォルムの排気グリルを装備し、SF風のユニークなデザインに仕上がっています。また、グリル周囲はLEDイルミネーションでライトアップされ、とても華やか。デルのフラグシップブランド”Alienware”らしく、至れり尽くせりのモデルとなっています。

 

おすすめカスタマイズ

基本的にカスタマイズ不要ですが、最近のゲームは容量そのものが増えており、SSDは1TBあると安心です。また、ディスプレイをWQHDに変更することも可能です。

 icon-check-circle ハードドライブ
・1TB M.2 PCIe NVMe SSD
・2TB M.2 PCIe NVMe SSD
⇒最近のゲームは容量そのものが増えており、50GB以上のタイトルもざら。1TBに増やしておくと、より多くのゲームをインストールできます。予算に余裕があれば、ゲーム用SSDを追加した構成にするのもあり。なお、爆速のRAID0構成もありますが、体感できるほど速くならないので、基本的におすすめしません。

 icon-check-circle ディスプレイ
・15.6インチ QHD(2560 x 1440)240Hz 2ms ComfortView Plus, NVIDIA G-SYNC & Advanced Optimus搭載
・15.6インチ FHD(1920 x 1080)360Hz 1ms ComfortView Plus, NVIDIA G-SYNC & Advanced Optimus搭載
⇒勝負にこだわるなら、フルHDのまま360Hzディスプレイに上げるのもいいでしょう。

 

 Alienware X15 R2 スプレマシー(デル)

【スペック】
■OS:Windows 11
■ディスプレイ
15.6インチ フルHD ノングレア IPS 165Hz
■CPU:Core i9-12900H
■メモリ:32GB(LPDDR5-5200)
■グラボ:RTX 3080 Ti
■ストレージ:SSD 512GB(PCIe NVMe)
【クーポン利用】608,130円479,984円(税・送料込)~

※実機モデルではRTX 3070を搭載しています。本体イメージの確認におすすめ。

最上位のウルトラスリムモデル

Alienwareで最上位のグレードとなるモデルです。15インチモデルの中でもスリムなボディとなっており、厚さはなんと最薄部で16.3mm!2cmオーバーが当たり前なゲーミングノートでは圧倒的にスリムで、非常にスタイリッシュ。

反面、価格が非常に高く、性能だけでなく見た目にもとことんこだわるならおすすめ。

 

おすすめカスタマイズ

基本的にカスタマイズ不要ですが、最近のゲームは容量そのものが増えており、SSDは1TBあると安心です。また、ディスプレイをWQHDに変更することも可能です。なお、予算重視なら、下位のCore i7搭載モデルを選ぶのもあり。

 icon-check-circle ハードドライブ
・1TB M.2 PCIe NVMe SSD
・2TB M.2 PCIe NVMe SSD
⇒最近のゲームは容量そのものが増えており、50GB以上のタイトルもざら。1TBに増やしておくと、より多くのゲームをインストールできます。予算に余裕があれば、ゲーム用SSDを追加した構成にするのもあり。なお、爆速のRAID0構成もありますが、体感できるほど速くならないので、基本的におすすめしません。

 icon-check-circle ディスプレイ
・15.6インチ QHD(2560 x 1440)240Hz 2ms ComfortView Plus, NVIDIA G-SYNC & Advanced Optimus搭載
・15.6インチ FHD(1920 x 1080)360Hz 1ms ComfortView Plus, NVIDIA G-SYNC & Advanced Optimus搭載
⇒勝負にこだわるなら、フルHDのまま360Hzディスプレイに上げるのもいいでしょう。

 

17インチモデル

迫力ある大画面が魅力のモデル

 ROG Strix SCAR 17 G733ZX(ASUS)

【スペック】
■OS:Windows 11
■ディスプレイ
17.3インチ フルHD ノングレア 360Hz
■CPU:Core i9-12900H
■メモリ:32GB(DDR5-4800)
■グラボ:RTX 3080 Ti
■ストレージ:SSD 1TB(PCIe NVMe)
■価格:399,800円(税込)~

本格派の高性能モデル

15インチモデルで紹介した”ROG Strix SCAR 15”の17インチバージョンです。唯一ディスプレイが変更になっており、超高速の360Hz出力に対応しています

 

おすすめカスタマイズ

このモデルはカスタマイズに対応していません。

 

 Alienware X17 R2 スプレマシー(デル)

【スペック】
■OS:Windows 11
■ディスプレイ
17.3インチ フルHD ノングレア IPS 165Hz
■CPU:Core i9-12900H
■メモリ:32GB(DDR5-4800)
■グラボ:RTX 3080 Ti
■ストレージ:SSD 512GB(PCIe NVMe)
【クーポン利用】648,130円511,984円(税・送料込)~

本格派のスリムモデル

15インチモデルで紹介した”Alienware X15”の17インチバージョンです。このモデルも、厚さは最薄部で20.9mmと17インチモデルの中でも特にスリム。

 

おすすめカスタマイズ

基本的にカスタマイズ不要ですが、最近のゲームは容量がとても多いので、SSDの容量を増やすとより安心です。なお、WQHDディスプレイはカスタマイズメニューにありません。

 

 icon-check-circle ハードドライブ
・1TB M.2 PCIe NVMe SSD
・2TB M.2 PCIe NVMe SSD

 icon-check-circle ディスプレイ(17インチモデル)
・17.3インチ FHD (1920 x 1080) 360Hz 1ms with ComfortView Plus, NVIDIA G-SYNC & Advanced Optimus搭載

 

 icon-exclamation-circle ゲーミングノートは高い…とお悩みの方必見!

GPU別激安ゲーミングノートまとめ 予算重視の方は必見!
数あるゲーミングノートの中でも、特に安いモデルをピックアップ。予算重視の方は要チェック! GPU別激安ゲーミングノート icon-info-circleモデルの構成・価格は日々変動するので、参考までにご覧ください。 GTX 1...

 

関連リンク

ほかのGPUもチェック

 

あわせて知りたい

 icon-exclamation-circle おトクなセール情報もチェック!

パソコン工房のゲーミングPCセール情報
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! パソコン工房では、5月24日午後13時59分まで''パソコン特選フェア''を開催中!高品質でダントツの安さを誇る、パソコン工房のセールモデルをチェックしてみましょう。 おト...
ドスパラのゲーミングPCセール情報
公式サイト ゲーミングPCならドスパラがまずおすすめ!短納期で高いコスパを誇る、ドスパラのお得なキャンペーンと、おすすめモデルをチェックしていきましょう。 おトクなキャンペーン ポイントキャンペーン キャンペーンサイト ...
G-TuneのゲーミングPCセール情報
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。期間限定セールをチェックしてみましょう。 初夏セール ...
Dell(デル)のゲーミングPCセール情報
BTOパソコンの真価はセールにあり!特にゲーミングノートで高いコスパを誇る、デルのセール情報をチェックしてみましょう。 EARLY SUMMERセール 直販セールサイト 期間限定で最大24%OFFの''GWセール''を開催...
タイトルとURLをコピーしました