RTX 3080搭載おすすめゲーミングノート 超弩級のパフォーマンス!4Kのゲーミングに最適なハイエンドモデル

  • RTX 2080 SUPERよりも約10%性能が高く、フルHDにはもったいない性能
  • 4Kでのゲーミングに最適
  • 搭載パソコンの予算目安は25万円オーバー

NVIDIAの最新世代となる”Ampere”にもついにゲーミングノートが登場。ハイエンドクラスのRTX 3080の実力と、おすすめモデルをチェックしてみましょう。

 

RTX 3080のスペックまとめ

RTX 3080の特徴と性能をサクッとチェックしてみましょう。

リアルタイムレイトレーシング対応

ゲーミングモデルの最重要パーツであるGPUには、NVIDIAのRTXシリーズを搭載。

RTXシリーズでは従来のGTXシリーズと異なり、リアルタイムレイトレーシング技術(DXR)に対応しています。GPU内部にレイトレーシング専用ユニット”RTコア”を搭載することで、従来よりもさらにリアルな映像描写が可能になっています。

 

上の画像はDXRに対応したBattlefield Vのデモムービーですが、従来のGPUとの違いは一目瞭然。炎の描写が車体にもしっかり表現され、よりリアルになっているのがわかりますね。

さらにRTコアのほか、AI機能に対応した”Tensorコア”を搭載。AI機能を活用したアンチエイリアス技術”DLSSモード”で、対応したゲームであればより高いパフォーマンスを発揮することが可能です。

 

RTX 3080の性能をチェック

 RTX 3080RTX 3070
RTX 3060RTX 2080
SUPER
RTX 2070
SUPER
RTX 2060
アーキテクチャAmpereAmpereAmpereTuringTuringTuring
製造プロセス8nm8nm8nm12nm12nm12nm
CUDAコア数6144基5120基3840基3072基2560基1920基
動作クロック1110MHz1110MHz900MHz1365MHz1140MHz960MHz
ブーストクロック1545MHz1620MHz1425MHz1560MHz1380MHz1200MHz
メモリータイプGDDR6-15000MHzGDDR6-17500MHzGDDR6-17500MHzGDDR6-14000MHzGDDR6-14000MHzGDDR6-14000MHz
メモリーインターフェース256bit256bit192bit256bit256bit192bit
メモリーバス幅384GB/s384GB/s336GB/s448GB/s448GB/s336GB/s
メモリー搭載量8GB8GB6GB8GB8GB6GB
TGP95~130W85~130W80W90~150W90~115W65~115W

RTX 3080はRTX 2080 SUPERの上位バージョンとなる、ハイエンドクラスのGPUです。

性能の要となるCUDAコアは、RTX 2080 SUPERの3072基から6144基へ倍増!一方で、VRAM(グラフィックメモリ)はほぼ据え置きとなっており、規格と容量はGDDR6・8GBのまま。メモリーバス幅は狭くなる一方で、動作クロックは引き上げられています。

なお、CUDAコア倍増&メモリほぼ据え置きは、下位のRTX 3070やRTX 3060と同じ。性能で重要となるのは、一にも二にもCUDAコアということで、パフォーマンスはしっかり向上しています。

 

まず、DirectX 11・フルHD相当のテスト・Fire Strikeをチェック。

実際の性能ですが、CUDAコアが倍増しているものの、RTX 2080 SUPERよりも約9%高いスコアをマークするにとどまり、ちょっと物足りない感じですね。ちなみに、デスクトップ用のグラボで例えるなら、RTX 2080 SUPERレベルといったところです

 

次に、DirectX 12・WQHD相当のテスト・Time Spyをチェック。

負荷の高いテストですが、こちらもRTX 2080 SUPERより約8%高いスコアをマークするにとどまり、やはり物足りないですね。。

とはいうものの、現行のGPUではNo.1の性能ということで、GTX 1660 TiやRTX 2060でも十分対応できるフルHDには、もはやオーバースペック。WQHDや4Kといった高解像度ディスプレイ搭載モデルでその真価を発揮します

 

DXR機能テスト・Port Royalの結果をまとめたものとなります。

DXRは負荷がとにかく重く、目安としてはスコア4000以上をキープしたいところ。また、最新ゲームでは、以前とは比較にならないほどDXRの負荷が激増しており、スコアは6000以上が理想的です。

RTX 3080のスコアはRTX 2080 SUPERよりも約12%高く、スコア7000に迫る非常に高いスコアをマーク。DXRでのゲーミングにもしっかり対応できます。

 

結局RTX 3080はどうなの?

仕様上ほどのインパクトはありませんが、RTX 2080 SUPERから約10%前後パフォーマンスが向上。現行GPUではNo.1の性能を誇ります。フルHDメインで使うにはもったいない性能で、WQHDや4Kなど高解像度ディスプレイでのゲーミングに最適です

その価格ですが、軒並み25万円オーバーの超弩級レベル!予算関係なく、究極のゲーミングノートが欲しい方におすすめ。なお、フルHDで安定性を重視するならRTX 3060やRTX 2070 SUPERでも正直十分ですね。

 

【参考】CPU性能指標

CPUの性能指標をサクッとまとめてみました。CPUのパフォーマンスを測るのに最適なレンダリングソフト・CINEBENCH R20の結果となります。

 

ゲーミングノートではフルHDディスプレイが多く搭載されていますが、4KやWQHDほどの負荷はかからないため、4コア8スレッドのCore i5でも十分実用的です

ただ、最近では6コア以上に最適化されたゲームも多くなっているので、6コア12スレッドのCore i7やRyzen 5以上を選ぶとより安心。動画や画像編集もサクサクこなすことができます。

 

なお、性能重視ならAMDのCPU・Ryzen 4000&5000シリーズがイチオシ

Ryzen 4000シリーズは”ZEN2アーキテクチャ”をベースにしたCPUで、シングル性能の強化・マルチコア・スレッド化により、前世代の3000シリーズから性能が大幅にパワーアップしています。さらに、最新のRyzen 5000シリーズは”ZEN3アーキテクチャ”をベースにしており、高い性能にいっそう磨きがかかっています。

その実力は、ミドルクラスのRyzen 5 4600Hが、ハイスペックのCore i7-10750Hを軽く超えるほど。苦手としていたゲーミング性能も、インテルCPUとほぼ同等となり、さらに搭載モデルの価格もインテルに比べ安く、まさに死角なし。

…なのですが、モデル数が少なく、手に入りにくいのがネック。性能面はともかく、モデル数で言うならインテルが断然有利となっており、どちらもどちら。まさに一長一短ですね。

 

RTX 3080搭載のおすすめゲーミングノート

 icon-info-circle モデルの構成・価格は日々変動するので、参考までにご覧ください。

15インチモデル

持ち運びにも最適な、スタンダードの15インチモデル

 ROG Strix SCAR 15 G533QS(ASUS)

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
15.6インチ WQHD ノングレア 165Hz
■CPU:Ryzen 7 5800H
■メモリ:16GB(DDR4-3200)
■グラボ:RTX 3080
■ストレージ:SSD 512GB(PCIe NVMe)
■価格:272,545円(税込)~

本格派の高性能モデル

ノート用のAMD第5世代8コア16スレッドCPU・Ryzen 7 5800HとRTX 3080を搭載した、ド安定のDXR推奨モデル。

大容量の16GBメモリに大容量SSDの充実した初期構成で、SSDは通常のSSDよりも4~5倍速いNVMeタイプを搭載。装備も充実しており、応答性にに優れたメカニカルキーボードのほか、高解像度のWQHDディスプレイを装備。しかも、ディスプレイはより高速の165Hz出力に対応する徹底ぶりです。

なお、フロント下部にはLEDイルミネーションバーを装備し、ゲーミングモデルらしさはバッチリ。クオリティにとことんこだわる方におすすめです。

Ryzen 9 5900HX搭載モデルはこちら>>>ROG Strix SCAR 15(Ryzen 9搭載) icon-external-link 

 

おすすめカスタマイズ

このモデルはカスタマイズに対応していません。

 

 ALIENWARE M15 R4 プラチナ(デル)

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
15.6インチ フルHD ノングレア 300Hz
■CPU:Core i7-10870H
■メモリ:32GB(DDR4-2933)
■グラボ:RTX 3080
■ストレージ:SSD 256GB(PCIe NVMe)
【クーポン利用】334,980円267,984円(税・送料込)~

※レビューモデルではRTX 2080を搭載しています。本体イメージの確認におすすめ。

圧倒的なスリム&軽量ボディが自慢のモデル

デルが誇るフラグシップブランド”ALIENWARE”のモデルです。15インチモデルの中でもスリム&軽量なボディとなっており、厚さは最薄部で17.8mm、重さも最小で約2.11Kgに収まり、持ち運びがしやすくなっています。

ノート用のインテル第10世代8コア16スレッドCPU・Core i7-10870HとRTX 3080を搭載した、ド安定のDXR推奨モデルで、大容量の16GBメモリに256GB SSDの実用的な初期構成となっています。もちろん、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを採用する徹底ぶり。

装備も非常に充実しており、フルカラーキーボードのほか、なんと超高速の300Hzディスプレイを搭載しています。1秒間に描写できる画像は、144Hzディスプレイの2倍以上にもなり、FPSゲームに最適。高性能のRTX 3070との相性もバツグンです。

ALENWAREらしくデザインも非常にユニーク。曲線を多用したSF風のフォルムに、LEDイルミネーションを装備。他社ではまずお目にかかることができない、独特なモデルが欲しい方におすすめ。

 

おすすめカスタマイズ

最近のゲームは容量がとても多いので、SSDの容量をぜひ増やしたいところ。なお、ブラックのカラバリに変更するには、ディスプレイをカスタマイズする必要があります。

 

 icon-check-circle ハードドライブ
・512GB PCIe M.2 SSD
・1TB PCIe M.2 SSD
⇒HDDの追加はできません。なお、爆速のRAID0構成もありますが、体感できるほど速くならないので、予算に余裕がある場合のみおすすめ。

 icon-check-circle ディスプレイ
・15.6インチ FHD (1920 x 1080) 300Hz 3ms 300-nits 100% sRGB 色域(ダーク)
・15.6インチ 4K有機EL (3840 x 2160) 60Hz 1ms 400-nits DCI-P3 色域 + Tobii Eyetracking テクノロジー(ライト)
⇒4Kディスプレイは、パネルが有機ELとなっています。有機ELディスプレイはバックライトを使わないため、黒浮きが発生せず、深黒を再現することが可能です。また、100,000:1の圧倒的なコントラストを誇り、非常に美しい映像を堪能することができます。ただし、通常の60Hzという点に注意。

 

 

17インチモデル

迫力ある大画面が魅力のモデル

 ROG Strix SCAR 17 G733QS(ASUS)

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
17.3インチ フルHD ノングレア 300Hz
■CPU:Ryzen 7 5800H
■メモリ:16GB(DDR4-3200)
■グラボ:RTX 3080
■ストレージ:SSD 512GB(PCIe NVMe)
■価格:272,545円(税込)~

本格派の高性能モデル

15インチモデルで紹介した”ROG Strix SCAR 15”の17インチバージョンです。唯一ディスプレイが変更になっており、フルHD解像度ながら、超高速の300Hz出力に対応しています

価格は15インチモデルと同じなので、持ち運びをしないのであれば、こちらがおすすめです。

Ryzen 9 5900HX搭載モデルはこちら>>>ROG Strix SCAR 17(Ryzen 9搭載) icon-external-link 

 

おすすめカスタマイズ

このモデルはカスタマイズに対応していません。

 

 ALIENWARE M17 R4 プラチナ(デル)

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
17.3インチ フルHD ノングレア 144Hz
■CPU:Core i7-10870H
■メモリ:32GB(DDR4-2933)
■グラボ:RTX 3080
■ストレージ:SSD 256GB(PCIe NVMe)
【クーポン利用】345,980円276,784円(税・送料込)~

圧倒的なスリム&軽量ボディが自慢のモデル

15インチモデルで紹介した”ALIENWARE M15”の17インチバージョンです。17インチモデルらしからぬ圧倒的なスリム&軽量ボディが特徴で、厚さは最薄部で16.9mm、重さも最小約2.50Kgに収まっており、持ち運びがしやすくなっています。

なお、このモデルではメモリが超大容量の32GBとなっています。

 

おすすめカスタマイズ

最近のゲームは容量がとても多いので、SSDの容量を増やすとより安心。なお、本体のカラバリを変更するには、ディスプレイをカスタマイズする必要があります。

 

 icon-check-circle ハードドライブ
・512GB PCIe M.2 SSD
・1TB PCIe M.2 SSD
⇒HDDの追加はできません。なお、爆速のRAID0構成もありますが、体感できるほど速くならないので、予算に余裕がある場合のみおすすめ。

 icon-check-circle ディスプレイ
・17.3インチ FHD (1920 x 1080) 144Hz 9ms 300-nits 72% NTSC 色域(ダーク)
・17.3インチ FHD (1920 x 1080) 360Hz 5ms 300-nits 100% sRGB 色域 NVIDIA G-SYNC(ライト)
・17.3インチ UHD (3840 x 2160) 60Hz 25ms 500-nits 100% Adobe RGB 色域 + Tobii Eyetracking テクノロジー(ライト)
⇒ホワイトモデルでは、さらに高速の360Hzディスプレイや4Kディスプレイに変更ができます。4Kディスプレイは、クリエイティブ用途でも使える色域の広さとなっていますが、通常の60Hzで出力される点に注意。

 

 icon-exclamation-circle ゲーミングノートは高い…とお悩みの方必見!

GPU別激安ゲーミングノートまとめ 予算重視の方は必見!
数あるゲーミングノートの中でも、特に安いモデルをピックアップ。予算重視の方は要チェック! GPU別激安ゲーミングノート icon-info-circleモデルの構成・価格は日々変動するので、参考までにご覧ください。 GTX 1...

 

関連リンク

ほかのGPUもチェック

 

あわせて知りたい

 icon-exclamation-circle おトクなセール情報もチェック!

パソコン工房のゲーミングPCセール情報 格安モデルがさらに安く!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。 パソコン工房では現在''スプリングフェスタ''を開催中...
ドスパラのゲーミングPCセール情報 無料アップグレードでコスパUP!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。コスパに優れたおすすめモデルをチェックしていきましょう。 ...
G-TuneのゲーミングPCセール情報 おトクな格安モデルをお見逃しなく!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。期間限定セールをチェックしてみましょう。 期間限定セール...
ツクモのゲーミングPCセール情報 自作クオリティのおトクなモデルをご紹介!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。 ツクモでは現在セールを実施していません。以下おすすめモ...
タイトルとURLをコピーしました