RTX 3080搭載おすすめゲーミングノート 超弩級のパフォーマンス!高解像度でのゲーミングに対応したハイエンドモデル

  • RTX 2080 SUPERから約10%性能が向上
  • WQHD~4Kでのゲーミングにも対応
  • 搭載パソコンの予算目安は28万円台から

NVIDIAの最新世代となる”Ampere”にもついにゲーミングノートが登場。ハイエンドクラスのRTX 3080の実力と、おすすめモデルをチェックしてみましょう。

 

RTX 3080のスペックまとめ

RTX 3080の特徴と性能をサクッとチェックしてみましょう。

リアルタイムレイトレーシング対応

ゲーミングモデルの最重要パーツであるGPUには、NVIDIAのRTXシリーズを搭載。

RTXシリーズでは従来のGTXシリーズと異なり、リアルタイムレイトレーシング技術(DXR)に対応しています。GPU内部にレイトレーシング専用ユニット”RTコア”を搭載することで、従来よりもさらにリアルな映像描写が可能になっています。

 

上の画像はDXRに対応したBattlefield Vのデモムービーですが、従来のGPUとの違いは一目瞭然。炎の描写が車体にもしっかり表現され、よりリアルになっているのがわかりますね。

さらに、RTコアのほか、AI機能に対応した”Tensorコア”を搭載。AI機能を活用したアップスケーリング&アンチエイリアス技術の”DLSSモード”で、対応したゲームであればより高いパフォーマンスを発揮することが可能です。

 

RTX 3080の性能をチェック

 RTX 3080RTX 3070
RTX 3060RTX 2080
SUPER
RTX 2070
SUPER
RTX 2060
アーキテクチャAmpereAmpereAmpereTuringTuringTuring
製造プロセス8nm8nm8nm12nm12nm12nm
CUDAコア数6144基5120基3840基3072基2560基1920基
動作クロック1245MHz1290MHz1283MHz1080MHz1155MHz1185MHz
ブーストクロック1710MHz1620MHz1703MHz1560MHz1380MHz1560MHz
メモリータイプGDDR6-14000MHzGDDR6-14000MHzGDDR6-14000MHzGDDR6-14000MHzGDDR6-14000MHzGDDR6-14000MHz
メモリーインターフェース256bit256bit192bit256bit256bit192bit
メモリーバス幅448GB/s448GB/s336GB/s448GB/s448GB/s336GB/s
メモリー搭載量8・16GB8GB6GB8GB8GB6GB
TGP80~150W80~125W60~115W80~150W80~115W65~115W

RTX 3080はRTX 2080 SUPERの上位バージョンとなる、ハイエンドクラスのGPUです。

性能の要となるCUDAコアは、RTX 2080 SUPERの3072基から6144基へ倍増!一方で、VRAM(グラフィックメモリ)の規格GDDR6のまま据え置きですが、モデルによっては16GB搭載しているのもあります。メモリーバス幅は狭くなる一方で、動作クロックは引き上げられています。

なお、CUDAコア倍増&メモリほぼ据え置きは、下位のRTX 3070やRTX 3060と同じ。性能で重要となるのは、一にも二にもCUDAコアということで、パフォーマンスはしっかり向上しています。

 

まず、DirectX 11・フルHD相当のテスト・Fire Strikeをチェック。

実際の性能ですが、CUDAコアが倍増しているものの、RTX 2080 SUPERよりも約8%高いスコアをマークするにとどまり、ちょっと物足りない感じですね。

 

次に、DirectX 12・WQHD相当のテスト・Time Spyをチェック。

Fire Strikeよりも差が広がり、RTX 2080 SUPERより約16%高いスコアをマーク。ただ、やはり物足りないのは相変わらずといったところです。。

なお、デスクトップ用のグラボでいうなら、RTX 3060 Ti相当のスコアということで、WQHD~4Kでのゲーミングにも対応できます

 

DXR機能テスト・Port Royalの結果をまとめたものとなります。

DXRは負荷がとにかく重く、目安としてはスコア4000以上をキープしたいところ。また、最新ゲームでは、以前とは比較にならないほどDXRの負荷が激増しており、スコアは6000以上が理想的です。

RTX 3080のスコアはRTX 2080 SUPERよりも約15%高く、スコア7000を突破。DXRでのゲーミングにもしっかり対応できます。

 

結局RTX 3080はどうなの?

仕様上ほどのインパクトはありませんが、RTX 2080 SUPERから約10%前後パフォーマンスが向上。WQHDで高い安定性を発揮し、ゲームによっては4Kでもゲームを楽しむことができます。なお、フルHDにはオーバースペックですが、240Hzや300Hzなどの超高速ディスプレイでは、その性能をしっかり生かすことができます。

肝心の価格については、軒並み28万円オーバーとかなり高く、できるだけ性能の高いゲーミングノートが欲しい方におすすめ。ちなみに、上位モデルにRTX 3080 Ti搭載モデルがデビューしたので、最高峰を求める方はそちらもチェック。

 

 

【参考】CPU性能指標

CPUの性能指標をサクッとまとめてみました。CPUのパフォーマンスを測るのに最適なレンダリングソフト・CINEBENCH R23の結果となります。

 

最近ではCPUの性能が飛躍的に向上しており、ゲーム目的なら6コア12スレッドのCore i5やRyzen 5もあれば十分です

ただし、より多くのコア・スレッドに最適化されたゲームも多くなってきているので、フレームレートにこだわるのであれば、8コア16スレッドのCore i7やRyzen 7以上がおすすめ。もちろん、動画や画像編集などクリエイティブ作業もはかどります。

 

CPUにはインテルとAMD製CPUがありますが、性能重視なら第12世代インテルCPUがおすすめ

第12世代では設計を一新し、性能重視のP-コアと電力効率重視のE-コアの2タイプを搭載。タスクによって各コアを使い分け、場合によっては併用することにより、効率よく処理できるのが強みです。また、コア・スレッド数そのものも増えており、ライバルのRyzen 5000&6000シリーズを凌ぐ、高いパフォーマンスを発揮します。

 

なお、予算重視ならRyzen 5000&6000シリーズがおすすめ。第11世代インテルCPUと同等の性能でありながら、価格が安く、コスパに優れています。

ちなみに、Ryzen 6000シリーズは、5000シリーズのリフレッシュ版です。製造プロセスの微細化、内蔵グラフィックの強化、動作クロックの向上など、マイナーチェンジ程度になっており、若干の性能向上にとどまっています。

 

RTX 3080搭載のおすすめゲーミングノート

 icon-info-circle モデルの構成・価格は日々変動するので、参考までにご覧ください。

15インチモデル

持ち運びにも最適な、スタンダードの15インチモデル

 Lenovo Legion 760[Ryzen 9・RTX 3080搭載](レノボ)

【スペック】
■OS:Windows 11
■ディスプレイ
16.0インチ WQXGA ノングレア IPS 165Hz
■CPU:Ryzen 9 5900HX
■メモリ:32GB(DDR4-3200)
■グラボ:RTX 3080(VRAM 16GB)
■ストレージ:SSD 1TB(PCIe NVMe)
【クーポン利用】472,670円289,573円(税・送料込)~

高性能ディスプレイを搭載した高コスパモデル

ノート用のAMD第5世代8コア16スレッドCPU・Ryzen 9 5900HXとRTX 3080を搭載したハイエンドモデル。

まず、ディスプレイのクオリティが高く、サイズは一回り大きい16インチで、解像度もフルHDの上位となるWQXGA(2560×1600)となっています。さらに、高速の165Hz出力に対応するほか、G-Syncにも対応する徹底ぶり。大画面・高解像度・高速・スムーズの全てがそろった、高いクオリティを実現しています。

32GBメモリに1TB SSDの特盛仕様で、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを採用するこだわりよう。もちろん、フルカラーキーボードのほか、排気グリルとフロントにはLEDイルミネーションを内蔵しており、かなり華やか。

妥協なき内容で29万円台と安く、コスパ◎。RTX 3080搭載モデルならまずおすすめです。

 

おすすめカスタマイズ

このシリーズではカスタマイズできません。

 

 Alienware X15 R1 プラチナ(デル)

【スペック】
■OS:Windows 11
■ディスプレイ
15.6インチ フルHD ノングレア IPS 165Hz
■CPU:Core i7-11800H
■メモリ:32GB(DDR4-3200)
■グラボ:RTX 3080(VRAM 8GB)
■ストレージ:SSD 512GB(PCIe NVMe)
【クーポン利用】432,180円328,457円(税・送料込)~

※実機モデルではRTX 3070を搭載しています。本体イメージの確認におすすめ。

圧倒的スリムボディが自慢のモデル

デルが誇るフラグシップブランド”Alienware”のモデルです。15インチモデルの中でもスリムなボディとなっており、厚さはなんと最薄部で16.3mm!2cmオーバーが当たり前なゲーミングノートでは圧倒的にスリムで、非常にスタイリッシュ。

ノート用のインテル第11世代8コア16スレッドCPU・Core i7-11800HとRTX 3080を搭載し、16GBメモリに512GB SSDの非常に充実した初期構成となっています。もちろん、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを採用する徹底ぶり。

装備も非常充実しており、華やかなフルカラーキーボードのほか、高速の165Hzディスプレイを標準装備しています。また、Alienwareらしくデザインも非常にユニーク。曲線を多用したSF風のフォルムに、LEDイルミネーションを装備。他社にはない、独特なモデルが欲しい方におすすめ。

 

おすすめカスタマイズ

基本的にカスタマイズ不要ですが、最近のゲームは容量そのものが増えており、SSDは1TBあると安心です。また、ディスプレイのグレードを上げるのもおすすめ。

 icon-check-circle ハードドライブ
・1TB M.2 PCIe NVMe SSD
・2TB M.2 PCIe NVMe SSD
・512GB M.2 PCIe NVMe SSD + 1TB M.2 PCIe NVMe SSD
⇒最近のゲームは容量そのものが増えており、50GB以上のタイトルもざら。1TBに増やしておくと、より多くのゲームをインストールできます。予算に余裕があれば、ゲーム用SSDを追加した構成にするのもあり。なお、爆速のRAID0構成もありますが、体感できるほど速くならないので、基本的におすすめしません。

 icon-check-circle ディスプレイ
・15.6インチ FHD(1920 x 1080)360Hz 1ms ComfortView Plus, NVIDIA G-SYNC & Advanced Optimus搭載
・15.6インチ QHD(2560 x 1440)240Hz 2ms ComfortView Plus, NVIDIA G-SYNC & Advanced Optimus搭載
⇒解像度とリフレッシュレートが上がるほか、さらにG-Syncにも対応し、よりスムーズな描写を実現します。性能的には、WQHDにもバッチリ対応できます。

 

17インチモデル

迫力ある大画面が魅力のモデル

 OMEN 17-ck0000 エクストリームモデル(HP)

【スペック】
■OS:Windows 11 Pro
■ディスプレイ
17.3インチ WQHD ノングレア IPS 165Hz G-Sync
■CPU:Core i9-11900H
■メモリ:32GB(DDR4-3200)
■グラボ:RTX 3080(VRAM 16GB)
■ストレージ:SSD 1TB(PCIe NVMe)
【キャンペーンでさらにおトク】429,000円(税込)~

低価格のコスパモデル

ノート用のインテル第11世代8コア16スレッドCPU・Core i9-11900HとRTX 3080を搭載したハイエンドモデル。32GBメモリに1TB SSDの超大容量構成で、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを採用しています。

装備も非常に充実しており、高解像度のWQHDディスプレイを搭載。さらに、165Hz出力に対応するほか、G-Syncにも対応しているので、とても滑らかな映像描写を実現しています。もちろん、フルカラーキーボードもバッチリ搭載。

この内容で価格は33万円台とコスパが高くなっており、17インチモデルならまずおすすめです。

 

おすすめカスタマイズ

このモデルはカスタマイズに対応していません。

 

 Alienware X17 R1 プラチナ(デル)

【スペック】
■OS:Windows 11
■ディスプレイ
17.3インチ フルHD ノングレア IPS 165Hz
■CPU:Core i7-11800H
■メモリ:32GB(DDR4-3200)
■グラボ:RTX 3080(VRAM 16GB)
■ストレージ:SSD 512GB(PCIe NVMe)
【クーポン利用】439,981円334,386円(税・送料込)~

本格派のスリムモデル

15インチモデルで紹介した”Alienware X15”の17インチバージョンです。このモデルでは、操作性に優れたメカニカルキーボードを搭載するほか、メモリも32GBと内容が非常に充実しています。

ちなみに、厚さは最薄部で20.9mmと17インチモデルの中でも特にスリム。

高性能の第12世代インテルCPU搭載モデルはこちら>>>Alienware X17 R2 icon-external-link 

 

おすすめカスタマイズ

基本的にカスタマイズ不要ですが、最近のゲームは容量がとても多いので、SSDの容量を増やすとより安心です。また、ディスプレイのグレードを上げるのもおすすめ。

 

 icon-check-circle ハードドライブ
・1TB M.2 PCIe NVMe SSD
・2TB M.2 PCIe NVMe SSD
・512GB M.2 PCIe NVMe SSD + 1TB M.2 PCIe NVMe SSD

 icon-check-circle ディスプレイ(17インチモデル)
・17.3インチ FHD(1920 x 1080)360Hz 1ms ComfortView Plus, NVIDIA G-SYNC & Advanced Optimus搭載
・17.3インチ UHD 4K (3840 x 2160)120Hz 4ms 100% Adobe RGB, 500 nits
⇒17インチモデルでは、4Kディスプレイにカスタマイズ可能です。リフレッシュレートは120Hzに下がってしまいますが、色域が非常に広く、Adobe RGBを100%カバー。プロ向けのスペックとなっています。

 

 icon-exclamation-circle ゲーミングノートは高い…とお悩みの方必見!

GPU別激安ゲーミングノートまとめ 予算重視の方は必見!
数あるゲーミングノートの中でも、特に安いモデルをピックアップ。予算重視の方は要チェック! GPU別激安ゲーミングノート icon-info-circleモデルの構成・価格は日々変動するので、参考までにご覧ください。 GTX 1...

 

関連リンク

ほかのGPUもチェック

 

あわせて知りたい

 icon-exclamation-circle おトクなセール情報もチェック!

パソコン工房のゲーミングPCセール情報
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! パソコン工房では、7月12日午後1時59分まで''夏のボーナスセール''を開催中!高品質でダントツの安さを誇る、パソコン工房のセールモデルをチェックしてみましょう。 おトク...
ドスパラのゲーミングPCセール情報
公式サイト ゲーミングPCならドスパラがまずおすすめ!短納期で高いコスパを誇る、ドスパラのお得なキャンペーンと、おすすめモデルをチェックしていきましょう。 おトクなキャンペーン ポイントキャンペーン キャンペーンサイト ...
G-TuneのゲーミングPCセール情報
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。期間限定セールをチェックしてみましょう。 夏のボーナスセ...
FRONTIER(フロンティア)のゲーミングPCセール情報
直販セールサイト BTOパソコンの真価はセールにあり!圧倒的な低価格&コスパの高さを誇る、FRONTIERのセール情報をチェックしてみましょう。 ペイペイジャンボ1等最大全額分戻ってくるキャンペーン キャンペーンサイト ...
タイトルとURLをコピーしました