RTX 3060搭載おすすめゲーミングノート フルHDでより高い安定感!DXRでのゲーミングにも対応したワンランク上のミドルクラスモデル

  • RTX 2060よりも約20~30%性能が高く、フルHDでより高い安定感を発揮
  • DXRでのゲーミングにも対応
  • 搭載パソコンの予算目安は13~15万円台

NVIDIAの最新世代となる”Ampere”にもついにゲーミングノートが登場。ワンランク上のミドルクラスGPUとなる、RTX 3060の実力と、おすすめモデルをチェックしてみましょう。

 

RTX 3060のスペックまとめ

RTX 3060の特徴と性能をサクッとチェックしてみましょう。

リアルタイムレイトレーシング対応

ゲーミングモデルの最重要パーツであるGPUには、NVIDIAのRTXシリーズを搭載。

RTXシリーズでは従来のGTXシリーズと異なり、リアルタイムレイトレーシング技術(DXR)に対応しています。GPU内部にレイトレーシング専用ユニット”RTコア”を搭載することで、従来よりもさらにリアルな映像描写が可能になっています。

 

上の画像はDXRに対応したBattlefield Vのデモムービーですが、従来のGPUとの違いは一目瞭然。炎の描写が車体にもしっかり表現され、よりリアルになっているのがわかりますね。

さらにRTコアのほか、AI機能に対応した”Tensorコア”を搭載。AI機能を活用したアンチエイリアス技術”DLSSモード”で、対応したゲームであればより高いパフォーマンスを発揮することが可能です。

 

RTX 3060の性能をチェック

 RTX 3080RTX 3070
RTX 3060RTX 2080
SUPER
RTX 2070
SUPER
RTX 2060
アーキテクチャAmpereAmpereAmpereTuringTuringTuring
製造プロセス8nm8nm8nm12nm12nm12nm
CUDAコア数6144基5120基3840基3072基2560基1920基
動作クロック1110MHz1110MHz900MHz1365MHz1140MHz960MHz
ブーストクロック1545MHz1620MHz1425MHz1560MHz1380MHz1200MHz
メモリータイプGDDR6-15000MHzGDDR6-17500MHzGDDR6-17500MHzGDDR6-14000MHzGDDR6-14000MHzGDDR6-14000MHz
メモリーインターフェース256bit256bit192bit256bit256bit192bit
メモリーバス幅384GB/s384GB/s336GB/s448GB/s448GB/s336GB/s
メモリー搭載量8・16GB8GB6GB8GB8GB6GB
TGP95~130W85~130W80W90~150W90~115W65~115W

RTX 3060はRTX 2060の上位バージョンとなる、アッパーミドルクラスのGPUです。

性能の要となるCUDAコアは、RTX 2060の1920基から3840基へ倍増する一方で、VRAM(グラフィックメモリ)はほぼ据え置き。規格と容量はGDDR6・6GBのまま、メモリーバス幅も同じで、動作クロックのみ引き上げられています。

以下、毎度おなじみのベンチマークソフト・3DMarkで性能を比較してみましょう。

 

まず、DirectX 11・フルHD相当のテスト・Fire Strikeをチェック。

実際の性能ですが、CUDAコアが倍増しているものの、RTX 2060に比べ約22%のパフォーマンス向上にとどまっています。それでもRTX 2070クラスの性能に進化しており、フルHDでより高い安定感を発揮します。

RTX 2060の性能も高めではありますが、ゲームによっては、設定を上げると平均60fpsに届かないケースもあるので、この差はかなり大きいですね。

 

次に、DirectX 12・WQHD相当のテスト・Time Spyをチェック。

Fire Strikeよりもスコアの伸びがよく、RTX 2060よりも約31%高いスコアをマークしています。なお、デスクトップのグラボで例えるならRTX 2060レベルということで、基本的にフルHD、よくてWQHDまでが最適な解像度となります。外部ディスプレイに接続して使う際は、設定に注意が必要です。

 

DXR機能テスト・Port Royalの結果をまとめたものとなります。

DXRは負荷がとにかく重く、目安としてはスコア4000以上をキープしたいところ。RTX 3060のスコアはRTX 2060よりも約32%高く、スコア4000台にしっかり乗せてきました。RTX 2070レベルということで、DXRでのゲーミングにも対応できる性能です。

ただ、最新ゲームでは、以前とは比較にならないほどDXRの負荷が激増しており、スコア6000以上が理想的。十分なパフォーマンスを求めるなら、RTX 3080がおすすめです

 

結局RTX 3060はどうなの?

さすがに仕様通りに性能も2倍向上…とはいかないものの、RTX 2060からおおむね約20~30%パフォーマンスが向上し、RTX 2070レベルに進化しています。フルHDで高い安定感を発揮し、DXRでのゲーミングにも対応することができます

肝心の価格は13~15万円台となっており、18万円台からとなる上位のRTX 3070搭載モデルに比べ、だいぶ割安。フルHDで安定性を求めるなら、RTX 3060搭載モデルがまずおすすめです

 

【参考】CPU性能指標

CPUの性能指標をサクッとまとめてみました。CPUのパフォーマンスを測るのに最適なレンダリングソフト・CINEBENCH R20の結果となります。

 

ゲーミングノートではフルHDディスプレイが多く搭載されていますが、4KやWQHDほどの負荷はかからないため、4コア8スレッドのCore i5でも十分実用的です

ただ、最近では6コア以上に最適化されたゲームも多くなっているので、6コア12スレッドのCore i7やRyzen 5以上を選ぶとより安心。動画や画像編集もサクサクこなすことができます。

 

インテルとAMD製CPUの2タイプがありますが、性能&コスパの高いAMDのRyzen 4000&5000シリーズがおすすめ

アーキテクチャの刷新により、 Ryzen 3000シリーズから性能が大幅にパワーアップ。その実力は、ミドルクラスのRyzen 5 4600Hが、ハイスペックのCore i7-10750Hを軽く超えるほど。苦手としていたゲーミング性能も、インテルCPUとほぼ同等となり、さらに搭載モデルの価格もインテルに比べ安く、コスパに優れています

 

なお、インテルも盛り返してきており、最新世代となる第11世代では、Ryzen 5000シリーズに匹敵する性能に進化しています。性能だけでいうなら、第11世代インテルCore・Ryzen 5000シリーズのどちらを選んでもOKです。

おすすめをランキングにしてみると以下のような感じになります。

  1. Ryzen 5000シリーズ
  2. 第11世代Coreシリーズ
  3. Ryzen 4000シリーズ
  4. 第10世代Coreシリーズ

 

RTX 3060搭載のおすすめゲーミングノート

 icon-info-circle モデルの構成・価格は日々変動するので、参考までにご覧ください。

15インチモデル

持ち運びにも最適なスタンダードサイズ

 GALLERIA/ガレリア XL7R-R36 4800H搭載(ドスパラ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
15.6インチ フルHD ノングレア 144Hz
■CPU:Ryzen 7 4800H
■メモリ:16GB(DDR4-3200)
■グラボ:RTX 3060
■ストレージ:SSD 512GB(PCIe NVMe)
■価格:149,980円(税込)~

低価格&コスパモデル

ノート用のAMD第4世代8コア16スレッドCPU・Ryzen 7 4800HとRTX 3060を搭載した、ワンランク上のフルHD推奨モデル。

16GBメモリに512GB SSDの充実した初期構成で、SSDは通常タイプよりも4~5倍速いNVMeタイプを採用しています。さらに、144Hzディスプレイやフルカラーキーボードまで搭載する徹底ぶり。また、このモデルは約2.0kgと軽めなので、持ち運びしやすいのもポイントです。

この内容で14万円台と非常に安く、RTX 3060搭載モデルならまずおすすめ。

ゲームに強いミドルクラスCPU・Ryzen 5 5600H搭載の低価格モデルはこちら>>>GALLERIA XL5R-R36 icon-external-link 

 

おすすめカスタマイズ

固定構成となっており、メモリやSSDの容量を増やすことはできません。

 icon-check-circle ドスパラのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

 Dell G15 プラチナ 5515[165Hz・RTX 3060搭載](デル)

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
15.6インチ フルHD ノングレア 165Hz
■CPU:Ryzen 7 5800H
■メモリ:16GB(DDR4-3200)
■グラボ:RTX 3060
■ストレージ:SSD 512GB(PCIe NVMe)
【クーポン利用】190,980円158,513円(税・送料込)~

豊富なカラバリが魅力のコスパモデル

ノート用のAMD第5世代8コア16スレッドCPU・Ryzen 7 5800HとRTX 3060を搭載した、ワンランク上のフルHD推奨モデル。

16GBメモリに512GB SSDの充実した初期構成で、SSDは通常タイプよりも4~5倍速いNVMeタイプを採用しています。さらに、ワンランク上の速さが魅力の165Hzディスプレイや白色LED内蔵キーボードを搭載しており、とても実用的。

さらに、このモデルはカラバリがとても豊富で、ファントムグレー・スペクターグリーンの2色が用意されています。特にグリーンは珍しい色合いで、ミリタリー風のカラバリモデルが欲しい方にもおすすめです。

 

おすすめカスタマイズ

デルのGシリーズはカスタマイズできません。

 

 Legion 560[165Hzディスプレイ・RTX 3060搭載モデル](レノボ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
15.6インチ フルHD ノングレア IPS 165Hz
■CPU:Ryzen 7 5800H
■メモリ:16GB(DDR4-3200)
■グラボ:RTX 3060
■ストレージ:SSD 1TB(PCIe NVMe)
【クーポン利用】271,370円158,928円(税・送料込)~

コスパに優れた本格派モデル

ノート用のAMD第5世代8コア16スレッドCPU・Ryzen 7 5800HとRTX 3060を搭載した、ワンランク上のフルHD推奨モデル。16GBメモリに1TB SSDの非常に充実した初期構成で、SSDは通常のSSDよりも4~5倍速いNVMeタイプを搭載する徹底ぶり。

装備も充実しており、白色LED内蔵キーボードのほか、165Hz出力&G-Sync対応ディスプレイを搭載。珍しいG-Sync対応モデルということで、よりスムーズで高速の描写ができ、FPSゲームにうってつけです。

 

おすすめカスタマイズ

このモデルはカスタマイズに対応していません。

 

G-Tune E5-165-R7(G-Tune)

【スペック】
■OS:Windows 11
■ディスプレイ
15.6インチ WQHD ノングレア 165Hz
■CPU:Ryzen 7 5800H
■メモリ:16GB(DDR4-3200)
■グラボ:RTX 3060
■ストレージ:SSD 512GB(PCIe NVMe)
■価格:208,780円(税込)~

サポート&保証重視ならG-Tuneがおすすめ

ノート用のAMD第5世代8コア16スレッドCPU・Ryzen 7 5800HとRTX 3060を搭載した、ワンランク上のフルHD推奨モデル。16GBメモリに512GB SSDの充実した初期構成で、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを採用しています。

装備も充実しており、WQHD×165Hzディスプレイを搭載。フルHDよりも高い解像度なので、より美しいグラフィック描写を楽しむことができます。もちろん、フルカラーキーボードをしっかり搭載するほか、重さも約1.73kgと非常に軽く、携帯性も優れています。

ちなみに、G-Tuneは保証が充実しているのもポイント。G-Tuneでは延長保証が定額制で安く、例えば3年延長保証+センドバック修理保証に9,900円(税込)で加入することができます。また、24時間365日の電話サポート&96時間以内で修理完了が標準メニューとして用意されており、万が一でも安心です。

 

おすすめカスタマイズ

基本的にカスタマイズ不要ですが、SSDを1TBにして余裕を持たせるのもいいでしょう。

 icon-check-circle G-Tuneのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

17インチモデル

迫力ある大画面が魅力のモデル

Alienware X17 R1 フルカスタマイズ(デル)

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
17.3インチ フルHD ノングレア IPS 165Hz
■CPU:Core i7-11800H
■メモリ:16GB(DDR4-3200)
■グラボ:RTX 3060
■ストレージ:SSD 512GB(PCIe NVMe)
【クーポン利用】296,980円237,584円(税・送料込)~

本格派のスリムモデル

デルが誇るフラグシップブランド”Alienware”のモデルです。デザインがとてもユニークで、ラウンドフォルムの排気グリルには、LEDイルミネーションを装備し、SF風のデザインに仕上げています。また、厚さは最薄部で20.9mmと17インチモデルの中でも特にスリムで、非常にスタイリッシュなのもポイント。

ノート用のインテル第11世代8コア16スレッドCPU・Core i7-11800Hを搭載し、16GBメモリに512GB SSDの充実した初期構成となっています。もちろん、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを採用する徹底ぶり。

装備も非常に充実しており、高速の165Hzディスプレイのほか、操作性と応答性がずば抜けて高いメカニカルキーボードを搭載しています。もちろんキーボードはフルカラー仕様で、とても華やか。ゲーマー向けの本格派仕様となっています。

とことんクオリティにこだわる方におすすめ。

 

おすすめカスタマイズ

基本的にカスタマイズ不要ですが、最近のゲームは容量がとても多いので、SSDの容量を増やすとより安心です。

 

 icon-check-circle ハードドライブ
・1TB M.2 PCIe NVMe SSD
・2TB M.2 PCIe NVMe SSD
・512GB M.2 PCIe NVMe SSD + 1TB M.2 PCIe NVMe SSD
⇒最近のゲームは容量そのものが増えており、50GB以上のタイトルもざら。1TBに増やしておくと、より多くのゲームをインストールできます。予算に余裕があれば、ゲーム用SSDを追加した構成にするのもあり。なお、爆速のRAID0構成もありますが、体感できるほど速くならないので、基本的におすすめしません。

 icon-check-circle ディスプレイ(17インチモデル)
・17.3インチ FHD(1920 x 1080)360Hz 1ms ComfortView Plus, NVIDIA G-SYNC & Advanced Optimus搭載
・17.3インチ UHD 4K (3840 x 2160)120Hz 4ms 100% Adobe RGB, 500 nits
⇒17インチモデルでは、4Kディスプレイにカスタマイズ可能です。リフレッシュレートは120Hzに下がってしまいますが、色域が非常に広く、Adobe RGBを100%カバー。プロ向けのスペックとなっています。

 

 icon-exclamation-circle ゲーミングノートは高い…とお悩みの方必見!

GPU別激安ゲーミングノートまとめ 予算重視の方は必見!
数あるゲーミングノートの中でも、特に安いモデルをピックアップ。予算重視の方は要チェック! GPU別激安ゲーミングノート icon-info-circleモデルの構成・価格は日々変動するので、参考までにご覧ください。 GTX 1...

 

関連リンク

ほかのGPUもチェック

 

あわせて知りたい

 icon-exclamation-circle おトクなセール情報もチェック!

パソコン工房のゲーミングPCセール情報
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! パソコン工房では、2月8日午後13時59分まで''入替応援セール''を開催中!高品質でダントツの安さを誇る、パソコン工房のセールモデルをチェックしてみましょう。 おトクなキ...
ドスパラのゲーミングPCセール情報
公式サイト ゲーミングPCならドスパラがまずおすすめ!短納期で高いコスパを誇る、ドスパラのお得なキャンペーンと、おすすめモデルをチェックしていきましょう。 おトクなキャンペーン ポイントバックキャンペーン キャンペーン&...
G-TuneのゲーミングPCセール情報
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。期間限定セールをチェックしてみましょう。 冬の感謝セール...
Dell(デル)のゲーミングPCセール情報
BTOパソコンの真価はセールにあり!特にゲーミングノートで高いコスパを誇る、デルのセール情報をチェックしてみましょう。 新春大セール 直販セールサイト 期間限定で最大22%OFFの''新春大セール''を開催中 icon-...
タイトルとURLをコピーしました