RTX 3060搭載おすすめゲーミングノート フルHDでより高い安定感!DXRでのゲーミングにも対応したワンランク上のミドルクラスモデル

  • RTX 2060よりも約20~30%性能が高く、フルHDでより高い安定感を発揮
  • DXRでのゲーミングにも対応
  • 搭載パソコンの予算目安は14~16万円台

NVIDIAの最新世代となる”Ampere”にもついにゲーミングノートが登場。ワンランク上のミドルクラスGPUとなる、RTX 3060の実力と、おすすめモデルをチェックしてみましょう。

 

RTX 3060のスペックまとめ

RTX 3060の特徴と性能をサクッとチェックしてみましょう。

リアルタイムレイトレーシング対応

ゲーミングモデルの最重要パーツであるGPUには、NVIDIAのRTXシリーズを搭載。

RTXシリーズでは従来のGTXシリーズと異なり、リアルタイムレイトレーシング技術(DXR)に対応しています。GPU内部にレイトレーシング専用ユニット”RTコア”を搭載することで、従来よりもさらにリアルな映像描写が可能になっています。

 

上の画像はDXRに対応したBattlefield Vのデモムービーですが、従来のGPUとの違いは一目瞭然。炎の描写が車体にもしっかり表現され、よりリアルになっているのがわかりますね。

さらにRTコアのほか、AI機能に対応した”Tensorコア”を搭載。AI機能を活用したアンチエイリアス技術”DLSSモード”で、対応したゲームであればより高いパフォーマンスを発揮することが可能です。

 

RTX 3060の性能をチェック

 RTX 3080RTX 3070
RTX 3060RTX 2080
SUPER
RTX 2070
SUPER
RTX 2060
アーキテクチャAmpereAmpereAmpereTuringTuringTuring
製造プロセス8nm8nm8nm12nm12nm12nm
CUDAコア数6144基5120基3840基3072基2560基1920基
動作クロック1110MHz1110MHz900MHz1365MHz1140MHz960MHz
ブーストクロック1545MHz1620MHz1425MHz1560MHz1380MHz1200MHz
メモリータイプGDDR6-15000MHzGDDR6-17500MHzGDDR6-17500MHzGDDR6-14000MHzGDDR6-14000MHzGDDR6-14000MHz
メモリーインターフェース256bit256bit192bit256bit256bit192bit
メモリーバス幅384GB/s384GB/s336GB/s448GB/s448GB/s336GB/s
メモリー搭載量8GB8GB6GB8GB8GB6GB
TGP95~130W85~130W80W90~150W90~115W65~115W

RTX 3060はRTX 2060の上位バージョンとなる、アッパーミドルクラスのGPUです。

性能の要となるCUDAコアは、RTX 2060の1920基から3840基へ倍増する一方で、VRAM(グラフィックメモリ)はほぼ据え置き。規格と容量はGDDR6・6GBのまま、メモリーバス幅も同じで、動作クロックのみ引き上げられています。

以下、毎度おなじみのベンチマークソフト・3DMarkで性能を比較してみましょう。

 

まず、DirectX 11・フルHD相当のテスト・Fire Strikeをチェック。

実際の性能ですが、CUDAコアが倍増しているものの、RTX 2060に比べ約22%のパフォーマンス向上にとどまっています。それでもRTX 2070クラスの性能に進化しており、フルHDでより高い安定感を発揮します。

RTX 2060の性能も高めではありますが、ゲームによっては、設定を上げると平均60fpsに届かないケースもあるので、この差はかなり大きいですね。

 

次に、DirectX 12・WQHD相当のテスト・Time Spyをチェック。

Fire Strikeよりもスコアの伸びがよく、RTX 2060よりも約31%高いスコアをマークしています。なお、デスクトップのグラボで例えるならRTX 2060レベルということで、基本的にフルHD、よくてWQHDまでが最適な解像度となります。外部ディスプレイに接続して使う際は、設定に注意が必要です。

 

DXR機能テスト・Port Royalの結果をまとめたものとなります。

DXRは負荷がとにかく重く、目安としてはスコア4000以上をキープしたいところ。RTX 3060のスコアはRTX 2060よりも約32%高く、スコア4000台にしっかり乗せてきました。RTX 2070レベルということで、DXRでのゲーミングにも対応できる性能です。

ただ、最新ゲームでは、以前とは比較にならないほどDXRの負荷が激増しており、スコア6000以上が理想的。十分なパフォーマンスを求めるなら、RTX 3080がおすすめです

 

結局RTX 3060はどうなの?

さすがに仕様通りに性能も2倍向上…とはいかないものの、RTX 2060からおおむね約20~30%パフォーマンスが向上し、RTX 2070レベルに進化しています。フルHDで高い安定感を発揮し、DXRでのゲーミングにも対応することができます

肝心の価格は14~15万円台と、RTX 2060搭載モデルとほぼ同等か、やや高いくらいでコスパ◎。上位のRTX 2070 SUPERやRTX 3070搭載モデルは、軒並み15万円以上と価格差がかなり大きく、フルHDで安定性を求めるなら、RTX 3060搭載モデルがまずおすすめです

 

【参考】CPU性能指標

CPUの性能指標をサクッとまとめてみました。CPUのパフォーマンスを測るのに最適なレンダリングソフト・CINEBENCH R20の結果となります。

 

ゲーミングノートではフルHDディスプレイが多く搭載されていますが、4KやWQHDほどの負荷はかからないため、4コア8スレッドのCore i5でも十分実用的です

ただ、最近では6コア以上に最適化されたゲームも多くなっているので、6コア12スレッドのCore i7やRyzen 5以上を選ぶとより安心。動画や画像編集もサクサクこなすことができます。

 

なお、性能重視ならAMDのCPU・Ryzen 4000&5000シリーズがイチオシ

Ryzen 4000シリーズは”ZEN2アーキテクチャ”をベースにしたCPUで、シングル性能の強化・マルチコア・スレッド化により、前世代の3000シリーズから性能が大幅にパワーアップしています。さらに、最新のRyzen 5000シリーズは”ZEN3アーキテクチャ”をベースにしており、高い性能にいっそう磨きがかかっています。

その実力は、ミドルクラスのRyzen 5 4600Hが、ハイスペックのCore i7-10750Hを軽く超えるほど。苦手としていたゲーミング性能も、インテルCPUとほぼ同等となり、さらに搭載モデルの価格もインテルに比べ安く、まさに死角なし。

…なのですが、モデル数が少なく、手に入りにくいのがネック。性能面はともかく、モデル数で言うならインテルが断然有利となっており、どちらもどちら。まさに一長一短ですね。

 

RTX 3060搭載のおすすめゲーミングノート

 icon-info-circle モデルの構成・価格は日々変動するので、参考までにご覧ください。

 ASUS TUF Gaming A15 FA506QM[エクリプスグレー](ASUS)

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
15.6インチ フルHD ノングレア IPS 144Hz
■CPU:Ryzen 7 5800H
■メモリ:16GB(DDR4-3200)
■グラボ:RTX 3060
■ストレージ:SSD 512GB(PCIe NVMe)
■価格:147,800円(税込)~

高性能のコスパモデル

ノート用のAMD第5世代8コア16スレッドCPU・Ryzen 7 5800HとRTX 3060を搭載した、DXR推奨モデル。

大容量の16GBメモリに大容量SSDの充実した初期構成で、SSDは通常のSSDよりも4~5倍速いNVMeタイプを搭載。さらに高速の144Hzディスプレイとフルカラーキーボードもしっかり装備しています。

なお、このモデルはASUSの”TUFシリーズ”ということで、耐久性に優れているのもポイント。アメリカの軍事装備規格”MIL規格”に適合しており、過酷な環境での使用テストをクリアしています。ハードに使うゲーミングノートとの相性もバツグンで、安心して使うことができます。

ブラックモデルはこちら>>>ASUS TUF Gaming A15(ブラック) icon-external-link 
Ryzen 9 5900HX搭載モデルはこちら>>>ROG Zephyrus G15 GA503QM icon-external-link 

 

おすすめカスタマイズ

このモデルはカスタマイズに対応していません。

 

 GALLERIA/ガレリア XL7C-R36(ドスパラ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
15.6インチ フルHD ノングレア 144Hz
■CPU:Core i7-10875H
■メモリ:16GB(DDR4-2666)
■グラボ:RTX 3060
■ストレージ:SSD 512GB(PCIe NVMe)
■価格:169,980円(税込)~

インテルCPU搭載の軽量モデル

ノート用のインテル第10世代8コア16スレッドCPU・Core i7-10875HとRTX 3060を搭載した、DXR推奨モデル。このモデルは約2.0kgと軽めなので、持ち運び重視ならおすすめ。

大容量の16GBメモリに大容量SSDの充実した初期構成で、SSDは通常タイプよりも4~5倍速いNVMeタイプを採用しています。さらに144Hzディスプレイやフルカラーキーボードまで搭載する徹底ぶり。装備面も申し分ありません。

 

おすすめカスタマイズ

基本的にカスタマイズ不要ですが、SSDを1TBに増やして余裕を持たせるのもありです。

 icon-check-circle ドスパラのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

 icon-exclamation-circle ゲーミングノートは高い…とお悩みの方必見!

GPU別激安ゲーミングノートまとめ 予算重視の方は必見!
数あるゲーミングノートの中でも、特に安いモデルをピックアップ。予算重視の方は要チェック! GPU別激安ゲーミングノート icon-info-circleモデルの構成・価格は日々変動するので、参考までにご覧ください。 GTX 1...

 

関連リンク

ほかのGPUもチェック

 

あわせて知りたい

 icon-exclamation-circle おトクなセール情報もチェック!

パソコン工房のゲーミングPCセール情報 格安モデルがさらに安く!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。 パソコン工房では現在''スプリングフェスタ''を開催中...
ドスパラのゲーミングPCセール情報 無料アップグレードでコスパUP!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。コスパに優れたおすすめモデルをチェックしていきましょう。 ...
G-TuneのゲーミングPCセール情報 おトクな格安モデルをお見逃しなく!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。期間限定セールをチェックしてみましょう。 期間限定セール...
ツクモのゲーミングPCセール情報 自作クオリティのおトクなモデルをご紹介!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。 ツクモでは現在セールを実施していません。以下おすすめモ...
タイトルとURLをコピーしました