GTX 1660 Ti搭載おすすめゲーミングノート ミドルクラスの新定番!ド安定のフルHD性能が魅力のモデル

  • RTX 2060に近い性能でド安定のフルHDパフォーマンス
  • DXR(リアルタイムレイトレーシング)性能は低い
  • 搭載パソコンの予算目安は13~21万円

”Turing世代”にもGTXシリーズがついに登場!ド安定のフルHD性能を誇る、新世代のミドルクラスGPUの性能をチェックしてみましょう。

 

GTX 1660 Tiのスペックまとめ

 RTX 2080
SUPER
RTX 2070
SUPER
RTX 2070RTX 2060GTX 1660 Ti
GTX 1650 Ti
GTX 1650
CUDAコア数3072基2560基2304基1920基1536基1024基1024基
動作クロック1080MHz1155MHz1125MHz1185MHz1335MHz1200MHz1125MHz
ブーストクロック1560MHz1380MHz1455MHz1560MHz1590MHz1485MHz1560MHz
メモリータイプGDDR6GDDR6GDDR6GDDR6GDDR6GDDR6GDDR5
メモリーインターフェース256bit256bit256bit192bit192bit128bit128bit
メモリーバス幅448GB/s448GB/s448GB/s336GB/s288GB/s192GB/s128GB/s
メモリー搭載量8GB8GB8GB6GB6GB4GB4GB
TGP80~150W80~115W80~115W65~115W60~80W35~55W30~50W

GTX 1660 TiはGTX 1060の後継となる、ミドルクラスのGPUです。性能の要となるCUDAコアは、下位のGTX 1650 Tiに比べ50%も多くなっています。また、VRAM(グラフィックメモリ)は最新のGDDR6で、容量も6GBと多く、最新のゲームにもしっかり対応できる仕様です。

なお、RTXシリーズに搭載されている’‘RTコア”や”Tensorコア”は非搭載なので、DXR(リアルタイムレイトレーシング)の性能は低く、DLSSには非対応となっています。

毎度おなじみのベンチマークソフト・3DMarkで性能を比較してみましょう。

 

グラフにしてみてもこの通り、GTX 1660 Tiはちょうど真ん中のポジションとなっています。

下位のGTX 1650 Tiに対し、Fire Strikeでは約147%、Time Spyでも約153%と大きく差をつけ、RTX 2060に迫る高いパフォーマンスを誇ります。フルHDでのゲーミングはまさにド安定です。

 

ちなみに、GTX 1660 Tiには”Max-Q版”が用意されています。これはスリムモデルなど冷却に余裕のないモデルに向けて開発された、いわば省エネ・低発熱バージョンのこと。

オリジナルのGTX 1660 Tiと基本的な仕様は共通していますが、Max-Qでは動作クロックが下げられており、低発熱とのトレードオフで、性能は低め。ただし、最近では最適化がしっかりされており、実際のゲームでは通常版に近いパフォーマンスを発揮します

 

参考までに、GTX 1650~RTX 2060までの性能目安をまとめると以下のような感じですー

  • RTX 2060:ド安定のフルHD性能&DXR入門
  • GTX 1660 Ti&Radeon RX 5600M:ド安定のフルHD性能
  • GTX 1650 Ti:フルHD入門の性能
  • GTX 1650&GTX 1050:フルHD入門スペック

 

 icon-star 実機レビューもあわせてどうぞ

Lenovo Legion Y540 (15)をレビュー 光るデザインセンス!充実した装備とコスパが魅力のGTX 1660 Ti搭載ゲーミングノート
今回はレノボの【Lenovo Legion Y540(81SX0076JP)】をお借りしました。 レノボといえばやはりデザイン!他社ではまずお目にかかれない独特のフォルムが目を引く、フル装備のGTX 1660 Ti搭載モデルをチェ...

 

結局GTX 1660 Tiはどうなの?

DXRの性能は低めですが、その性能はRTX 2060に近く、フルHDでのゲーミングならまずコレと言っていいでしょう。予算重視ならGTX 1650 Ti搭載モデルもありですが、VRAMが4GBと少なめで、VRAMをガッツリ使うゲームが増えている現状では、あまりおすすめしません。

価格も13万円台~と高くなりがちなゲーミングノートにしては、手に届きやすい価格設定なのもいいですね。なお、DXRでゲームを楽しみたいということであれば、RTX 2060からとなりますが、パフォーマンス重視であれば素直にRTX 2070以上のモデルを選びましょう。

 

GTX 1660 Ti搭載のおすすめゲーミングノート

 icon-info-circle モデルの構成・価格は日々変動するので、参考までにご覧ください。

15インチモデル

持ち運びにも最適な、スタンダードの15インチモデル

 Dell G3 プラチナ[大容量メモリー・GTX 1660 Ti搭載](デル)

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
15.6インチ フルHD ノングレア IPS 144Hz
■CPU:Core i7-10750H
■メモリ:16GB(DDR4-2933)
■グラボ:GTX 1660 Ti
■ストレージ:SSD 512GB(PCIe NVMe)
【クーポン利用】164,980円131,984円(税別・送料込)~

※レビューモデルはCore i7-9750H×GTX 1650構成です。本体イメージの確認にどうぞ。

低価格&高いコスパが自慢の鉄板モデル

ノート用のインテル第10世代6コア12スレッドCPU・Core i7-10750HとGTX 1660 Tiを搭載した、ド安定のフルHD性能が魅力のモデル。

大容量の16GBメモリに大容量SSDの充実した初期構成が魅力的で、SSDは通常のSSDよりも4~5倍速いNVMeタイプを搭載。さらに高速の144Hzディスプレイを搭載しており、まさにパーフェクト!最近のゲームはメモリをガッツリ使い、またデータ容量も多いので、16GBメモリ&512GB SSDはとても安心ですね。

さらに装備も充実しており、白色LEDキーボード・指紋認証センサーを搭載する徹底ぶり。コスパが非常に高く、GTX 1660 Ti搭載モデルならまずおすすめ。ちなみに、カラバリはブラックとホワイトの2色を用意。ホワイトはかなり珍しく、カラバリで選ぶのもあり。

 

おすすめカスタマイズ

デルのGシリーズはカスタマイズできません。

 

 Lenovo Legion 550Pi[GTX 1660 Ti搭載モデル](レノボ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
15.6インチ フルHD ノングレア IPS 144Hz
■CPU:Core i7-10750H
■メモリ:16GB(DDR4-2933)
■グラボ:GTX 1660 Ti
■ストレージ:SSD 512GB(PCIe NVMe)
【クーポン利用】243,980円136,629円(税・送料込)

税・送料込みの低価格モデル

ノート用のインテル第10世代6コア12スレッドCPU・Core i7-10750HとGTX 1660 Ti(Max-Q)を搭載した、ド安定のフルHD性能が魅力のモデル。

大容量の16GBメモリにデュアルストレージの充実した初期構成で、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを搭載するこだわりよう。さらに白色LEDキーボードや144Hzディスプレイまで装備し、まさにパーフェクト。

レノボの最大の強みは、税・送料込みの圧倒的な価格の安さで、その実力はデルを凌ぐほど。どちらか迷ったら見た目の好みで選びましょう。

 

おすすめカスタマイズ

このシリーズはカスタマイズできません。

 

  ガレリア GCR1660TGF-QC ブラックモデル(ドスパラ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
15.6インチ フルHD ノングレア 144Hz
■CPU:Core i7-9750H
■メモリ:16GB(DDR4-2666)
■グラボ:GTX 1660 Ti
■ストレージ:SSD 512GB(PCIe NVMe)
■価格:145,380円(税別)~

※実機モデルのカラーはガンメタリックとなります。

超軽量の本格派モデル

ノート用のインテル第9世代6コア12スレッドCPU・Core i7-9750HとGTX 1660 Tiを搭載した、ド安定のフルHD性能が魅力のモデル。このモデルは約1.87kgと圧倒的に軽く、持ち運びもラクラク。一般的なモデルだと2kg以上はするので、携帯性を重視するなら特におすすめ。

大容量の16GBメモリに大容量SSDの充実した初期構成で、SSDは通常タイプよりも4~5倍速いNVMeタイプを採用しています。さらに144Hzディスプレイやフルカラーキーボードまで搭載する徹底ぶり。装備面も申し分ありません。

 

おすすめカスタマイズ

特別モデルということで、構成はほとんど固定されています。そもそもこの内容ならカスタマイズの必要もありませんね。

 

17インチモデル

迫力ある大画面が魅力のモデル

 Dell G7 17 プラチナ[GTX 1660 Ti搭載](デル)

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
17.3インチ フルHD ノングレア IPS 144Hz
■CPU:Core i7-10750H
■メモリ:16GB(DDR4-2933)
■グラボ:GTX 1660 Ti
■ストレージ:SSD 512GB(PCIe NVMe)
【クーポン利用】194,980円161,833円(税別・送料込)~

フル装備のコスパモデル

ノート用のインテル第10世代6コア12スレッドCPU・Core i7-10750HとGTX 1660 Tiを搭載した、ド安定のフルHD性能が魅力のモデル。

大容量の16GBメモリに大容量SSDの充実した初期構成で、通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを採用しています。さらに、高速の144Hzディスプレイやフルカラーキーボードも搭載し、まさにフル装備となっています。

また、このモデルでは、本体下部にLEDイルミネーションを搭載しているのもポイント。フルカラーキーボードも相まって、ゲーミングモデルらしい華やかなモデルに仕上がっています。

 

おすすめカスタマイズ

デルのGシリーズはカスタマイズできません。

 

 【カスタマイズ可能】Lenovo Legion Y540 パフォーマンス(レノボ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
17.3インチ フルHD ノングレア IPS 144Hz
■CPU:Core i5-9300H
■メモリ:8GB(DDR4-2666)
■グラボ:GTX 1660 Ti
■ストレージ:SSD 256GB(PCIe NVMe)
【クーポン利用】224,180円123,299円(税・送料込)~

柔軟にカスタマイズできるコスパモデル

ノート用のインテル第9世代4コア8スレッドCPU・Core i5-9300HFとGTX 1660 Tiを搭載した、ド安定のフルHD性能が魅力のモデル。

8GBメモリにSSDのみのシンプルな初期構成で、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを搭載しています。装備もなかなかなの充実ぶりで、白色LEDキーボードや高速の144Hzディスプレイを搭載。ただし、キーボードが英語配列という点に注意!

 

おすすめカスタマイズ

ノートはメインメモリを多く使いがちなので、メモリのカスタマイズがおすすめ。また、最近ではゲームの容量も飛躍的に増えており、SSDの容量を増やしておくとより安心。

CPUはフルHDでのゲーミングレベルであれば、Core i5のままでも十分。動画・画像編集など編集用途でも使うなら、Core i7にするのもいいでしょう。なお、上位のRTX 2060にカスタマイズできるので、予算に余裕があればどうぞ。

 icon-check-circle プロセッサー
・インテル Core i7-9750H プロセッサー (2.60GHz, 12MB)
⇒フルHDレベルであればCore i5でも十分ですが、より高いフレームレートで安定性を重視する場合や、編集用途でも使うのであればカスタマイズがおすすめ。

 icon-check-circle メモリー
・16GB PC4-21300 DDR4 SODIMM (8GBx2)

 icon-check-circle 1st ハード・ディスク・ドライブ
・1TB ハードディスクドライブ 7200rpm 2.5インチ 7mm
・2TB ハードディスクドライブ 7200rpm 2.5インチ 7mm

 icon-check-circle 2nd ハード・ディスク・ドライブ
・512GB ソリッドステートドライブ (M.2 2280, PCIe-NVMe)

 icon-check-circle グラフィックス
・NVIDIA GeForce RTX 2060 (6GB GDDR6 192bit)
⇒DXRやDLSS機能を使ってゲームを楽しみたいのであればおすすめ。

 

 ALIENWARE M17 R3 フルカスタマイズ

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
17.3インチ フルHD ノングレア 144Hz
■CPU:Core i7-10750H
■メモリ:16GB(DDR4-2666)
■グラボ:GTX 1660 Ti
■ストレージ:SSD 256GB(PCIe NVMe)
【キャンペーン中】209,980円(税別・送料込)~

スリム&軽量の本格派モデル

デルが誇るフラグシップブランド【ALIENWARE】のベーシックモデル。17インチモデルらしからぬスリム&軽量ボディが特徴で、厚さは最薄部で16.9mm、重さも最小で約2.5Kgに収まっており、持ち運びがしやすくなっています。LANパーティーなどにはうってつけですね。

初期構成ですが、ノート用のインテル第10世代6コア12スレッドCPU・Core i7-10750Hに大容量の16GBメモリ、256GB SSDを搭載し、シンプルながら実用的な内容となっています。ゲーミングノートらしく、フルカラーキーボードや144Hzディスプレイもバッチリ搭載。

このままでも十分使えますが、このグレードのモデルなら、ぜひ使いやすくカスタマイズしたいところ。

 

おすすめカスタマイズ

最近のゲームは容量がとても多いので、SSDの容量を増やすとより安心。

なお、本体カラーはルナライト(シルバーホワイト)&ダークサイドオブザムーン(ダークグレー)の2色が用意されており、ディスプレイの項目で変更します。

 

 icon-check-circle ハードドライブ
・512GB PCIe M.2 SSD
・1TB PCIe M.2 SSD
⇒HDDの追加はできません。なお、爆速のRAID0構成もありますが、体感できるほど速くならないので、予算に余裕がある場合のみおすすめ。

 icon-check-circle ディスプレイ
・17.3インチ UHD (3840 x 2160) 60Hz 25ms 500-nits 100% Adobe RGB 色域 + Tobii Eyetracking テクノロジー(ライト)
・17.3インチ FHD (1920 x 1080) 144Hz 9ms 300-nits 72% NTSC 色域(ダーク)
⇒4Kディスプレイは、Adobe RGB 100%の広い色域をカバーしており、クリエーター向けの高性能仕様となっています。なお、300Hzディスプレイにカスタマイズすることも可能ですが、GTX 1660 Tiで使いこなすのは至難の業なのでおすすめしません。

 

 icon-exclamation-circle ゲーミングノートは高い…とお悩みの方必見!

GPU別激安ゲーミングノートまとめ 予算重視の方は必見!
数あるゲーミングノートの中でも、特に安いモデルをピックアップ。予算重視の方は要チェック! GPU別激安ゲーミングノート icon-info-circleモデルの構成・価格は日々変動するので、参考までにご覧ください。 GTX 1...

 

関連リンク

ほかのグラフィックボードもチェック

ノート

デスクトップ

 

あわせて知りたい

 icon-exclamation-circle おトクなセール情報もチェック!

パソコン工房のゲーミングPCセール情報 格安モデルがさらに安く!
BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。 パソコン工房では現在次のセールやキャンペーンを実施中! ico...
ドスパラのゲーミングPCセール情報 無料アップグレードでコスパUP!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。 ドスパラでは現在、おトクな3大キャンペーンを実施中。コ...
G-TuneのゲーミングPCセール情報 おトクな格安モデルをお見逃しなく!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。期間限定セールをチェックしてみましょう。 期間限定セール...
ツクモのゲーミングPCセール情報 自作クオリティのおトクなモデルをご紹介!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。 ツクモでは現在、旧モデルの大幅値下げや、CPU無料アッ...
タイトルとURLをコピーしました