GTX 1650 Ti搭載おすすめゲーミングノート VRAM強化でパワーアップ!ワンランク上のフルHD入門モデル

  • GTX 1650のVRAM強化バージョン
  • GTX 1650から約10%性能が向上し、フルHD入門+αのパフォーマンスを実現
  • 搭載パソコンの予算目安は9~12万円

”Turing世代”のエントリーGPU・GTX 1650に上位モデルが登場。その性能と、おすすめモデルをサクッとチェックしてみましょう。

 

GTX 1650 Tiのスペックまとめ

 RTX 2080
SUPER
RTX 2070
SUPER
RTX 2070RTX 2060GTX 1660 Ti
GTX 1650 Ti
GTX 1650
CUDAコア数3072基2560基2304基1920基1536基1024基1024基
動作クロック1080MHz1155MHz1125MHz1185MHz1335MHz1200MHz1125MHz
ブーストクロック1560MHz1380MHz1455MHz1560MHz1590MHz1485MHz1560MHz
メモリータイプGDDR6GDDR6GDDR6GDDR6GDDR6GDDR6GDDR5
メモリーインターフェース256bit256bit256bit192bit192bit128bit128bit
メモリーバス幅448GB/s448GB/s448GB/s336GB/s288GB/s192GB/s128GB/s
メモリー搭載量8GB8GB8GB6GB6GB4GB4GB
TGP80~150W80~115W80~115W65~115W60~80W35~55W30~50W

GTX 1650 Tiはその名の通り、GTX 1650の上位版となるGPUですね。

性能の要となるCUDAコアはGTX 1650の1024基、VRAM(グラフィックメモリ)容量は4GBのまま据え置きですが、VRAMは最新のGDDR6にアップグレードされています。GDDR6はメモリバス帯域幅が広く、GDDR5の128GB/sから192GB/sと約1.5倍になり、VRAMへの負荷が高い重量級のゲームで高い安定性を発揮します。

毎度おなじみのベンチマークソフト・3DMarkで性能を比較してみましょう。

 

CUDAコアは据え置きということで、GTX 1650に対しFire Strikeでは約109%、Time Spyでは約106%と、最大約10%程度のパフォーマンス向上にとどまっています。鉄板のミドルクラスGPU・GTX 1660 Tiに対し、Fire Strikeでは約68%と大きく差が開いており、まだまだエントリーGPUの域を出ないといったところです。

さらに言うなら、VRAM4GBというのも心もとないですね。最新のゲームはVRAMをガッツリ使うものが増えており、4GBだとカツカツ。最低でも6GBは欲しいというのが本音です。

 

ちなみに、GTX 1650 Tiには”Max-Q版”が用意されています。これはスリムモデルなど冷却に余裕のないモデルに向けて開発された、いわば省エネ・低発熱バージョンのこと。

オリジナルのGTX 1650 Tiと基本的な仕様は共通していますが、Max-Qでは動作クロックが下げられており、低発熱とのトレードオフで、性能は低め。ただし、最近では最適化がしっかりされており、実際のゲームでは通常版に近いパフォーマンスを発揮します

 

参考までに、エントリー~ハイスペッククラスの性能目安をまとめると以下のような感じですー

  • RTX 2060:ド安定のフルHD性能&DXR入門
  • GTX 1660 Ti&Radeon RX 5600M:ド安定のフルHD性能
  • GTX 1650 Ti:フルHD入門の性能
  • GTX 1650&GTX 1050:フルHD入門スペック

 

結局GTX 1650 Tiはどうなの?

VRAMがDDR6にアップグレードされましたが、GTX 1650から約10%の性能向上にとどまり、ポジションとしてはフルHD入門+αといったところですね。VRAM容量も4GBと最低限なので、従来のゲームをメインにプレイするのにおすすめ

価格は9万円台~とGTX 1650よりやや高めですが、それでもGTX 1660 Tiに比べるとだいぶ割安。予算を重視しつつ、安定性を求めるなら、いい選択肢といえます。

なお、最新のゲームをまんべんなくということであれば、やはりGTX 1660 Ti搭載モデルがおすすめです。

 

【参考】CPU性能指標

CPUの性能指標をサクッとまとめてみました。CPUのパフォーマンスを測るのに最適なレンダリングソフト・CINEBENCH R20の結果となります。

 

ゲーミングノートではフルHDディスプレイが多く搭載されていますが、4KやWQHDほどの負荷はかからないため、4コア8スレッドのCore i5でも十分実用的です

ただ、最近では6コア以上に最適化されたゲームも多くなっているので、6コア12スレッドのCore i7やRyzen 5以上を選ぶとより安心。動画や画像編集もサクサクこなすことができます。

 

なお、性能重視ならAMDの最新CPU・Ryzen 4000シリーズがおすすめ。これは、デスクトップCPU(Ryzen 7 3700XやRyzen 5 3600など)で採用された”ZEN2アーキテクチャ”をベースにしたCPUで、前世代の3000シリーズから性能が大幅にパワーアップしています。

その実力は、ミドルクラスのRyzen 5 4600Hが、ハイスペックのCore i7-10750Hを軽く超えるほど。しかも前世代で苦手としていたゲーミング性能も、インテルCPUとほぼ同等となり、さらに搭載モデルの価格もインテルに比べ安く、まさに死角なし。

まだ出始めではありますが、新時代のスタンダードになりそうな感じですね。

 

GTX 1650 Ti搭載のおすすめゲーミングノート

 icon-info-circle モデルの構成・価格は日々変動するので、参考までにご覧ください。

 GALLERIA/ガレリア GCR1650TGF-T(ドスパラ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
15.6インチ フルHD ノングレア 120Hz
■CPU:Ryzen 5 4600H
■メモリ:8GB(DDR4-3200)
■グラボ:GTX 1650 Ti
■ストレージ:SSD 512GB(PCIe NVMe)
■価格:99,980円(税別)~

※レビューモデルではCore i5-10300Hを搭載しています。参考までにどうぞ。

9万円台の格安GTX 1650 Ti搭載モデル

ノート用のAMD第4世代6コア12スレッドCPU・Ryzen 5 4600HとGTX 1650 Tiを搭載した、フルHD入門+αのモデル。

8GBメモリに大容量の500GB SSDの実用的な初期構成となっており、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを搭載する充実ぶりです。さらに、高速の120Hzディスプレイやフルカラーキーボードを搭載。この内容で9万円台は非常に安く、コスパはバツグン。GTX 1650 Ti搭載モデルならまずコレ!

 

おすすめカスタマイズ

最近のゲームはメモリを使いがちなので、16GBあると安心。また、HDDを追加してデュアルストレージにすると、ゲームは高速のSSDに、かさばるデータ類はHDDに保存する使い分けができ、より便利になります。

 icon-check-circle ドスパラのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

 Dell G3 プラチナ[大容量メモリー・GTX 1650 Ti搭載](デル)

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
15.6インチ フルHD ノングレア IPS 144Hz
■CPU:Core i7-10750H
■メモリ:16GB(DDR4-2933)
■グラボ:GTX 1650 Ti
■ストレージ:SSD 512GB(PCIe NVMe)
【クーポン利用】149,980円119,984円(税別・送料込)~

※実機モデルはCore i7&GTX 1650を搭載しています。本体イメージの確認にどうぞ。

イチオシ!GTX 1650 Ti搭載の本格派モデル

ノート用のインテル第10世代6コア12スレッドCPU・Core i7-10750HとGTX 1650 Tiを搭載した、フルHD入門+αのモデル。

大容量の16GBメモリに大容量SSDの充実した初期構成が魅力的で、SSDは通常のSSDよりも4~5倍速いNVMeタイプを搭載するこだわりようです。さらに高速の144Hzディスプレイを搭載し、まさにパーフェクト!最近のゲームはメモリをガッツリ使い、またデータ容量も多いので、16GBメモリ&512GB SSDはとても安心ですね。

 

おすすめカスタマイズ

デルのGシリーズはカスタマイズできません。

 

GALLERIA/ガレリア GCR1650TGF(ドスパラ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
15.6インチ フルHD ノングレア
■CPU:Core i5-10300H
■メモリ:16GB(DDR4-2666)
■グラボ:GTX 1650 Ti
■ストレージ:SSD 500GB(PCIe NVMe)
■価格:99,980円(税別)~

9万円台の格安GTX 1650 Ti搭載モデル

ノート用のインテル第10世代4コア8スレッドCPU・Core i5-10300Hを搭載したモデル。Ryzen 5搭載モデルの登場により、一気に影が薄くなりました。。

 

 icon-exclamation-circle ゲーミングノートは高い…とお悩みの方必見!

GPU別激安ゲーミングノートまとめ 予算重視の方は必見!
数あるゲーミングノートの中でも、特に安いモデルをピックアップ。予算重視の方は要チェック! GPU別激安ゲーミングノート icon-info-circleモデルの構成・価格は日々変動するので、参考までにご覧ください。 GTX 1...

 

関連リンク

ほかのグラフィックボードもチェック

ノート

デスクトップ

 

あわせて知りたい

 icon-exclamation-circle おトクなセール情報もチェック!

パソコン工房のゲーミングPCセール情報 格安モデルがさらに安く!
BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。 パソコン工房では現在次のセールやキャンペーンを実施中! ico...
ドスパラのゲーミングPCセール情報 無料アップグレードでコスパUP!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。 ドスパラでは現在、おトクな3大キャンペーンを実施中。コ...
G-TuneのゲーミングPCセール情報 おトクな格安モデルをお見逃しなく!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。期間限定セールをチェックしてみましょう。 期間限定セール...
ツクモのゲーミングPCセール情報 自作クオリティのおトクなモデルをご紹介!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。 ツクモでは現在、旧モデルの大幅値下げや、CPU無料アッ...
タイトルとURLをコピーしました