Call of Duty: WWIIの推奨スペックやおすすめゲーミングPCまとめ

FPSでは言わずと知れたビッグタイトルである「Call of Duty」に新作「Call of Duty: WWII」が登場。テーマは第二次世界大戦ということで、約10年の時を経て、原点回帰した形になります。

「TEAM DEATHMATCH」や「DOMINATION」など、いつものルールはもちろん、今回から「WAR」や「GRIDIRON」が新たに追加され、遊びの幅がさらに広がっています。そして、おなじみのゾンビモードもあるので、マルチプレイの疲れを癒す?こともできます。

グラフィックも一新され、リアルそのもので大迫力。「Battle Field 1」に勝るとも劣らない、泥臭い戦闘を思う存分楽しめるようになっています。

推奨スペック

動作環境

必要動作環境
OS Windows 7 64bit
CPU Core i3-3225 以上
メモリ 8GB
グラフィックボード Geforce GTX 660
Radeon HD7850
ストレージ 25GB

必要動作環境は、あくまでも動作する最低ラインの目安です。はっきり言ってしまうと、ほとんどアテにならないですね。

fps計測テスト

実機を用いたFPSテスト(平均値)の結果をまとめました。動きの激しいゲームなので、最低でも60fpsを安定してキープしたいですね。

測定条件

 CPUは最新世代のCore i7-7700K

 メモリは16GB

 解像度は4K/WQHD/フルHD。ゲーム設定は「最高」

4K WQHD フルHD
GTX1080 Ti 83fps 139fps 175fps
GTX 1080 71fps 118fps 131fps
GTX 1070 60fps 93fps 112fps
GTX 1060
(メモリ6GB)
42fps 66fps 82fps
GTX 1060
(メモリ3GB)
31fps 40fps 64fps
GTX 1050 Ti 23fps 33fps 39fps
GTX 1050 19fps 27fps 35fps

グラフィックをパッと見た感じでは重そうなのですが、しっかり最適化されていますね。安定性には欠けますが、GTX 1070でもギリギリ4K画質を狙えるレベルに調整されています。

ただ、FPSゲームはフレームレートの振れ幅が大きいので、平均fpsには余裕を持たせたいところ。フルHDであればGTX 1060、WQHDであればGTX 1070、4KであればGTX 1080 Tiがおすすめ。

しかしグラフィックメモリをかなり消費するのが厄介で、フルHDで6GB、WQHDで7GB、4Kでは10GBも使います。フルHDでGTX 1060を選ぶのであれば、グラフィックメモリ6GB版は欲しいですね。3GB版では負荷がかかると急激にFPSが低下してカクついてしまいます。

CPU・メモリ

このゲームではマルチコアに最適化されているので、6コア12スレッドのCore i7-8700などインテル第8世代CPUが真価を発揮します

また、メインメモリもかなり消費します。フルHDの時点で8GB以上使い、4Kでは10~11GBも使ってしまいます。とりあえず8GBで大丈夫…というのが通用しなくなってきましたね。迷わず16GBを入れておきましょう。

推奨スペックまとめ

フルHD・最高設定

CPU:Core i7 メモリ:16GB グラボ:GTX1060(グラフィックメモリ6GB)

WQHD・最高設定

CPU:Core i7 メモリ:16GB グラボ:GTX1070

4K・最高設定

CPU:Core i7 メモリ:16GB グラボ:GTX 1080 Ti

Call of Duty: WWIIのおすすめゲーミングPC

icon-info-circle モデルの構成・価格は日々変動するので、参考までにご覧ください。

ガレリア XT(ドスパラ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i7-8700
■チップセット:H370チップセット
■メモリ:8GB(DDR4-2666)
■グラボ:GTX 1060(グラフィックメモリ6GB)
■ストレージ:SSD 640GB+HDD 1TB
■電源:500W(80PLUS BRONZE)
■大型CPUクーラー搭載
■価格:145,980円139,980円(税別)~

フル装備のGTX 1060搭載モデル

6コア12スレッドのハイパワーCPU、Core i7-8700とGTX 1060を搭載したミドルタワーモデル。熱いCPUなので、大型のCPUクーラーが標準搭載されているのは嬉しいですね。

グラボはフルHDに最適なグラフィックメモリ6GB版のGTX 1060を搭載。同じGTX 1060といえども、グラフィックメモリが多いので、FPSやオープンワールドなど負荷が高いゲームでは、3GB版よりもフレームレートが安定しやすくなります。

8GBメモリにデュアルストレージの充実した初期構成で、ケースも冷却性と拡張性に優れており、トータルでの完成度が高い一台です。今なら640GB SSDに無料アップグレードでとてもおトク。

icon-info-circleリーズナブルなミニタワーモデルはこちら>>>ガレリア MT icon-external-link

おすすめカスタマイズ

16GBメモリへのカスタマイズは必須。その他は用途・予算次第です。

icon-check-circleドスパラのおすすめカスタマイズを徹底解説

ガレリア XV(ドスパラ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i7-8700
■チップセット:H370チップセット
■メモリ:8GB(DDR4)
■グラボ:GTX 1070 Ti
■ストレージ:SSD 640GB+HDD 2TB
■電源:500W(80PLUS BRONZE)
■大型CPUクーラー搭載
■価格:169,980円167,980円(税別)~

高いフレームレートをキープできるGTX 1070 Ti搭載モデル

6コア12スレッドのハイパワーCPU、Core i7-8700とGTX 1070 Tiを搭載したミドルタワーモデル。熱いCPUなので、大型のCPUクーラーが標準搭載されているのは嬉しいですね。

GTX 1070 TiはGTX 1000シリーズでは最新のグラボです。型番こそGTX 1070ですが、その性能はほとんどGTX 1080そのもので、性能差は5%程度と誤差レベルです。GTX 1070との価格差もほとんどないので、今ならGTX 1070 Tiがダンゼンおすすめ!

8GBメモリにデュアルストレージの充実した初期構成で、ケースも冷却性と拡張性に優れており、トータルでの完成度が高い一台です。今なら640GB SSDに無料アップグレードでとてもおトク。

icon-info-circleリーズナブルなミニタワーモデルはこちら>>>ガレリア MV icon-external-link

おすすめカスタマイズ

16GBメモリへのカスタマイズは必須。その他は用途・予算次第です。

icon-check-circleドスパラのおすすめカスタマイズを徹底解説

LEVEL-R037-i7K-XNA(パソコン工房)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i7-8700K
■チップセット:Z370チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-2666)
■グラボ:GTX 1080 Ti
■ストレージ:SSD 480GB+HDD 2TB
■電源:700W(80PLUS BRONZE)
■価格:228,980円(税別)~

充実した構成のデュアルストレージモデル

6コア12スレッドの【K】付きCPU、Core i7-8700KとGTX 1080 Tiを搭載したミドルタワーモデル。クロックが高い分、Core i7-8700より約10%ほど性能が高く、またオーバークロック(自己責任)でさらに性能を引き出すこともできます。

大容量の16GBメモリに大容量デュアルストレージ、さらに電源も700Wの大容量となっており、まさにパーフェクトな初期構成が魅力的。

おすすめカスタマイズ

前世代のCore i7よりも発熱が高く、CPUクーラーのカスタマイズがおすすめ。その他は用途・予算次第です。

icon-check-circleパソコン工房のおすすめカスタマイズを徹底解説

Call of Duty: WWIIのおすすめゲーミングノート

icon-info-circle モデルの構成・価格は日々変動するので、参考までにご覧ください。

LEVEL-15FX095-i7-RNSV(パソコン工房)

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
15.6インチ フルHD ノングレア 120Hz
■CPU:Core i7-8750H
■メモリ:8GB(DDR4-2400)
■グラボ:GTX 1060(グラフィックメモリ6GB)
■ストレージ:SSD 240GB+HDD 1TB
■価格:136,980円(税別)~

FPSにもおすすめ!格安の120Hzディスプレイ搭載モデル

6コア12スレッドのハイパワーCPU、Core i7-8750HとGTX 1060(グラフィックメモリ6GB)を搭載した、フルHDでのゲーミングに最適なモデル。

最新のCore i7-8750Hは第8世代「Coffee Lake-H」のCPUで、デスクトップと同じく6コア12スレッドになり大幅にパワーアップ。4コア8スレッドの第7世代Core i7より約30~40%も性能が向上しています。

最大の特長は高速の120Hzディスプレイを搭載していること。1秒間に描写できる回数は、通常の60Hzモニターの2倍。描写回数が多い分、ぬるぬる滑らか。その差は一目瞭然で、FPSゲームでの視点移動がとてもスムーズになり、プレイの精度がグッと上がります。

8GBメモリにデュアルストレージ構成の充実した初期構成となっており、最近のゲーミングノートでは必須の白色LED内蔵のキーボードも搭載しています。

おすすめカスタマイズ

重量級のゲームが多くなってきているので、メモリは16GBあると安心。その他は用途・予算次第です。

icon-check-circleパソコン工房のおすすめカスタマイズを徹底解説

OMEN X by HP 17-ap008TX(HP)

【スペック】
■OS:Windows 10 Pro
■ディスプレイ
17.3インチ フルHD ノングレア IPS 120Hz
■CPU:Core i7-7820HK
■メモリ:32GB(DDR4-2400)
■グラボ:GTX 1080
■ストレージ:SSD 512GB+HDD 1TB
■価格:329,800円299,980円(税別)~

120Hzディスプレイ×GTX 1080のFPS特化モデル

ノート用のハイスペックCPU・Core i7-7820HKとGTX 1080を搭載したモデル。直線スタイルと幾何学模様のデザインがなんともオシャレです。

Core i7-7820HKはあまり見かけないCPUですが、メジャーなCore i7-7700HQと同じく4コア8スレッドで、性能は約10%ほど高い上位モデルです。大口径のデュアルファンを搭載し、冷却面も万全です。

メモリは32GB、ストレージは500GB SSD+1TB HDDのデュアル構成とまさに大容量尽くし。しかもSSDは通常タイプのSSDより4~5倍速いNVMeタイプというこだわりようです。

さらに、17インチの大画面ディスプレイは120Hz&G-Syncに対応しており、カクつくことなくスムーズにゲームを楽しむことができます。まさにFPSゲームにもってこい!パネルも発色に優れたIPSなので、まさにパーフェクトですね。

また、機能も充実しており、キーボードはなんと応答性が高いメカニカルスイッチで、フルカラー仕様。さらにキーボードマクロまで搭載している本格派です。

おすすめカスタマイズ

パーツのカスタマイズはできません。

あわせて知りたい

icon-exclamation-circleおトクなセール情報もチェック!

パソコン工房のゲーミングPCセール情報 格安モデルがさらに安く!
公式サイトicon-external-link BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップ...
ドスパラのゲーミングPCセール情報 無料アップグレードでコスパUP!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感...
G-TuneのゲーミングPCセール情報 おトクな格安モデルをお見逃しなく!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感...
ツクモのゲーミングPCセール情報 自作クオリティのおトクなモデルをご紹介!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感...
Sycom(サイコム)のゲーミングPCセール情報 自作PCクオリティを安く手に入れるチャンス!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感...

シェアする

フォローする