Anthemの推奨スペックやおすすめゲーミングPCまとめ

”Dragon Age”をはじめRPGゲームで定評のある【BioWare】が手掛けたMORPGです。パワードスーツ”ジャベリン”を駆使した戦闘の自由度が非常に高く、地上戦・空中戦は思いのまま。空中戦ではホバリングまでできるので、立体的なアクションを思う存分楽しめます。

ジャベリンは全4種類で、重量級から高速タイプまで様々。また、それぞれカスタマイズ性も高く、自分好みのスーツに仕上げることができます。お気に入りのジャベリンで高難易度ミッションに挑戦するのは、なかなかやりがいがあります。

なお、広大なマップと高いアクション性のため、かなりグラフィックの負荷が重く、相応のマシンスペックが必要になります。以下ベンチマークやおすすめモデルをチェックしていきましょう。

Anthemの推奨スペック

推奨スペックやベンチマーク結果をまとめました。

動作環境

必要動作環境 推奨環境
OS Windows 10 Windows 10
CPU インテル Core i5-3570
AMD FX-6350
インテル Core i5-4790
AMD Ryzen 3 1300X
メモリ 8GB 12GB
グラボ Geforce GTX 760
Radeon HD 7970
Radeon R9 280X
Geforce GTX 1060
Radeon RX 480
HDD空き容量 50GB
API DirectX 11

最低環境はあくまでも「最低」なのでスルー。

推奨環境では、グラボに現行のミドルクラスモデルGTX 1060を要求。メモリが厄介で、なんと12GB必要とのこと。条件からしてすでに重そうなゲームですね。

なお、ストレージは50GBの空き容量が要求されていますが、実際のゲームデータは50GB以上なので120GB SSDはご法度。240GBは最低でも欲しいです。

fps計測テスト

この通り、テクスチャをはじめ影の品質などを細かく設定することが可能です。快適にプレイするのであれば、平均60fps以上はきっちりキープしたいところ。

測定条件

 CPUはCore i7-8700K、 メモリは16GB

 解像度は4K/WQHD/フルHD

ゲーム設定は【ウルトラ】をベースに、垂直同期をOFF

平均(最低)fps 4K WQHD フルHD
RTX 2080 Ti 54(45)fps 89(72)fps 103(78)fps
RTX 2080 43(35)fps 76(60)fps 101(78)fps
RTX 2070 36(28)fps 62(47)fps 88(65)fps
RTX 2060 27(20)fps 50(38)fps 71(56)fps
GTX 1660 Ti 46(32)fps 68(47)fps
GTX 1080 Ti 39(31)fps 69(56)fps 103(77)fps
GTX 1080 30(25)fps 52(41)fps 79(62)fps
GTX 1070 Ti 28(22)fps 49(39)fps 72(57)fps
GTX 1070 44(32)fps 62(43)fps
GTX 1060
(VRAM6GB)
30(23)fps 47(37)fps
GTX 1060
(VRAM3GB)
38(30)fps
GTX 1050 Ti
(VRAM4GB)
24(18)fps

フルHDの時点でGTX 1070以上が必要になるとは…かなり重いですね。平均100fps以上のド安定場プレイ環境を目指すのであれば、GTX 1080 Ti以上と一気にハードルが高くなります。

設定がウルトラということもありますが、余裕を持たせるのであれば、やはり最低でもGTX 1070は欲しいです。今後さらに重いゲームが出てくることを考えると、なおさら。

WQHDになると格段に重くなり、GTX 1080 TiやRTX 2070以上が必要になるレベルです。4Kともなると全滅状態。まさに恐るべし!

ちなみにVRAM(グラフィックメモリ)ですが、4K・約6GB/WQHD・約5GB/フルHD・約4GBというように、2GBや3GBモデルではメモリ不足に陥ります。その証拠に、VRAM3GB版のGTX 1060では6GB版に比べフレームレートがかなり落ち込んでしまいます。

最適なCPU・メモリは?

基本的には第8世代のCore i5-8500など、6コア以上のCPUを搭載しておけばOKです。ただし、GTX 1080 Ti以上のハイエンドグラボの性能をしっかり引き出すのであれば、Ryzenを除く、6コア12スレッド以上のマルチコア・スレッドCPUがおすすめ。

メインメモリの使用量も多め。フルHDでも7GB以上使うので、場面によっては動作が不安定になります。予算は増えてしまいますが、メモリは16GBあると安心です。

推奨スペックまとめ

推奨スペックをまとめると以下のようになります。4Kの場合は設定変更必須です。

フルHD・超高

CPU:第8世代Core i5 メモリ:16GB グラボ:GTX 1070

WQHD・超高

CPU:第8世代Core i7・Core i5 メモリ:16GB グラボ:RTX 2070

4K

CPU:第8世代Core i7 メモリ:16GB グラボ:RTX 2080 Ti

AnthemのおすすめゲーミングPC

icon-info-circle モデルの構成・価格は日々変動するので、参考までにご覧ください。

ガレリア DT(ドスパラ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i5-9400F
■チップセット:H310チップセット
■メモリ:8GB(DDR4-2666)
■グラボ:GTX 1660 Ti
■ストレージ:SSD 240GB+HDD 1TB
■電源:650W(80PLUS BRONZE)
■価格:124,980円109,980円(税別)~

フルHDに最適!Core i5×GTX 1660 Tiの予算重視モデル

第9世代の6コアCPU・Core i5-9400FとGTX 1660 Tiを搭載した、ド安定のフルHD性能が魅力のミニタワーモデル。

8GBメモリにデュアルストレージのポイントをおさえた初期構成で、10万円台を実現しており、コスパが非常に高いのがポイント。少しでも安くということであればおすすめ。

おすすめカスタマイズ

重量級のゲームが増えており、メモリは16GBあると安心。その他は用途・予算次第です。

icon-check-circleドスパラのおすすめカスタマイズを徹底解説

ガレリア ZF(ドスパラ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i7-9700K
■チップセット:Z390チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-2666)
■グラボ:RTX 2070
■ストレージ:SSD 500GB+HDD 2TB
■電源:650W(80PLUS BRONZE)
■大型CPUクーラー搭載
■価格:209,980円189,980円(税別)~

WQHDならコレ!カスタマイズ要らずのRTX 2070搭載モデル

第9世代の8コアCPU・Core i7-9700KとRTX 2070を搭載した、4K入門に最適なミドルタワーモデル。【K】付きのCPUなので、オーバークロック(自己責任)でさらに性能を引き出すこともできます。

熱いCPUなので、冷却能力に優れた大型CPUクーラーが標準搭載されているのが嬉しいですね。

大容量の16GBメモリに大容量のデュアルストレージを搭載した、充実の初期構成が魅力的。ケースも冷却性と拡張性に優れており、トータルでの完成度が高い一台に仕上がっています。

おすすめカスタマイズ

基本的にカスタマイズ不要。電源のアップグレードなどは用途・予算次第です。

icon-check-circleドスパラのおすすめカスタマイズを徹底解説

ガレリア ZZ i9-9900K(ドスパラ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i9-9900K
■チップセット:Z390チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-2666)
■グラボ:RTX 2080 Ti
■ストレージ:SSD 500GB+HDD 3TB
■電源:750W(80PLUS PLATINUM)
■大型CPUクーラー搭載
■価格:339,980円279,980円(税別)~

圧倒的な4K性能を誇る最強モデル

第9世代の8コア16スレッドCPU・Core i9-9900KとRTX 2080 Tiを搭載したミドルタワーモデル。圧倒的な4K性能はもちろん、高リフレッシュレートモニターを生かせる性能も魅力的。

CPUは【K】付きなので、オーバークロック(自己責任)でさらに性能を引き出すこともできます。もちろん冷却能力に優れた大型CPUクーラーを標準搭載しており、熱いCPUではありますが、冷却面は万全!

大容量の16GBメモリに大容量のデュアルストレージを搭載した、充実の初期構成が魅力的。SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを採用し、電源は最大92%の電源変換効率を誇るプラチナクラス電源というこだわりよう。

ケースも冷却性と拡張性に優れており、文句のつけようがないパーフェクトな一台です。

おすすめカスタマイズ

基本的にはカスタマイズ不要。ここまでやるならメモリを増やしたり、グリスを変更するのもあり。

icon-check-circleドスパラのおすすめカスタマイズを徹底解説

もっと詳しく知りたい方はこちら

Anthemのおすすめゲーミングノート

icon-info-circle モデルの構成・価格は日々変動するので、参考までにご覧ください。

New Dell G5 プラチナ[144Hzディスプレイ搭載](デル)

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
15.6インチ フルHD ノングレア IPS 144Hz
■CPU:Core i7-8750H
■メモリ:16GB(DDR4-2666)
■グラボ:RTX 2060
■ストレージ:SSD 256GB+HDD 1TB
【クーポン利用】
207,980円166,384円(税・送料込)~

icon-info-circleホワイトのカラバリは【スペシャルエディション】 icon-external-linkとして販売されています

フルHDに最適!144Hzディスプレイ×RTX 2060搭載モデル

ノート用の第8世代6コア12スレッドCPU・Core i7-8750HとRTX 2060を搭載した、フルHDでのゲーミングに最適なDXR入門モデル。

最大の特長は、高速の144Hzディスプレイを搭載していること。1秒間に描写できる回数は、通常の60Hzモニターの2倍以上!描写回数が多い分、ぬるぬる滑らか。その差は一目瞭然で、FPSゲームでの視点移動がとてもスムーズになり、プレイの精度がグッと上がります。

大容量の16GBメモリにデュアルストレージの充実した初期構成が魅力的です。SSDは通常のSSDよりも4~5倍速いNVMeタイプを搭載するこだわりようです。144Hzでこの価格ならとんでもなくコスパが高いのでおススメ

おすすめカスタマイズ

デルのGシリーズはカスタマイズできません。

LEVEL-17FG102-i7K-VORVI(パソコン工房)

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
17.3インチ フルHD ノングレア 144Hz
■CPU:Core i7-9700K
■メモリ:8GB(DDR4-2400)
■グラボ:RTX 2080
■ストレージ:SSD 250GB+HDD 1TB
■価格:294,980円(税別)~

デスクトップ用CPU搭載!ド安定の17インチモデル

デスクトップ用の第9世代8コアCPU・Core i9-9900KとRTX 2080を搭載した、ド安定のフルHDパフォーマンスが魅力のDXR推奨モデル。【K】付きのCPUなので、オーバークロック(自己責任)でさらに性能を引き出すこともできます。

8GBメモリにデュアルストレージのポイントをおさえた初期構成となっており、SSDは通常のSSDよりも4~5倍速いNVMeタイプを搭載するこだわりようです。

さらに、ハイエンドモデルらしく装備も充実しており、144Hzの高リフレッシュレートディスプレイやフルカラーキーボードを搭載し、まさに至れり尽くせり。17インチの大画面で思う存分ゲームを楽しむことができます。

おすすめカスタマイズ

重量級のゲームが増えており、メモリは16GBあると安心。その他は用途・予算次第です。

icon-check-circleパソコン工房のおすすめカスタマイズを徹底解説

もっと詳しく知りたい方はこちら

あわせてチェック

icon-exclamation-circleおトクなセール情報もチェック!

パソコン工房のゲーミングPCセール情報 格安モデルがさらに安く!
BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘...
ドスパラのゲーミングPCセール情報 無料アップグレードでコスパUP!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感...
G-TuneのゲーミングPCセール情報 おトクな格安モデルをお見逃しなく!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感...
ツクモのゲーミングPCセール情報 自作クオリティのおトクなモデルをご紹介!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお...
Sycom(サイコム)のゲーミングPCセール情報 自作PCクオリティを安く手に入れるチャンス!
現在セールを実施しておりません 公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグ...

シェアする

フォローする