Ryzen 9 3950X搭載おすすめゲーミングPC Ryzen 3000シリーズ最高峰!性能とワットパフォーマンスを極めた16コア32スレッドCPU

  • Ryzen 3000シリーズ最高峰!16コア32スレッドの超高性能CPU
  • インテルのフラグシップCPU・Core i9-10980XEを凌ぐ性能
  • RTX 2080 Ti~RTX 2060 SUPERのラインナップに搭載

Ryzen 3000シリーズ最後のピース、16コア32スレッドのモンスターCPU・Ryzen 9 3950Xもついにお目見え。インテルのフラグシップCPUを凌ぐ驚きの性能と、おすすめBTOパソコンをチェックしてみましょう。

 

Ryzen 9 3950Xのスペックまとめ

 Ryzen Threadripper
3970X
Ryzen Threadripper
3960X
Ryzen 9
3950X
Ryzen 9
3900X
Core i9-10980XE
コードネームCastle PeakCastle PeakMatisseMatisseCascade Lake-X
プロセスルール7nm7nm7nm7nm14nm+++
コア/スレッド32/6424/4816/3212/2418/36
動作クロック3.7GHz3.8GHz3.5GHz3.8GHz3.0GHz 
最大クロック4.5GHz4.5GHz4.7GHz4.6GHz4.6GHz
倍率ロックフリー
L3キャッシュ144MB140MB64MB64MB24.75MB
対応メモリーDDR4-3200
4ch
DDR4-3200
4ch
DDR4-3200
2ch
DDR4-3200
2ch
DDR4-2933
4ch
PCIeレーン総数Gen.4×64Gen.4×64Gen.4×24Gen.4×24Gen.3×48
内蔵GPU
TDP280W280W105W105W165W

Ryzen 9 3950Xは第3世代Ryzenシリーズの最上位モデルとなります。同時期にフラグシップCPU・Ryzen Threadripperシリーズもリリースされたので、あわせて記載しておきます。参考までにどうぞ。

基本的なCPUの仕組みは、Ryzen 9 3900X icon-external-link-square と共通しており、コア数と最大クロックが強化されています。16コア32スレッドながら、TDPは12コア24スレッドのRyzen 9 3900Xと同じで、据え置きとなっているのが興味深いところです。

 

Ryzen 9 3950Xの性能をチェック

ナンバリングからもわかるように、Ryzen 9 3950Xのライバルは、インテル第9世代のCore i9ですが、8コア16スレッドCPU・Core i9-9900Kはもはや眼中になし。しいて言うなら、インテルの最新フラグシップCPU・Core i9-10980XEでしょうか

RTX 2080 Ti・16GBメモリ(DDR4-3200)の組み合わせでベンチマークを測定しました。恐るべきRyzen Threadripperシリーズの性能も参考までにどうぞ。

 

CINEBENCH R20

毎度おなじみ3Dグラフィックのレンダリング性能を測定するソフトです。最新版のR20では、よりマルチコアに最適化された重量級のテストとなります。

 

シングル・マルチ性能ともに、Ryzen 9 3900Xからパワーアップ。特にマルチ性能は約128%の性能と、コアの分だけ着実に性能が向上しています。その実力は、18コア36スレッドのCore i9-10980XEを上回るほど。コアが少ないにもかかわらず逆転してしまうとは、とんだ下克上ですね。

 

Blender Open Data

こちらも同じく、3Dグラフィックのレンダリング性能を測定するソフトです。時間で測定しているため、短いほど優秀ということになります。

 

コアの分だけしっかり時間短縮しており、Ryzen 9 3900の約77%の時間でテストを完了しています。さらに、Core i9-10980XEに対しても約7%の差をつけており、ここでもコアの差を見事にひっくり返しています。

 

7-Zip

マルチスレッドに最適化したファイルの圧縮/展開ツールです。ベンチマーク機能がついており、辞書サイズ・32MBで圧縮・展開スコアを比較しました。

 

圧縮ではRyzen 9 3900Xとほとんど差がありませんが、展開では約133%とやや大きめの差をつけるようになります。一方、Core i9-10980XEは圧縮に強く、Ryzen 9 3950Xに対し約136%と大幅に上回りますが、展開では約85%と逆転されてしまいます。

 

V-Ray Benchmark

こちらはフォトレンダリング処理性能を測定できるベンチマークソフトです。

 

Ryzen 9 3900Xに対し約130%と、やはり約20~30%の範囲内で落ち着いていますね。一方で、Core i9-10980XEに対しては約94%と下回り、ようやくCore i9がその実力を発揮するようになります。

 

Adobe Premiere Pro CC 2019

プロ向けの動画編集ソフトです。CUDAコアのアシスト機能を有効にした上で、4K動画を4KのMP4形式に書き出す(エンコード)時間を比較しました。時間で測定しているため、短ければ短いほど高性能ということになります。

 

Ryzen 9 3900Xの約80%の時間で変換を完了し、こちらも順当な時短効果を発揮しています。Core i9-10980XEも意地を見せて僅差にまで迫っていますが、それでもRyzen 9 3950Xのほうが早い結果となっています。

以上まとめてみると、編集用途ではRyzen 9 3900からおおむね20~30%パフォーマンスが向上し、増えた4コア分に相当するパフォーマンスアップを実現しています。

 

BATTLEFIELD V

今までRyzenはゲームにめっぽう弱いのがネックでしたが、最新の3000シリーズでは見事に克服しており、Core i9-10980XEに匹敵するゲーミング性能を発揮します。Ryzen 9 3900Xとの差は2・3%程度ではありますが、しっかり性能が底上げされているのもいいですね。

編集系のテストでは全く話題に上がりませんでしたが、ゲームではCore i9-9900Kが有利です。平均fps・最低fpsいずれも高く、安定性はバツグン。

 

Borderlands 3

このゲームではCore i9-10980XEに対し、平均fpsは約105%と逆転しています。Ryzen 9 3900Xと全く変わらず、Core i9-9900Kを凌ぐほど。ゲームによってはトップクラスの性能を発揮します

 

Fortnite

こちらもRyzen 9 3900Xと全く変わらない性能で、Core i9-10980XEに対し、平均fpsは約107%とさらにその差を広げます。最低fpsの高さもポイントですね。やはりCore i9-9900Kが頭一つ抜けていますが、ハイエンドCPUでは屈指のゲーミング性能です。

 

Ghost Recon Breakpoint

このゲームは他のゲームとは異なる傾向を見せ、どのCPUでもほとんど差がつきません。ゲームによってまちまちですが、基本的なゲーミング性能はRyzen 9 3900Xとほぼ同等か、若干上というレベル。その実力はCore i9-10980XEを上回るほどで、もはやゲームに弱いAMDの面影はありません。

 

消費電力

先の【Blender Open Data】実行時の消費電力を比較しました。

 

新型Ryzenの省エネ性能には目を見張るものがありますが、Ryzen 9 3950Xではさらに磨きがかかり、なんと12コア24スレッドのRyzen 9 3900Xを下回っています。それどころか、8コア16スレッドのCore i9-9900Kとほぼ同等となっており、極めて高いワットパフォーマンスを発揮します

 

結局Ryzen 9 3950Xはどうなの?

基本的なパフォーマンスはRyzen 9 3900Xから約20~30%向上し、ゲームでもトップクラスの性能を発揮するようになるなど、上位CPUとして順当な進化を遂げています。その実力は、ライバルのCore i9-10980XEをも上回り、ゲームも編集作業もお手の物。ハイエンドCPUならまずおすすめです

ただ、搭載モデルの価格は、Ryzen 9 3900X搭載モデルから一気に跳ね上がるのが悩ましいところ。予算重視ならRyzen 9 3900で手を打ち、性能重視ならRyzen 9 3950Xといったところでしょうか。もちろん、予算度外視でとことん極めるならThreadripperもあり。

なお、ゲームメインということであれば、Core i7やRyzen 7でも十分すぎるのでそちらをどうぞ。

 

Ryzen 9 3950XのおすすめゲーミングPC

 icon-info-circle モデルの構成・価格は日々変動するので、参考までにご覧ください。

RTX 2080 Ti搭載モデル

リアルタイムレイトレーシング対応の4Kド安定モデル

  ガレリア AXZ 3950X搭載(ドスパラ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Ryzen 9 3950X
■チップセット:X570チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-3200)
■グラボ:RTX 2080 Ti
■ストレージ:SSD 1TB(PCIe NVMe)
■電源:750W(80PLUS GOLD)
■大型CPUクーラー搭載
■価格:333,333円(税別)~

高コスパ!Ryzen 9×RTX 2080 Tiのハイエンドモデル

AMDの16コア32スレッドCPU・Ryzen 9 3950XとRTX 2080 Tiを搭載した、ド安定の4K性能が魅力のミドルタワーモデル。

大容量の16GBメモリに大容量SSDの充実した初期構成で、SSDは爆速のPCIe Gen.4タイプを採用。さらに電源は最大90%の電力変換効率を誇る、省エネ・低発熱のゴールドクラス電源を搭載する徹底ぶりです。

ケースも冷却性と拡張性に優れており、トータルでの完成度が高い一台に仕上がっています。

 

おすすめカスタマイズ

基本的にカスタマイズ不要ですが、編集用途でも使うのであれば、HDDを追加するのがおすすめ。

 icon-check-circle ドスパラのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

  LEVEL-FMX5-R93X-XYX(パソコン工房)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Ryzen 9 3950X
■チップセット:X570チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-2666)
■グラボ:RTX 2080 Ti
■ストレージ:SSD 2TB(PCIe NVMe)
■電源:850W(80PLUS GOLD)
■大型CPUクーラー搭載
■価格:374,980円(税別)~

本格派のフルタワーモデル

AMDの16コア32スレッドCPU・Ryzen 9 3950XとRTX 2080 Tiを搭載した、ド安定の4K性能が魅力のフルタワーモデル。

ケースはクーラーマスター製の【MasterCase MC500】を採用。ミドルタワーよりもさらに大きいフルタワーで拡張性&冷却性はバツグン。さらにツールレス構造を採用しており、内部へのアクセスやパーツの交換増設もラクラクできます。サイドは強化ガラスパネルとなっており、内部のドレスアップにも最適。

大容量の16GBメモリに大容量SSDの充実した初期構成で、SSDは爆速のPCIe Gen.4タイプを採用。また、電源は最大90%の電源変換効率を誇る、ゴールドクラス電源を搭載する徹底ぶりです。

 

さらに、このモデルではASUS製のハイグレードマザーボード【PRIME X570-PRO】を搭載しています。

【5X Protection III】とよばれる5つの機能では、過電圧や過電流対策、拡張スロットの強化などが施されており、高い耐久性を実現。

機能面も充実しており、PCIe Gen.4に対応しているのはもちろん、熱くなりがちなM.2 SSDの冷却用ヒートシンクを標準装備。また、安定したネット環境を実現するインテル製LANチップをはじめ、高音質のオーディオ機能を搭載するなど、至れり尽くせり。

そのほか、AMDのマルチGPU【CROSSFIRE】だけでなく、NVIDIAのマルチGPU【SLI】にも対応しています。Ryzen 9搭載モデルで27万円台はかなりお値打ちなので、本格的な一台が欲しい方には特にイチオシのモデルです。

 

おすすめカスタマイズ

重量級のゲームが増えており、メモリは16GBあると安心。

 icon-check-circle パソコン工房のおすすめカスタマイズを徹底解説

 

RTX 2080 SUPER搭載モデル

RTX 2080の上位モデルで、ワンランク上の4K性能を求める方におすすめ。

  LEVEL-FMX5-R93X-VWVI(パソコン工房)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Ryzen 9 3950X
■チップセット:X570チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-2666)
■グラボ:RTX 2080 SUPER
■ストレージ:SSD 1TB+HDD 2TB
■電源:850W(80PLUS GOLD)
■大型CPUクーラー搭載
■価格:297,980円(税別)~

本格派のフルタワーモデル

AMDの16コア32スレッドCPU・Ryzen 9 3950XとRTX 2080 SUPERを搭載した、ワンランク上の4K性能が魅力のフルタワーモデル。大容量の16GBメモリに大容量デュアルストレージの充実した初期構成で、SSDは爆速のPCIe Gen.4タイプを採用しています。

ケースや電源、マザーボードは先に紹介したモデルと共通しており、クオリティ重視の本格派モデルとしておすすめ。

 

おすすめカスタマイズ

申し分のない初期構成のため、カスタマイズ不要です。

 icon-check-circle パソコン工房のおすすめカスタマイズを徹底解説

 

  G-GEAR neo GX9A-D194/XT(ツクモ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Ryzen 9 3950X
■チップセット:X570チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-2666)
■グラボ:RTX 2080 SUPER
■ストレージ:SSD 500GB+HDD 2TB
■電源:750W(80PLUS GOLD)
■水冷式CPUクーラー搭載
■価格:299,800円(税別)~

こだわりのハイエンドモデル

AMDの12コア24スレッドCPU・Ryzen 9 3900XとRTX 2080 SUPERを搭載した、ワンランク上の4K性能が魅力のフルタワーモデル。このモデルもパソコン工房と同じく、クーラーマスター製のケース【MasterCase MC500】を採用していますが、サイドパネルは通常のスチールタイプとなっています。

大容量の16GBメモリに大容量デュアルストレージの充実した初期構成で、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプのほか、高品質のゴールドクラス電源を搭載する徹底ぶり。ただし、SSDは現行のPCIe Gen.3タイプなので注意。

 

このモデルでは、Asrock製の高品質マザーボード【X570 Steel Legend】を搭載しているのもポイント。

チョークコイルやコンデンサなど重要部品はサーバーグレードとなっており、さらに拡張スロットは金属プレートで補強する徹底ぶり。とにかくタフで、長時間・長期間の使用でも安定したパフォーマンスを発揮します。

機能面も充実しており、PCIe Gen.4に対応しているのはもちろん、熱くなりがちなM.2 SSDの冷却用ヒートシンクを標準装備。また、安定したネット環境を実現するインテル製LANチップをはじめ、高音質のオーディオ機能を搭載するなど、至れり尽くせり。

なお、NVIDIAのマルチGPU【SLI】には対応しておらず、どちらかというとパソコン工房のモデルがおすすめです。

 

おすすめカスタマイズ

文句なしの初期構成で、基本的にカスタマイズ不要。

 icon-check-circle ツクモのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

RTX 2070 SUPER搭載モデル

RTX 2070の上位モデルで、RTX 2080に近いパフォーマンスを発揮。4Kでのゲーミングにおすすめ。

LEVEL-FMX5-R93X-TWVI(パソコン工房)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Ryzen 9 3950X
■チップセット:X570チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-2666)
■グラボ:RTX 2070 SUPER
■ストレージ:SSD 1TB+HDD 2TB
■電源:850W(80PLUS GOLD)
■大型CPUクーラー搭載
■価格:274,980円(税別)~

RTX 2080 SUPERにて紹介したモデルと基本的な仕様は同じです。4KでのゲーミングならまずRTX 2070 SUPERを選びたいところ。

 

おすすめカスタマイズ

申し分のない初期構成のため、カスタマイズ不要です。

 icon-check-circle パソコン工房のおすすめカスタマイズを徹底解説

 

RTX 2060 SUPER搭載モデル

RTX 2060の上位モデルで、RTX 2070と同等の性能をもつ4K入門モデル

LEVEL-FMX5-R93X-RWX(パソコン工房)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Ryzen 9 3950X
■チップセット:X570チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-2666)
■グラボ:RTX 2060 SUPER
■ストレージ:SSD 500GB(PCIe NVMe)
■電源:850W(80PLUS GOLD)
■大型CPUクーラー搭載
■価格:236,980円(税別)~

先に紹介したフルタワーモデルと基本的な仕様は同じですが、SSDの容量が500GBと少なくなっており、現行のPCIe Gen.3タイプなので注意。4K入門レベル性能で、最新のゲームを4Kで動かすにはちょっときつい感じです。

 

おすすめカスタマイズ

編集用であればHDDを追加してデュアルストレージにするのがおすすめ。

 icon-check-circle パソコン工房のおすすめカスタマイズを徹底解説

 

【番外編】G-Master Spear X570AⅡ(サイコム)

サイコムは、他社を圧倒するレベルの豊富なカスタマイズメニューが特徴のメーカーです。価格は割高ですが、自分好みの一台が欲しい方におすすめ。

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Ryzen 7 3700X(要カスタマイズ)
■チップセット:X570チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-3200)
■グラボ:RTX 2060
■ストレージ:SSD 512GB(PCIe NVMe)
■電源:750W(80PLUS GOLD)
■大型CPUクーラー搭載
■価格:219,400円(税込)~

【上級者向け】自由自在にカスタマイズできる本格派モデル

ベースとなるモデルでは、8コア16スレッドのRyzen 7 3700XとRTX 2060を搭載し、WQHDでのゲーミングに最適な性能となっています。より高い性能を求めるなら、CPU・グラボのカスタマイズがまず必要です。

本格派のメーカーということで、初期構成もなかなかの充実ぶり。

まず、ケースはおなじみクーラーマスター製のミドルタワー【MasterBox CM694】を採用。フロントパネル全面はメッシュ加工がされ、通気性は抜群です。拡張性も高く、ツールレスなのでパーツの交換や増設もラクラク。さらに、グラボの固定ツールも装備しているので、マザーボードのスロットに負荷がかかりにくくなっています。

 

マザーボードは【Asrock Z390 Extreme4】を搭載。ATXサイズの大型のマザーボードで、拡張性に優れています。

機能面は最新のトレンドをしっかり取り入れ、M.2スロットはGen.4に対応し、冷却用のヒートシンクを装備。また、グラボのスロットがスチール素材で補強され、グラボの自重でスロットが破損しにくくなっています。

さらに、安定性に優れたインテル製LANチップや独自のサウンドエンジン「Purity Sound 4」も完備しています。ただし、なお、NVIDIAのマルチGPU【SLI】には非対応なので、SLI構成にしたい場合にはカスタマイズが必須となります。

 

また、電源も高品質のSilver Stone製750Wゴールドクラス電源を搭載。最大90%の電力変換効率を誇り、省エネ・低発熱の優れもの。全ケーブルが脱着可能なフルモジュラー式なので、使わないケーブルは取り外すことでケース内はスッキリ。エアフローもスムーズです。

 

 icon-exclamation-circle ゲーミングPCは高い…とお悩みの方必見!

グラボ別激安ゲーミングPCまとめ 予算重視の方は必見!
各グラフィックボード別の激安モデルをピックアップしました。安さでいうならドスパラorパソコン工房の二択です。 グラフィックボード別激安ゲーミングPC icon-info-circleモデルの価格や構成は日々変動するので、参考まで...

 

関連リンク

ほかのCPUもチェック

インテル製CPU

 

AMD製CPU

 

あわせて知りたい

 icon-exclamation-circle おトクなセール情報もチェック!

パソコン工房のゲーミングPCセール情報 格安モデルがさらに安く!
BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。 パソコン工房では現在次のセールやキャンペーンを実施中! ico...
ドスパラのゲーミングPCセール情報 無料アップグレードでコスパUP!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。 ドスパラでは、2月6日10時まで【半期決算売尽しセール...
G-TuneのゲーミングPCセール情報 おトクな格安モデルをお見逃しなく!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。期間限定【年末年始セール】をチェックしてみましょう。 期...
ツクモのゲーミングPCセール情報 自作クオリティのおトクなモデルをご紹介!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。 ツクモでは、1月30日16時まで【子年SALE】を開催...
タイトルとURLをコピーしました