Ryzen 5 5600X搭載おすすめゲーミングPC インテルCore i5を圧倒!ワットパフォーマンスに優れた6コア12スレッドCPU

  • 前世代から約20~30%性能が向上した、6コア12スレッドのミドルクラスCPU
  • 8コア16スレッドのRyzen 7 3700XやCore i7-10700Kに迫る場面も
  • RTX 3080~GTX 1660 SUPERのラインナップに搭載

待望の”ZEN 3”がついに登場!ワンランク上の性能へ進化した、6コア12スレッドCPU・Ryzen 5 5600Xのスペックと、おすすめBTOパソコンをチェックしてみましょう。

 

Ryzen 5 5600Xのスペックまとめ

 Ryzen 7
5800X
Ryzen 5
5600X
Ryzen 7
3700X
Ryzen 5
3600
Core i5-
10600K
コードネームVermeerVermeerMatisseMatisseComet Lake-S
プロセスルール7nm7nm7nm7nm14nm++
コア/スレッド8/166/128/166/126/12
動作クロック3.8GHz3.7GHz3.6GHz3.6GHz4.1GHz
最大クロック4.7GHz4.6GHz4.4GHz4.2GHz4.8GHz
倍率ロックフリー
L3キャッシュ32MB32MB32MB32MB12MB
対応メモリーDDR4-3200
2ch
DDR4-3200
2ch
DDR4-3200
2ch
DDR4-3200
2ch
DDR4-2933
2ch
PCIeレーン総数Gen.4×20Gen.4×20Gen.4×20Gen.4×20Gen.3×16
内蔵GPUUHD 630
TDP105W65W65W65W125W

大幅にパフォーマンスが向上した第3世代の”ZEN 2アーキテクチャ”を改良し、第4世代では”ZEN 3アーキテクチャ”にアップグレードされています。

 

まず、CPUのユニット”CCX(CPU Complex)”と、それをまとめるシリコンダイ”CCD(CPU Complex Die)”の構成が変更となっています。

従来では、4基のCPUと16MBキャッシュを一つにまとめてCCXを構成し、2基のCCXをCCDにパッケージングしていましたが、最新のRyzenではその枠組みを撤廃。8基のCPUと32MBキャッシュをひとまとめにし、1基のCCXでCCDを構成しています。

2基のCCXを一つにまとめることで、遅延がより少なくなり、性能の底上げにつながるというわけですね。

 

また、CPUコアそのものにもテコ入れがされ、命令実行ユニットや予測分岐、浮動小数点演算ユニットの拡張などが盛り込まれています。

そのため、IPC(クロックあたりの命令実行数)は約19%も向上し、基本性能はもちろん、ゲーミング性能もいっそう磨きがかかりました。

 

Ryzen 5 5600Xの性能をチェック

Ryzen 5 5600XはRyzen 5 3600と同じ6コア12スレッド構成で、動作クロック&ブーストクロックが引き上げられています。高クロックCPUなのですが、驚くべきことに、TDPはRyzen 5 3600と同じ65Wに据え置きです。なお、ライバルはインテル第10世代6コア12スレッドCPU・Core i5-10600Kとなります。

以下RTX 3090・16GBメモリ(DDR4-3200)の組み合わせでベンチマークをチェックしてみましょう。

 

CINEBENCH R20

毎度おなじみ3Dグラフィックのレンダリング性能を測定するソフトです。最新となるR20ではよりマルチコアに最適化された、重量級のテストとなっています。

 

シングル性能はRyzen 5 3600よりも約23%向上し、ほぼ公称値通りのパフォーマンスアップを実現しています。インテルCPUよりも性能の高さが際立ち、Core i5-10600Kよりも約24%、Core i9-10900Kよりも約9%高くなっています。

マルチ性能もしっかり底上げされ、Ryzen 5 3600よりも約19%高くなり、Core i5-10600Kに約24%差をつけています。なんと、8コア16スレッドのRyzen 7 3700Xに約9%差まで迫るほどで、なかなかインパクトがありますね。

 

Blender Open Data

こちらも同じく、3Dグラフィックのレンダリング性能を測定するソフトです。時間(秒)で測定しているため、短いほど優秀ということになります。

 

Ryzen 5 5600XはRyzen 5 3600より約14%、Core i5-10600Kよりも約12%早くテストを終え、順当に時間を短縮。
なお、Ryzen 7 3700XやCore i7-10700Kとの差は約14~17%と大きめです。

 

7-Zip

マルチスレッドに最適化したファイルの圧縮/展開ツールです。ベンチマーク機能がついており、辞書サイズ・32MBで圧縮・展開スコアを比較しました。

 

圧縮では、Ryzen 5 5600XはRyzen 5 3600&Core i5-10600Kよりも約30%高いスコアをマークし、Ryzen 7 3700Xを逆転。Core i7-10700Kとほぼ互角のパフォーマンスを発揮します。

一方、展開ではインテルに対して有利で、Ryzen 5 5600XはRyzen 5 3600よりも約22%、Core i5-10600Kよりも約41%高いスコアをマークし、Core i7-10700Kを逆転。ただし、Ryzen 7 3700Xよりもスコアは低く、約7%差をつけられています。

 

V-Ray Benchmark

こちらはフォトレンダリング処理性能を測定できるベンチマークソフトです。

 

Ryzen 5 5600XはRyzen 5 3600よりも約30%、Core i5-10600Kよりも約25%高いスコアをマークし、Ryzen 7 3700Xに約4%差まで迫ります。ただ、Core i7-10700Kには約11%とやや大きめの差をつけられています。

 

x265 HEVC Encoder

動画エンコードのベンチマークソフトです。フルHDのテスト動画をx265形式でエンコードした時間(秒)を測定しており、短いほど高速ということになります。

 

Ryzen 5 5600XはRyzen 5 3600よりも約12%、Core i5-10600Kよりも約14%早く変換を完了。なお、Ryzen 7 3700X&Core i7-10700Kには約8~9%の差がつき、やはり基本的にはコア・スレッド数が多いほうが有利ですね

 

Far Cry New Dawn

シングル性能が上がり、ゲーミング性能もしっかり向上。インテルとそん色ないレベルになっています。

Ryzen 5 5600XはRyzen 5 3600に比べ、平均fpsは約20%、最低fpsは約22%向上し、上位のRyzen 7 5800Xなどに引けを取りません。インテルと比べてみても、Core i5-10600KどころかCore i7-10700Kとほぼ互角となっており、ゲーミングでも実用的なレベルに進化しています。

 

Rainbow Six Siege

かなり軽いため、レンダリング解像度を”100”にし、負荷を上げて測定しています。

Ryzen 5 5600XはRyzen 5 3600に比べ、平均fpsは約22%、最低fpsは約20%向上し、上位のCPUとほぼ同等レベルのfpsをマークしています。その実力はCore i5-10600Kよりも約12~16%高く、Core i7-10700Kを追い抜くほど。

 

Borderlands 3

このゲームではfpsの向上が控えめで、Ryzen 5 5600XはRyzen 5 3600に対し、平均fpsは約7%、最低fpsは約9%の向上にとどまっています。Core i5-10600KやCore i7-10700Kよりも下回っているものの、せいぜい5%内と小さく、差はあってないようなものですね。

 

Watch Dogs Legion

Ryzen 5 5600XはRyzen 5 3600に比べ、平均fpsは約24%、最低fpsは約29%と大きく向上し、上位陣に全く引けを取りません。Core i5-10600Kよりも約5~6%高く、Core i7-10700Kとほぼ同等のパフォーマンスを発揮します。

ゲームに関しては、Ryzen 9やRyzen 7にする必要はなく、Ryzen 5でも十分ですね。

 

消費電力

先の【Blender Open Data】実行時の消費電力を比較しました。

 

クロックアップしているにもかかわらず、TDPはRyzen 5 3600と同じく65Wで据え置き。実際の消費電力も8W、割合にしてわずが5%と小さく、ワットパフォーマンスはすこぶる良好。Core i5-10600Kと比べても、約20%ほど消費電力が低くなっています。

 

結局Ryzen 5 5600Xはどうなの?

シングル性能が強化され、総合力もしっかり向上。Ryzen 5 3600よりも約20~30%性能が高くなり、Core i5-10600Kももはや眼中になく、Ryzen 7 3700XやCore i7-10700Kを超える場面もあります。さらに、ゲーミング性能も強化され、Core i7-10700Kと同等のパフォーマンスを発揮し、ミドルクラスCPUにしては破格の性能です

ただし、搭載モデルの価格は、インテル第11世代の8コア16スレッドCPU・Core i7-11700搭載モデルと同等か、やや高くなっており、コスパはいまいち。現状ではRyzen 5 5600Xを選ぶ必要はあまりありません

 

 

Ryzen 5 5600XのおすすめゲーミングPC

 icon-info-circle モデルの構成・価格は日々変動するので、参考までにご覧ください。

RTX 3080搭載モデル

ド安定の4K性能が魅力のモデル

LEVEL-R0X6-R56X-VAX(パソコン工房)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Ryzen 5 5600X
■チップセット:X570チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-2666)
■グラボ:RTX 3080
■ストレージ:SSD 500GB(PCIe NVMe)
■電源:800W(80PLUS TITANIUM)
■価格:255,880円(税込)~

低価格&コスパモデル

AMDの第4世代6コア12スレッドCPU・Ryzen 5 5600XTとRTX 3080を搭載した、ド安定の4K性能が魅力のミドルタワーモデル。

16GBメモリに500GB SSDの充実した初期構成で、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを採用。さらに、最大94%の電力変換効率を誇るチタンクラス電源を搭載する徹底ぶりです。

拡張性に優れたケースは、裏配線を採用しており、高いエアフローで冷却性はバツグン。コスパに優れたモデルに仕上がっています。

 

おすすめカスタマイズ

基本的にカスタマイズ不要ですが、HDDを追加してデュアルストレージ構成にすると、ゲームとデータを別々に保存でき、より便利になります。

 icon-check-circle パソコン工房のおすすめカスタマイズを徹底解説

 

RTX 3070搭載モデル

4Kでのゲーミングに最適なモデル

LEVEL-R0X6-R56X-TAXH(パソコン工房)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Ryzen 5 5600X
■チップセット:X570チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-2666)
■グラボ:RTX 3070
■ストレージ:SSD 500GB+2TB HDD
■電源:700W(80PLUS BRONZE)
■価格:218,880円(税込)~

低価格&コスパモデル

AMDの第4世代6コア12スレッドCPU・Ryzen 5 5600XTとRTX 3070を搭載した、4Kでのゲーミングに最適なミドルタワーモデル。

16GBメモリに500GB SSD+2TB HDDの充実した初期構成で、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを採用しています。拡張性に優れたケースは、裏配線を採用しており、高いエアフローで冷却性はバツグン。コスパに優れたモデルに仕上がっています。

 

おすすめカスタマイズ

基本的にカスタマイズ不要ですが、ゲームそのものの容量も増えており、SSDは1TBあるとより安心です。

 icon-check-circle パソコン工房のおすすめカスタマイズを徹底解説

 

RTX 3060 Ti搭載モデル

4K入門に最適なモデル

 LEVEL-R9X6-LCR56X-SAX(パソコン工房)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Ryzen 5 5600X
■チップセット:X570チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-3200)
■グラボ:RTX 3060 Ti
■ストレージ:SSD 1TB(PCIe NVMe)
■電源:800W(80PLUS BRONZE)
■水冷式CPUクーラー搭載
■価格:203,980円(税込)~

低価格&コスパモデル

AMDの第4世代6コア12スレッドCPU・Ryzen 5 5600XとRTX 3060 Tiを搭載した、4K入門に最適ミドルタワーモデル。

16GBメモリに1TB SSDの非常に充実した初期構成で、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを採用。さらに、水冷式CPUクーラーを搭載する徹底ぶりで、冷却面も万全です。

ケースの完成度も高く、シースルーのガラス製サイドパネルを装備するほか、ケース内部は裏配線構造を採用しており、エアフローはとてもスムーズ。拡張性もしっかり確保され、本格的なモデルに仕上がっています。

 

おすすめカスタマイズ

基本的にはカスタマイズ不要ですが、HDDを追加してデュアルストレージにすると、ゲームとデータ類の保存先を分けることができ、さらに便利になります。

 icon-check-circle パソコン工房のおすすめカスタマイズを徹底解説

 

 G-Tune HM-A-3060Ti-L(G-Tune)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Ryzen 5 5600X
■チップセット:B550チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-3200)
■グラボ:RTX 3060 Ti
■ストレージ:SSD 512GB(PCIe NVMe)
■電源:700W(80PLUS BRONZE)
■価格:192,280円(税込)~

保証&サポート重視ならG-Tuneがおすすめ

AMDの第4世代6コア12スレッドCPU・Ryzen 5 5600XとRTX 3060 Tiを搭載した、4K入門に最適ミニタワーモデル。16GBメモリに512GB SSDの充実した初期構成で、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを採用しています。

また、ケースの完成度が高いのもポイント。ケース内部は電源とストレージを上部に集約した、”チャンバー構造”になっており、エアフローがとてもスムーズ。さらに、フロント部分にHDMI端子がついているので、VR機器の取り回しもかんたん。

ちなみに、G-Tuneは保証が充実しているのもポイント。G-Tuneでは延長保証が定額制で安く、例えば3年延長保証+センドバック修理保証に7,700円(税込)で加入することができます。また、24時間365日の電話サポート&96時間以内で修理完了が標準メニューとして用意されており、万が一でも安心。

 

おすすめカスタマイズ

基本的にカスタマイズ不要ですが、HDDを追加してデュアルストレージにすると、ゲームとデータを別々に保存でき、より便利になります。

 icon-check-circle G-Tuneのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

RTX 3060搭載モデル

WQHDでのゲーミングに最適なモデル

G-GEAR GA5A-F210/T(ツクモ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Ryzen 5 5600X
■チップセット:B550チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-3200)
■グラボ:RTX 3060
■ストレージ:SSD 500GB(PCIe NVMe)
■電源:750W(80PLUS GOLD)
■価格:179,800円(税込)~

充実した装備が魅力のコスパモデル

AMDの第4世代6コア12スレッドCPU・Ryzen 5 5600XとRTX 3060を搭載した、WQHDでのゲーミングに最適なミドルタワーモデル。

16GBメモリに500GB SSDの充実した初期構成で、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを採用。さらに、電源は最大90%の電力変換効率を誇るゴールドクラス電源を搭載する徹底ぶりです。

前面がメッシュ加工されたケースは、通気性と冷却能力に優れ、拡張性もバツグン。トータルで高い完成度を実現しています。

 

おすすめカスタマイズ

基本的にカスタマイズ不要ですが、HDDを追加してデュアルストレージにすると、ゲームは高速のSSDに、データ類はHDDに保存する使い分けができ、より便利になります。

 icon-check-circle ツクモのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

GTX 1660 SUPER搭載モデル

フルHDでのゲーミングに最適なモデル

G-GEAR GA5A-F210/T[GTX 1660 SUPER搭載](ツクモ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Ryzen 5 5600X
■チップセット:B550チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-3200)
■グラボ:GTX 1660 SUPER
■ストレージ:SSD 500GB(PCIe NVMe)
■電源:750W(80PLUS GOLD)
■価格:168,800円(税込)~

上のモデルのGTX 1660 SUPER搭載バージョンです。

 

【番外編】G-Master Spear X570AⅡ(サイコム)

サイコムは、他社を圧倒するレベルの豊富なカスタマイズメニューが特徴のメーカーです。価格は割高ですが、自分好みの一台が欲しい方におすすめ。

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Ryzen 7 5800X(要カスタマイズ)
■チップセット:X570チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-3200)
■グラボ:RTX 3060
■ストレージ:SSD 512GB(PCIe NVMe)
■電源:750W(80PLUS GOLD)
■大型CPUクーラー搭載
■価格:192,620円(税・送料込)~

【上級者向け】自由自在にカスタマイズできる本格派モデル

ベースとなるモデルでは、8コア16スレッドのRyzen 7 3700XとRTX 2060を搭載し、WQHDでのゲーミングに最適な性能となっています。より高い性能を求めるなら、CPU・グラボのカスタマイズがまず必要です。

本格派のメーカーということで、初期構成もなかなかの充実ぶり。

まず、ケースはおなじみクーラーマスター製のミドルタワー【MasterBox CM694】を採用。フロントパネル全面はメッシュ加工がされ、通気性は抜群です。拡張性も高く、ツールレスなのでパーツの交換や増設もラクラク。さらに、グラボの固定ツールも装備しているので、マザーボードのスロットに負荷がかかりにくくなっています。

 

 

マザーボードは【ASUS X570 PRO】を搭載。ATXサイズの大型のマザーボードで、拡張性に優れています。

機能面は最新のトレンドをしっかり取り入れ、PCIe Gen.4規格に対応したM.2スロット&電源周りには、大型のヒートシンク装備しており、冷却面は万全。をまた、グラボのスロットがスチール素材で補強され、グラボの自重でスロットが破損しにくくなっています。

さらに、安定性に優れたインテル製LANチップや、華やかなLEDイルミネーションを装備する充実ぶりで、必要なものは一通りそろっています。

 

また、電源も品質の高い、Silver Stone製の750Wゴールドクラス電源を搭載。最大90%の電力変換効率を誇り、省エネ・低発熱の優れもの。全ケーブルが脱着可能なフルモジュラー式なので、使わないケーブルは取り外すことでケース内はスッキリ。エアフローもスムーズです。

 

 icon-exclamation-circle ゲーミングPCは高い…とお悩みの方必見!

グラボ別激安ゲーミングPCまとめ 予算重視の方は必見!
各グラフィックボード別の激安モデルをピックアップしました。安さを求めるなら、フロンティア・ドスパラ・パソコン工房がおすすめ。 グラフィックボード別激安ゲーミングPC icon-info-circleモデルの価格や構成は日々変動す...

 

関連リンク

ほかのCPUもチェック

インテル製CPU

 

AMD製CPU

 

あわせて知りたい

 icon-exclamation-circle おトクなセール情報もチェック!

パソコン工房のゲーミングPCセール情報
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! パソコン工房では、7月12日午後1時59分まで''夏のボーナスセール''を開催中!高品質でダントツの安さを誇る、パソコン工房のセールモデルをチェックしてみましょう。 おトク...
ドスパラのゲーミングPCセール情報
公式サイト ゲーミングPCならドスパラがまずおすすめ!短納期で高いコスパを誇る、ドスパラのお得なキャンペーンと、おすすめモデルをチェックしていきましょう。 おトクなキャンペーン ポイントキャンペーン キャンペーンサイト ...
G-TuneのゲーミングPCセール情報
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。期間限定セールをチェックしてみましょう。 夏のボーナスセ...
FRONTIER(フロンティア)のゲーミングPCセール情報
直販セールサイト BTOパソコンの真価はセールにあり!圧倒的な低価格&コスパの高さを誇る、FRONTIERのセール情報をチェックしてみましょう。 ペイペイジャンボ1等最大全額分戻ってくるキャンペーン キャンペーンサイト ...
タイトルとURLをコピーしました