Ryzen 5 3500搭載おすすめゲーミングPC 予算重視ならまずコレ!低価格で実用的な6コアのミドルクラスモデル

  • Core i5-9400Fと同等かやや上の性能を持つミドルクラスCPU
  • 搭載モデルの価格はCore i5-9400Fよりも安く、予算重視ならまずおすすめ
  • RTX 2060 SUPER~GTX 1650までのラインナップに搭載

大幅な進化を遂げた第3世代Ryzenシリーズに、新たなミドルクラスCPUが登場。安くて実用的な6コアCPUの実力と、おすすめBTOパソコンをチェックしてみましょう。

 

第3世代Ryzen 5のスペックまとめ

 Ryzen 5
3600
Ryzen 5
3500
Ryzen 5
2600X
Ryzen 5
2600
Core i5-
9400F
コードネームMatisseMatissePinnacle RidgePinnacle RidgeCofee Lake-S
Refresh
プロセスルール7nm7nm12nm12nm14nm++
コア/スレッド6/126/66/126/126/6
動作クロック3.6GHz3.6GHz3.6GHz3.4GHz2.9GHz 
最大クロック4.2GHz4.1GHz4.2GHz3.9GHz4.1GHz
L3キャッシュ32MB16MB16MB16MB9MB
対応メモリーDDR4-3200
2ch
DDR4-3200
2ch
DDR4-2933
2ch
DDR4-2933
2ch
DDR4-2666
2ch
PCIeレーン総数Gen.4×24Gen.4×24Gen.3×24Gen.3×24Gen.3×20
PCIeレーン利用可能数Gen.4×20Gen.4×20Gen.3×20Gen.3×20Gen.3×16
内蔵GPU
TDP65W65W95W65W65W

大幅にパフォーマンスが向上した第3世代Ryzen 5ですが、前世代との大まかな違いは次の2点です。

 

 icon-check-circle-o アーキテクチャの増強

製造プロセスが微細化し、シリコンダイのパッケージングに変更があったほか、CPUコアそのものに大幅な改良が加えられています。これがまさにキモです。

前世代の【Zen+】マイクロアーキテクチャをベースにし、整数演算ユニットを2基から3基に増強。そのほか、命令デコーダやスケジューラ、分岐予測ユニットにも改良が加えられています。

また、浮動小数点演算についても、従来のユニット2基というのは変わりませんが、帯域幅が128bitから256bitに強化され、スループットは最大2倍になっています。

さらにキャッシュも改良され、L1データキャッシュの帯域幅は、Zen+アーキテクチャ比で2倍になっているほか、L3キャッシュ容量は16MBから32MBに増えています。

この3つの改良によって、IPC(クロックあたりの命令実行数)は約15%も向上し、総合的なパフォーマンスアップを実現しています。

 

 icon-check-circle-oPCIe Gen.4対応

I/O周りではインテルに先駆け、PCIe Gen.4に対応しています。PCIe Gen.4は従来のGen.3に比べ2倍の帯域幅を持ち、グラフィクスやSSDの性能をさらに引き上げることが期待されます。

ただしPCIe Gen.4をフル活用するには、【AMD X570チップセット】が必要になり、さらに対応製品(グラフィクスやSSD)がPCIe Gen.4をサポートしている必要があります。

ポテンシャルは非常に高いですが、対応製品がまだまだ少なく、その真価を発揮するのはしばらく後になりそうです。

 

Ryzen 5 3500の性能をチェック

Ryzen 5 3600の下位グレードとなるRyzen 5 3500では、SMT(マルチスレッド機能)が無効化され、6コア6スレッド構成となり、キャッシュ容量が16MBに減らされています。ポジションとしては、低価格のミドルクラスCPUといったところです。

従来このポジションはRyzen 5 2600(2600X)がカバーしていましたが、ほぼ終息しているので、登場と相成ったわけですね。なお、ライバルはインテルの6コアCPU・Core i5-9400Fとなります。

RTX 2080 Ti・16GBメモリ(DDR4-3200)の組み合わせでベンチマークを測定したので、比較しつつその性能をチェックしていきましょう。

 

CINEBENCH R15

毎度おなじみ3Dグラフィックのレンダリング性能を測定するソフトです。

 

最新世代はやはりシングル性能が高い!Ryzen 5 2600に対し、約125%のスコアと大幅に性能が向上。その分マルチ性能も押し上げており、約5%差まで迫っています。6コアCPUでこのスコアはインパクトばつぐんですね。

上位のRyzen 5 3600に対してはマルチで約73%のスコアと、スレッド分だけきっちり差が出ている感じ。Core i7に匹敵する性能をたたき出すRyzen 5 3600のパフォーマンスもなかなかに強烈です。

なお、Core i5-9400Fに対してはシングル・マルチともに約10%ほどスコアが高くなっています。

 

Blender Open Data

こちらも同じく、3Dグラフィックのレンダリング性能を測定するソフトです。時間で測定しているため、短いほど優秀ということになります。

 

マルチコア・スレッド構成か否かで結果が変わり、テストを完了する時間はRyzen 5 2600に対し約128%、Ryzen 5 3600ともなると約153%と大きく差を開けられます。Core i5-9400Fとは6コアCPU同士でほぼ同じ結果ですね。

 

7-Zip

マルチスレッドに最適化したファイルの圧縮/展開ツールです。ベンチマーク機能がついており、辞書サイズ・32MBで圧縮・展開スコアを比較しました。

 

このテストでもやはりマルチコア・スレッドCPUが有利となります。

Ryzen 5 2600と比較すると、展開こそほぼ同じですが、圧縮では約75%のスコアとしっかり差をつけられます。また、Ryzen 5 3600に対しては展開で約78%、圧縮で約64%のスコアとさらに差がつきます。それにしてもRyzen 5 3600の性能はけっこうえぐいですね。。

なお、Core i5-9400Fに対しては展開で約122%、圧縮で約108%といずれも上回っています

 

V-Ray Benchmark

こちらはフォトレンダリング処理性能を測定できるベンチマークソフトです。

 

マルチコア・スレッドCPU有利なのは変わらず、Ryzen 5 2600に対し約82%、Ryzen 5 3600ともなると約70%のスコアと大きく差を開けられます。Core i5-9400Fに対しては約105%と上回り、CPUの基本性能はRyzen 5 3500の方が高めとなっています。

以下ゲームのベンチマークでその性能をチェックしてみましょう。

 

Far Cry New Dawn

前世代のRyzenはシングル性能が弱く、ゲーミング性能がイマイチでしたが、最新世代ではしっかり克服しています。

平均・最低fpsはいずれもRyzen 5 2600より高く、平均fpsは最大111%と安定感がアップ。Ryzen 5 3600に近いパフォーマンスを発揮します。

ただ、ゲームではCore i5-9400Fのほうが一枚上手で、Ryzen 5 3500に対し平均・最低fpsともに約111~115%とさらに安定感が増します。

 

BATTLEFIELD V

このゲームではまた違った傾向となり、マルチコア・スレッドCPU以外では最低fpsの落ち込みが目立ちます。Ryzen 5 2600と比較すると、フルHDでは平均fpsこそ約111%と上回るものの、最低fpsは約93%と逆転されてしまいます。

同じく6コアCPUのCore i5-9400Fとはほぼ互角といったところですね。ここでもRyzen 5 3600の安定ぶりが際立ちます。

 

The Division 2

上のゲームと似たような傾向ですが、とりわけRyzen 5 3500の最低fpsがいまいち伸びないといった感じですね。同じ6コアCPUのCore i5-9400Fと比較すると、平均fpsはあまり変わりませんが、最低fpsは約10%ほど低くなっています。

 

Shadow of the Tomb Raider

このゲームだとRyzen 5 3500のパフォーマンスが安定しており、Ryzen 5 2600に対し平均fpsは最大約106%、最低fpsも最大約118%となっています。Core i5-9400Fともそん色ないレベルですが、ゲームではややムラッ気があるといった印象ですね。

 

消費電力

先の【Blender Open Data】実行時の消費電力を比較しました。

 

省エネ性能で定評のある第3世代Ryzenで、さらにマルチスレッドを無効にしているため、Ryzen 5 2600から約11%の省エネを実現。

Core i5-9600Kと同じレベルとなっていますが、その性能はCore i5-9600Kよりも低めなので、ワットパフォーマンスはそこまで高くない感じです。一方、Core i5-9400F消費電力はRyzen 5 3500の約81%と少なく、性能差はせいぜい10%程度なので、ワットパフォーマンスはかなり高いですね。

 

結局Ryzen 5 3500はどうなの?

ゲームではややクセがあるものの、基本的にはCore i5-9400Fと同等かやや上の性能となっており、価格もCore i5に比べ安いため、予算重視ならまずこのCPUを選べばOK

さすがにRyzen 5 2600の完全互換とはいかず、録画配信や動画・画像編集などのクリエイティブ性能を重視するなら、素直にRyzen 5 3600搭載モデルを選びましょう。予算を数千円プラスするだけで、ゲーミング性能が大きく強化されるので、個人的にはRyzen 5 3600がイチオシです!

 

 icon-star Ryzen 5 3600搭載モデルはこちらもチェック

Ryzen 5 3600X・3600搭載おすすめゲーミングPC ミドルクラスの大本命!大幅な進化を遂げた6コア12スレッドCPU
AMDが満を持して送り出したミドルクラスCPU【Ryzen 5 3600X・3600】がデビュー!大幅な進化を遂げた高いパフォーマンスと、おすすめBTOパソコンをチェックしてみましょう。 第3世代Ryzen 5のスペックまとめ...

 

Ryzen 5 3500のおすすめゲーミングPC

現時点ではドスパラのみ販売しています。なお、Ryzen 5 3600にカスタマイズすることも可能です。

なお、メインのチップセットはミドルクラスのB450ですが、PCIe Gen.4とPCIe Gen.3ではグラフィクス性能に大差なく、無理にX570にこだわる必要はありません。

 icon-info-circle モデルの構成・価格は日々変動するので、参考までにご覧ください。

GTX 1650搭載モデル

フルHD入門+αの低価格モデル

GALLERIA/ガレリア RH5(ドスパラ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Ryzen 5 3500
■チップセット:B450チップセット
■メモリ:8GB(DDR4-2666)
■グラボ:GTX 1650
■ストレージ:SSD 256GB+HDD 1TB
■電源:500W(80PLUS BRONZE)
■価格:74,980円(税別)~

※実機モデルではRyzen 5 3600を搭載しています。

便利なデュアルストレージモデル

AMDの6コアCPU・Ryzen 5 3500とGTX 1650を搭載した、フルHD入門に最適なミニタワーモデル。

8GBメモリにデュアルストレージのポイントをおさえた初期構成で、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプというこだわりよう。SSDとHDDの両方を搭載しているので、ゲームとデータを別々に保存することができ、とても便利です。

 

おすすめカスタマイズ

ヘビーなゲームを想定したモデルではないので、メモリはあくまでも予算次第です。

 icon-check-circle ドスパラのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

GTX 1660搭載モデル

フルHDでのゲーミングに最適なモデル

GALLERIA/ガレリア RJ5(ドスパラ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Ryzen 5 3500
■チップセット:B450チップセット
■メモリ:8GB(DDR4-2666)
■グラボ:GTX 1660
■ストレージ:SSD 256GB+HDD 1TB
■電源:500W(80PLUS BRONZE)
■価格:79,980円(税別)~

フルHDならまずコレ!Ryzen 5×GTX 1660のミドルクラスモデル

AMDの6コアCPU・Ryzen 5 3500とGTX 1660を搭載した、フルHDでのゲーミングに最適なミニタワーモデル。

8GBメモリにデュアルストレージのポイントをおさえた初期構成で、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプというこだわりよう。

 

おすすめカスタマイズ

重量級のゲームが増えており、メモリは16GBあると安心。

 icon-check-circle ドスパラのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

GTX 1660 SUPER搭載モデル

ド安定のフルHD性能が魅力のモデル

GALLERIA/ガレリア RT5(ドスパラ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Ryzen 5 3500
■チップセット:B450チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-2666)
■グラボ:GTX 1660 SUPER
■ストレージ:SSD 256GB+HDD 1TB
■電源:500W(80PLUS BRONZE)
■価格:89,980円(税別)~

※実機モデルではRyzen 5 3600&GTX 1660 Tiを搭載しています。なお、GTX 1660 TiとGTX 1660 SUPERの性能はほぼ互角です。

すぐ届く短納期モデル

AMDの6コアCPU・Ryzen 5 3500とGTX 1660 SUPERを搭載した、ド安定のフルHD性能が魅力のミニタワーモデル。

8GBメモリにデュアルストレージのポイントをおさえた初期構成で、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプというこだわりよう。ドスパラはとにかく納期が早いので、すぐほしい方におすすめ。

 

おすすめカスタマイズ

基本的にカスタマイズ不要ですが、ゲームのデータ容量が増えているため、SSDの容量を増やすとより安心。

 icon-check-circle ドスパラのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

RTX 2060 SUPER搭載モデル

RTX 2060の上位モデルで、RTX 2070と同等の性能をもつ4K入門モデル

GALLERIA/ガレリア RV5(ドスパラ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Ryzen 5 3500
■チップセット:B450チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-2666)
■グラボ:RTX 2060 SUPER
■ストレージ:SSD 256GB+HDD 1TB
■電源:650W(80PLUS BRONZE)
■価格:114,980円(税別)~

Ryzen 5×RTX 2060 SUPERのハイスペックモデル

AMDの6コア12スレッドCPU・Ryzen 5 3600とRTX 2060 SUPERを搭載した、4K入門に最適なミニタワーモデル。

大容量の16GBメモリにデュアルストレージのポイントをおさえた初期構成で、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプというこだわりよう。最近のゲームはメモリをガッツリ使うので、メモリは16GBあるとやはり安心ですね。

 

おすすめカスタマイズ

基本的にカスタマイズ不要ですが、ゲームのデータ容量が増えているため、SSDの容量を増やすとより安心。

 icon-check-circle ドスパラのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

 icon-exclamation-circle ゲーミングPCは高い…とお悩みの方必見!

グラボ別激安ゲーミングPCまとめ 予算重視の方は必見!
各グラフィックボード別の激安モデルをピックアップしました。安さでいうならドスパラorパソコン工房の二択です。 グラフィックボード別激安ゲーミングPC icon-info-circleモデルの価格や構成は日々変動するので、参考まで...

 

関連リンク

ほかのCPUもチェック

インテル製CPU

 

AMD製CPU

 

あわせて知りたい

 icon-exclamation-circle おトクなセール情報もチェック!

パソコン工房のゲーミングPCセール情報 格安モデルがさらに安く!
BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。 パソコン工房では現在次のセールやキャンペーンを実施中! ico...
ドスパラのゲーミングPCセール情報 無料アップグレードでコスパUP!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。 ドスパラでは、4月1日まで【新生活応援セール】を開催中...
G-TuneのゲーミングPCセール情報 おトクな格安モデルをお見逃しなく!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。期間限定【決算セール】をチェックしてみましょう。 期間限...
ツクモのゲーミングPCセール情報 自作クオリティのおトクなモデルをご紹介!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。 ツクモでは、3月31日まで【春の大感謝祭】を開催中。自...
タイトルとURLをコピーしました