Core i7-8700KのおすすめゲーミングPC 6コア12スレッドでゲームの実況配信性能がさらに向上

インテルの最新CPUとなる、第8世代「Coffee Lake-S」のCore i7-8700Kを搭載したゲーミングPCが各社から発売されました。そのスペックとおすすめゲーミングPCをチェックしてみましょう。

第8世代Core i7のスペックまとめ

基本スペック

Core i7-8700K Core i7-8700 Core i7-7800X Core i7-7700K Core i7-7700
コードネーム Coffee Lake-S Coffee Lake-S SkyLake-S Kaby Lake-S Kaby Lake-S
プロセスルール 14nm++ 14nm++ 14nm+ 14nm+ 14nm+
コア/スレッド 6/12 6/12 6/12 4/8 4/8
動作クロック 3.7GHz 3.2GHz 3.5GHz 4.2GHz 3.6GHz 
TB2.0クロック 4.7GHz 4.6GHz 4.0GHz 4.5GHz 4.0GHz
L3キャッシュ 12MB 12MB 8.25MB 8MB 8MB
対応メモリー DDR4-2666
2ch
DDR4-2666
2ch
DDR4-2400
4ch
DDR4-2400
2ch
DDR4-2400
2ch
内蔵GPU UHD 630 UHD 630 HD 630 HD 630
TDP 95W 65W 140W 91W 65W

最大の特徴は何といっても6コア12スレッドになったこと。とうとうメインストリームも4コアから脱却することになりました。長かった…。コア数が増えたこともあり、ベースクロックを控えめにして、TB(ターボブースト)時には大きく上昇するようになっています。

そのほか、キャッシュの容量が増えて12MBに、若干速いメモリーに対応、内蔵GPUのアップグレード…などなど基礎性能が強化されています。

実際の性能は?

前世代のCore i7との性能差をざっくりまとめてみるとこんな感じですー

  • シングルの性能は変わらず、マルチコアの性能は約30%向上(CINEBENCH R15)
  • エンコード時間も短縮し、8コア16スレッドのRyzen 7 1800 Xに匹敵するレベル
  • ゲームのベンチマーク結果はほぼ変わらない
  • ゲーム+録画配信ではフレームレートが最大約20%近く向上(Overwatch)
  • 内蔵GPUの性能は約10~15%向上
  • アイドル時の消費電力はほぼ変わらず。ピーク時は約20%上昇
  • ピーク時の温度は約10℃上昇

コアが増えた分順当に性能が上がり、ゲームのみならず、レンダリングやエンコードでもパフォーマンスを発揮するオールラウンダーになりました。同じく6コア12スレッドのエンスー向けCPU「Core i7-7800X」をも取って食う、恐るべきCPUです。

ちなみにゲームでのスコアが前世代とほぼ変わりないので、無理に最新CPUにこだわる必要はありません。しかし、6コアや8コアに最適化されたゲームも少しずつリリースされてきているので、将来のことを考えると、第8世代の最新CPUがおすすめです。

また、ゲームのプレイと配信を同時にする場合にはコア数勝負になるので、最新CPUのほうが高いFPSを維持することができ、有利です。

Core i7-8700Kと8700のどちらを選ぶべき?

8700Kはベースクロックとブースト時のクロックが高く、8700よりも約10%ほど性能が上です。また8700Kは「K」つきということで、オーバークロックに対応しており、より高い性能を引き出すことができます。

ということで、基本的には8700、少しでも性能にこだわるのであれば8700Kがおすすめ。ちなみに、ゲーム+実況配信・動画編集などマルチタスクでガッツリ使いこむのであれば、8コア16スレッドのRyzen 7シリーズがおすすめです

Ryzen 7 2700X・2700のおすすめゲーミングPC 実況配信に強い8コア16スレッドCPUがさらに進化して登場!
AMDの最新CPUとなる、第2世代Ryzenシリーズを搭載したゲーミングPCが各社から発売されました。そのスペックとおすすめゲーミングP...

Core i7-8700KのおすすめゲーミングPC

icon-info-circle モデルの構成・価格は日々変動するので、参考までにご覧ください。

GTX 1060搭載モデル

フルHD推奨スペック

LEVEL-R037-i7K-RNR(パソコン工房)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i7-8700K
■チップセット:Z370チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-2666)
■グラボ:GTX 1060(グラフィックメモリ6GB)
■ストレージ:SSD 240GB+HDD 1TB
■電源:500W(80PLUS SILVER)
■価格:149,980円(税別)~

バランスのいいデュアルストレージモデル

Core i7-8700KとGTX 1060(グラフィックメモリ6GB)を搭載したミドルタワーモデル。

グラボはグラフィックメモリ6GB版のGTX 1060を搭載。同じGTX 1060といえども、グラフィックメモリが多いので、FPSやオープンワールドなど負荷が高いゲームでは、3GB版よりもフレームレートが安定しやすくなります。

16GBメモリにデュアルストレージ構成と使い勝手のいいモデルに仕上がっています。重量級のゲームが増えているので、メモリ16GBというのが嬉しいですね。電源はパソコン工房ではおなじみ、省エネ・低発熱のシルバークラス電源を搭載しているのもポイント。

おすすめカスタマイズ

前世代のCore i7よりも発熱が高く、CPUクーラーのカスタマイズがおすすめ。その他は用途・予算次第です。

icon-check-circleパソコン工房のおすすめカスタマイズを徹底解説

ガレリア ZT(ドスパラ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i7-8700K
■チップセット:Z370チップセット
■メモリ:8GB(DDR4-2666)
■グラボ:GTX 1060(グラフィックメモリ6GB)
■ストレージ:SSD 500GB+HDD 2TB
 ■電源:500W(80PLUS BRONZE)
■大型CPUクーラー搭載
■価格:159,980円(税別)~

フル装備のデュアルストレージモデル

同じくCore i7-8700KとGTX 1060(グラフィックメモリ6GB)を搭載したミドルタワーモデル。熱いCPUなので、大型のCPUクーラーが標準搭載されているのは嬉しいですね。

8GBメモリに大容量デュアルストレージの充実した初期構成で、ケースも冷却性と拡張性に優れており、トータルでの完成度が高い一台です。

おすすめカスタマイズ

重量級のゲームが増えているので、メモリは16GBあると安心。その他は用途・予算次第です。

icon-check-circleドスパラのおすすめカスタマイズを徹底解説

GTX 1070搭載モデル

WQHD推奨スペック

ガレリア ZF(ドスパラ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i7-8700K
■チップセット:Z370チップセット
■メモリ:8GB(DDR4)
■グラボ:GTX 1070
■ストレージ:SSD 640GB+HDD2TB
■電源:500W(80PLUS BRONZE)
■大型CPUクーラー搭載
■価格:173,980円(税別)~

フル装備のデュアルストレージモデル

Core i7-8700KとGTX 1070を搭載したミドルタワーモデル。熱いCPUなので、大型のCPUクーラーが標準搭載されているのは嬉しいですね。

8GBメモリにデュアルストレージの充実した初期構成で、ケースも冷却性と拡張性に優れており、トータルでの完成度が高い一台です。今なら640GB SSDに無料アップグレードでとてもおトク。

おすすめカスタマイズ

重量級のゲームが増えているので、メモリは16GBあると安心。その他は用途・予算次第です。

icon-check-circleドスパラのおすすめカスタマイズを徹底解説

GTX 1070 Ti搭載モデル

GTX 1080に匹敵する性能を誇る、4K入門スペック

ガレリア ZV(ドスパラ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i7-8700K
■チップセット:Z370チップセット
■メモリ:8GB(DDR4)
■グラボ:GTX 1070 Ti
■ストレージ:SSD 640GB+HDD2TB
■電源:500W(80PLUS BRONZE)
■大型CPUクーラー搭載
■価格:189,980円(税別)~

GTX 1080に近い性能のコスパ最強モデル

Core i7-8700KとGTX 1070 Tiを搭載したミドルタワーモデル。熱いCPUなので、大型のCPUクーラーが標準搭載されているのは嬉しいですね。

GTX 1070 TiはGTX 1000シリーズでは最新のグラボです。型番こそGTX 1070ですが、その性能はほとんどGTX 1080そのもので、性能差は5%程度と誤差レベルです。GTX 1080並みの性能を予算を抑えてということであれば、GTX 1070 Tiがダンゼンおすすめ!

8GBメモリにデュアルストレージの充実した初期構成で、ケースも冷却性と拡張性に優れており、トータルでの完成度が高い一台です。

おすすめカスタマイズ

重量級のゲームが増えているので、メモリは16GBあると安心。その他は用途・予算次第です。

icon-check-circleドスパラのおすすめカスタマイズを徹底解説

GTX 1080搭載モデル

4K入門スペック

LEVEL-R037-i7K-VNR-GCP(パソコン工房)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i7-8700K
■チップセット:Z370チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-2666)
■グラボ:GTX 1080
■ストレージ:SSD 240GB+HDD 1TB
■電源:500W(80PLUS SILVER)
■価格:179,980円(税別)~

お手頃価格のデュアルストレージモデル

Core i7-8700KとGTX 1080を搭載したミドルタワーモデル。大容量の16GBメモリにデュアルストレージ、さらに省エネ・低発熱のシルバークラス電源を搭載し、ポイントをしっかりおさえた初期構成です。

おすすめカスタマイズ

前世代のCore i7よりも発熱が高く、CPUクーラーのカスタマイズがおすすめ。その他は用途・予算次第です。

icon-check-circleパソコン工房のおすすめカスタマイズを徹底解説

LEVEL-R037-i7K-VNA(パソコン工房)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i7-8700K
■チップセット:Z370チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-2666)
■グラボ:GTX 1080
■ストレージ:SSD 480GB+HDD 2TB
■電源:500W(80PLUS SILVER)
■価格:192,980円(税別)~

充実した構成のデュアルストレージモデル

Core i7-8700KとGTX 1080を搭載したミドルタワーモデル。大容量の16GBメモリに大容量デュアルストレージ、さらに省エネ・低発熱のシルバークラス電源を搭載したパーフェクトな初期構成が魅力的。

おすすめカスタマイズ

前世代のCore i7よりも発熱が高く、CPUクーラーのカスタマイズがおすすめ。その他は用途・予算次第です。

icon-check-circleパソコン工房のおすすめカスタマイズを徹底解説

ガレリア ZG(ドスパラ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i7-8700K
■チップセット:Z370チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-2666)
■グラボ:GTX 1080
■ストレージ:SSD 640GB+HDD2TB
■電源:500W(80PLUS BRONZE)
■大型CPUクーラー搭載
■価格:199,980円(税別)~

フル装備のコスパ最強モデル

Core i7-8700KとGTX 1080を搭載したミドルタワーモデル。熱いCPUなので、大型のCPUクーラーが標準搭載されているのは嬉しいですね。

こちらも大容量16GBメモリにデュアルストレージの充実した初期構成で、ケースも冷却性と拡張性に優れており、トータルでの完成度が高い一台です。今なら640GB SSDに無料アップグレードでとてもおトク。

おすすめカスタマイズ

カスタマイズする必要はほぼありません。電源を交換してさらに高みを目指すのもあり。

icon-check-circleドスパラのおすすめカスタマイズを徹底解説

GTX 1080 Ti搭載モデル

4K推奨スペック

LEVEL-R037-i7K-XNA(パソコン工房)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i7-8700K
■チップセット:Z370チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-2666)
■グラボ:GTX 1080 Ti
■ストレージ:SSD 480GB+HDD 2TB
■電源:700W(80PLUS BRONZE)
■価格:219,980円(税別)~

充実した構成&低価格が魅力の高コスパモデル

Core i7-8700KとGTX 1080 Tiを搭載したミドルタワーモデル。大容量の16GBメモリに大容量デュアルストレージを搭載し、さらに価格の安さを実現した、高いコスパが魅力です。

拡張性に優れ、エアフローに有利な裏配線構造を採用する完成度の高いケースもポイント。迷ったらまずおすすめのモデル

おすすめカスタマイズ

前世代のCore i7よりも発熱が高く、CPUクーラーのカスタマイズがおすすめ。その他は用途・予算次第です。

icon-check-circleパソコン工房のおすすめカスタマイズを徹底解説

ガレリア ZZ(ドスパラ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i7-8700K
■チップセット:Z370チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-2666)
■グラボ:GTX 1080 Ti
■ストレージ:SSD 500GB+HDD 3TB
■電源:750W(80PLUS PLATINUM)
■大型CPUクーラー搭載
■価格:279,980円249,980円(税別)~

ワンランク上のパーフェクトモデル!

こちらはさらに大型のCPUクーラーと、最大92%の電力変換効率を誇るプラチナクラス電源を標準搭載しています。ケースも冷却性と拡張性に優れており、トータルでの完成度が非常に高い一台です。

おすすめカスタマイズ

ここまでやるならメモリを32GBに増やしましょうか?

icon-check-circleドスパラのおすすめカスタマイズを徹底解説

MASTERPIECE i1630PA2-SP-DL[プラチナモデル カスタム](G-Tune)

■OS:Windows 10
■CPU:Core i7-8700K
■チップセット:Z370チップセット
■メモリ:32GB(DDR4-2400)
■グラボ:GTX 1080 Ti
■ストレージ:SSD 480GB+HDD 3TB
■電源:700W(80PLUS BRONZE)
■価格:299,800円(税別)~
■キーボード・マウス無し

とことんこだわるならコレ!W水冷モデル

メモリは特盛の32GB、HDDは3TBも搭載。さらにCPUとグラボの冷却システムを水冷式にカスタマイズしており、もう文句のつけようがありません。

ケースのフロント部分は強化ガラス製でとてもスタイリッシュ。ケース自体の完成度も高く、ケース内部は電源とストレージを分離配置した【チャンバー構造】になっており、エアフローがとてもスムーズです。

ちなみにG-Tuneは保証が充実しているのもポイント。G-Tuneでは延長保証が定額制で安く、例えば3年延長保証+センドバック修理保証に7,560円(税込)で加入することができます。他社だと本体価格の10%かかることを考えると、はるかにおトク。

おすすめカスタマイズ

カスタマイズ不要!ですが、電源をグレードアップして、さらにこだわりのモデルにするのもあり。ちなみに、オプションでサイドパネルを強化ガラスに変更できます。

icon-check-circleG-Tuneのおすすめカスタマイズを徹底解説

icon-exclamation-circleゲーミングPCは高い…とお悩みの方必見!

グラボ別激安ゲーミングPCまとめ 予算重視の方は必見!
各グラフィックボード別のおすすめモデルでは、大容量メモリやSSD+HDDのデュアルストレージ構成など、快適に使えるモデルを紹介しています...

関連リンク

ほかのCPUもチェック

あわせて知りたい

icon-exclamation-circleおトクなセール情報もチェック!

パソコン工房のゲーミングPCセール情報 格安モデルがさらに安く!
BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘...
ドスパラのゲーミングPCセール情報 無料アップグレードでコスパUP!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感...
G-TuneのゲーミングPCセール情報 おトクな格安モデルをお見逃しなく!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感...
ツクモのゲーミングPCセール情報 自作クオリティのおトクなモデルをご紹介!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感...
Sycom(サイコム)のゲーミングPCセール情報 自作PCクオリティを安く手に入れるチャンス!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感...

シェアする

フォローする