Core i7-11700K搭載おすすめゲーミングPC アーキテクチャ刷新!ワンランク上の性能を誇る8コア16スレッドの高性能モデル

  • 第10世代と同じ8コア16スレッドながら、アーキテクチャ刷新で性能アップ
  • 上位のCore i7-10700Kから基本性能が約10%前後、ゲーミング性能はやや向上
  • RTX 3090~RTX 3070のラインナップに搭載

アーキテクチャ刷新でさらにパワーアップ!第11世代のハイスペックCPU・Core i7-11700KのスペックとおすすめBTOパソコンをチェックしてみましょう。

 

Core i7-11700Kのスペックまとめ

CPUの仕様と実際の性能をまとめました。

Core i7-11700Kの仕様

 Core i9-11900KCore i7-11700KCore i7-11700Core i9-10900KCore i7-10700KRyzen 7 5800X
コードネームRocket Lake-S
Rocket Lake-SRocket Lake-SComet Lake-SComet Lake-SVermeer
プロセスルール14nm++14nm++14nm++14nm++14nm++7nm
コア/スレッド8/168/168/1610/208/168/16
動作クロック3.5GHz3.6GHz2.5GHz3.7GHz3.8GHz3.8GHz
最大クロック5.3GHz5.0GHz4.9GHz5.3GHz5.1GHz4.7GHz
倍率ロックフリー
L3キャッシュ16MB16MB16MB20MB16MB32MB
対応メモリーDDR4-3200
2ch
DDR4-2933
2ch
DDR4-3200
2ch
DDR4-2933
2ch
DDR4-3200
2ch
DDR4-2933
2ch
DDR4-2933
2ch
DDR4-2933
2ch
DDR4-3200
2ch
PCIeレーン総数
Gen.4×20Gen.4×20Gen.4×20Gen.3×16Gen.3×16Gen.4×20
内蔵GPUUHD 750UHD 750UHD 750UHD 630UHD 630
TDP125W125W65W125W125W105W

※Core i7-11700Fは、内蔵グラフィック非搭載バージョンで、性能はCore i7-11700と同等です。

第11世代Coreシリーズとなる”Rocket Lake-S”でも、14nmの製造プロセスを継承。ルーツをたどると第7世代の”Kaby Lake”までさかのぼり、改良に改良を加えて最新世代に至ります。

第11世代の特徴は次の4点ですー

  • CPUコアに”Cypress Cove”を採用
  • 内蔵グラフィック機能をIris Xe Graphicsベースの”UHD 750”に刷新
  • メモリコントローラーをDDR4-3200に対応
  • PCI Expressを4.0に対応し、レーン数を20レーンに拡大

最大のポイントはCPUコアに”Cypress Cove”を採用したことですね。前世代に比べ、IPC(クロックあたりの命令実行数)は19%も向上。シングル性能にも磨きがかかり、ゲーミングに強いCPUとなっています。そのほか、メモリコントローラーやPCI Expressが、ライバルのRyzenシリーズと同等レベルに強化されています。

ちなみに、内蔵グラフィックの”UHD 750”は、前世代のUHD 630から演算ユニットが倍増し、約50%ほどパフォーマンスが向上しています。

 

Core i7-11700Kの性能をチェック

Core i7-11700Kは、前世代のCore i7-10700Kと同じ8コア16スレッド構成で、動作クロックが若干低いものの、TDPは125Wのまま据え置きです。もちろん、K付きのCPUということで、オーバークロックに対応しています。

同じく8コア16スレッドの上位CPU・Core i9-11900Kとは、クロックだけでなく、自動クロックアップ機能で差がつけられているのがポイント。

 

  • Turbo Boost Technology 2.0(TB2)
  • Turbo Boost Max Technology 3.0(TBM3)
  • Thermal Velocity Boost(TVB)
  • Adaptive Boost Technology(ABT)

Core i9-11900Kでは4つすべてをカバーしているのに対し、Core i7-11700KではTBM2&TBM3のみカバーしています。極限まで性能を引き出せるという点では、Core i9が一枚上手というわけですね。

なお、ライバルはAMDの第4世代8コア16スレッドCPU・Ryzen 7 5800Xとなります。以下RTX 3090・16GBメモリ(DDR4-3200)の組み合わせでベンチマークをチェックしてみましょう。

 

CINEBENCH R20

毎度おなじみ3Dグラフィックのレンダリング性能を測定するソフトです。最新となるR20ではよりマルチコアに最適化された、重量級のテストとなっています。

 

前世代のCore i7-10700Kと比較してみると、シングル性能は約20%、マルチ性能は約8%差となり、IPCの向上により性能はしっかり向上しています。特にシングル性能の伸び幅が大きく、ゲームでより高いパフォーマンスを期待できますね。

上位のCore i9-11900Kとの差は、シングル性能で約2%と僅差ですが、マルチでは約10%とやや大きく、ハイエンドCPUらしさを発揮しています。なお、ライバルのRyzen 7 5800XはCore i7-11700Kを上回り、シングル性能は約2%、マルチ性能では11%差がつきます。

 

Blender Open Data

こちらも同じく、3Dグラフィックのレンダリング性能を測定するソフトです。時間で測定しているため、短いほど優秀ということになります。

 

Core i7-10700Kから約10%時間を短縮し、ライバルのRyzen 7 5800Xとほぼ同等のタイムをマークしています。Core i9-11900Kはさらに約10%早くテストを完了しており、クロック&ブースと性能の差がしっかり出ている印象です。

 

7-Zip

マルチスレッドに最適化したファイルの圧縮/展開ツールです。ベンチマーク機能がついており、辞書サイズ・32MBで圧縮・展開スコアを比較しました。

 

Core i7-10700Kと比較すると、圧縮では約7%、展開では約8%差をつけています。Core i9-11900Kとは、圧縮で約4%、展開で約6%と小さく、テストによってはあまりアドバンテージがありません。

このテストはRyzenシリーズのスコアがよく伸び、Ryzen 7 5800Xが大きく上回ります。圧縮では約14%、展開は約13%差と一枚上手ですね。

 

V-Ray Benchmark

こちらはフォトレンダリング処理性能を測定できるベンチマークソフトです。

 

Core i7-10700Kとの差は約17%と、やや大きめ。ただ、やはりRyzen 7 5800Xには及ばず、約5%差をつけられており、なんとCore i9-11900Kとほぼ互角のスコアをマークしています。

 

x265 HEVC Encoder

動画エンコードのベンチマークソフトです。フルHDのテスト動画をx265形式でエンコードした時間(秒)を測定しており、短いほど高速ということになります。

 

Core i7-10700Kとの差は約4%と、だいぶ控えめですね。Core i9-11900Kとの差も同じく約4%と、ハイエンドCPUにしてはだいぶ物足りない感じ。

ここでもRyzenシリーズが高い性能を発揮し、Ryzen 7 5800Xは約15%も早く変換を完了。それこそ、Core i9を寄せ付けないレベルで、インテル形無しといったところです。

CPUの基本性能を重視するなら、Ryzenシリーズが正直おすすめです。

 

Rainbow Six Siege

かなり軽いため、レンダリング解像度を”100”にし、負荷を上げて測定しています。

最新世代がイマイチ伸び悩んでおり、Core i7-10700Kよりもわずかに下回っています。Core i9-11900Kもfpsがあまり伸びず、Core i7-11700KとCore i7-10700Kあわせて、団栗の背比べ状態となっています。

その一方で、Ryzen 7 5800Xは約2~3%差をつけ、Core i9-11900Kを超えるパフォーマンスを発揮しています。基本性能だけでなく、ゲーミング性能も優秀です。

 

Death Stranding

上のゲームから一転、Core i7-10700Kを上回り、両者の差は平均fpsで約5%、最低fpsで約6%差をつけています。Core i9-10900Kはfpsの伸びが良好で、平均fpsで約5%、最低fpsで約4%上回っており、インテル勢ではトップに躍り出ています。

ただ、Ryzenシリーズが驚異的な性能を発揮し、Ryzen 7 5800Xは約4~8%差をつけ、またしてもCore i9-11900Kを超えるfpsをマークしています。

 

Borderlands 3

このゲームでは、Core i7-10700K・Core i7-10700Kともほぼ同じfpsをマークし、Ryzen 7 5800Xともほぼ互角。Core i9-11900Kが辛うじてトップになっています。

 

Watch Dogs Legion

Borderlands 3と同じく、Core i7-10700K・Core i7-11700K・Ryzen 7 5800Xで横並びの状態です。ここでもCore i9-11900Kが頭一つ抜け出していますね。

 

消費電力

先の【Blender Open Data】実行時の消費電力を比較しました。

 

消費電力の多い第10世代ですが、第11世代はさらに増加。Core i7-10700Kから約10%増え、性能の向上分だけきっちり増加しています。ただ、Core i9-11900Kに比べるとだいぶマシで、約21%も低く、ワットパフォーマンスはだんぜん上ですね。

ただ、Ryzenシリーズは性能だけでなく省エネ性能も優秀で、Ryzen 7 5800Xは約20%低くなっており、Core i7-11700Kはもはや眼中にありません。

 

結局Core i7-11700Kはどうなの?

Core i7-10700Kとの差は、おおむね10%前後ですが、ゲーミング性能についてはほぼ互角なので、どうにもパンチ力に欠ける印象です。ただ、上位のCore i9-11900Kとの差もよくて約10%程度なので、Core i9を選ぶくらいならCore i7で正直十分といったところですね。。

なお、最新世代となる第12世代12コア20スレッドCPU・Core i7-12700Kが登場しており、性能重視ならまずCore i7-12700Kがおすすめです。予算重視ならCore i7-11700K、さらに安くということであればCore i7-11700搭載モデルを選びましょう。

 

Core i7-11700K搭載のおすすめゲーミングPC

 icon-info-circle モデルの価格は日々変動するので、価格は参考までにご覧ください。

RTX 3090搭載モデル

VRAM24GB搭載!ド安定の4K&DXRモデル

GALLERIA/ガレリア ZA7C-R39 第11世代Core搭載(ドスパラ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i7-11700K
■チップセット:Z590チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-3200)
■グラボ:RTX 3090
■ストレージ:SSD 1TB(PCIe NVMe)
■電源:850W(80PLUS GOLD)
■水冷式CPUクーラー搭載
■価格:439,980円(税込)~

高品質ケースを採用したフル装備モデル

インテルの第11世代8コア16スレッドCPU・Core i7-11700KとRTX 3090を搭載した、ド安定の4K&DXR性能が魅力のミドルタワーモデル。冷却能力に優れた水冷式CPUクーラーを標準搭載しており、冷却面は万全!

16GBメモリに1TB SSDの非常に充実した初期構成で、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを採用。さらに、電源は最大90%の電源変換効率を誇るゴールドクラス電源というこだわりようです。

曲線を用いた美しいケースは、裏配線&チャンバー構造を採用することで、高いエアフローを実現。さらに、LEDイルミネーションやクリアサイドパネルを搭載しており、トータルでの完成度が高い一台に仕上がっています。

 

おすすめカスタマイズ

基本的にはカスタマイズ不要ですが、HDDを追加してデュアルストレージにすると、ゲームとデータ類の保存先を分けることができ、さらに便利になります。

 icon-check-circle ドスパラのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

RTX 3080 Ti搭載モデル

RTX 3090に匹敵する性能を持つ、ド安定の4K&DXRモデル

G-Tune HP-Z(G-Tune)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i7-11700K
■チップセット:Z590チップセット
■メモリ:32GB(DDR4-3200)
■グラボ:RTX 3080 Ti
■ストレージ:SSD 1TB+HDD 4TB
■電源:800W(80PLUS TITANIUM)
■水冷式CPUクーラー搭載
■価格:482,780円(税込)~

※レビューモデルではRTX 2080 Tiを搭載しています。本体イメージの確認におすすめ。

文句なしのハイエンドモデル

インテルの第11世代8コア16スレッドCPU・Core i7-11700KとRTX 3080 Tiを搭載した、ド安定の4K&DXR性能が魅力のフルタワーモデル。

32GBメモリに1TB SSD+4TB HDDの特盛仕様で、SSDは通常のSSDよりも4~5倍高速のNVMeタイプを採用。さらに、最大94%の電力変換効率を誇るチタンクラス電源や水冷式CPUクーラーを搭載するこだわりよう。文句なしのパーフェクト構成です。

ケースのフロント部分は強化ガラス製でとてもスタイリッシュ。ケース自体の完成度も高く、ケース内部は電源とストレージを分離配置した”チャンバー構造”になっており、エアフローがとてもスムーズです。とことんクオリティにこだわる方におすすめ。

ちなみに、G-Tuneは保証が充実しているのもポイント。G-Tuneでは延長保証が定額制で安く、例えば3年延長保証+センドバック修理保証に7,700円(税込)で加入することができます。また、24時間365日の電話サポート&96時間以内で修理完了が標準メニューとして用意されており、万が一でも安心。

妥協なしの本格派モデルとなっています。

 

おすすめカスタマイズ

このモデルこそまさにカスタマイズ不要でしょう!

 icon-check-circle G-Tuneのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

RTX 3080搭載モデル

ド安定の4K性能が魅力のモデル

  G-Tune XN-Z(G-Tune)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i7-11700K
■チップセット:Z590チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-3200)
■グラボ:RTX 3080
■ストレージ:SSD 512GB+HDD 2TB
■電源:800W(80PLUS TITANIUM)
■水冷式CPUクーラー搭載
■価格:307,780円(税込)~

※レビューモデルではRTX 2080を搭載しています。本体イメージの確認におすすめ。

充実した装備が魅力のコスパモデル

インテルの第11世代8コア16スレッドCPU・Core i7-11700KとRTX 3080を搭載した、ド安定の4K性能が魅力のミドルタワーモデル。

16GBメモリに512GB SSDの充実した初期構成で、SSDは通常のSSDよりも4~5倍高速のNVMeタイプを採用しています。さらに、最大94%の電力変換効率を誇るチタンクラス電源のほか、水冷式CPUクーラーを搭載するこだわりよう。文句なしのパーフェクト構成です。

また、ケースの完成度が高いのもポイント。ケース内部は電源とストレージを上部に集約した”チャンバー構造”になっており、エアフローがとてもスムーズ。さらに、フロント部分にHDMI端子がついているので、VR機器の取り回しもかんたん。

サポート&保証も充実しており、トータルでとても高いクオリティを実現しています。

 

おすすめカスタマイズ

基本的にカスタマイズ不要ですが、HDDを追加してデュアルストレージにすると、ゲームとデータを別々に保存でき、より便利になります。

 icon-check-circle G-Tuneのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

 GALLERIA/ガレリア ZA7C-R38 第11世代Core搭載(ドスパラ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i7-11700K
■チップセット:Z590チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-3200)
■グラボ:RTX 3080
■ストレージ:SSD 1TB(PCIe NVMe)
■電源:750W(80PLUS GOLD)
■水冷式CPUクーラー搭載
■価格:309,980円(税込)~

高品質ケースを採用したフル装備モデル

インテルの第11世代8コア16スレッドCPU・Core i7-11700KとRTX 3080を搭載した、ド安定の4K性能が魅力のミドルタワーモデル。冷却能力に優れた水冷式CPUクーラーを標準搭載しており、冷却面は万全!

16GBメモリに1TB SSDの非常に充実した初期構成で、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを採用。さらに、電源は最大90%の電源変換効率を誇るゴールドクラス電源というこだわりようです。

曲線を用いた美しいケースは、裏配線&チャンバー構造を採用することで、高いエアフローを実現。さらに、LEDイルミネーションやクリアサイドパネルを搭載しており、トータルでの完成度が高い一台に仕上がっています。

 

おすすめカスタマイズ

基本的にはカスタマイズ不要ですが、HDDを追加してデュアルストレージにすると、ゲームとデータ類の保存先を分けることができ、さらに便利になります。

 icon-check-circle ドスパラのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

RTX 3070 Ti搭載モデル

RTX 3070よりも約10%性能が高い4K推奨モデル

G-Tune XN-Z-3070Ti(G-Tune)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i7-11700K
■チップセット:Z590チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-3200)
■グラボ:RTX 3080
■ストレージ:SSD 512GB+HDD 2TB
■電源:800W(80PLUS TITANIUM)
■水冷式CPUクーラー搭載
■価格:285,780円(税込)~

※レビューモデルではRTX 2080を搭載しています。本体イメージの確認におすすめ。

上のG-TuneのモデルをRTX 3070 Tiにしたバージョンで、4Kでのゲーミングに最適です。

 

RTX 3070搭載モデル

RTX 2080 Tiに匹敵する性能の4K推奨モデル

GALLERIA/ガレリア ZA7C-R37 第11世代Core搭載(ドスパラ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i7-11700K
■チップセット:Z590チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-3200)
■グラボ:RTX 3080
■ストレージ:SSD 1TB(PCIe NVMe)
■電源:650W(80PLUS BRONZE)
■水冷式CPUクーラー搭載
■価格:269,980円(税込)~

高品質ケースを採用したフル装備モデル

インテルの第11世代8コア16スレッドCPU・Core i7-11700KとRTX 3070を搭載した、4Kでのゲーミングに最適なミドルタワーモデル。

16GBメモリに1TB SSDの非常に充実した初期構成で、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを採用。さらに、冷却能力に優れた水冷式CPUクーラーを標準搭載しており、冷却面は万全!

曲線を用いた美しいケースは、裏配線&チャンバー構造を採用することで、高いエアフローを実現。さらに、LEDイルミネーションやクリアサイドパネルを搭載しており、トータルでの完成度が高い一台に仕上がっています。

 

おすすめカスタマイズ

基本的にはカスタマイズ不要ですが、HDDを追加してデュアルストレージにすると、ゲームとデータ類の保存先を分けることができ、さらに便利になります。

 icon-check-circle ドスパラのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

【番外編】G-Master Spear Z590(サイコム)

サイコムは、他社を圧倒するレベルの豊富なカスタマイズメニューが特徴のメーカーです。価格は割高ですが、自分好みの一台が欲しい方におすすめ。

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i7-11700K
■チップセット:Z590チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-3200)
■グラボ:RTX 3060
■ストレージ:SSD 512GB(PCIe NVMe)
■電源:750W(80PLUS GOLD)
■大型CPUクーラー搭載
■価格:238,050円(税込)~

【上級者向け】自由自在にカスタマイズできる本格派モデル

ベースとなるモデルでは、8コア16スレッドのCore i7-11700KとRTX 3060を搭載し、WQHDでのゲーミングに最適な性能となっています。

本格派のメーカーということで、初期構成もなかなかの充実ぶり。

まず、ケースはおなじみクーラーマスター製のミドルタワー【MasterBox CM694】を採用。フロントパネル全面はメッシュ加工がされ、通気性は抜群です。拡張性も高く、ツールレスなのでパーツの交換や増設もラクラク。さらに、グラボの固定ツールも装備しているので、マザーボードのスロットに負荷がかかりにくくなっています。

 

マザーボードは鉄板メーカー・ASUSの【TUF GAMING Z590-PLUS WIFI】を搭載。チョークコイルやコンデンサなど重要部品をはじめ、各パーツが軍事規格に準拠しており、とにかくタフ

また、金属プレートで補強された拡張スロットやM.2スロットのヒートシンクを装備し、最新の無線LAN規格・Wi-Fi 6にもしっかり対応しており、完成度の高さが光ります。

 

冷却の肝となるCPUクーラーは、毎度おなじみクーラーマスター製の【Hyper 212EVO V2】を採用。4本のヒートパイプでしっかり熱を吸収し、12cmの大型ファンで強力に発散します。

 

また、電源も高品質のSilver Stone製750Wゴールドクラス電源を搭載。最大90%の電力変換効率を誇り、省エネ・低発熱の優れもの。全ケーブルが脱着可能なフルモジュラー式なので、使わないケーブルは取り外すことでケース内はスッキリ。エアフローもスムーズです。

 

 icon-exclamation-circle ゲーミングPCは高い…とお悩みの方必見!

グラボ別激安ゲーミングPCまとめ 予算重視の方は必見!
各グラフィックボード別の激安モデルをピックアップしました。安さでいうならドスパラorパソコン工房の二択です。 グラフィックボード別激安ゲーミングPC icon-info-circleモデルの価格や構成は日々変動するので、参考まで...

 

関連リンク

ほかのCPUもチェック

インテル製CPU

 

AMD製CPU

 

あわせて知りたい

 icon-exclamation-circle おトクなセール情報もチェック!

パソコン工房のゲーミングPCセール情報
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! パソコン工房では、2月8日午後13時59分まで''入替応援セール''を開催中!高品質でダントツの安さを誇る、パソコン工房のセールモデルをチェックしてみましょう。 おトクなキ...
ドスパラのゲーミングPCセール情報
公式サイト ゲーミングPCならドスパラがまずおすすめ!短納期で高いコスパを誇る、ドスパラのお得なキャンペーンと、おすすめモデルをチェックしていきましょう。 おトクなキャンペーン ポイントバックキャンペーン キャンペーン&...
G-TuneのゲーミングPCセール情報
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。期間限定セールをチェックしてみましょう。 冬の感謝セール...
Dell(デル)のゲーミングPCセール情報
BTOパソコンの真価はセールにあり!特にゲーミングノートで高いコスパを誇る、デルのセール情報をチェックしてみましょう。 新春大セール 直販セールサイト 期間限定で最大22%OFFの''新春大セール''を開催中 icon-...
タイトルとURLをコピーしました