Core i5-9600K搭載おすすめゲーミングPC ブーストクロック4.6GHz!第9世代のマイナーチェンジ版6コアCPU

  • クロックアップのマイナーチェンジ版6コアCPU
  • RTX 2080 TiからGTX 1660 Tiまでのモデルに搭載
  • 価格的にも性能的にもCore i7-9700搭載モデルの方がおすすめ…

インテル第9世代のミドルクラスCPU【Core i5-9600K】搭載モデルが登場。そのスペックとおすすめBTOパソコンをチェックしてみましょう。

 

Core i5-9600Kのスペックまとめ

CPUの仕様と実際の性能をまとめました。

Core i5-9600Kの仕様

 Core i7-9700KCore i5-9600KCore i5-8600KRyzen 5
2600X
コードネームCoffee Lake-S
Refresh
Coffee Lake-S
Refresh
Coffee Lake-S
Pinnacle Ridge
プロセスルール14nm++14nm++14nm++12nm
コア/スレッド8666/12
動作クロック3.6GHz3.7GHz3.6GHz3.6GHz
TB2.0クロック4.9GHz4.6GHz4.3GHz4.2GHz
L3キャッシュ12MB9MB9MB16MB
対応メモリーDDR4-2666
2ch
DDR4-2666
2ch
DDR4-2666
2ch
DDR4-2933
2ch
内蔵GPUUHD 630UHD 630UHD 630
TDP95W95W95W95W
価格51,500円前後33,000円前後33,000円前後25,000円前後

Core i5-9600Kは前世代のCore i5-8600Kと同じく6コアで、クロックが引き上げられたマイナーチェンジバージョンです。

同じく第9世代のCore i9-9900KやCore i7-9700Kではコアやスレッド数が増加しているのを考えると、なんとも地味。以下ベンチマークにてその実力をチェックしていきますが、前世代のCore i5とあまりパフォーマンスは変わりません。

 

ベンチマーク

RTX 2080 Ti・16GBメモリの組み合わせでベンチマークを測定しました。

3DMark

こちらは現在主流のDirectX11をベースにしたテストです。総合スコアはCPUとGPUを含めたスコアとなります。

Core i5-8600Kとほぼ互角ですね。フルHDでは約2%上回っているものの、4Kでは逆転されています。ライバルとなるRyzen 5 2600Xに対しフルHDで約8%、WQHDでは約4%の差がついていますが、こちらも4Kでは逆転されています。

ただし4Kの高解像度では、グラボがボトルネック(頭打ち)になり、CPUの差が出にくくなるため、4Kについては誤差といってもいいでしょう。これは以下のベンチマークでも同じです。

 

こちらは今後主流になるであろうDirectX12のテストです。

Core i5-9600K・Core i5-8600K・Ryzen 5 2600Xともに横並びの状態です。Core i5-9600KがCore i5-8600Kに対し約3~4%の性能差がついており、クロックアップの効果を少しばかり実感できます。

なお、Core i7-9700Kとは最大約10%の差がつき、コア数の差がスコアにしっかり反映されます。

 

Far Cry 5

 

重量級のオープンワールドゲームです。

Core i5-9600KはCore i5-8600Kに対し最大約4%とあまり差はつきませんが、Ryzen 5 2600Xには約18%と大きな差をつけています。実践のゲームになるとCPUのシングル性能が低いRyzen 5はやや不利ですね。

ちなみに、Core i7-9700Kとは最大約16%の差がつきます。バツグンの安定感が素晴らしい。

 

Fortnite

 

フルHDの軽さとは裏腹に、4Kになるとガッツリ重くなるFPSゲームです。

CPUによって大きな差がつかず、またしてもCore i5-9600K・Core i5-8600K・Ryzen 5 2600Xで差ががほとんどありません

なお、Core i7-9700Kとは最大約10%の差がつき、やはり安定感はバツグン。

 

FF14

言わずと知れた国産RPGゲームです。CPUのシングル性能もスコアに直結するので、差がつきやすいのが特徴。Far Cry 5に近い傾向ですね。

やはりCore i5-9600KとCore i5-8600Kではほぼ差は無いものの、Ryzen 5 2600Xに対してはフルHD・WQHDで約7~8%の差がつきます。

Core i7-9700Kとの性能差は最大約12%と大きく、Core i7-8700Kよりもさらに進化したその性能は、ゲームで頼もしい限り。

 

CINEBENCH R15

以下クリエイティブ用途での性能をチェックしてみましょう。CINEBENCHは3Dグラフィックのレンダリング性能を測定するソフトです。

Core i5-9600KとCore i5-8600Kではほぼ変わらず、シングル性能が約6%上がっているのがせめてもの救いです。

一方、CPUのシングル性能×コア数がキモとなるテストということで、Ryzen 5 2600X
が優位に立ちます。Core i5-9600Kよりも逆に約31%性能が高くなっていますが、シングル性能は約15%ほど低く、ゲーム用途だとこの点がネック。

ちなみに、Core i7-9700Kはさらに約50%性能が高く、まさに圧倒的です。Ryzen 7は8コア16スレッドなので、それ以上のとんでもない伸びを見せます。

 

ffmpeg

こちらはffmpegを使用した動画エンコードテストです。約8分のフルHD・Motion JPEG形式をH.264とH.265に変換する所要時間を計測しました。

繰り返しになりますが、Core i5-9600KとCore i5-8600Kではほぼ変わりません。。Ryzen 5 2600XはH.264こそCore i5と互角ですが、H.265は苦手としているので、大幅に遅くなります。

Core i7-9700Kはやはり優秀で、約67%の短時間で処理しています。クリエイティブ用途でも高い性能を発揮します。

 

Lightroom Classic CC

写真のRAW現像でおなじみ【Lightroom Classic CC】で、24Mpix(6000×4000)サイズのAdobe-DNG形式250枚をJPEGへ変換する所要時間を計測しました。

Core i5-9600KとCore i5-8600Kよりも約7%時間を短縮しており、やや有利。Ryzen 5 2600XはわずかながらCore i5-9600Kよりも早く処理を終えています。

Core i7-9700Kはさらに早く、約70%の短時間で処理しています。ゲームにもクリエイティブ用途にもとにかく強い。

 

結局Core i5-9600Kはどうなの?

Core i7-8700搭載モデルがおすすめ

クロックアップだけなので、Core i5-8600Kとの性能差がほとんどなく、なんともインパクト不足。搭載モデルの価格も6コア12スレッドのCore i7-9700と同程度なので、わざわざCore i5-9600Kを選ぶ必要はありません。

ちなみにライバルとなるAMDのRyzen 5も最新世代になり大幅にパワーアップしているので、予算重視なら特におすすめです。

 

 icon-star こちらもあわせてチェック

Core i7-9700・9700F搭載おすすめゲーミングPC 価格と性能のバランスに優れた8コアのハイスペックモデル
インテル第9世代のハイスペックCPU【Core i7-9700・9700F】搭載モデルが登場し、第8世代からの世代交代が進行中。そのスペックと、おすすめBTOパソコンをチェックしてみましょう。 Core i7-9700のスペッ...
Ryzen 5 3600X・3600搭載おすすめゲーミングPC ミドルクラスの大本命!大幅な進化を遂げた6コア12スレッドCPU
AMDが満を持して送り出したミドルクラスCPU【Ryzen 5 3600X・3600】がデビュー!大幅な進化を遂げた高いパフォーマンスと、おすすめBTOパソコンをチェックしてみましょう。 第3世代Ryzen 5のスペックまとめ...

 

Core i5-9600K搭載のおすすめゲーミングPC

 icon-info-circle モデルの価格は日々変動するので、価格は参考までにご覧ください。

RTX 2080 Ti搭載モデル

リアルタイムレイトレーシング対応の4Kド安定モデル

LEVEL-M039-i5K-XYVI(パソコン工房)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i5-9600K
■チップセット:Z390チップセット
■メモリ:8GB(DDR4-2666)
■グラボ:RTX 2080 Ti
■ストレージ:SSD 250GB+HDD 1TB
■電源:700W(80PLUS BRONZE)
■価格:239,980円(税別)~

便利なデュアルストレージモデル

第9世代の6コアCPU・Core i5-9600KとRTX 2080 Tiを搭載した、ド安定の4K性能が魅力のミニタワーモデル。【K】付きのCPUなので、オーバークロック(自己責任)でさらに性能を引き出すこともできます。

8GBメモリにデュアルストレージのポイントをおさえた初期構成で、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを搭載するこだわりよう。

 

おすすめカスタマイズ

重量級のゲームが増えており、メモリは16GBあると安心。

 icon-check-circle パソコン工房のおすすめカスタマイズを徹底解説

 

RTX 2070 SUPER搭載モデル

リアルタイムレイトレーシング対応の4K推奨モデル

LEVEL-R040-i5K-TWS(パソコン工房)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i5-9600K
■チップセット:Z390チップセット
■メモリ:8GB(DDR4-2666)
■グラボ:RTX 2070 SUPER
■ストレージ:SSD 240GB
■電源:700W(80PLUS BRONZE)
■価格:146,980円(税別)~

シンプルな格安モデル

第9世代の6コアCPU・Core i5-9600KとRTX 2070 SUPERを搭載した、4Kでのゲーミングに最適なミドルタワーモデル。【K】付きのCPUなので、オーバークロック(自己責任)でさらに性能を引き出すこともできます。

8GBメモリにSSDのみのシンプルな初期構成で、裏配線構造のケースは拡張性も高く通気性もバツグン。RTX 2070 SUPER搭載モデルで14万円台はかなり安いですね。

 

おすすめカスタマイズ

重量級のゲームが増えており、メモリは16GBあると安心。また、HDDを追加してデュアルストレージにすると、より便利になります。

 icon-check-circle パソコン工房のおすすめカスタマイズを徹底解説

 

RTX 2060 SUPER搭載モデル

リアルタイムレイトレーシング対応の4K入門モデル

LEVEL-G03A-i5K-RWVI(パソコン工房)

 

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i5-9600K
■チップセット:Z390チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-2666)
■グラボ:RTX 2060 SUPER
■ストレージ:SSD 500GB+HDD 2TB
■電源:700W(80PLUS BRONZE)
■価格:154,980円(税別)~

フルタワーの本格派モデル

第9世代の6コアCPU・Core i5-9600KとRTX 2060を搭載した、WQHDでのゲーミングに最適なフルタワーモデル。【K】付きのCPUなので、オーバークロック(自己責任)でさらに性能を引き出すこともできます。

大容量の16GBメモリにデュアルストレージの充実した初期構成で、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプというこだわりよう。ミドルタワーよりもさらに大型のフルタワーケースを採用しており、拡張は思うがままま。

さらに各種パーツを搭載するマザーボードには、高品質で信頼の高いASUS製の【PRIME Z390-A】を搭載しているのがポイント。

 

まず拡張性ですが、マルチGPUに対応しており、SLIやCrossFireXといったグラボの2枚構成でさらに高いゲーミング性能を構築することができます。また、通常のSSDよりも4~5倍高速のPCIe接続SSDに対応したM.2スロットも用意されています。

機能面では、国産のオーディオ・コンデンサを採用したサウンドシステムに、安定した通信環境を実現するインテルのLANチップを搭載。さらに【AURA Sync】に対応したLEDイルミネーションも搭載し、PCのドレスアップも気軽に楽しめるようになっています。

耐久性にも優れており、【5X Protection III】とよばれる5つの機能では、過電圧や過電流対策、拡張スロットの強化などが施されてます。さらに拡張スロットは金属プレートで補強され、M2 SSDを冷却するヒートシンクも標準装備する徹底ぶりです。

 

おすすめカスタマイズ

この内容なら基本的にカスタマイズ不要です。

 icon-check-circle パソコン工房のおすすめカスタマイズを徹底解説

 

RTX 2060搭載モデル

リアルタイムレイトレーシング対応のWQHD推奨モデル

LEVEL-R039-i5K-ROVI(パソコン工房)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i5-9600K
■チップセット:Z390チップセット
■メモリ:8GB(DDR4-2666)
■グラボ:RTX 2060
■ストレージ:SSD 250GB+HDD 1TB
■電源:500W(80PLUS BRONZE)
■価格:129,980円(税別)~

シンプルな格安モデル

第9世代の6コアCPU・Core i5-9600KとRTX 2060を搭載した、WQHDでのゲーミングに最適なミドルタワーモデル。【K】付きのCPUなので、オーバークロック(自己責任)でさらに性能を引き出すこともできます。

8GBメモリにデュアルストレージのポイントを押さえた初期構成で、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプというこだわりよう。裏配線構造のケースは拡張性も高く通気性もバツグンです。

 

おすすめカスタマイズ

重量級のゲームが増えており、メモリは16GBあると安心。

 icon-check-circle パソコン工房のおすすめカスタマイズを徹底解説

 

GTX 1660 Ti搭載モデル

ド安定のフルHD性能&WQHD入門にも最適なモデル

LEVEL-G03A-i5K-RXVI(パソコン工房)

 

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i5-9600K
■チップセット:Z390チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-2666)
■グラボ:GTX 1660 Ti
■ストレージ:SSD 500GB+HDD 2TB
■電源:700W(80PLUS BRONZE)
■価格:139,980円(税別)~

本格派のGTX 1660 Ti搭載モデル

第9世代の6コアCPU・Core i5-9600KとGTX 1660 Tiを搭載した、ド安定のフルHD性能が魅力のフルタワーモデル。【K】付きのCPUなので、オーバークロック(自己責任)でさらに性能を引き出すこともできます。

大容量の16GBメモリにデュアルストレージの充実した初期構成で、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプというこだわりよう。ミドルタワーよりもさらに大型のフルタワーケースを採用しており、拡張は思うがままま。

もちろんこのモデルでも、先に紹介したハイスペックマザーボード【PRIME Z390-A】を搭載しています。

 

おすすめカスタマイズ

この内容なら基本的にカスタマイズ不要です。

 icon-check-circle パソコン工房のおすすめカスタマイズを徹底解説

 

 icon-exclamation-circle ゲーミングPCは高い…とお悩みの方必見!

グラボ別激安ゲーミングPCまとめ 予算重視の方は必見!
各グラフィックボード別の激安モデルをピックアップしました。安さでいうならドスパラorパソコン工房の二択です。 グラフィックボード別激安ゲーミングPC icon-info-circleモデルの価格や構成は日々変動するので、参考まで...

 

関連リンク

ほかのCPUもチェック

インテル製CPU

 

AMD製CPU

 

あわせて知りたい

 icon-exclamation-circle おトクなセール情報もチェック!

パソコン工房のゲーミングPCセール情報 格安モデルがさらに安く!
BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。 パソコン工房では現在次のセールやキャンペーンを実施中! ico...
ドスパラのゲーミングPCセール情報 無料アップグレードでコスパUP!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。 ドスパラでは、12月19日10時まで【冬のボーナスセー...
G-TuneのゲーミングPCセール情報 おトクな格安モデルをお見逃しなく!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。期間限定【冬のボーナスセール】をチェックしてみましょう。 ...
ツクモのゲーミングPCセール情報 自作クオリティのおトクなモデルをご紹介!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。 ツクモでは、12月23日16時まで【歳末感謝SALE】...
タイトルとURLをコピーしました