Core i5-11400搭載おすすめゲーミングPC アーキテクチャ刷新!ワンランク上の性能に進化した6コア12スレッドのミドルクラスモデル

  • 第10世代と同じ6コア12スレッドながら、アーキテクチャ刷新で性能アップ
  • IPCの向上により、Core i5-10600Kを超える性能にパワーアップ
  • RTX 3060 Ti~GTX 1650のラインナップに搭載

アーキテクチャ刷新でさらにパワーアップ!第11世代のミドルクラスCPU・Core i5-11400のスペックとおすすめBTOパソコンをチェックしてみましょう。

 

Core i5-11400のスペックまとめ

CPUの仕様と実際の性能をまとめました。

Core i5-11400の仕様

 Core i7-11700KCore i5-11600KCore i5-11400Core i7-10700KCore i5-10400Ryzen 5 5600X
コードネームRocket Lake-S
Rocket Lake-SRocket Lake-SComet Lake-SComet Lake-SVermeer
プロセスルール14nm++14nm++14nm++14nm++14nm++7nm
コア/スレッド8/166/126/128/166/126/12
動作クロック3.6GHz3.9GHz2.6GHz3.8GHz2.9GHz3.7GHz
最大クロック5.0GHz4.9GHz4.4GHz5.1GHz4.3GHz4.6GHz
倍率ロックフリー
L3キャッシュ16MB12MB12MB16MB12MB32MB
対応メモリーDDR4-3200
2ch
DDR4-2933
2ch
DDR4-3200
2ch
DDR4-2933
2ch
DDR4-3200
2ch
DDR4-2933
2ch
DDR4-2933
2ch
DDR4-2933
2ch
DDR4-3200
2ch
PCIeレーン総数
Gen.4×20Gen.4×20Gen.4×20Gen.3×16Gen.3×16Gen.4×20
内蔵GPUUHD 750UHD 750UHD 730UHD 630UHD 630
TDP125W125W65W125W65W65W

※Core i5-11400Fは、内蔵グラフィック非搭載バージョンで、性能はCore i5-11400と同等です。

第11世代Coreシリーズとなる”Rocket Lake-S”でも、14nmの製造プロセスを継承。ルーツをたどると第7世代の”Kaby Lake”までさかのぼり、改良に改良を加えて最新世代に至ります。

第11世代の特徴は次の4点ですー

  • CPUコアに”Cypress Cove”を採用
  • 内蔵グラフィック機能をIris Xe Graphicsベースの”UHD 750&730”に刷新
  • メモリコントローラーをDDR4-3200に対応
  • PCI Expressを4.0に対応し、レーン数を20レーンに拡大

最大のポイントはCPUコアに”Cypress Cove”を採用したことですね。前世代に比べ、IPC(クロックあたりの命令実行数)は19%も向上。シングル性能にも磨きがかかり、ゲーミングに強いCPUとなっています。そのほか、メモリコントローラーやPCI Expressが、ライバルのRyzenシリーズと同等レベルに強化されています。

ちなみに、内蔵グラフィックの”UHD 750”は、前世代のUHD 630から演算ユニットが倍増し、約50%ほどパフォーマンスが向上しています。ただし、Core i5-11400(Core i5-11400T含む)のみ、デチューンされた”UHD 730”を採用しており、パフォーマンスはやや下がる点に注意。

 

Core i5-11400の性能をチェック

Core i5-11600KとCore i5-11400は、前世代のCore i5と同じく6コア12スレッド構成となっており、TDPもそのまま据え置きとなっています。TDPは125Wのまま据え置きです。Core i5-11600Kは、Core i5-11400よりも動作クロックが高く、オーバークロックには対応。さらに、内蔵グラフィックで差をつけています。

なお、ライバルはAMDの第4世代6コア12スレッドCPU・Ryzen 5 5600Xとなります。以下、RTX 3090・16GBメモリ(DDR4-3200)の組み合わせでベンチマークをチェックしてみましょう。

 

CINEBENCH R20

毎度おなじみ3Dグラフィックのレンダリング性能を測定するソフトです。最新となるR20ではよりマルチコアに最適化された、重量級のテストとなっています。

 

IPCの向上がしっかり効いており、前世代の上位CPU・Core i5-10600Kを超え、シングル性能は約13%、マルチ性能は約9%上回っています。Core i5-11600Kにはクロック分だけきっちり差をつけられ、シングル性能は約10%、マルチ性能は約11%差となっています。

ライバルのRyzen 5 5600Xと比較してみると、シングル性能は約10%、マルチ性能は約15%差がつきます。Ryzen 5 5600Xのライバルは、Core i5-11600Kといったところですね。

 

Blender Open Data

こちらも同じく、3Dグラフィックのレンダリング性能を測定するソフトです。時間で測定しているため、短いほど優秀ということになります。

 

Core i5-10600Kとの差は約3%ほどですが、前世代をしっかり上回っています。Core i5-11600Kと比較してみると、両者の差は約10%と、コンスタントに差がつく感じですね。

Ryzen 5 5600Xとは約10%差となり、やはりCore i5-11600Kがライバルとなります。

 

7-Zip

マルチスレッドに最適化したファイルの圧縮/展開ツールです。ベンチマーク機能がついており、辞書サイズ・32MBで圧縮・展開スコアを比較しました。

 

Core i5-10600Kをきっちり上回り、圧縮では約5%、圧縮では約3%差をつけています。Core i5-11600Kとは、圧縮で約7%、展開で約9%差となり、おおむね10%程度というのは変わりません。

このテストでは一転、Ryzenシリーズが高いパフォーマンスを発揮するようになり、Ryzen 5 5600Xとの差は、圧縮では約23%、展開は約37%にもなります。Core i5-11600Kでも遠く及びません。

 

V-Ray Benchmark

こちらはフォトレンダリング処理性能を測定できるベンチマークソフトです。

 

Core i5-10600Kには約7%差をつけ、前世代よりも安定して高いパフォーマンスを発揮。Core i5-11600Kには約11%差をつけられ、他のテストとほぼ同じような結果となっています。

上のテストほどではないにしろ、Ryzenシリーズのスコアの伸びが良く、Ryzen  5 5600Xに約17%差をつけられています。

 

x265 HEVC Encoder

動画エンコードのベンチマークソフトです。フルHDのテスト動画をx265形式でエンコードした時間(秒)を測定しており、短いほど高速ということになります。

 

Core i5-10600Kに及ばず、約2%差とわずかながら下回っています。一方、Core i5-11600Kとは約10%、Ryzen  5 5600Xとは約16%差がつき、上のテストとほぼ変わらない結果となっています。

CPUの性能重視なら、Ryzenシリーズがおすすめですね。

 

Rainbow Six Siege

かなり軽いため、レンダリング解像度を”100”にし、負荷を上げて測定しています。

クロックが性能に直結しているため、Core i5-10600Kを下回り、平均fpsは約12%、最低fpsは約5%差をつけられています。もちろん、Core i5-11600Kにも及ばず、両者の差は平均fpsで約10%、最低fpsで約11%となっています。

なお、Ryzenシリーズのfpsがよく伸び、Ryzen 5 5600Xとの差は約22~25%と、大きく差が開きます。最上位のRyzen 9やCore i9クラスに匹敵する性能です。

 

Death Stranding

このゲームでは、コア性能でCore i5-10600Kを逆転し、平均fpsで約5%、最低fpsで約7%上回っています。Core i5-11600Kはクロックが高い分fpsがさらに伸び、平均fpsは約12%、最低fpsは約9%差をつけています。

Ryzen 5 5600Xは最低fpsの落ち込みがやや気になるものの、平均fpsは約13%上回り、安定して高いパフォーマンスを発揮します。

 

Borderlands 3

全体的に差がつきにくい傾向ですが、Core i5-10600Kを若干上回り、Core i5-11600Kとほぼ互角のfpsをマーク。さらに、Ryzen 5 5600Xを約3%上回っており、ゲームによっては上位CPUに匹敵します。

 

Watch Dogs Legion

Core i5-10600Kをわずかながら上回っていますが、Core i5-11600KとRyzen 5 5600Xには、平均fpsで約4%、最低fpsで約5%差をつけられています。あくまでも上位CPUを超えるのは一部のゲームのみで、クロックが低い分、fpsの伸びは控えめです。

 

消費電力

先の【Blender Open Data】実行時の消費電力を比較しました。

 

コアの性能が向上した分、第10世代から消費電力がさらに上がっていますが、Core i5-11400はK無しということで、第11世代の中では省エネの部類に入ります。Core i5-10600Kレベルに抑えており、Core i5-11600Kよりも約20%消費電力が少なく、ワットパフォーマンスは上々です

ただ、Ryzenシリーズは性能だけでなく省エネ性能も非常に優秀。Ryzen 5 5600Xは、さらに約19%も消費電力が少なくなっています。

 

結局Core i5-11400はどうなの?

IPCの向上により、前世代のCore i5-10600Kを超える性能に進化。上位のCore i5-11600Kとの差は、おおむね10%前後ですが、省エネ性能に優れ、ワットパフォーマンスは上々です。

ライバルのRyzen 5 5600Xは安定して高い性能を発揮し、テストによっては20~30%差をつけ、おまけに消費電力も少なく、まさに死角なし。

搭載モデルですが、Core i5-11600K搭載モデルがほぼない状況で、実質Core i5-11400かRyzen 5 5600Xの二択となります。予算重視ならCore i5-11400搭載モデル、性能重視ならRyzen 5 5600Xがそれぞれおすすめです

 

 

Core i5-11400搭載のおすすめゲーミングPC

 icon-info-circle モデルの価格は日々変動するので、価格は参考までにご覧ください。

GTX 1650搭載モデル

フルHD入門に最適なモデル

Magnate/マグネイト MH(ドスパラ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i5-11400
■チップセット:H510チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-3200)
■グラボ:GTX 1650
■ストレージ:SSD 256GB(PCIe NVMe)
■電源:450W(80PLUS BRONZE)
■価格:99,980円(税込)~

10万円以下の格安モデル

インテルの第11世代6コア12スレッドCPU・Core i5-11400とGTX 1650を搭載した、フルHD入門に最適なミニタワーモデル。

16GBメモリに256GB SSDの便利な初期構成で、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを採用しています。なお、このモデルは一般向けのデスクトップなので、光学ドライブ・マウス・キーボードが標準で付属しています。

 

おすすめカスタマイズ

基本的にカスタマイズ不要ですが、最近のゲームは容量そのものが増えており、512GBに増やしておくと安心。また、HDDを追加してデュアルストレージ構成にすると、ゲームとデータの保存先を分けることができ、より便利になります。

 icon-check-circle ドスパラのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

GTX 1660搭載モデル

フルHDでのゲーミングに最適なモデル

 GALLERIA/ガレリア RM5C-G60 第11世代Core搭載(ドスパラ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i5-11400
■チップセット:B560チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-3200)
■グラボ:GTX 1660
■ストレージ:SSD 500GB(PCie NVMe)
■電源:550W(80PLUS BRONZE)
■大型CPUクーラー搭載
■価格:129,980円(税込)~

低価格&高コスパモデル

インテルの第11世代6コア12スレッドCPU・Core i5-11400とGTX 1660 SUPERを搭載した、フルHDでのゲーミングに最適なミニタワーモデル。標準で大型CPUクーラーが搭載されており、CPUの冷却は万全です。

16GBメモリに500GB SSDの充実した初期構成で、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを採用。曲線を用いた美しいケースはエアフローに優れ、LEDイルミネーションやクリアサイドパネルを搭載。トータルでの完成度が高い一台に仕上がっています。

 

おすすめカスタマイズ

基本的カスタマイズ不要ですが、HDDを追加してデュアルストレージにすると、ゲームとデータの保存先を分けることができ、とても便利。

 icon-check-circle ドスパラのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

 G-Tune PM-B(G-Tune)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i5-11400F
■チップセット:B560チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-3200)
■グラボ:GTX 1660
■ストレージ:SSD 256GB(PCIe NVMe)
■電源:500W(80PLUS BRONZE)
■価格:137,280円(税込)~

保証&サポート重視ならG-Tuneがおすすめ

インテルの第11世代6コア12スレッドCPU・Core i5-11400とGTX 1660を搭載した、フルHDでのゲーミングに最適なミニタワーモデル。16GBメモリに256GB SSDの便利な初期構成で、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを採用しています。

また、ケースの完成度が高いのもポイント。ケース内部は電源とストレージを上部に集約した、”チャンバー構造”になっており、エアフローがとてもスムーズ。さらに、フロント部分にHDMI端子がついているので、VR機器の取り回しもかんたん。

ちなみに、G-Tuneは保証が充実しているのもポイント。G-Tuneでは延長保証が定額制で安く、例えば3年延長保証+センドバック修理保証に7,700円(税込)で加入することができます。また、24時間365日の電話サポート&96時間以内で修理完了が標準メニューとして用意されており、万が一でも安心です。

 

おすすめカスタマイズ

最近ではゲームそのものの容量も増えているため、SSDは500GB以上あると安心です。

 icon-check-circle G-Tuneのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

RTX 3060搭載モデル

RTX 2060 SUPERに匹敵する性能のWQHD推奨モデル

 LEVEL-M056-114-RBX(パソコン工房)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i5-11400
■チップセット:B560チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-2933)
■グラボ:RTX 3060
■ストレージ:SSD 500GB(PCIe NVMe)
■電源:700W(80PLUS BRONZE)
■価格:150,980円(税込)~

15万円台の格安モデル

インテルの第11世代6コア12スレッドCPU・Core i5-11400とRTX 3060を搭載した、WQHDでのゲーミングに最適なミニタワーモデル。

16GBメモリに500GB SSDの充実した初期構成となっており、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを採用しています。価格が15万円台と非常に安く、格安のRTX 3060搭載モデルとしておすすめ。

 

おすすめカスタマイズ

基本的にカスタマイズ不要ですが、HDDを追加してデュアルストレージ構成にすると、ゲームは高速のSSDに、データ類は大容量のHDDに保存する使い分けができ、より便利になります。

 icon-check-circle パソコン工房のおすすめカスタマイズを徹底解説

 

 G-GEAR GA5J-D211/T(ツクモ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i5-11400
■チップセット:H570チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-3200)
■グラボ:RTX 3060
■ストレージ:SSD 500GB(PCIe NVMe)
■電源:750W(80PLUS GOLD)
■価格:164,800円(税込)~

ワンランク上のモデル

インテルの第11世代6コア12スレッドCPU・Core i5-11400とRTX 3060を搭載した、WQHDでのゲーミングに最適なミドルタワーモデル。

16GBメモリに500GB SSDの充実した初期構成で、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを採用。さらに、電源は最大90%の電力変換効率を誇るゴールドクラス電源を採用するほか、マザーボードは拡張性の高いATX規格のものを搭載しています。

前面がメッシュ加工されたケースは、通気性と冷却能力に優れ、拡張性もバツグン。トータルで高い完成度を実現しており、ワンランク上のモデルとしておすすめ。

 

おすすめカスタマイズ

基本的にカスタマイズ不要ですが、HDDを追加してデュアルストレージにすると、ゲームは高速のSSDに、データ類はHDDに保存する使い分けができ、より便利になります。

 icon-check-circle ツクモのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

RTX 3060 Ti搭載モデル

RTX 2080 SUPERに匹敵する性能の4K入門モデル

 LEVEL-M056-114F-SAX(パソコン工房)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i5-11400F
■チップセット:B560チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-2933)
■グラボ:RTX 3060 Ti
■ストレージ:SSD 500GB(PCIe NVMe)
■電源:700W(80PLUS BRONZE)
■価格:163,980円(税込)~

16万円台の格安モデル

インテルの第11世代6コア12スレッドCPU・Core i5-11400とRTX 3060 Tiを搭載した、4K入門に最適なミニタワーモデル。

16GBメモリに500GB SSDの充実した初期構成となっており、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを採用しています。価格が16万円台と非常に安く、格安のRTX 3060 Ti搭載モデルとしておすすめ。

 

おすすめカスタマイズ

基本的にカスタマイズ不要ですが、HDDを追加してデュアルストレージ構成にすると、ゲームは高速のSSDに、データ類は大容量のHDDに保存する使い分けができ、より便利になります。

 icon-check-circle パソコン工房のおすすめカスタマイズを徹底解説

 

 GALLERIA/ガレリア RM5C-R36T(ドスパラ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i5-11400
■チップセット:B560チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-3200)
■グラボ:RTX 3060 Ti
■ストレージ:SSD 500GB(PCie NVMe)
■電源:650W(80PLUS BRONZE)
■大型CPUクーラー搭載
■価格:179,980円(税込)~

高品質ケースを採用したフル装備モデル

インテルの第11世代6コア12スレッドCPU・Core i5-11400とRTX 3060 Tiを搭載した、4K入門に最適なミニタワーモデル。

16GBメモリに500GB SSDの充実した初期構成で、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを採用。また、標準で大型CPUクーラーが搭載されており、CPUの冷却は万全です。

曲線を用いた美しいケースは、裏配線&チャンバー構造を採用することで、高いエアフローを実現。さらに、LEDイルミネーションやクリアサイドパネルを搭載しており、トータルでの完成度が高い一台に仕上がっています。

 

おすすめカスタマイズ

基本的カスタマイズ不要ですが、HDDを追加してデュアルストレージにすると、ゲームとデータの保存先を分けることができ、とても便利。

 icon-check-circle ドスパラのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

【番外編】G-Master Spear Z590(サイコム)

サイコムは、他社を圧倒するレベルの豊富なカスタマイズメニューが特徴のメーカーです。価格は割高ですが、自分好みの一台が欲しい方におすすめ。

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i7-11700K
■チップセット:Z590チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-3200)
■グラボ:RTX 3060
■ストレージ:SSD 512GB(PCIe NVMe)
■電源:750W(80PLUS GOLD)
■大型CPUクーラー搭載
■価格:228,950円(税込)~

【上級者向け】自由自在にカスタマイズできる本格派モデル

ベースとなるモデルでは、8コア16スレッドのCore i7-11700KとRTX 3060を搭載し、WQHDでのゲーミングに最適な性能となっています。もちろん、Core i5-11400にグレードを下げることも可能です。

本格派のメーカーということで、初期構成もなかなかの充実ぶり。

まず、ケースはおなじみクーラーマスター製のミドルタワー【MasterBox CM694】を採用。フロントパネル全面はメッシュ加工がされ、通気性は抜群です。拡張性も高く、ツールレスなのでパーツの交換や増設もラクラク。さらに、グラボの固定ツールも装備しているので、マザーボードのスロットに負荷がかかりにくくなっています。

 

マザーボードは鉄板メーカー・ASUSの【TUF GAMING Z590-PLUS WIFI】を搭載。チョークコイルやコンデンサなど重要部品をはじめ、各パーツが軍事規格に準拠しており、とにかくタフ

また、金属プレートで補強された拡張スロットやM.2スロットのヒートシンクを装備し、最新の無線LAN規格・Wi-Fi 6にもしっかり対応しており、完成度の高さが光ります。

 

冷却の肝となるCPUクーラーは、毎度おなじみクーラーマスター製の【Hyper 212EVO V2】を採用。4本のヒートパイプでしっかり熱を吸収し、12cmの大型ファンで強力に発散します。

 

また、電源も高品質のSilver Stone製750Wゴールドクラス電源を搭載。最大90%の電力変換効率を誇り、省エネ・低発熱の優れもの。全ケーブルが脱着可能なフルモジュラー式なので、使わないケーブルは取り外すことでケース内はスッキリ。エアフローもスムーズです。

 

 icon-exclamation-circle ゲーミングPCは高い…とお悩みの方必見!

グラボ別激安ゲーミングPCまとめ 予算重視の方は必見!
各グラフィックボード別の激安モデルをピックアップしました。安さでいうならドスパラorパソコン工房の二択です。 グラフィックボード別激安ゲーミングPC icon-info-circleモデルの価格や構成は日々変動するので、参考まで...

 

関連リンク

ほかのCPUもチェック

インテル製CPU

 

AMD製CPU

 

あわせて知りたい

 icon-exclamation-circle おトクなセール情報もチェック!

パソコン工房のゲーミングPCセール情報
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。 パソコン工房では、12月7日午後13時59分まで''ボ...
ドスパラのゲーミングPCセール情報
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。コスパに優れたおすすめモデルをチェックしていきましょう。 ...
G-TuneのゲーミングPCセール情報
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。期間限定セールをチェックしてみましょう。 ボーナス先取り...
DELL(デル)のゲーミングPCセール情報
BTOパソコンの真価はセールにあり!特にゲーミングノートで高いコスパを誇る、デルのセール情報をチェックしてみましょう。 BLACK FRIDAYセール 直販セールサイト 期間限定で最大22%OFFの''ブラックフライデーセ...
タイトルとURLをコピーしました