Core i5-10400搭載おすすめゲーミングPC ついにハイパースレッディング対応!ワットパフォーマンスに優れた6コア12スレッドのミドルクラスモデル

  • 6コア12スレッドで前世代のCore i5-9400よりも約30~40%性能が向上
  • ゲーミング性能もしっかり上がり、ワットパフォーマンスも良好
  • RTX 2060 SUPER~GTX 1650までのラインナップに搭載

インテルのCore i5がついに、ハイパースレッディングに対応!第10世代のミドルクラスCPU・Core i5-10400のスペックとおすすめBTOパソコンをチェックしてみましょう。

 

Core i5-10400のスペックまとめ

CPUの仕様と実際の性能をまとめました。

Core i5-10400の仕様

 Core i5-10600KCore i5-10400Core i5-9600KCore i5-9400Ryzen 5 3600
コードネームComet Lake-S
Comet Lake-SCoffee Lake-S
Refresh
Coffee Lake-S
Refresh
Matisse
プロセスルール14nm++14nm++14nm++14nm++7nm
コア/スレッド6/126/126/66/66/12
動作クロック4.1GHz2.9GHz3.7GHz2.9GHz3.6GHz
最大クロック4.8GHz4.3GHz4.6GHz4.1GHz4.2GHz
倍率ロックフリー
L3キャッシュ12MB12MB9MB9MB32MB
対応メモリーDDR4-2933
2ch
DDR4-2666
2ch
DDR4-2666
2ch
DDR4-2666
2ch
DDR4-3200
2ch
PCIeレーン総数
Gen.3×16Gen.3×16Gen.3×16Gen.3×16Gen.4×20
内蔵GPUUHD 630UHD 630UHD 630UHD 630
TDP125W65W95W65W65W

第10世代Coreシリーズとなる”Comet Lake-S”ですが、その中身は前世代の改良版で、ルーツをたどると第7世代の”Kaby Lake”までさかのぼります。あくまでも改良版ということで、プロセスルールは引き続き14nm++となっており、PCIeの規格もGen.3で据え置きです。

ミドルクラスのCore i5は、長らくHT(ハイパースレッディング)非対応でしたが、第10世代ではついに解禁。前世代と同じく6コアではありますが、12スレッド構成となり、大幅にパワーアップしています。なお、TDPは65Wのまま据え置きなので、ワットパフォーマンスは良好です。

倍率ロックフリーに対応した上位のCore i5-10600Kは、同じく6コア12スレッドで、動作クロックと対応メモリーの規格が上げられています。クロックが上がっている分、TDPがガッツリ増え、燃費はイマイチ。以下ライバルとなる、AMDの6コア12スレッドCPU・Ryzen 5 3600と比較しつつその実力をチェックしてみましょう。

 

ベンチマーク

RTX 2080 Ti・16GBメモリ(DDR4-3200)の組み合わせでベンチマークを測定しました。

CINEBENCH R20

毎度おなじみ3Dグラフィックのレンダリング性能を測定するソフトです。最新となるR20ではよりマルチコアに最適化された、重量級のテストとなっています。

 

前世代のCore i5-9400F(Fは内蔵GPU省略モデルで、性能は同等)と比較してみると、シングル性能こそ微増にとどまりますが、マルチ性能は約138%と大幅にパフォーマンスが向上しています。さすがにHT(ハイパースレッディング)は伊達じゃないですね。2世代前のCore i7-8700Kに匹敵する性能です。

ライバルのRyzen 5 3600と比較してみると、シングル性能は約90%、マルチ性能は約91%と約10%ほど性能が低くなっています。クロックが高いCore i5-10600Kが実質対抗馬といったところでしょうか。

 

Blender Open Data

こちらも同じく、3Dグラフィックのレンダリング性能を測定するソフトです。時間で測定しているため、短いほど優秀ということになります。

 

HTに対応するだけで大幅に時間を短縮しており、Core i5-9400Fに対し約71%の時間でテストを完了しています。ライバルのRyzen 5 3600に対しては、約109%とやや差をつけられる感じで、Core i5-10600Kといい勝負を演じています。

 

7-Zip

マルチスレッドに最適化したファイルの圧縮/展開ツールです。ベンチマーク機能がついており、辞書サイズ・32MBで圧縮・展開スコアを比較しました。

 

Core i5-9400Fから安定してスコアが伸びており、展開は約132%、圧縮は約140%とおおむね30~40%ほどパフォーマンスが向上しています。

Ryzen 5 3600と比較してみると、展開は約74%、圧縮は約86%と大きく差をつけられています。こればかりはCore i5-10600Kも及びません。

 

x264 HD Benchmark

動画エンコードのベンチマークソフトです。フルHDのテスト動画をx264形式でエンコードし、2Passにかかる所要時間の平均値を測定しており、短ければ短いほど高性能ということになります。

 

コア数が増えた分だけ時短効果も大幅に上がっており、Core i5-9400Fに対し約73%の時間で変換を完了しています。ただ、Ryzen 5 3600に対しては約116%と、やはり差をつけられていますね。

Ryzen 5 3600のライバルはCore i5-10600Kと考えるのがよさそうです。

 

Far Cry New Dawn

マルチスレッド構成になり、性能はしっかりパワーアップ!

Core i5-9400Fに対し、平均fpsは約105~106%、最低fpsは約106~109%となり、Core i7-8700Kに匹敵するパフォーマンスを発揮します。ライバルのRyzen 5 3600と比較してみると、平均fpsは約95~98%、最低fpsは約86~96%と下回り、負荷の高いWQHDで差がつきやすくなっています。

なお、ゲームは動作クロックが高いほどfpsが伸びやすく、クロックの高いCore i5-10600KがCore i5-9400F&Ryzen 5 3600よりも総じて有利です

 

Tom Clancy’s Rainbow Six Siege

かなり軽いゲームなので、レンダリング解像度をMAXの”100”にし、負荷を上げて測定しています。

Core i5-9400Fと比較すると、フルHDでの平均fpsは約108%ですが、最低fpsは約129%とよく伸び、安定性が格段に向上しています。WQHDでは平均fpsこそ変わりませんが、最低fpsは約115%で、安定感はやはりアップ。マルチスレッドになるだけでだいぶ変わりますね。

一方Ryzen 5 3600と比較すると、平均fpsはほぼ互角ですが、フルHDの最低fpsは約89%と下回り、安定性ではRyzen 5に軍配が上がります。

 

BATTLEFIELD V

Core i5-9400Fと比較すると、やはり最低fpsが大きく向上。平均fpsは約105~112%、最低fpsは約133~135%となり、安定性が格段に向上しています。

一方Ryzen 5 3600に対し、平均fpsは約104~105%、最低fpsは約103~108%と上回る結果となっています。

 

Red Dead Redemption 2

DirectXではなく、Vulkanを採用したゲームですね。ちなみに、フルHDの時点でグラボがボトルネックとなっているので、WQHDではどのCPUを使っても大差ありません。

Core i5-9400Fと比較すると、フルHDでの平均fpsは約126%、最低fpsは約117%となり、平均・最低fpsともにしっかりパフォーマンスが向上しています。Ryzen 5 3600に対し、フルHDでの平均fpsは約110%、最低fpsは約105%となり、またしても有利な結果となっています。

 

消費電力

先の【Blender Open Data】実行時の消費電力を比較しました。

 

マルチスレッド化により、消費電力はCore i5-9400Fから約30%増加。それでもRyzen 5 3600とほぼ同じレベルとなっており、6コア12スレッドCPUにしては妥当な消費電力に収まっています。

クロックが高いCore i5-10600Kはかなりの大食らいで、なんと200Wオーバー!8コア16スレッドCPU・Ryzen 7 3700Xの165Wと比較すると、頭が痛くなる燃費の悪さです。

 

結局Core i5-10400はどうなの?

6コア12スレッドになることで、Core i5-9400Fから基本性能はおおむね30~40%パワーアップ。ゲーミング性能も着実に上がり、特に最低fpsが底上げされ、安定感は格段に向上しています。消費電力もきっちり増えていますが、Ryzen 5 3600と同程度に抑えており、ワットパフォーマンスも良好です。

ライバルのRyzen 5 3600との勝負ですが、基本性能はRyzen 5が高く、ゲーミング性能は五分といったところ。搭載モデルの価格はRyzen 5のほうが安く、特にこだわりがなければ、Ryzen 5 3600搭載モデルがおすすめです

 

Core i5-10400搭載のおすすめゲーミングPC

 icon-info-circle モデルの価格は日々変動するので、価格は参考までにご覧ください。

GTX 1650搭載モデル

フルHD入門に最適な低価格モデル

  G-GEAR GA5J-C201/T(ツクモ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i5-10400
■チップセット:H470チップセット
■メモリ:8GB(DDR4-2666)
■グラボ:GTX 1650
■ストレージ:SSD 240GB
■電源:450W(80PLUS BRONZE)
■価格:87,800円(税別)~

格安のエントリーモデル

インテル第10世代の6コア12スレッドCPU・Core i5-10400とGTX 1650を搭載した、フルHD入門に最適なミドルタワーモデル。8GBメモリにSSDのみのシンプルな初期構成となっています。

ケースはフロント部分がメッシュ状となっており、エアフローに優れ冷却性はバツグン。拡張性も高く、コスパモデルながら高い完成度が魅力のモデルです。

 

おすすめカスタマイズ

ゲームそのものの容量も増えているため、SSDの容量を増やすのがおすすめ。また、HDDを追加してデュアルストレージにすれば、ゲームとデータを別々に保存でき、より便利になります。動画や画像編集でも使うなら、メモリを増やすのもありですね。

 icon-check-circleツクモのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

  GALLERIA/ガレリア RM5C-G50(ドスパラ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i5-10400
■チップセット:B460チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-2666)
■グラボ:GTX 1650
■ストレージ:SSD 512GB(PCie NVMe)
■電源:450W(80PLUS BRONZE)
■大型CPUクーラー搭載
■価格:99,980円(税別)~

高品質ケースを採用したフル装備モデル

インテル第10世代の6コア12スレッドCPU・Core i5-10400とGTX 1650を搭載した、フルHD入門に最適なミニタワーモデル。標準で大型CPUクーラーが搭載されており、CPUの冷却は万全です。

大容量の16GBメモリに大容量SSDの充実した初期構成で、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを採用。最近のゲームはメモリをガッツリ使い、ゲームそのものの容量も増えていますが、この内容なら安心です。

曲線を用いた美しいケースはエアフローに優れ、LEDイルミネーションやクリアサイドパネルを搭載。トータルでの完成度が高い一台に仕上がっています。

 

おすすめカスタマイズ

基本的カスタマイズ不要ですが、HDDを追加してデュアルストレージにすると、ゲームとデータの保存先を分けることができ、とても便利。

 icon-check-circle ドスパラのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

GTX 1650 SUPER搭載モデル

フルHD入門+αのモデル

LEVEL-M046-iX4-RVS(パソコン工房)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i5-10400
■チップセット:B460チップセット
■メモリ:8GB(DDR4-2666)
■グラボ:GTX 1650 SUPER
■ストレージ:SSD 480GB
■電源:500W(80PLUS BRONZE)
■価格:95,980円(税別)~

ワンランク上のエントリーモデル

インテル第10世代の6コア12スレッドCPU・Core i5-10400とGTX 1650 SUPERを搭載した、フルHD入門+αのミニタワーモデル

8GBメモリに大容量SSDのポイントをおさえた初期構成で、このままでも十分使える内容となっています。ワンランク上のエントリーモデルがほしい方にオススメ。

 

おすすめカスタマイズ

メモリを増やすのがおすすめですが、あくまでも軽めのゲームを想定した性能なので、このまま割り切ってしまうのもあり。なお、HDDを追加してデュアルストレージにすると、ゲームとデータの保存先を分けることができ、より便利になります。

 icon-check-circle パソコン工房のおすすめカスタマイズを徹底解説

 

GTX 1660 SUPER搭載モデル

ド安定のフルHD性能が魅力のモデル

  LEVEL-M046-iX4-RJS(パソコン工房)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i5-10400
■チップセット:B460チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-2666)
■グラボ:GTX 1660 SUPER
■ストレージ:SSD 480GB
■電源:500W(80PLUS BRONZE)
■価格:106,980円(税別)~

格安のミドルクラスモデル

インテル第10世代の6コア12スレッドCPU・Core i5-10400とGTX 1660 SUPERを搭載した、ド安定のフルHD性能が魅力のミニタワーモデル

大容量の16GBメモリに大容量SSDの充実した初期構成で、十分実用的な内容となっています。最近のゲームはメモリをガッツリ使い、ゲームそのものの容量も増えていますが、この内容なら安心です。

 

おすすめカスタマイズ

HDDを追加してデュアルストレージにすると、ゲームとデータの保存先を分けることができ、より便利になります。

 icon-check-circle パソコン工房のおすすめカスタマイズを徹底解説

 

  GALLERIA/ガレリア RM5C-G60S(ドスパラ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i5-10400
■チップセット:B460チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-2666)
■グラボ:GTX 1660 SUPER
■ストレージ:SSD 512GB(PCie NVMe)
■電源:550W(80PLUS BRONZE)
■大型CPUクーラー搭載
■価格:119,980円(税別)~

高品質ケースを採用したフル装備モデル

インテル第10世代の6コア12スレッドCPU・Core i5-10400とGTX 1660 SUPERを搭載した、ド安定のフルHD性能が魅力のミニタワーモデル。標準で大型CPUクーラーが搭載されており、CPUの冷却は万全です。

大容量の16GBメモリに大容量SSDの充実した初期構成で、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを採用。曲線を用いた美しいケースはエアフローに優れ、LEDイルミネーションやクリアサイドパネルを搭載。トータルでの完成度が高い一台に仕上がっています。

 

おすすめカスタマイズ

基本的カスタマイズ不要ですが、HDDを追加してデュアルストレージにすると、ゲームとデータの保存先を分けることができ、とても便利。

 icon-check-circle ドスパラのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

GTX 1660 Ti搭載モデル

GTX 1660 SUPERとほぼ同じ性能を持つミドルクラスモデル。基本的にはGTX 1660 SUPERでOK

G-GEAR GA5J-D201/T(ツクモ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i5-10400
■チップセット:H470チップセット
■メモリ:8GB(DDR4-2666)
■グラボ:GTX 1660 Ti
■ストレージ:SSD 240GB
■電源:550W(80PLUS BRONZE)
■価格:104,800円(税別)~

インテル第10世代の6コア12スレッドCPU・Core i5-10400とGTX 1660 Tiを搭載した、ド安定のフルHD性能が魅力のミドルタワーモデル。GTX 1660 SUPERと同等の性能なので、基本的に選ぶ必要はなく、拡張性に優れたミドルタワーが欲しい方におすすめ。

 

おすすめカスタマイズ

メモリをガッツリ使うゲームが多くなっており、16GBあると安心。また、ゲームそのものの容量も増えているため、SSDの容量を増やすのがおすすめ。そのほか、HDDを追加してデュアルストレージにすれば、ゲームとデータを別々に保存でき、さらに便利になります。

 icon-check-circleツクモのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

RTX 2060 SUPER搭載モデル

4K入門に最適なハイスペックモデル

  LEVEL-M046-iX4-RWS(パソコン工房)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i5-10400
■チップセット:B460チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-2666)
■グラボ:RTX 2060 SUPER
■ストレージ:SSD 480GB
■電源:700W(80PLUS BRONZE)
■価格:129,980円(税別)~

充実した装備が魅力のモデル

インテル第10世代の6コア12スレッドCPU・Core i5-10400とRTX 2060 SUPERを搭載した、4K入門に最適なミニタワーモデル。

大容量の16GBメモリに大容量SSDの充実した初期構成となっています。最近のゲームはメモリを多く使い、容量そのものも増えていますが、この内容なら安心です。

 

おすすめカスタマイズ

基本的にカスタマイズ不要ですが、HDDを追加してデュアルストレージにすると、ゲームとデータの保存先を分けることができ、さらに便利になります。

 icon-check-circle パソコン工房のおすすめカスタマイズを徹底解説

 

  GALLERIA/ガレリア RM5C-R60S(ドスパラ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i5-10400
■チップセット:B460チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-2666)
■グラボ:RTX 2060 SUPER
■ストレージ:SSD 512GB(PCie NVMe)
■電源:650W(80PLUS BRONZE)
■大型CPUクーラー搭載
■価格:139,980円(税別)~

高品質ケースを採用したフル装備モデル

インテル第10世代の6コア12スレッドCPU・Core i5-10400とRTX 2060 SUPERを搭載した、4K入門に最適なミニタワーモデル。標準で大型CPUクーラーが搭載されており、CPUの冷却は万全です。

大容量の16GBメモリに大容量SSDの充実した初期構成で、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを採用。曲線を用いた美しいケースはエアフローに優れ、LEDイルミネーションやクリアサイドパネルを搭載。トータルでの完成度が高い一台に仕上がっています。

 

おすすめカスタマイズ

基本的カスタマイズ不要ですが、HDDを追加してデュアルストレージにすると、ゲームとデータの保存先を分けることができ、とても便利。

 icon-check-circle ドスパラのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

 icon-exclamation-circle ゲーミングPCは高い…とお悩みの方必見!

グラボ別激安ゲーミングPCまとめ 予算重視の方は必見!
各グラフィックボード別の激安モデルをピックアップしました。安さでいうならドスパラorパソコン工房の二択です。 グラフィックボード別激安ゲーミングPC icon-info-circleモデルの価格や構成は日々変動するので、参考まで...

 

関連リンク

ほかのCPUもチェック

インテル製CPU

 

AMD製CPU

 

あわせて知りたい

 icon-exclamation-circle おトクなセール情報もチェック!

パソコン工房のゲーミングPCセール情報 格安モデルがさらに安く!
BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。 パソコン工房では現在次のセールやキャンペーンを実施中! ico...
ドスパラのゲーミングPCセール情報 無料アップグレードでコスパUP!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。 ドスパラでは、7月30日午前11時まで【New GAL...
G-TuneのゲーミングPCセール情報 おトクな格安モデルをお見逃しなく!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。期間限定セールをチェックしてみましょう。 第3弾!夏のボ...
ツクモのゲーミングPCセール情報 自作クオリティのおトクなモデルをご紹介!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。 ツクモでは現在、旧モデルの大幅値下げや、CPU無料アッ...
タイトルとURLをコピーしました