おすすめスリムゲーミングPCまとめ 性能と冷却性の高さを両立した高性能ケース

ゲーミングPCが欲しいけど、置くスペースが限られている…そんな方におすすめなのがコンパクト・スリムサイズのゲーミングPCです。

今回はスリムタイプのゲーミングPCをまとめてみました。

icon-exclamation-circleコンパクト・ミニタイプはこちら

おすすめコンパクトゲーミングPCまとめ 性能はそのままで場所をとらない小型ケース
ゲーミングPCが欲しいけど、置くスペースが限られている…そんな方におすすめなのがコンパクト・スリムサイズのゲーミングPCです。 今...
おすすめミニゲーミングPCまとめ 置けない場所はない!究極の超小型ゲーミングPC
ゲーミングPCが欲しいけど、置くスペースが限られている…そんな方におすすめなのがコンパクト・スリムサイズのゲーミングPCです。 今...

スリムゲーミングPCのメリット・デメリット

スリムタワーケースの魅力は何といってもとにかく幅が狭いこと。その薄さは約10cmと一般的なミドルタワーケースの約半分です。

また、重さも約7~8Kgと、軒並み10Kgを超えるタワー型ケースに比べると非常に軽くなっています。

メリット

icon-circle-oちょっとしたスペースに置ける
icon-circle-o持ち運びがラク

パソコンの設置で一番ネックになるのが、高さよりも幅です。例えば机の上に設置する場合、やはり幅が狭い方が設置しやすいですよね。コンパクトタイプよりも幅が狭いので、場所を取らないパソコンならスリムタイプがおすすめ

もちろん軽いので、持ち運びもラクラク。男性であれば10Kg超えようがどうということはないのですが、女性であれば軽いに越したことはないですよね。

デメリット

icon-times拡張性が低い

スリムタイプに限らず、コンパクトタイプにも言えることですが、小さい分だけ拡張性が低く、SSDやHDD用の拡張ベイは最低限です。

もちろん光学ドライブ用の5インチベイもありません。ただストレージについては、大容量のものを搭載したり、マザーボード上のM.2スロットを活用することでカバーできるので、ヘビーユーザーでもなければあまり気にする必要はありません。

ドスパラ【ガレリア Sシリーズ】

モデルの特徴

ドスパラのスリムモデルは「GALLERIA(ガレリア) Sシリーズ」というラインナップです。価格重視であればドスパラがおすすめ!

【ケーススペック】
サイズ:W105×D350×H382mm/重さ:約7.2kg/拡張ベイ:スリム5インチベイ×1、3.5インチベイ×1、2.5インチベイ×2

モデルのベースとなっているのは自作では定番のSilverStone製スリムケース「RAVEN」です。こう見えても熱対策は万全!

最大の熱源であるCPUとグラボが分離して配置されており、下手なタワーケースよりも冷えるケースということで、評判が非常に高くなっています。BTOながら素晴らしいケースを採用していますね。

またオプションメニューにはなりますが、マグネット式のダストフィルター【GALLERIA(KTC)専用ダストフィルター3枚組(マグネット式)】を使えば、パソコンの天敵であるほこり対策もできる点もグッド。

そのほか、電源には最大90%の電源変換効率を誇るゴールドクラス電源を採用しているのもポイント。コンセントからの電気を無駄なく変換できるので、より低発熱で省エネになります。

icon-exclamation-circle実機レビューもあわせてどうぞ!

ガレリア ST 7700をレビュー 高冷却タイプのスリムケースにGTX 1060を搭載したミドルクラスモデル
今回ドスパラの「GALLERIA(ガレリア) ST 7700」をお借りしました。 高い機能性と冷却性を誇るスリムケースを採用した「...

おすすめモデル

icon-info-circle モデルの価格は日々変動するので、価格は参考までにご覧ください。

ガレリア ST

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i7-8700
■チップセット:B360チップセット
■メモリ:8GB(DDR4-2666)
■グラボ:GTX 1060(グラフィックメモリ6GB)
■ストレージ:SSD 500GB+HDD2TB
■電源:550W(80PLUS GOLD)
■価格:157,980円(税別)~

ド安定のGTX 1060を搭載した万能モデル

6コア12スレッドのハイパワーCPU、Core i7-8700とGTX 1060(グラフィックメモリ6GB)を搭載したモデル。あらかたのゲームをフルHD解像度でプレイできる万能さが魅力です。

しかもグラフィックメモリが6GBなので、オープンワールドやFPSゲームなどフレームレートが変動しやすい重いゲームでも、3GB版モデルよりも安定してプレイすることができます。

また、8GBメモリに大容量のデュアルストレージとなっており、初期構成の完成度も非常に高くなっています。

おすすめカスタマイズ

なによりほこり対策のフィルターのカスタマイズがおすすめ。また、重量級のゲームが増えてきているので、メモリも16GBにしておくと安心です。拡張性が低いため、ストレージをガッツリ使う方はあらかじめ増やしておきましょう。

icon-check-circleドスパラのおすすめカスタマイズを徹底解説

ガレリア SV

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i7-8700
■チップセット:B360チップセット
■メモリ:8GB(DDR4-2666)
■グラボ:GTX 1070 Ti
■ストレージ:SSD 500GB+HDD2 TB
■電源:600W(80PLUS GOLD)
■価格:179,980円(税別)~

6コア12スレッドのハイパワーCPU、Core i7-8700とGTX 1070 Tiを搭載したモデル。GTX 1070 Tiは型番こそGTX 1070ですが、その性能はほとんどGTX 1080そのもので、性能差は5%程度と誤差レベルです。

フルHDはもちろんのこと、ワンランク上のWQHDで快適にプレイしたい場合におすすめ。またほぼGTX 1080ということで、4K入門用として使うこともできます。

ガレリア SZ

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i7-8700
■チップセット:B360チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-2666)
■グラボ:GTX 1080 Ti
■ストレージ:SSD 640GB+HDD 2TB
■電源:600W(80PLUS GOLD)
■価格:259,980円(税別)~

6コア12スレッドのハイパワーCPU、Core i7-8700と、4Kでのゲーミングに最適なGTX 1080 Tiを搭載した最強モデルです。メモリも16GBに増強されており、重量級のゲームもバッチリ、まさにパーフェクト!

ガレリア SS

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i5-7500
■チップセット:H270チップセット
■メモリ:8GB(DDR4)
■グラボ:GTX 1050
■ストレージ:SSD 250GB
■電源:500W(80PLUS GOLD)
■価格:99,980円(税別)~

前世代の4コアCPU、Core i5-7500とフルHD入門におすすめのGTX 1050を搭載したエントリーモデル。予算を抑えてゲーミングPCを購入したい場合におすすめ。

ストレージがSSDのみなので、動画編集などでデータ用のHDDが欲しい場合には、カスタマイズをお忘れなく。

サイコム【G-Master Arcus Z370 BYO Edition】

icon-info-circle モデルの価格は日々変動するので、価格は参考までにご覧ください。

モデルの特徴

サイコムでは【G-Master Arcus Z370 BYO Edition】というモデルが販売されています。最新の第8世代インテルCPUを搭載した本格的なモデルが欲しい方におすすめ!

【ケーススペック】
サイズ:W87×D370×H380mm/重さ:ー/拡張ベイ:スリム5インチベイ×1、2.5インチベイ×2

ほぼ自作レベルの高い品質が自慢のサイコムでは、市販されているパーツをそのまま使用。モデルのベースはドスパラと同じく「RAVEN」ですが、専用品ではなくさらにスリムな【RVZ02】という新型ケースを採用しています。

RAVENシリーズということで、内部はもちろんチェンバー(分離)構造となっています。CPUとグラボが分離して配置されているので排熱が干渉せず、見た目に反し、とても高い冷却性能を持っています。※LED電飾はオプションです

マザーボードも最上位のZ370チップセットを搭載した【ASRock Z370M-ITX/ac】を搭載。デュアルLAN・M.2スロット・Wi-Fiユニットなど、充実した機能が自慢の定番モデルです。

またCPUクーラーも、大人気メーカーCRYORIG製の【C7 V2】を搭載。工作精度の高い放熱フィンとヒートパイプの組み合わせで、標準クーラーよりも高い冷却性能を発揮します。

そのほか、電源もケースと同じSilverStone製のゴールドクラス電源を搭載しています。最大90%の電力変換効率でより低発熱・省エネ。さらにフルモジュラー式なので、使わないケーブルを取り外すことができ、ケース内部もスッキリします。

おすすめカスタマイズ

CPUがモデルのベース金額
・グラボをカスタマイズしてさらに高性能なモデルに変更可
HDDが非搭載なので、カスタマイズをお忘れなく

標準構成

  • CPU:Core i7-8700K [3.70GHz/6Core/HT/UHD630/TDP95W]
  • CPUファン:CRYORIG C7 V2 [空冷/CPUファン]
  • マザーボード:ASRock Z370M-ITX/ac [Intel Z370chipset]
  • メモリ:8GB[4GB*2枚] DDR4-2400
  • グラボ:GeForce GTX1060 6GB GIGABYTE製 GV-N1060IXOC-6GD
  • ストレージ:Crucial CT500MX500SSD1 [SSD 500GB]
  • 電源:SilverStone SST-SX600-G [600W/80PLUS Gold]
  • 価格:186,860円(税込)~

CPU [モデルのベース金額]

ゲームオンリーかつ予算重視ということであればCore i5でもOK。やはりコア数の増加が効いており、前世代のCore i7に匹敵する性能になりました。なお録画・配信性能を重視するのであれば、素直にCore i7を選びましょう。

・Intel Core i7-8700 [3.20GHz/6Core/HT/UHD630/TDP65W]【180,150円(税込)】
→Core i7-8700Kとの性能差は約10%程度。価格差も小さく、また「K」付きのCPUではオーバークロックに対応しているので、Core i7-8700Kがおすすめ。

・Intel Core i5-8600K [3.60GHz/6Core/UHD630/TDP95W]【169,850円(税込)】
・Intel Core i5-8400 [2.80GHz/6Core/UHD630/TDP65W]【159,640円(税込)】
→両者の差は約25%となっており、少しでも性能にこだわるのであれば、Core i5-8600Kを選びましょう。しかし、ゲームでは目に見えて差が出ないので、さらに予算を抑えたいのであれば、Core i5-8400でも十分です。

CPUグリス

CPUとCPUクーラの間に塗布して熱伝導率を高めるもの。特にCore i7-8700Kは前世代に比べると発熱が高いので、変更がおすすめ。

・Arctic Silver AS-05 [高密度微粒子、高熱伝導率タイプ]【+1,840円(税込)】
→定番のシルバーグリス。ノーマルのものより2~3℃ほど温度が下がります。

メモリ

メモリを多く使う重量級のゲームが増えているので、8GBメモリだと容量に不安があります。最低でも16GBにカスタマイズしておきましょう。

・16GB[8GB*2枚] Crucial Ballistix Sports LT DDR4-2666
・32GB[16GB*2枚] Crucial Ballistix Sports LT DDR4-2666
→Crucial製の高品質メモリです。ヒートスプレッダという金属製の放熱板がついているので、メモリチップの熱を効率的に発散できるようになっています。

SSD

OSがインストールされているドライブです。容量を1TBに増やす、また通常のSSDよりも4~5倍速いNVMeタイプのSSDにカスタイズするのもありですが、ゲームではその違いをほぼ体感できないので、無理に変更する必要はありません。

通常タイプ
・Crucial CT1000MX500SSD1 [SSD 1000GB] →標準搭載モデルの1TBバージョンです。

NVMeタイプ
・PLEXTOR PX-512M9PeG [M.2 PCI-E SSD 512GB] ※ヒートスプレッダー標準搭載
・PLEXTOR PX-1TM9PeG [M.2 PCI-E SSD 1TB]※ヒートスプレッダー標準搭載
→SSDの大御所PLEXTORの爆速フラグシップモデル。通常のSSDよりも熱くなりがちですが、ヒートスプレッダ(放熱版)が搭載されているので、温度上昇による速度低下を防ぐことができます。

増設HDD/SSD

このモデルではデータ用のHDDが非搭載なので、忘れずに入れておくようにしましょう。割高にはなりますが、SSDを追加するとゲーム用SSDとして活用できます。

HDD
・Seagate ST500LM030 (2.5インチ) [500GB 5400rpm] ・HITACHI 0S03509 (2.5インチ) [1TB 5400rpm]

SSD
Crucial CT500MX500SSD1 [SSD 500GB]
Crucial CT1000MX500SSD1 [SSD 1000GB]
→やはり読み書きムラなく速いMX500シリーズがおすすめ。

グラフィックボード

標準構成ではフルHD推奨スペックのGTX 1060なので、より高い解像度でゲームをする場合にはグラボを交換しましょう。

GeForce GTX1070 8GB ASUS製 TURBO-GTX1070-8G
・GeForce GTX1070Ti 8GB ASUS製 TURBO-GTX1070Ti-8G
・GeForce GTX1080Ti 11GB ASUS製 TURBO-GTX1080TI-11G
→GTX 1080を選ぶのであれば、ほぼ同等スペックでなおかつ安いGTX 1070 Tiがおすすめ。

ケースオプション(内部LED電飾)

イメージ写真のようにLEDイルミネーションでPCをドレスアップできます。見た目が華やかになるのはもちろん、気分も高まりますよね。ちなみに、海外では光らせてナンボですよ!

・内部LED発光システム (LED ILLUMINACION 切り替えリモコン付属)
→サイズ製の定番モデルですね。リモコンで16色に変更でき、明るさや発光パターンを変えることもできます。

OS

・Windows10 Home (64bit) DSP版
・Windows10 Home (64bit) DSP版

あわせてチェック

icon-exclamation-circleおトクなセール情報もチェック!

パソコン工房のゲーミングPCセール情報 格安モデルがさらに安く!
公式サイトicon-external-link BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップ...
ドスパラのゲーミングPCセール情報 無料アップグレードでコスパUP!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感...
G-TuneのゲーミングPCセール情報 おトクな格安モデルをお見逃しなく!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感...
ツクモのゲーミングPCセール情報 自作クオリティのおトクなモデルをご紹介!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感...
Sycom(サイコム)のゲーミングPCセール情報 自作PCクオリティを安く手に入れるチャンス!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感...

シェアする

フォローする