おすすめコンパクトゲーミングPCまとめ 性能はそのままで場所をとらない小型ケース

ゲーミングPCが欲しいけど、置くスペースが限られている…そんな方におすすめなのがコンパクト・スリムサイズのゲーミングPCです。

今回はコンパクトタイプのゲーミングPCをまとめてみました。

 

 

コンパクトゲーミングPCのメリット・デメリット

コンパクトケースは一般的なミドルタワーケースと比べると、特に奥行きと高さが一回り小さくなっています

また、重さも約7~8kgと、軒並み10kgを超えるタワー型ケースに比べると非常に軽いのもポイント。

 

メリット

 icon-circle-o タワータイプよりも設置しやすい
 icon-circle-o 持ち運びがラク
 icon-circle-o 威圧感が無い
 icon-circle-o タワータイプと同じ性能

幅や奥行きはあるものの、タワーケースほどではないので、設置しやすいのが魅力です。もちろん軽いので、移動がとてもラク

そして高さが低く、タワーケース特有の威圧感が無いのもいいですね。ちょっとした置物感覚で使うことができます。パソコン慣れしている方はともかく、初心者の方にはとっつきやすいので特におすすめ!

性能面もデスクトップ用のパーツを搭載しているので、タワータイプのモデルと同等の性能を発揮します。基本的には市販されている規格を使っているので、自力での修理も可能です。

 

デメリット

 icon-times 内部に熱がこもりやすい
 icon-times 
拡張性が低い

デメリットはやはり内部に熱がこもりやすいことです。タワー型ケースに入れていたパーツをそのままコンパクトケースに詰め込んでいるので、当然といえば当然です。

意外にCPUやグラボは熱に強く、80~90℃くらいではビクともしないので、過度に心配する必要はありません。

ただPCの寿命を考えると低いに越したことはないので、カスタマイズでCPUの冷却やエアフローにも気を使ってあげるとよりグッドです。

また、小さい分だけ拡張性が低く、SSDやHDD用の拡張ベイは最低限です。もちろん光学ドライブ用の5インチベイもありません。ただストレージについては、大容量のものを搭載したり、マザーボード上のM.2スロットを活用することでカバーすることもできます。

 

3タイプのコンパクトケース

コンパクトゲーミングPCは、パソコン工房・G-Tune・ツクモの3社から発売されています。それぞれ違った個性があるので、チェックしてみましょう。

C-class(パソコン工房)

【ケーススペック】
サイズ:W178×D388×H296mm/重さ:約7.5kg/拡張ベイ:3.5インチベイ×1、2.5インチベイ×4(1つはスリム光学ドライブと共用)

エアフローNO.1のケース

3タイプのケースのうちで唯一フロントに吸気用のファン(オプション)を取り付けることができます。フロントから空気を取り込んで背面から排気するというスムーズなエアフローで、ケースの冷却性能はバツグンです。

 

ファンはLEDタイプとなっており、ちょっとしたドレスアップにもなります。カラーはレッド・スカイブルー・エメラルドグリーンから選択できます。

 

光学ドライブは非搭載ですが、オプションでスロットイン式光学ドライブを搭載することができます。ただ、オンラインコンテンツが増えており、またUSBメモリでも代用できるので、無ければ無いで何とかなります。

ちなみにフロントのエアインテーク周りは3Dプリンターで自作できます。データが公開されているので、オリジナルの一台に挑戦してみるのもいいですね。

 

 icon-exclamation-circle 実機レビューもあわせてどうぞ!

パソコン工房 LEVEL-C122-LCi7-RNRをレビュー 水冷式クーラーにGTX 1060を搭載した小型ゲーミングPC
販売終了しました 今回パソコン工房の「LEVEL-C122-LCi7-RNR」をお借りしました。コンパクトケースを採用した「C-CLASS」のモデルです。 Core i7・GTX 1060・メモリ8GB・SSD+HDDのデュアル...

 

 

G-GEAR mini(ツクモ)

【ケーススペック】
サイズ:W183×D390×H300mm/重さ:約7.5kg/拡張ベイ:3.5インチベイ×1、2.5インチベイ×3

通気性バツグンのケース

フロント全面がメッシュ加工になっており、通気性・排熱性にとても優れています。

 

さらに、サイドに吸気用のファン(オプション)を増設し、エアフローを向上させることができます。パソコン工房のケースとはまた違うベクトルの冷却方式です。

また、使う人を選ばないフラットなデザインもいいですね。シンプルなケースが好みのかたはツクモ一択でしょう。

このモデルのみ、光学ドライブを一切搭載できないので注意!

 

 

ハンドル付きミニタワー(G-Tune)

【ケーススペック】
サイズ:W178×D395×H330mm/重さ:約7.4kg/拡張ベイ:3.5インチベイ×1、2.5インチベイ×3、スリムベイ×1

取っ手付きケース

パッと見てなぜに取っ手が!?と思うかもしれませんが、各自がパソコンを持ち寄ってゲームをする「LANパーティー」がメジャーな欧米では、わりとスタンダードなスタイルです。日本だとあまりなじみがありませんが、取っ手があれば掃除のときなどに便利です。

 

このモデルでも光学ドライブは非搭載ですが、オプションで光学ドライブを搭載することができます。赤のワンポイントLEDがオシャレですね。

なぜかCPUクーラーのカスタマイズができないので、それだけは残念。

 

 

おすすめモデル

ほぼパソコン工房の一強。価格・コスパ・ラインナップすべての面で有利です。

 icon-info-circle モデルの構成・価格は日々変動するので、参考までにご覧ください。

GTX 1650搭載モデル

フルHD入門に最適なモデル

G-GEAR mini GI5J-B211/T

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i5-10400
■チップセット:B560チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-3200)
■グラボ:GTX 1650
■ストレージ:SSD 500GB(PCIe NVMe)
■電源:500W(80PLUS SILVER)
■価格:117,800円(税込)~

インテルの第10世代6コア12スレッドCPU・Core i5-10400とGTX 1650を搭載した、フルHD入門に最適なコンパクトモデル

大容量の16GBメモリに大容量SSDの充実した初期構成で、SSDは通常タイプよりも4~5高速のNVMeタイプを採用。さらに、省エネ・低発熱のシルバークラス電源を搭載しています。

ポイントをしっかり押さえており、ゲーミング入門モデルとしてまずおすすめ。

 

おすすめカスタマイズ

基本的にカスタマイズ不要ですが、HDDを追加してデュアルストレージにすると、ゲームとデータの保存先を分けることができ、より便利になります。

また、パーツの発熱とエアフロー対策として、CPUクーラー・ケースファンのカスタマイズがおすすめ。なお、光学ドライブのカスタマイズはできません。

 icon-check-circle ツクモのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

GTX 1660 Ti搭載モデル

フルHDでのゲーミングに最適なモデル

LEVEL-C046-LCiX7-RXX

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i7-10700
■チップセット:B460チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-2666)
■グラボ:GTX 1660 Ti
■ストレージ:SSD 500GB(PCIe NVMe)
■電源:500W(80PLUS BRONZE)
■水冷式CPUクーラー搭載
■価格:151,778円(税込)~

インテルの第10世代8コア16スレッドCPU・Core i7-10700とGTX 1660 Tiを搭載した、フルHDでのゲーミングに最適なコンパクトモデル。

大容量の16GBメモリに大容量SSDの充実した初期構成で、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを採用。さらに、水冷式CPUクーラーまで搭載しており、冷却面も万全。Core i7を搭載することで、フレームレートも伸びやすく、性能重視のミドルクラスモデルとしておすすめ。

 

おすすめカスタマイズ

基本的にカスタマイズ不要ですが、HDDを追加してデュアルストレージにすると、ゲームとデータの保存先を分けることができ、より便利になります。

そのほか、エアフロー対策として、ケースファンをカスタマイズすればなおよし。

 icon-check-circle パソコン工房のおすすめカスタマイズを徹底解説

 

RTX 3060搭載モデル

WQHDでのゲーミングに最適なモデル

G-GEAR mini GI7J-D212/T

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i7-11700
■チップセット:B560チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-3200)
■グラボ:RTX 3060
■ストレージ:SSD 1TB(PCIe NVMe)
■電源:750W(80PLUS GOLD)
■価格:194,800円(税込)~

インテルの第11世代の8コア16スレッドCPU・Core i7-11700とRTX 3060を搭載した、WQHDでのゲーミングに最適なモデル。

大容量の16GBメモリに超大容量SSDの充実した初期構成で、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを採用。さらに、最大90%の電力変換効率を誇る、省エネ・低発熱のゴールドクラス電源を搭載する徹底ぶり。

最近のゲームはグラフィック負荷の高いものが多く、このくらいの性能があると安心です。

 

おすすめカスタマイズ

基本的にカスタマイズ不要ですが、HDDを追加してデュアルストレージにすると、ゲームとデータの保存先を分けることができ、より便利になります。

また、パーツの発熱とエアフロー対策として、CPUクーラー・ケースファンのカスタマイズがおすすめ。なお、光学ドライブのカスタマイズはできません。

 icon-check-circle ツクモのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

RTX 3070搭載モデル

4Kでのゲーミングに最適なモデル

G-GEAR mini GI7A-C204/T

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Ryzen 7 5800X
■チップセット:B550チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-2666)
■グラボ:RTX 3070
■ストレージ:SSD 1TB(PCIe NVMe)
■電源:750W(80PLUS BRONZE)
■価格:249,800円(税込)~

上のモデルを、AMDの第4世代の8コア16スレッドCPU・Ryzen 7 5800XとRTX 3070にしたバージョンで、4Kでのゲーミングに最適。なお、電源はブロンズクラスとなっています。

 

あわせてチェック

 icon-exclamation-circle おトクなセール情報もチェック!

パソコン工房のゲーミングPCセール情報 格安モデルがさらに安く!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。 パソコン工房では、10月26日午後13時59分まで''...
ドスパラのゲーミングPCセール情報 無料アップグレードでコスパUP!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。コスパに優れたおすすめモデルをチェックしていきましょう。 ...
G-TuneのゲーミングPCセール情報 おトクな格安モデルをお見逃しなく!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。期間限定セールをチェックしてみましょう。 秋売り尽くしセ...
ツクモのゲーミングPCセール情報 自作クオリティのおトクなモデルをご紹介!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わぬ掘り出し物も見つかります。 ツクモでは現在セールを実施していません。以下おすすめモ...
タイトルとURLをコピーしました