マウスコンピューターのおすすめデスクトップパソコン2020 高いコスパと充実したサポートが魅力のBTOメーカー

乃木坂46のCMでおなじみのマウスコンピューター。パソコン業界では20年以上の長い歴史を持つ、国内大手のパソコンメーカーです。自分好みのスペックに細かくカスタマイズできる【BTO】方式のパソコンを展開しています。

 

マウスコンピューターの魅力を紹介

公式サイト icon-external-link 

マウスコンピューターの魅力は次の3点。順にチェックしていきましょう。

  • 充実したサポート
  • トータルで高いコスパを実現
  • カスタマイズ可能

 

充実したサポート体制

何といってもマウスはサポートが強い!

24時間365日の電話サポート&96時間以内で修理完了が標準メニューとして用意されています。年中無休の電話サポートについては他社でも実施していますが、修理もとなるとマウスのみ。万が一でも安心です。

 

より充実したサポートということであれば、オプション【安心パックサービス】に加入することもできます。

ちなみに安心パックサービスの内容は、「最短当日修理返却」「初期不良期間内の新品交換サービス」「サービス加入者専用ダイヤル」の3点セット。価格も+3,000円(税別)~と安く、ぜひつけておきたいところ。

 

トータルでのコスパが高い

モニター・ディスプレイで高い知名度を誇る、【飯山ブランド】のパソコンです。元をたどるとその歴史はなんと40年!徹底した品質管理で高いクオリティを実現しています。

全体的にモデルの価格は安く、充実したサポート込みで考えると、コスパは高め。予算を重視しつつ、サポートにもこだわりたい方におすすめのメーカーです。

 

なお、パソコンの納期はおよそ5営業日出荷と他社に比べ短めになっており、できるだけ早く欲しい方にもおすすめ。特に急ぎということであれば、+2,000円(税別)~で翌営業日出荷にも対応しています。

 

自分好みのPCへカスタマイズ可能

マウスコンピューターではBTO(Build to Order)方式を採用しており、各モデルでカスタマイズできるのもポイント。メモリやストレージの容量などを自分好みに変更でき、予算に応じて柔軟なモデル選びができます。

アマゾンなどのECサイトとは違い、購入手順が異なるので、サクッと解説します。

 

 icon-check-circle 手順①

各モデルのページに飛ぶと、【カスタマイズ・お見積り】ボタンが表示されるので、こちらをクリックします。

オフィスソフト搭載モデルもありますが、通常モデルでカスタマイズしても価格は変わりません。

 

 icon-check-circle 手順②

カスタマイズ画面を一部抜粋した画面です。メモリ・SSD…など、各項目で構成を変更できるようになっているので、好みの内容にクリックして変更します。必要なカスタマイズをしたうえでカートに入れ、購入という流れです。

 

ちなみに、翌営業日出荷サービスや保証、オフィスソフトもこの画面で変更します。

 

mouse DTシリーズ(ミニタワーモデル)

 

ラインナップ icon-external-link 

性能と価格のバランスに優れた定番モデルです。

 

 icon-check-circle サイズと拡張性のバランスに優れたケース
ボディサイズはW170×D403×H360mmと、ミドルタワーケースに比べ一回り小さいサイズとなっています。設置のしやすさだけでなく、スリムタワーよりも横幅がある分、拡張性にも優れており、購入後のパーツの増設にもしっかり対応できます

 icon-check-circle 高い拡張性
また拡張性も高く、ドライブベイは下記の6基を搭載。購入後のHDDや各種ドライブの追加もお手の物です。

  • 5.25インチオープンベイ×2
  • 3.5インチオープンベイ×1
  • 3.5インチシャドウベイ×2
  • 2.5インチシャドウベイ×1

 icon-check-circle 広々した内部
奥行き40cm近くのボディなので、内部は広々しており、グラボの増設も可能です。ドライブベイが上寄りに設置されているので、長さのあるグラボでも干渉しません

 

おすすめモデル

 icon-info-circle モデルの価格は日々変動するので、価格は参考までにご覧ください。

 mouse DT5

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i5-9400
■メモリ:8GB(DDR4-2666)
■グラフィック:UHD 630(CPU内蔵)
■ストレージ:SSD 256GB
■電源:350W(80PLUS BRONZE)
■無線LAN:有線のみ
■光学ドライブオプション/有線キーボード&マウス付属
■価格:69,800円57,800円(税別)~

Core i5搭載の定番モデル

インテルの第9世代の6コアCPU・Core i5-9400搭載したミニタワーモデル。8GBメモリに256GB SSDのポイントをおさえた初期構成となっています。

6コアの高いCPUパワーを生かし、オフィスやブラウジングなどの軽作業から、動画や画像などの編集作業まで快適にこなせます。

 

おすすめカスタマイズ

基本的にカスタマイズ不要ですが、編集用途でも使うのであれば、HDDを追加してデュアルストレージにしたり、メモリを16GBに増やしたりするのがおすすめ。

 icon-check-circleマウスコンピューターのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

 mouse DT6-G

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Ryzen 5 3500
■メモリ:8GB(DDR4-2666)
■グラフィック:GTX 1650 SUPER
■ストレージ:SSD 256GB
■電源:500W(80PLUS BRONZE)
■無線LAN:有線のみ
■光学ドライブオプション/有線キーボード&マウス付属
■価格:69,800円(税別)~

ヘビーな作業もサクサクこなせる高性能モデル

AMDの第3世代6コアCPU・Ryzen 5 3500とGTX 1650 SUPER搭載したミニタワーモデル。8GBメモリに大容量SSDのポイントをおさえた初期構成となっており、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを採用するこだわりようです。

このモデルの最大の特徴は、グラフィック機能にエントリークラスのグラボ・GTX 1650 SUPERを搭載している点。その性能はインテルの内蔵グラフィック・UHD 630の約7倍とまさに圧倒的!オンラインゲームをフルHD解像度で楽しむこともできます。

マルチコアの高性能CPUとの相乗効果で、動画や画像編集、ゲームもラクラク。予算を抑えつつ、様々な用途で使いたい方におすすめです。

 

おすすめカスタマイズ

基本的にカスタマイズ不要ですが、編集用途でも使うのであれば、HDDを追加してデュアルストレージにしたり、メモリを16GBに増やしたりするのがおすすめ。

 icon-check-circleマウスコンピューターのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

 mouse DT8-G

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Ryzen 7 3700X
■メモリ:8GB(DDR4-2666)
■グラフィック:GTX 1650 SUPER
■ストレージ:SSD 256GB
■電源:500W(80PLUS BRONZE)
■無線LAN:有線のみ
■光学ドライブオプション/有線キーボード&マウス付属
■価格:99,800円94,800円(税別)~

Ryzen 7搭載のハイスペックモデル

上のモデルをRyzen 7 3700Xにしたモデルです。Ryzen 5よりも約35%性能が高く、編集作業でより高いパフォーマンスを発揮します。とことん性能にこだわる方におすすめ。

 

おすすめカスタマイズ

基本的にカスタマイズ不要ですが、編集用途でも使うのであれば、メモリを16GBに増やしたり、HDDを追加してデュアルストレージにしたりするのがおすすめ。

 icon-check-circleマウスコンピューターのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

mouse SLシリーズ(スリムモデル)

置く場所を選ばないスリムボディが魅力のモデル。設置できるスペースが限られている場合におすすめで、縦置き・横置きの両方に対応しています。

 

 icon-check-circle 置く場所を選ばないスリムボディ
ボディサイズはW100×D390×H364mmと、奥行き・高さこそミドルタワーとほぼ同じですが、横幅は約半分!ちょっとした隙間にも簡単に設置できます。

 icon-check-circle 意外と高い拡張性
見かけによらず拡張性は高く、ドライブベイは計5基搭載。ミドルタワーには及びませんが、購入後の拡張にもしっかり対応しています。ただ横幅が狭く、電源の容量も少ないため、搭載できるグラボはかなり限られる点に注意。基本的にはライトユーザー向けですね。

  • スリムベイ×1
  • 3.5インチシャドウベイ×2
  • 2.5インチシャドウベイ×2

 icon-check-circle ダストフィルター装備

フロント部分のサイドにはダストフィルターを標準装備しています。このフィルターはワンタッチで簡単に取り出すことができ、水洗いも可能です。ほこりはパソコンの天敵なので、これはうれしい装備ですね。

 

おすすめモデル

 icon-info-circle モデルの価格は日々変動するので、価格は参考までにご覧ください。

 mouse SL6

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Ryzen 5 3400G
■メモリ:8GB(DDR4-2666)
■グラフィック:Radeon Vega 11 Graphics(CPU内蔵)
■ストレージ:SSD 256GB
■電源:300W(80PLUS BRONZE)
■無線LAN:有線のみ
■光学ドライブオプション/有線キーボード&マウス付属
■価格:59,800円54,800円(税別)~

Ryzen 5搭載のスタンダードモデル

AMDの第3世代4コア8スレッドCPU・Ryzen 5 3400G搭載したスリムモデル。8GBメモリに256GB SSDのポイントをおさえた初期構成となっています。

ライバルのCore i5-9400と比較すると、CPUの性能はほぼ互角で、グラフィック性能はUHD 630よりも約20%高く、それでいて価格が安いのでコスパ◎。オフィスやブラウジングなどの軽作業から、動画や画像などの編集作業まで快適にこなせます。

 

おすすめカスタマイズ

基本的にカスタマイズ不要ですが、編集用途でも使うのであれば、HDDを追加してデュアルストレージにしたり、メモリを16GBに増やしたりするのがおすすめ。

 icon-check-circleマウスコンピューターのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

 mouse SL4

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Ryzen 3 3200G
■メモリ:8GB(DDR4-2666)
■グラフィック:Radeon Vega 8 Graphics(CPU内蔵)
■ストレージ:SSD 256GB
■電源:300W(80PLUS BRONZE)
■無線LAN:有線のみ
■光学ドライブオプション/有線キーボード&マウス付属
■価格:49,980円(税別)~

予算重視のベーシックモデル

AMDの第3世代4コアCPU・Ryzen 3 3200G搭載したスリムモデル。8GBメモリに256GB SSDのポイントをおさえた初期構成となっています。ちなみに、Ryzen 3はインテルでいうとCore i3相当のCPUとなります。

ベーシックモデルといえども4コア構成なので、ブラウジングやオフィスソフトなどの軽作業はもちろん、軽めの動画や画像編集などもこなすことができます。予算を抑えつつ、性能にもできるだけこだわりたい方におすすめ。

 

おすすめカスタマイズ

基本的にカスタマイズ不要ですが、編集用途でも使うのであれば、SSD+HDDのデュアルストレージにしたり、メモリを16GBに増やしたりするのもありです。

 icon-check-circleマウスコンピューターのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

 mouse SL2

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Athlon 200GE
■メモリ:4GB(DDR4-2666)
■グラフィック:Radeon Vega 3 Graphics(CPU内蔵)
■ストレージ:SSD 128GB
■電源:300W(80PLUS BRONZE)
■無線LAN:有線のみ
■光学ドライブオプション/有線キーボード&マウス付属
■価格:39,800円(税別)~

最安のエントリーモデル

AMDのAthlon 200GEを搭載したエントリーモデル。2コア4スレッドCPUのため性能は低めで、Core i3の半分以下の性能となっています。ブラウジングやオフィスソフトなどの軽作業メインであればおすすめです

 

おすすめカスタマイズ

エントリーモデルと割り切ってこのまま使うのもあり。ただ、メモリが4GBというのは心もとなく、できれば8GBは欲しいところ。

 icon-check-circleマウスコンピューターのおすすめカスタマイズを徹底解説

タイトルとURLをコピーしました