[一体型]15万円以上のおすすめデスクトップパソコン

スタイリッシュなデザインで選ぶなら、一体型がおすすめ。ディスプレイとPCが一体化しているので、省スペースなのもポイントです。

15万円以上では、4Kディスプレイ搭載モデルのほか、高性能グラフィック搭載モデルも登場します。編集用途はもちろん、オンラインゲームも楽しめるほどの性能となっており、とことん性能にこだわるならおすすめです。

 

おすすめモデル

 icon-info-circle モデルの構成・価格は日々変動するので、参考までにご覧ください。

 ESPRIMO FH(富士通)

ラインナップ icon-external-link 

クオリティ重視なら、富士通がまずおすすめ。3年保証も無料でついてくるので、万が一の場合も安心です。

 

 icon-check-circle 重厚感あふれるデザイン

スピーカーをベース部分に配した、重厚感あふれるデザインが魅力のモデルです。直線主体のスマートなフォルムも相まって、落ち着いた印象を受けます。

大画面の27インチディスプレイ&大型のベースということで、サイズはW616×D170×H442mmと、横幅・奥行きが大きめとなっています。23インチモデルよりも場所をとるので、設置スペースには注意です。

 

なお、ベース部分には各種インターフェースや光学ドライブが配置されており、アクセスはラクラク。機能面でも使いやすくなっています。

 icon-check-circle ハイレゾ対応の2.1chスピーカー搭載

サウンドにも力を入れており、Pioneerと共同開発したスピーカーを搭載しています。左右2基のスピーカーは大容量の4W出力で、センターにはなんとサブウーファーを配置。強力な2.1ch構成で、映画鑑賞に最適です。

さらに、ハイレゾに対応しているのもポイント。対応した音源であれば、よりクリアなクオリティで音楽を楽しむことができます。

 icon-check-circle ノート用の高性能CPU搭載
このモデルでもインテルのノート用CPUを採用していますが、ハイスペックのHシリーズCPU・Core i7-10750Hを搭載しているのがポイント。その性能は一般的なCPUよりも高く、Core i7-1165G7を約20%上回り、動画や画像編集などヘビーな作業もはかどります。

 icon-check-circle 高い機能性
もちろん、Webカメラ&マイク・無線LAN・SDスロットをバッチリ装備。また、4K放送対応のTVチューナーをカスタマイズでき、内蔵の”miniB-CASカード”でテレビ番組を楽しむことができます。

 

ESPRIMO FH WF-X/E2

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ:27インチ 4K グレア IPS
■CPU:Core i7-10750H
■メモリ:8GB(DDR4-2933)
■グラフィック:UHD Graphics(CPU内蔵)
■ストレージ:HDD 1TB
■無線LAN:IEEE 802.11ax+Bluetooth 5.0
■DVDドライブ搭載/無線キーボード&マウス付属
【クーポン利用】201,740円155,339円(税込)~

4Kディスプレイ搭載モデル

4Kの高解像度ディスプレイ&4K対応TVチューナーを搭載した、ハイエンドモデル。TVや映画などの動画コンテンツを思う存分楽しめるほか、動画や画像編集などの作業もはかどります。

8GBメモリに1TB HDDのポイントをおさえた初期構成ですが、ぜひ使いやすくカスタマイズしたいところです。

 

おすすめカスタマイズ

  メモリ
・16GB (8GB×2) [デュアルチャネル対応] ⇒基本的に8GBあれば十分ですが、編集用途なら16GBあると安心です。

  ストレージ
・約256GB SSD(PCIe) + 約1TB HDD
・約256GB SSD(PCIe) + 約3TB HDD
・約512GB SSD(PCIe) + 約3TB HDD
⇒SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを採用し、動作はサクサク。また、SSD+HDDのデュアルストレージ構成なので、アプリとデータの保存先を分けることができ、より便利になります。編集用途でも使うならぜひカスタマイズしたいところ。

 

 HP ENVY All-in-One 32(HP)

ラインナップ icon-external-link 

デスクトップCPU&RTXシリーズ搭載!とことん性能にこだわるならHPのENVYがおすすめ

 

 icon-check-circle 洗練されたデザイン

直線主体のシンプルなボディですが、余計な装飾を極限まで省くことにより、洗練されたイメージに仕上がっています。

 

細部の造形にもこだわっており、台座部分は木目調に、スピーカー部は布張り仕上げとなっており、プレミアムモデルらしい高級感を演出しています。

大画面の32インチモデルということもあり、サイズはW720×D214×H557mm(スタンド含む)と、横幅はなんと70cmオーバー!27インチを凌ぐ大画面なので、動画鑑賞やゲームには最適ですが、その分場所をとるので、設置スペースには注意です。

 icon-check-circle 2.1chスピーカー搭載
サウンドにもこだわっており、デンマークの高級オーディオメーカー”BANG & OLUFSEN”のサウンドエンジンを採用しています。

スピーカーの構成は、ステレオスピーカーにサブウーファーを搭載した、2.1ch構成となっているのがポイント。サブウーファー付きなので、低音の迫力が増し、エンタメコンテンツをより楽しむことができます。

 icon-check-circle 高性能グラフィック&高解像度ディスプレイ搭載

プレミアムモデルらしく、デスクトップ用のCoreシリーズ&RTXシリーズを搭載しています。特に高性能グラフィックのRTXシリーズを搭載しているのはこのモデルくらいのもの。

その性能はとても高く、最上位のRTX 2080 SUPER(Max-Q)は、エントリーグラフィック・1650の約2倍!CPUの高いパワーも相まって、動画や画像編集はもちろん、4Kでオンラインゲームも楽しむことができます。

また、ディスプレイは4Kの超高解像度となっているのもポイント。最大輝度は600nitと非常に明るく、さらにDCI-Pを98%カバーする非常に広い色域で、まさにプロ向けのスペックとなっています。

 icon-check-circle 高い機能性
このモデルでも、Webカメラ&マイク・無線LAN・SDスロットをバッチリ装備。もちろん、カメラはフルHD解像度と高めで、使わないときは本体に収納できる優れもの。第三者によるカメラへのアクセスも防ぐことができ、セキュリティ面も安心。

 

さらに、台座部分は無線充電に対応しており、”Qi”対応デバイスであれば、台座に置くだけで充電できます。そのほか、キーボードはタブレットやスマホのスタンドを兼ね、ペアリングすることで、それぞれのキーボードとして使うことも可能です。

 

 icon-star 実機レビューはこちら

HP ENVY All-in-One 32をレビュー Core i9-10900&RTX 2080 SUPER(Max-Q)搭載!一体型離れした高い性能を誇る大画面のプレミアムモデル
今回はHPの【HP ENVY All-in-One 32 プロフェッショナルモデル】をお借りしました。 HPのプレミアムブランド''ENVYシリーズ''の一体型デスクトップで、なんとCore i9-10900&RTX 2080 S...

 

HP ENVY All-in-One 32 パフォーマンスモデル

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
31.5インチ 4K グレア IPS
■CPU:Core i7-10700
■メモリ:16GB(DDR4-2933)
■グラフィック:RTX 2070 SUPER(Max-Q)
■ストレージ:SSD 512GB+HDD 2TB
■無線キーボード&マウス付属
【キャンペーンでさらにおトク】327,800円(税込)~

Core i7×RTX 2070 SUPERのハイスペックモデル

インテルの第10世代8コア16スレッドCPU・Core i7-10700とRTX 2070 SUPER(Max-Q)を搭載した、ハイスペックモデル。

大容量の16GBメモリに大容量デュアルストレージの充実した初期構成で、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを採用。WQHDでのゲーミングにも対応できる高い性能を持ち、高性能の一体型モデルとしてまずおすすめ。

 

HP ENVY All-in-One 32 プロフェッショナルモデル

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
31.5インチ 4K グレア IPS
■CPU:Core i9-10900
■メモリ:32GB(DDR4-2933)
■グラフィック:RTX 2080 SUPER(Max-Q)
■ストレージ:SSD 1TB+HDD 2TB
■無線キーボード&マウス付属
【キャンペーンでさらにおトク】437,800円(税込)~

インテルの第10世代10コア20スレッドCPU・Core i9-10900とRTX 2080 SUPER(Max-Q)を搭載した、最上位モデル。超大容量メモリにデュアルストレージを搭載し、4Kでのゲーミングにも対応。とことん性能にこだわるならおすすめです。

 

あわせて知りたい

価格別おすすめデスクトップPC

その他のおすすめモデルを価格&タイプごとにまとめました。

ミニタワーモデル

イチオシ!価格の安さと拡張性の高さに優れたコスパモデル

5万円未満5~10万円10~15万円15万円以上

ミドルタワーモデル

圧倒的な拡張性の高さを誇るモデル

5万円未満5~10万円10~15万円15万円以上

スリムモデル

省スペース&拡張性を両立したモデル

5万円未満5~10万円10~15万円15万円以上

コンパクト&ミニモデル

どこにでも設置できる小ささが魅力のモデル

5万円未満5~10万円10~15万円15万円以上

一体型モデル

ディスプレイとモニターを統合したスタイリッシュなモデル

5万円未満5~10万円10~15万円15万円以上

 

おすすめショップBEST4

 DELL

 icon-check-circle ポイント
他社を圧倒する価格の安さが武器のメーカーです。ラインナップも豊富で、一体型モデルのほか、高性能グラフィック搭載モデルまで用意されています。予算重視なら、DELLがまずおすすめ。

 

 ドスパラ

 icon-check-circle ポイント
DELLに迫る価格の安さに加え、追加料金なしで最短翌日出荷を実現しており、そのスピードは文句なしの業界No.1。また、拡張性に優れたPCケースを採用しており、購入後のパーツの交換・増設に対応しているのもポイントです。

 

 レノボ

 icon-check-circle ポイント
DELLに近いメーカーで、モデルの価格が安く、ラインナップも豊富。中でも、アメリカの軍事規格に準拠した”ThinkCentre”の高い耐久性には定評があり、タフ&高コスパなデスクトップPCが欲しい方におすすめ。

 

 icon-heart マウスコンピューター

 icon-check-circle ポイント
手厚いサポートメニューが特長のメーカーで、24時間365日の電話サポート&96時間以内で修理完了が標準で用意されているほか、+5,000円でより手厚いサポートを受けられる”安心パックサービス”に加入できます。モデルの価格も割安なので、サポート重視の方におすすめ。

 

その他のショップ情報はこちら icon-external-link-square をチェック!

 

3ステップ+αでわかるデスクトップPC

タイトルとURLをコピーしました