ドスパラのおすすめクリエイターPC2022 圧倒的な安さと業界最短納期を両立した実力派のBTOメーカー

公式サイト icon-external-link 

自分好みのスペックをチョイスできる、BTOパソコンの老舗ショップですね。パソコン販売実績アジアNo.1というだけあり、その実力と信頼性は折り紙付きです。

ドスパラの魅力は次の3点ー

  • 業界トップクラスの短納期
  • 圧倒的なコスパ
  • 充実したサポート&保証

以下、ショップの詳細やおすすめモデルなどをチェックしてみましょう。

 

ドスパラのショップ詳細

価格

ドスパラはデスクトップパソコンにめっぽう強く、価格の安さとコスパの高さは業界トップクラスです。低価格×短納期でまさに敵なしといったところ。

 

もちろん安かろう悪かろうではなく、国内の自社工場で生産しており、高いクオリティを実現しています。

 

納期&送料

ドスパラといえば納期の早さで、最速翌日出荷を実現しています。また、営業日ではないので、土日・祝日をはさんでも変わらないのもポイント。すぐ使いたいということであれば、ドスパラがまずおすすめ!

ちなみに、送料はデスクトップ・ノートいずれも3,300円(税込)です。モニター等の周辺機器を合わせて注文しても送料が変わらないのは◎。

 

サポート&保証

サポート&保証は充実しており、24時間365日の電話サポートが標準でついてくるほか、業界最長となる最大5年間保証が用意されており、初心者でも安心です。

 

無料保証

ドスパラのクリエイターPCには持ち込み1年保証がついています。

保証の範囲は自然故障のみ。通常通り使っていて壊れた場合のみが対象になり、水濡れや落下などの過失による故障には対応できません。

修理の受付は店頭持ち込みとなるため、修理センターへ直接送る場合には別途送料が必要です。修理後の返却送料は無料です。

 

延長保証

有償のオプションで、2年~5年の延長保証を選択することもできます。こちらはピックアップ(引取り)修理となるので、修理時の往復送料は無料です。

ちなみに、4・5年ともなると性能が陳腐化してしまうので、買い替え推奨。3年延長保証で十分です。

 

保証内容

■2年延長保証(本体価格の6% ※最低6,598円(税込)/台~)
基本保証期間1年+延長期間1年の計2年です。

■3年延長保証(本体価格の10% ※最低10,998円(税込)/台~)
基本保証期間1年+延長期間2年の計3年です。

■4年延長保証(本体価格の13% ※最低14,298円(税込)/台~)
基本保証期間1年+延長期間3年の計4年です。

■5年延長保証(本体価格の18% ※最低19,798円(税込)/台~)
基本保証期間1年+延長期間4年の計5年です。

 

セーフティーサービス

月額980円~1,980円(税込)を支払うことで充実した保証を受けることができます。延長保証とは異なり、水濡れや落下事故など過失による物損事故にも対応できるのが最大の特長。また、リモートサポートやパソコン内部無料清掃サービスなどの付帯サービスも利用することができます。

毎月の負担額もそうですが、水濡れや落下事故などはデスクトップだとあまり起こり得ないので、特殊な環境で使う場合を除き加入する必要はありません。

ただ、店頭で使える付帯サービスが充実しているので、店舗のある地域に住んでいる方は加入してみてもいいかもしれません。その場合でも一番安い月額980円(税込)の「納得プランS」で十分です。

なお、月々の支払いはクレジットカードでの取扱いです。加入は最長3年間で途中解約も可能です。

 

おすすめクリエイターPC(デスクトップ)

 icon-info-circle モデルの価格は日々変動するので、価格は参考までにご覧ください。

 raytrek/レイトレック MV

【スペック】
■OS:Windows 11
■CPU:Core i7-12700
■メモリ:16GB(DDR4-3200)
■グラフィック:RTX 3060
■ストレージ:SSD 500GB(PCIe NVMe)
■電源:650W(80PLUS BRONZE)
■無線LAN:有線のみ
■DVDドライブ非搭載/有線キーボード&マウス付属
■価格:184,980円(税込)~

※実機モデルはミドルタワータイプとなります。性能の確認におすすめ。

Core i7&RTX 3060を搭載した万能モデル

インテルの第12世代12コア20スレッドCPU・Core i7-12700とRTX 3060搭載したミドルタワーモデル。

16GBメモリに500GB SSDの充実した初期構成となっており、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを採用。さらに、大型CPUクーラーを装備しており、冷却面も万全です。

Core i7×RTX 3060のパワーで、イラスト制作や動画・画像編集、3DCGの制作などあらゆる用途に対応でき、コスパに優れた万能モデルとしておすすめ。特にRTXシリーズを搭載しているので、3DCGの制作では非常に高いパフォーマンスを発揮します。

拡張性に優れたミドルタワーモデルはこちら>>>raytrek XV icon-external-link 

 

おすすめカスタマイズ

基本的にカスタマイズ不要ですが、動画編集であれば32GBメモリ、3DCGの制作や3D CADなら64GBメモリがおすすめです。また、データの保存用にHDDを追加すると、さらに便利になります。

 icon-check-circle ドスパラのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

 raytrek/レイトレック XF

【スペック】
■OS:Windows 11
■CPU:Core i7-12700
■メモリ:32GB(DDR4-3200)
■グラフィック:RTX 3070
■ストレージ:SSD 1TB(PCIe NVMe)
■電源:750W(80PLUS GOLD)
■無線LAN:有線のみ
■DVDドライブ搭載/有線キーボード&マウス付属
■価格:259,980円(税込)~

ワンランク上のハイスペックモデル

先に紹介したモデルをRTX 3070&ミドルタワーケースにしたバージョンです。RTX 3060よりも約50%性能が高く、より性能にこだわるならおすすめ。

初期構成も充実しており、超大容量の1TB SSD&32GBメモリのほか、最大90%の電力変換効率を誇るゴールドクラス電源を搭載。さらに、大型ケースのため拡張性も高く、前面がメッシュパネルなので通気性が高いのもポイントです。

 

おすすめカスタマイズ

基本的にカスタマイズ不要ですが、データの保存用にHDDを追加すると、さらに便利になります。

 icon-check-circle ドスパラのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

 raytrek/レイトレック MX

【スペック】
■OS:Windows 11
■CPU:Core i7-12700
■メモリ:16GB(DDR4-3200)
■グラフィック:GTX 1650
■ストレージ:SSD 500GB(PCIe NVMe)
■電源:550W(80PLUS BRONZE)
■無線LAN:有線のみ
■DVDドライブ搭載/有線キーボード&マウス付属
■価格:146,980円(税込)~

※実機モデルではCore i5-12400を搭載しています。

GTX 1650搭載の低価格モデル

インテルの第12世代の12コア20スレッドCPU・Core i7-12700とGTX 1650搭載したミニタワーモデル。16GBメモリに500GB SSDの充実した初期構成で、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを採用しています。また、大型CPUクーラーを装備しており、冷却面も万全です。

GTX 1650はエントリークラスのグラボですが、CUDAコアを搭載しているので、動画のレンダリングに強いのがポイントです。ただし、VRAM(グラフィックメモリ)が4GBと少ないので、3DCGや3D CAD等のヘビーな編集作業ではVRAM不足になりやすい点に注意。

ミドルタワーほどではありませんが、拡張性もしっかり確保されており、予算を重視しつつ、性能にもできるだけこだわりたい方におすすめです。

 

おすすめカスタマイズ

基本的にカスタマイズ不要ですが、本格的に使うならメモリは32GBあると安心。3DCGの制作や3D CADなら64GBメモリがおすすめです。また、データの保存用にHDDを追加すると、さらに便利になります。

 icon-check-circle ドスパラのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

Magnate/マグネイト IM

【スペック】
■OS:Windows 11
■CPU:Core i5-12400
■メモリ:8GB(DDR4-3200)
■グラフィック:UHD 730(CPU内蔵)
■ストレージ:SSD 250GB(PCIe NVMe)
■電源:450W(80PLUS BRONZE)
■無線LAN:有線のみ
■DVDドライブ搭載/有線キーボード&マウス付属
■価格:74,980円(税込)~

10万円以下の入門モデル

インテルの第12世代の6コア12スレッドCPU・Core i5-12400搭載したミニタワーモデル。グラボは非搭載ですが、イラスト制作や動画編集など、一通りこなすことができます。入門用のクリエイターPCとしておすすめ。

 

おすすめカスタマイズ

編集用のマシンということであれば、メモリは最低でも16GBにするのがおすすめ。また、データの保存用にHDDを追加すると、さらに便利になります。

 icon-check-circle ドスパラのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

おすすめクリエイターPC(ノート)

 icon-info-circle モデルの価格は日々変動するので、価格は参考までにご覧ください。

 raytrek/レイトレック R6-AA

【スペック】
■OS:Windows 11
■ディスプレイ
16.0インチ WQXGA ノングレア
■CPU:Core i7-12700H
■メモリ:16GB(DDR5-4800)
■グラフィック:RTX 3060
■ストレージ:SSD 1TB(PCIe NVMe)
■価格:219,980円(税込)~

価格と性能のバランスに優れたミドルクラスモデル

ノート用のインテル第12世代14コア20スレッドCPU・Core i7-12700HとRTX 3060を搭載したミドルクラスモデル。16GBメモリに1TB SSDの非常に充実した初期構成で、SSDは爆速のPCIe Gen.4タイプを採用しています。

装備も充実しており、大きめの16.0インチディスプレイは、 WQXGA(2560×1600)の高解像度で、sRGBカバー率約99%(sRGB比約100%)と色域も広く、編集作業がよりはかどります。

また、薄暗い場所でのタイピングに便利な白色LED内蔵キーボードのほか、最大40Gbpsの超高速転送に対応した”Thunderbolt 4”もバッチリ装備しています。さらに、顔認証に対応しており、セキュリティ面も安心です。

Core i7×RTX 3060のパワーで、イラスト制作や動画・画像編集、3DCGの制作などあらゆる用途に対応でき、コスパに優れた万能モデルとしておすすめ。

19万円台!低価格のフルHDディスプレイ搭載モデルはこちら>>>raytrek R5-AA6 icon-external-link 

 

おすすめカスタマイズ

基本的にカスタマイズ不要ですが、本格的に使うならメモリは32GBあると安心。3DCGの制作や3D CADなら64GBメモリがおすすめです。また、データ保存用のSSDを追加すると、さらに便利になります。

 icon-check-circle ドスパラのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

 raytrek/レイトレック R7-ZF

【スペック】
■OS:Windows 11
■ディスプレイ
17.3インチ WQHD ノングレア
■CPU:Core i9-12900H
■メモリ:32GB(DDR5-4800)
■グラフィック:RTX 3070 Ti
■ストレージ:SSD 1TB(PCIe NVMe)
■価格:299,979円(税込)~

※実機モデルではCore i7-12700Hを搭載しています。

大型ディスプレイ搭載のハイスペックモデル

ノート用のインテル第12世代14コア20スレッドCPU・Core i9-12900HとRTX 3070 Tiを搭載したハイスペックモデル。RTX 3070 TiはRTX 3060よりも約50%性能が高く、VRAM(グラフィックメモリ)も8GBと多めに搭載しており、性能にとことんこだわるならおすすめ。

32GBメモリに1TB SSDの特盛構成で、SSDは爆速のPCIe Gen.4タイプを採用。また、薄暗い場所でのタイピングに便利なフルカラーキーボードのほか、最大40Gbpsの超高速転送に対応した”Thunderbolt 4”もバッチリ装備しています。さらに、顔認証に対応しており、セキュリティ面も安心です。

もちろん、ディスプレイのクオリティも高く、大型の17.3インチディスプレイは、 WQHD(2560×1440)の高解像度で、sRGBカバー率約99%(sRGB比約100%)と色域も広く、編集作業がよりはかどります。 

 

おすすめカスタマイズ

基本的にカスタマイズ不要ですが、3DCGの制作や3D CADなら64GBメモリがおすすめです。また、データ保存用のSSDを追加すると、さらに便利になります。

 icon-check-circle ドスパラのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

 raytrek/レイトレック R5-AA5

【スペック】
■OS:Windows 11
■ディスプレイ
15.6インチ フルHD ノングレア
■CPU:Core i7-12700H
■メモリ:16GB(DDR4-3200)
■グラフィック:RTX 3050
■ストレージ:SSD 1TB(PCIe NVMe)
■価格:169,980円(税込)~

予算重視のエントリーモデル

ノート用のインテル第12世代14コア20スレッドCPU・Core i7-12700HとRTX 3050を搭載したエントリークラスモデル。16GBメモリに1TB SSDの非常に充実した初期構成で、SSDは爆速のPCIe Gen.4タイプを採用しています。

ディスプレイは、15.6インチ×フルHDのオーソドックスな構成ですが、sRGBカバー率約99%(sRGB比約100%)としっかりポイントは押さえています。

もちろん、薄暗い場所でのタイピングに便利なフルカラーキーボードのほか、最大40Gbpsの超高速転送に対応した”Thunderbolt 4”もバッチリ装備しています。さらに、顔認証に対応しており、セキュリティ面も安心です。

RTX 3050はRTX 3060の約7割ほどの性能となっており、予算重視の入門モデルとしておすすめ。ただし、VRAM(グラフィックメモリ)が4GBと少ないので、4K動画の編集や3DCGの制作などヘビーな編集作業では、VRAM不足になる点に注意。

 

おすすめカスタマイズ

基本的にカスタマイズ不要ですが、本格的に使うならメモリは32GBあると安心です。また、データ保存用のSSDを追加すると、さらに便利になります。

 icon-check-circle ドスパラのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

あわせて知りたい

おすすめショップランキング

 ドスパラ

 icon-check-circle ポイント
低価格&高コスパのメーカーで、ラインナップも豊富。納期も最短翌日出荷と早く、保証やサポートも一通り網羅しており、サービス面も充実しています。迷ったらドスパラがまずおすすめ。

 

 パソコン工房

 icon-check-circle ポイント
価格の安さとコスパの高さはドスパラと同レベルですが、ラインナップが非常に多く、予算に応じて柔軟に対応できるのがポイント。また、全国に店舗を数多く持ち、困ったときに相談しやすいのも強みですね。

 

 マウスコンピューター

 icon-check-circle ポイント
手厚いサポートメニューが特長のメーカーで、24時間365日の電話サポート&96時間以内で修理完了が標準で用意されているほか、+5,000円でより手厚いサポートを受けられる”安心パックサービス”に加入できます。ただし、サポートが手厚い分、モデルの価格はやや割高。

 

ツクモ

 icon-check-circle ポイント
他社よりもモデルのクオリティが高く、軍事規格の高耐久マザーボードを標準採用しています。また、保証が物損事故までカバーしており、価格も安いのもポイント。クオリティと保証を重視するならツクモがおすすめ。

 

その他のショップ情報はこちら icon-external-link-square をチェック!

 

3ステップ+αでわかるクリエイターPC

 

おすすめクリエイターPC

タイトルとURLをコピーしました