15万円以上20万円未満のおすすめクリエイターPC(デスクトップ) 本格的な編集作業に対応できるミドルクラスモデルが登場

  • 本格的な編集マシンはこの価格帯から
  • RTX 3060&RTX 3050搭載モデルがメイン
  • VRAMを12GB搭載したミドルクラスのRTX 3060がおすすめ

15万円以上では、RTX 3060とRTX 3050を搭載したモデルが登場します。

RTX 3050はGTX 1650と同じエントリークラスのグラボですが、約60%も性能が高く、VRAM(グラフィックメモリ)を8GBと多めに搭載しているので、実用性はワンランク上。予算を抑えつつ、性能にもこだわりたい方におすすめ。

なお、本格的な編集用途であればRTX 3060がおすすめ。RTX 3050よりもさらに約30~40%も性能が高く、VRAMを12GBとかなり多く搭載しているので、4K動画編集や3DCGの作成にも対応できます。

 

15万円以上20万円未満のおすすめクリエイターPC(デスクトップ)

 icon-info-circle モデルの構成・価格は日々変動するので、参考までにご覧ください。

【おすすめ】RTX 3060搭載モデル

VRAMを12GB搭載した万能モデル

 raytrek/レイトレック MV(ドスパラ)

【スペック】
■OS:Windows 11
■CPU:Core i7-12700
■メモリ:16GB(DDR4-3200)
■グラフィック:RTX 3060
■ストレージ:SSD 500GB(PCIe NVMe)
■電源:650W(80PLUS BRONZE)
■無線LAN:有線のみ
■DVDドライブ非搭載/有線キーボード&マウス付属
■価格:184,980円(税込)~

※実機モデルはミドルタワータイプとなります。性能の確認におすすめ。

Core i7&RTX 3060を搭載した万能モデル

インテルの第12世代12コア20スレッドCPU・Core i7-12700とRTX 3060搭載したミドルタワーモデル。

16GBメモリに500GB SSDの充実した初期構成となっており、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを採用。さらに、大型CPUクーラーを装備しており、冷却面も万全です。

Core i7×RTX 3060のパワーで、イラスト制作や動画・画像編集、3DCGの制作などあらゆる用途に対応でき、コスパに優れた万能モデルとしておすすめ。特にRTXシリーズを搭載しているので、3DCGの制作では非常に高いパフォーマンスを発揮します。

拡張性に優れたミドルタワーモデルはこちら>>>raytrek XV icon-external-link 

 

おすすめカスタマイズ

基本的にカスタマイズ不要ですが、動画編集であれば32GBメモリ、3DCGの制作や3D CADなら64GBメモリがおすすめです。また、データの保存用にHDDを追加すると、さらに便利になります。

 icon-check-circle ドスパラのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

 raytrek/レイトレック MV5(ドスパラ)

【スペック】
■OS:Windows 11
■CPU:Core i5-12400
■メモリ:16GB(DDR4-3200)
■グラフィック:RTX 3060
■ストレージ:SSD 500GB(PCIe NVMe)
■電源:650W(80PLUS BRONZE)
■無線LAN:有線のみ
■DVDドライブ非搭載/有線キーボード&マウス付属
■価格:179,980円(税込)~

Core i5搭載の低価格モデル

上のモデルをインテルの第12世代6コア12スレッドCPU・Core i5-12400にした低価格モデル。価格の安さが魅力ですが、このグレードだとCPUとグラボのバランスがちょっとバランスが悪い感じ。

4K動画の編集や3DCGのレンダリングなどのヘビーな作業では、グラボのパワーが重要になるので、CPUを割り切ってしまうならありです。

 

おすすめカスタマイズ

基本的にカスタマイズ不要ですが、本格的に使うならメモリは32GBあると安心。3DCGの制作や3D CADなら64GBメモリがおすすめです。また、データの保存用にHDDを追加すると、さらに便利になります。

 icon-check-circle パソコン工房のおすすめカスタマイズを徹底解説

 

【参考】WA7J-D222/ZB(ツクモ)

【スペック】
■OS:Windows 11
■CPU:Core i7-12700
■メモリ:16GB(DDR4-3200)
■グラフィック:RTX 3060※要カスタマイズ
■ストレージ:SSD 1TB(PCIe NVMe)
■電源:750W(80PLUS GOLD)
■無線LAN:IEEE 802.11ax+Bluetooth 5.2
■DVDドライブ非搭載/キーボード&マウス別売り
■価格:241,800円(税込)~

保証重視ならツクモがおすすめ

インテルの第12世代12コア20スレッドCPU・Core i7-12700搭載したミドルタワーモデル。グラフィックボードは非搭載なので、カスタマイズにて別途追加する必要があります。

16GBメモリに1TB SSDの非常に充実した初期構成で、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを採用。さらに、電源は最大90%の電力変換効率を誇るゴールドクラス電源のほか、マザーボードには軍事規格の耐久性を誇る【ASUS TUF GAMING Z690-PLUS】を搭載する徹底ぶりです。

ちなみに、ツクモは保証の価格が安く、落下や水濡れなどの物損事故に対応しているのがポイント。他社だと物損保証が別メニューになっているので、かなりお得。保証を特に重視するならツクモがおすすめですが、20万円台を大きく超えてしまうのがネック。。

 

おすすめカスタマイズ

基本的にカスタマイズ不要ですが、本格的に使うならメモリは32GBあると安心。3DCGの制作や3D CADなら64GBメモリがおすすめです。また、データの保存用にHDDを追加すると、さらに便利になります。なお、性能重視ならCore i7-12700Kにカスタマイズするのもあり。

 icon-check-circleツクモのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

RTX 3050搭載モデル

VRAMを8GB搭載したワンランク上のエントリーモデル

 raytrek/レイトレック XS(ドスパラ)

【スペック】
■OS:Windows 11
■CPU:Core i7-12700
■メモリ:16GB(DDR4-3200)
■グラフィック:RTX 3060(VRAM 12GB)
■ストレージ:SSD 500GB
■電源:650W(80PLUS BRONZE)
■無線LAN:有線のみ
■DVDドライブ搭載/有線キーボード&マウス付属
■価格:184,980円(税込)~

Core i7搭載のコスパモデル

インテルの第12世代12コア20スレッドCPU・Core i7-12700とRTX 3050搭載したミドルタワーモデル。

16GBメモリに500GB SSDの充実した初期構成となっており、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを採用。さらに、大型の空冷式CPUクーラーを装備しており、冷却面も万全です。大型ケースのため拡張性も高く、HDDを多く搭載できるのもポイント。

なお、価格が18万円台とエントリーモデルにしては高めなので、もう少し予算をプラスしてRTX 3060搭載モデルを選ぶのがおすすめ。

 

おすすめカスタマイズ

基本的にカスタマイズ不要ですが、本格的に使うならメモリは32GBあると安心。3DCGの制作や3D CADなら64GBメモリがおすすめです。また、データの保存用にHDDを追加すると、さらに便利になります。

 icon-check-circle ドスパラのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

 raytrek/レイトレック MS-i5(ドスパラ)

【スペック】
■OS:Windows 11
■CPU:Core i5-12400
■メモリ:16GB(DDR4-3200)
■グラフィック:RTX 3050
■ストレージ:SSD 500GB(PCIe NVMe)
■電源:650W(80PLUS BRONZE)
■無線LAN:有線のみ
■DVDドライブ搭載/有線キーボード&マウス付属
■価格:149,980円(税込)~

Core i5搭載の低価格モデル

インテルの第12世代12コア20スレッドCPU・Core i7-12700とRTX 3050搭載したミドルタワーモデル。16GBメモリに500GB SSDの充実した初期構成となっており、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを採用。

あくまでもエントリーモデルなので、Core i5で割り切ってしまうのもあり。

 

おすすめカスタマイズ

基本的にカスタマイズ不要ですが、本格的に使うならメモリは32GBあると安心。3DCGの制作や3D CADなら64GBメモリがおすすめです。また、データの保存用にHDDを追加すると、さらに便利になります。

 icon-check-circle パソコン工房のおすすめカスタマイズを徹底解説

 

 WA7J-D222/ZB(ツクモ)

【スペック】
■OS:Windows 11
■CPU:Core i7-12700
■メモリ:16GB(DDR4-3200)
■グラフィック:RTX 3050※要カスタマイズ
■ストレージ:SSD 1TB(PCIe NVMe)
■電源:750W(80PLUS GOLD)
■無線LAN:IEEE 802.11ax+Bluetooth 5.2
■DVDドライブ非搭載/キーボード&マウス別売り
■価格:177,800円(税込)~

保証重視ならツクモがおすすめ

インテルの第12世代12コア20スレッドCPU・Core i7-12700搭載したミドルタワーモデルで、保証重視ならおすすめ。なお、グラフィックボードは非搭載なので、カスタマイズにて別途追加する必要があります。

 

おすすめカスタマイズ

基本的にカスタマイズ不要ですが、本格的に使うならメモリは32GBあると安心。3DCGの制作や3D CADなら64GBメモリがおすすめです。また、データの保存用にHDDを追加すると、さらに便利になります。

 icon-check-circleツクモのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

あわせて知りたい

ほかの価格帯もチェック

デスクトップ

ノート

 

3ステップ+αでわかるクリエイターPC

 

おすすめクリエイターPC

タイトルとURLをコピーしました