10万円以上15万円未満のおすすめクリエイターPC(デスクトップ) ワンランク上の性能が魅力のお手頃モデル

  • Core i7&GTX 1650搭載モデルが登場
  • エントリークラスのGTX 1650はヘビーな編集作業に不向き
  • 本格的な編集用途ならRTX 3060搭載モデルがおすすめ

10万円を超えると、Core i7やGTX 1650を搭載したワンランク上のモデルが登場します。

グラボを搭載することにより、編集作業のパフォーマンスが向上しますが、GTX 1650はあくまでもエントリークラスなので、ヘビーな作業には不向き。4K動画の編集や3DCGの制作でも使うなら、RTX 3060搭載モデル以上がおすすめです。

 

10万円以上15万円未満のおすすめクリエイターPC(デスクトップ)

 icon-info-circle モデルの構成・価格は日々変動するので、参考までにご覧ください。

GTX 1650搭載モデル

VRAMを4GB搭載したエントリーモデル

 raytrek/レイトレック MX(ドスパラ)

【スペック】
■OS:Windows 11
■CPU:Core i7-12700
■メモリ:16GB(DDR4-3200)
■グラフィック:GTX 1650
■ストレージ:SSD 500GB(PCIe NVMe)
■電源:550W(80PLUS BRONZE)
■無線LAN:有線のみ
■DVDドライブ搭載/有線キーボード&マウス付属
■価格:144,980円(税込)~

Core i7×GTX 1650搭載のコスパモデル

インテルの第12世代の12コア20スレッドCPU・Core i7-12700とGTX 1650搭載したミニタワーモデル。16GBメモリに500GB SSDの充実した初期構成で、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを採用しています。また、大型の空冷式CPUクーラーを装備しており、冷却面も万全です。

GTX 1650はエントリークラスのグラボですが、CUDAコアを搭載しているので、動画のレンダリングに強いのがポイントです。ただし、VRAM(グラフィックメモリ)が4GBと少ないので、3DCGや3D CAD等のヘビーな編集作業ではVRAM不足になりやすい点に注意。

ミドルタワーほどではありませんが、拡張性もしっかり確保されており、予算を重視しつつ、性能にもできるだけこだわりたい方におすすめです。

 

おすすめカスタマイズ

基本的にカスタマイズ不要ですが、本格的に使うならメモリは32GBあると安心。3DCGの制作や3D CADなら64GBメモリがおすすめです。また、データの保存用にHDDを追加すると、さらに便利になります。

 icon-check-circle ドスパラのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

 Magnate/マグネイトMH(ドスパラ)

【スペック】
■OS:Windows 11
■CPU:Core i5-12400
■チップセット:B660チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-3200)
■グラボ:GTX 1650
■ストレージ:SSD 500GB(PCIe NVMe)
■電源:450W(80PLUS BRONZE)
■価格:109,980円(税込)~

Core i5×GTX 1650の格安モデル

先に紹介したドスパラのモデルを、インテルの第12世代6コア12スレッドCPU・Core i5-12400とノーマルCPUクーラーにしたバージョン。価格が10万円台と非常に安く、予算重視のグラボ搭載モデルとしておすすめ。

 

おすすめカスタマイズ

基本的にカスタマイズ不要ですが、本格的に使うならメモリは32GBあると安心。3DCGの制作や3D CADなら64GBメモリがおすすめです。また、データの保存用にHDDを追加すると、さらに便利になります。

 icon-check-circle ドスパラのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

 AeroStream RM5J-D221/B(ツクモ)

【スペック】
■OS:Windows 11
■CPU:Core i5-12400
■メモリ:8GB(DDR4-3200)
■グラフィック:GTX 1650※要カスタマイズ
■ストレージ:SSD 500GB(PCIe NVMe)
■電源:450W(80PLUS BRONZE)
■無線LAN:有線のみ
■DVDドライブ搭載/有線キーボード&マウス別売り
■価格:122,300円(税込)~

保証重視ならツクモがおすすめ

インテルの第12世代の6コア12スレッドCPU・Core i5-12400とGTX 1650搭載したミニタワーモデル。

8GBメモリに500GB SSDの便利な初期構成で、SSDは通常タイプよりも約4~5倍高速のNVMeタイプを採用。さらに、高耐久マザーボード【ASUS TUF GAMING B660M-E D4】を搭載しており、低価格モデルながら装備はしっかりしています。

ちなみに、ツクモは保証の価格が安く、落下や水濡れなどの物損事故に対応しているのがポイント。他社だと物損保証が別メニューになっているので、かなりお得。保証を特に重視するならツクモがおすすめです。

高性能のCore i7-12700搭載モデルはこちら>>>RM7J-F221/B icon-external-link 

 

おすすめカスタマイズ

編集用のマシンということであれば、メモリは最低でも16GBにするのがおすすめ。また、データの保存用にHDDを追加すると、さらに便利になります。

 icon-check-circleツクモのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

mouse DT5-G(マウスコンピューター)

【スペック】
■OS:Windows 11
■CPU:Core i5-12400
■メモリ:16GB(DDR4-3200)
■グラフィック:GTX 1650
■ストレージ:SSD 256GB(PCIe NVMe)
■電源:500W(80PLUS BRONZE)
■無線LAN:IEEE 802.11ax+Bluetooth 5.0
■光学ドライブオプション/無線キーボード&マウス付属
■価格:139,800円(税込)~

サポート重視ならマウスコンピューターがおすすめ

インテルの第12世代の6コア12スレッドCPU・Core i5-12400とGTX 1650搭載したミニタワーモデル。16GBメモリに256GB SSDの便利な初期構成で、SSDは通常タイプよりも約4~5倍高速のNVMeタイプを採用しています。

ちなみに、マウスはサポート&保証が充実しているのもポイント。まず延長保証が定額制で安く、例えば3年延長保証+センドバック修理保証に7,700円(税込)で加入することができます。また、24時間365日の電話サポート&96時間以内で修理完了が標準メニューとして用意されており、万が一でも安心。

高性能のCore i7-12700搭載モデルはこちら>>>mouse DT7-G icon-external-link 

 

おすすめカスタマイズ

基本的にカスタマイズ不要ですが、本格的に使うならメモリは32GBあると安心。3DCGの制作や3D CADなら64GBメモリがおすすめです。また、SSDの容量を増やしたり、データの保存用のHDDを追加したりすると、さらに便利になります。

 icon-check-circleマウスコンピューターのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

内蔵グラフィック搭載モデル

 Magnate/マグネイトGE(ドスパラ)

【スペック】
■OS:Windows 11
■CPU:Core i7-12700
■メモリ:16GB(DDR4-3200)
■グラフィック:UHD 770(CPU内蔵)
■ストレージ:SSD 500GB(PCIe NVMe)
■電源:550W(80PLUS BRONZE)
■無線LAN:有線のみ
■DVDドライブ搭載/有線キーボード&マウス付属
■価格:119,980円(税込)~

Core i7搭載のコスパモデル

インテルの第12世代の12コア20スレッドCPU・Core i7-12700搭載したミニタワーモデル。

16GBメモリに500GB SSDの充実した初期構成で、SSDは通常タイプよりも4~5倍高速のNVMeタイプを採用しています。また、大型の空冷式CPUクーラーを装備しており、冷却面も万全。コスパ重視ならおすすめです。

 

おすすめカスタマイズ

基本的にカスタマイズ不要ですが、本格的に使うならメモリは32GBあると安心。3DCGの制作や3D CADなら64GBメモリがおすすめです。また、データの保存用にHDDを追加すると、さらに便利になります。

 icon-check-circle ドスパラのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

 AeroStream RM7J-F221/B(ツクモ)

【スペック】
■OS:Windows 11
■CPU:Core i7-12700
■メモリ:16GB(DDR4-3200)
■グラフィック:UHD 770(CPU内蔵)
■ストレージ:SSD 500GB(PCIe NVMe)
■電源:500W(80PLUS BRONZE)
■無線LAN:有線のみ
■DVDドライブ搭載/有線キーボード&マウス別売り
■価格:122,800円(税込)~

保証重視ならツクモがおすすめ

インテルの第12世代の12コア20スレッドCPU・Core i7-12700搭載したミニタワーモデル。保証重視ならツクモがおすすめ。

 

おすすめカスタマイズ

編集用のマシンということであれば、メモリは最低でも16GBにするのがおすすめ。また、データの保存用にHDDを追加すると、さらに便利になります。

 icon-check-circleツクモのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

 mouse DT7(マウスコンピューター)

【スペック】
■OS:Windows 11
■CPU:Core i7-12700
■メモリ:16GB(DDR4-3200)
■グラフィック:UHD 770(CPU内蔵)
■ストレージ:SSD 512GB(PCIe NVMe)
■電源:350W(80PLUS BRONZE)
■無線LAN:IEEE 802.11ax+Bluetooth 5.0
■光学ドライブオプション/無線キーボード&マウス付属
■価格:144,800円(税込)~

サポート重視ならマウスコンピューターがおすすめ

インテルの第12世代の12コア20スレッドCPU・Core i7-12700搭載したミニタワーモデル。サポートと保証をトータルで重視ならツクモがおすすめ。

 

おすすめカスタマイズ

基本的にカスタマイズ不要ですが、本格的に使うならメモリは32GBあると安心。3DCGの制作や3D CADなら64GBメモリがおすすめです。また、データの保存用のHDDを追加すると、さらに便利になります。

 icon-check-circleマウスコンピューターのおすすめカスタマイズを徹底解説

 

あわせて知りたい

ほかの価格帯もチェック

デスクトップ

ノート

 

3ステップ+αでわかるクリエイターPC

 

おすすめクリエイターPC

タイトルとURLをコピーしました