ドスパラ DG-D10IW3SLのスペックや価格をチェック 高いコスパが魅力の10インチWindowsタブレット

ドスパラ(製造はサードウェーブデジノス)から10.1インチのWindowsタブレット「Diginnos Tablet DG-D10IW3SL」が発売されました。これは前モデル「DG-D10IW3」のCPUとメモリを強化したもの。とにかくコスパの高さが光るタブレットをチェックしてみましょう。

スポンサードリンク

スペック

  DG-D10IW3SL
サイズ W260×D168×H9.6mm
重量 【タブレット本体】
590g
別売りタブレットカバー】
345g
OS Windows 10 Home
CPU Atom X5-8350
(4コア 1.44/最大1.92GHz)
メモリ 4GB
ストレージ 64GB eMMC
グラフィクス インテルHD400
外部ストレージ microSD(XC対応)
ディスプレイ 10.1インチ WUXGA(1920×1200)
10点マルチタッチ対応
リアカメラ 約500万画素
フロントカメラ 約200万画素
インターフェース USB3.0、Micro USB(給電用)、
Micro HDMI、ヘッドフォン出力、
スピーカー・マイク内蔵
Wi-Fi規格 IEEE802.11b/g/n/ac
Bluetooth 4.0
バッテリー
駆動時間
約8.5時間
付属品 ・変換ケーブル
 microUSB(オス)-USB(オス)
保証 1年
(最長3年・物損保証もあり)

特徴

サブマシンにぴったりのスペック

性能的には低価格のノートPC程度のスペックをもっており、コスパの高いタブレットに仕上がっています。

CPUにはインテルのモバイル用CPUAtom」を搭載グラフィック能力が強化された最新のCherry-Trail世代のものを搭載しています。そして、メモリは4GBとタブレットにしては多めに搭載しており、ブラウザでメモリを多く消費する時代でも安心です。

さすがに動画や画像編集のたぐいは無理ですが、ブラウジングや動画視聴、オフィスソフトくらいの用途であれば、快適に使うことができます。

ストレージは64GBあるので、OS分を差し引いてもソフト類を入れる容量が十分確保されています。データ類はUSBメモリやオンラインストレージを使えばなんとでもなりますから問題なし。

別売りキーボードで2 in 1 PCに

画面が大きく、スペックもなかなか快適なので、別売りのキーボードカバーとセットにして2 in 1 PCとして使うのがおすすめ。

最大のメリットはその軽さ。キーボードをつけても約935gと超軽量で持ち運びがとても楽です。しかもキーボード単体だと通常4,980円(税別)のところ、セットだと約2,000円で購入できるので、とてもお得。

使わないとしてもとりあえず購入しておいて損はないでしょう。

大画面&高解像度

本体の厚さは9.6mmで重さは590gとなっており、同型のモデルと比較すると厚く、重いです。しかし直線主体のフォルムのおかげで、野暮ったさがないのはグッド。このあたりは特段軽量モデルでもないので仕方ないですね。

ディスプレイのサイズは10.1インチの大画面、解像度はWUXGA(1920×1200)と高く、この画面サイズにしては十分すぎるくらい。

インターフェースは実質使えるUSBポートが3.0 Type-Aの一つのみ。ですが充電と映像出力ポートが別途用意されており、またmicroSDスロットもあるので、なんとかやりくりできそうなのが救いです。

ちなみに、映像出力はMicro HDMIとなっており通常のHDMIより小型の規格です。このモデルに関しては変換ケーブルがついていないので、ケーブルを購入する際は間違えないように注意しましょう。

価格

■タブレット単体
29,800円(税別)

■タブレット+キーボードケースモデル
31,800円(税別)

まとめ

キーボード込でも約900gで3万円ちょい。持ち運び特化の安い2 in 1 PCということであればダークホース的存在です。性能もこのグレードでは十分。サブ機におすすめ!

詳しくは下記の公式サイトをチェックしてみてくださいね。
ドスパラ公式ページ

スポンサードリンク

シェアする

フォローする