Lenovo Legion Y720 Towerが発売 ダブルAMD仕様となったゲーミングPCのスペックや価格は?

Lenovoのゲーミングブランド「Lenovo Legion」に、デスクトップの新モデルY720シリーズが登場。Y700シリーズをAMD版にした新モデルのスペックや価格をチェックしてみましょう。

スポンサードリンク

ラインナップ

90H9000DJM

  90H9000DJM
サイズ W206×D504×H479mm
重量 約14kg 
OS Windows 10 Home(64ビット)
CPU Ryzen 5 1400
(4コア8スレッド 3.2/最大3.4GHz)
メモリ 8GB(DDR4-2400)
ストレージ 256GB SSD(M.2 PCIe/NVMe)
グラフィクス Radeon RX570(GDDR5 4GB)
インターフェース 【前面】
USB 3.0×2、USB 2.0×2、
ヘッドホンコネクター、
マイクロホンコネクター、
マルチカードリーダー
【背面】
USB 3.1 Type-C(Gen.2)、
USB 3.1 Type-A(Gen.2)、
USB 3.0×4、USB 2.0×2
オーディオポートx5、S/PDIF(光)、
LANポート(ギガビット対応)
【グラボ】
DisplayPortx3、HDMIx1
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
Wi-Fi機能 IEEE 802.11ac/a/b/g/n
Bluetooth 4.0
電源 450W【85PLUS BRONZE】
価格 Eクーポン使用
144,720円108,540円(税・送料込)
保証 1年間(最大3年)

90H9000EJM

■スペック変更箇所
・ストレージ:128GB SSD(M.2 PCIe/NVMe)+1TB HDD

■価格
Eクーポン使用
147,960円110,970円(税・送料込)

90H9000FJM

■スペック変更箇所
・CPU:Ryzen 7 1800X (8コア16スレッド 3.6/最大4.0GHz)
・メモリ:16GB(DDR4-2400)
・ストレージ:256GB SSD(M.2 PCIe/NVMe)+2TB HDD

■価格
Eクーポン使用
197,640円148,230円(税・送料込)

外観


基本的には「Y700」と同じミドルタワーケースです。フロント部分はエッジのきいたマスクで精悍な感じがします。シリーズ共通のY字のワンポイントがあしらわれています。

冷却面にしっかり配慮されており、フロント・サイド・天板いたるところにスリットが設けられています。また、ケースファンも前面に2基、後部に1基の正圧構成でしっかりエアフローを確保し、より冷却能力が高くなっています。

インターフェースも前後あわせて十分な数が搭載されています。SDカードリーダーに加え、高速転送・大容量給電・高解像度出力に対応した、最新のUSB 3.1 Type-C(Gen.2)が搭載されているのがポイント。

内部

基本的にはツールレス構造で、5インチベイや3.5インチベイはスライド式、側面パネルも天板最後方のレバーで開閉できるようになっており、とても便利。なお、5インチベイは2基、3.5インチベイは4基搭載されており、拡張性も高くなっています。

ケースの裏側の配線用スペースを活用し、配線もきれいにまとめられているので、エアフローもばつぐんです。

性能

AMD Ryzen搭載

CPUはインテル製ではなく、AMDの最新CPU「Ryzen」シリーズを搭載しています。多コアで性能もインテルに匹敵するレベルの高さを誇り、それでいて安い革命的なCPUです。

最上位モデルには8コア16スレッドのRyzen 7 1800X、下位2モデルは4コア8スレッドのRyzen 5 1400となっています。

インテルに置き換えてみると、Ryzen 7がCore i7に、Ryzen 5がCore i5に相当します。が、ゲームだとインテルのCPUよりもパフォーマンスは下。これは現行のゲームが多コアに最適化されておらず、また1コア当たりの性能が低いためです。

どちらかというとコアをフル活用できる、動画や画像編集用途に向いているCPUです。

グラボもAMD製!Radeon RX570搭載

グラフィックボードもAMD製のもので、ミドルクラスのRadeon RX570を搭載しています。こちらもメジャーなGeForceに当てはめてみると、GTX 1060とGTX 1050の中間という絶妙なポジションとなっています。

GeForceよりも安くフルHDのゲーム環境を整えられる点がメリットですが、性能的にはちょっと心もとないです。オンラインゲームも年々重くなってきているので、やっぱりGTX 1060あたりはほしいですよね。

ストレージがネック

メモリは最低でも8GB搭載されており、容量は問題ないでしょう。最上位モデルのみ16GBと大容量になっています。

性能面で一番ネックなのがストレージです。下位2モデルでは256GB SSDのみ/128GB SSD+1TB HDDとなっていますが、非常に使いにくいの一言。

最近のオンラインゲームは非常に容量が大きくなっているので、128GB SSDだと最悪1つインストールしただけで終了というケースも。また、256GB SSDでもゲーム以外のデータ類はどこに保存するの?という問題があります。

外付けHDD、それともオンラインストレージ…デスクトップでそれはないでしょう。この中途半端さならHDD一本のほうがむしろありがたいです。。

電源は、いずれのモデルも変換効率が最大85%の80PLUS BRONZE認証の電源を搭載しています。容量は450Wなので、後々グラボを交換することも可能。GTX 1080あたりまでならいけそうですね。

※パーツ交換・増設は保証も切れてしまうので自己責任で!

まとめ

ストレージを見ただけでも「90H9000FJM」しか選択のしようがないわけですが、性能面・価格面のインパクトはいまいち。

自分なら国内BTOメーカーでCore i7×GTX 1060モデルを選びます。安くていいモデルがたくさんありますからね。しかもカスタマイズの幅も広いですし。

ケースの見た目が気に入ったのであれば購入もありでしょう。

必見!ゲーミングPC選びのお役立ち記事

絶対に失敗しないゲーミングPC選び2017
オンラインゲームやVRをパソコンで楽しみたい!とはいうものの、どのメーカーの、どのモデルを選べばいいかわからない…そんな方のために、...

公式サイト

90H9000DJM icon-external-link 

90H9000EJM icon-external-link 

90H9000FJM icon-external-link 

スポンサードリンク

シェアする

フォローする