HUAWEI MateBook Eが発表 超薄型軽量にしてオシャレな2 in 1PCがリニューアル

HUAWEIから、デタッチャブル(分離)タイプの12インチ2 in 1PC「MateBook E」シリーズが発表されました。これは軽い・薄い・安いで評判の高い「MateBook M」シリーズの後継機ともいえるシリーズです。偶然か、ライバルの「New Surface Pro」とほぼ同時に発表されたモデルをさっそくチェックしてみましょう。

スポンサードリンク


スペック

  MateBook E
カラー 【タブレット】
Champagne gold、Titanium gray
【キーボード】
Blue、Brown、Pink
サイズ W278.8×D194.1×H6.9mm
重量 【タブレット】
約640g
【キーボード】
約460g
OS Windows 10 Home(64bit)
CPU ■Core m3-7Y30
 ・2コア4スレッド 
 ・1.00/最大2.60GHz)
■Core i5-7Y54
 ・2コア4スレッド 
 ・1.2/最大3.2GHz)
メモリ 4/8GB(LP DDR3-1866)
ストレージ 128/256/512GB SSD
グラフィクス インテルHD615
ディスプレイ 12インチ (2160×1440)
タッチ対応
ペン入力対応
フロントカメラ 500万画素 Windows Hello対応
インターフェース USB Type-C、
ヘッドセットジャック
スピーカー 内蔵ステレオスピーカー
(Dolby Premium Audio)
光学ドライブ ×
Wi-Fi規格 IEEE802.11b/g/n/ac
Bluetooth 4.1
バッテリー
駆動時間
約9時間
付属品 ・HUAWEI Folio Keyboard
・HUAWEI MateDock 2
・変換ケーブル
 USB Type-C→Type-A

特徴

マイナーチェンジモデル

インテルの最新CPU搭載

インテル最新世代「Kabylake」のCore i5とm3を搭載。Core i5はMシリーズのCore m5からグレードアップされ、超省エネタイプの「Yシリーズ」になりました。ということで、どちらもファンレス仕様で動作音は静かです。

ブラウジングや動画再生、オフィスの使用といった普段使いであれば十分なスペックですね。

キーボード標準搭載

標準装備になり、わざわざ別に注文する必要がなくなりました。キーボードなしではほぼメリットがないので、これはありがたいですね。キーボードの詳細は不明ですが、フルサイズキーボードで各キーが独立しており、使いやすそうです。

しかし、460gと重いのがネックで、本体と合わせると1100gに…。本体の軽さを台無しにする重さは正直×です。

MateDock付属

少なすぎるインターフェースをカバーするためか、拡張用のMateDockが標準搭載になりました。

しかし、画像を見た限りではオプションのMateDockとは異なり、ポートが少ない簡易版のような形をしています。

圧倒的な薄さ&軽さ

from:Windows Central

MateBookといえば、他を寄せ付けない薄さと軽さが特長ですが、このシリーズでも健在です。12インチモデルにも関わらず、厚さがわずか6.9mm、重さが640gと超軽量で、限りなくタブレットに近いパソコンといった感じ。

外観はシンプルな無地のメタルボディに、サイドのダイヤモンドカット加工のピンポイントがさりげなくおしゃれです。どことなくiPadに通じるものがありますね。さすがHUAWEIというか、人気のスマホメーカーなだけあります。

機能面にもこだわっており、液晶には発色の良いIPSパネルを使用し、オーディオ面では臨場感あふれるサウンドを楽しめる、Dolby Audio Premiumを採用。さらに、本体側面には指紋センサーを内蔵する徹底ぶりです。

インターフェースが弱点

タブレットに近いパソコンということですが、インターフェースに関しては並のタブレット以下という厳しいもの。

充電兼用のUSB Type-Cポートが1つのみ…。充電したら外部機器アウトです。外部の映像出力端子もなければ、SDスロットのたぐいも無し。

付属のMateDockを使えばカバーできますが、せめてもう一つType-Cポートを付けられなかったものか。。

発売日・価格

発売日

2017年7月7日発売予定。MateBook Xと同時発売です。

価格

■Core i5/256GB SSD(Officeつき)
157,266円(税込)~

■Core i5/256GB SSD(Officeなし)
130,050円(税込)~

■Core m3/128GB(Officeなし)
100,958円(税込)~

まとめ

MateDockありきのインターフェースや合体時の重さなど、やや難点はありますが、洗練された外観やタブレットモード時の軽さ・薄さは大変魅力的な一台です。

価格はCore m3のオフィス無しで10万円台なので、別売りのキーボード込みでも「Surface Pro4」の方がやはりお得ですね。

関連リンク

Official HP icon-external-link 

■価格.com
Core i5/256GB SSD(Officeつき) icon-external-link 
Core i5/256GB SSD(Officeなし) icon-external-link 
Core m3/128GB(Officeなし) icon-external-link 

スポンサードリンク

シェアする

フォローする