恵安 KBM14HD Rev.2が発売 フルHD&IPSが魅力的な14インチ格安ノートのスペックや価格は?

知る人ぞ知る伝説の電源「Gori MAX」で有名?な恵安から14インチのプレミアムクラウドブック「KBM14HD Rev.2」が発売されました。これはマルウエア混入騒ぎで回収された初代モデルを改修したモデルとなります。フルHD&IPSディスプレイが魅力のモデルを見てみましょう。

スポンサードリンク

スペック

  KBM14HD Rev.2
サイズ W329×D219×H20mm
重量 約1200g
OS Windows 10 Home(64ビット)
CPU Atom X5-8350
(4コア 1.44/最大1.92GHz)
メモリ 4GB(DDR3L)
ストレージ 32GB eMMC
グラフィクス インテルHD400
ディスプレイ 14.1インチ フルHD(1920×1080)
IPS
カメラ 約200万画素
キーボード 77キー日本語キーボード
インターフェース USB3.0、USB2.0、
Mini HDMI、
Micro SDスロット
(XC対応 最大64GBまで)、
3.5mmオーディオジャック
スピーカー 1W×2
光学ドライブ ×
Wi-Fi規格 IEEE802.11b/g/n/ac
Bluetooth 4.0
バッテリー
駆動時間
約7時間
その他 Kingsoft WPS Office

特徴

大画面の据え置き型

あまり見かけることのない14インチの大型ディスプレイを搭載したクラウドブックです。

このモデルはクラウドブックらしからぬというか、このモデルは高精細のフルHD&広い視野角と発色に優れたIPSパネルを搭載したプレミアムモデルになっています。

本体自体は大きいですが、14インチモデルにしてはかなり軽めの約1200gなので、かばんに入りさえすれば持ち運びも可能です。

ワンランク上のクラウドブック

唯一にして最大のウリであるディスプレイ以外はいたって普通のクラウドブックといったところです。

CPUには毎度おなじみのインテル「Atom X5-8350」を搭載。最新のCherry-Trail世代のものです。なによりメモリを4GB搭載しているのは心強いですね。なにせChromeをはじめブラウザでさえメモリを消費する時代ですから。

ブラウジングをしながら付属のオフィスソフトを使うくらいであれば、しっかり使えるスペックになっています。

ストレージは32GBとまさにクラウドブック仕様です。クラウドストレージの仕様はほぼ必須。外部ストレージもMicro SDが最大64GBまで使えるので、あわせて活用しましょう。

インターフェースについては、USBが3.0と2.0が各1と使いやすくなっています。注意したいのが画像出力で、なかなかお目にかからないMini HDMI端子を装備しています。Microではないので、別途ケーブルを購入する際には気を付けましょう。

中華ノート

口コミを見てみると、高評価と低評価の両極端に分かれています。

特に低評価を見てみると、2日目にして本体の電源が入らない、筐体に隙間ができている…など工作精度を疑うようなケースもあるようです。

ただそこはあくまでも中華ノート。当初のマルウエア混入事件もそうですが、そういうこともあると割り切る必要があります。ただ逆に当たりをひけばかなりコスパは高いのは確かです。

価格

31,800円(税込)

まとめ

フルHDのIPS、大画面というクラウドブック最上位と言うにふさわしいモデルですね。価格的にもこのあたりがクラウドブックの限界でしょう。これより上の価格となると通常のノートパソコンが視野に入ってきます。

ということで安さを求めつつ、きれいな画面を楽しみたい方にはおすすめです。

関連リンク

Official HP
価格.com

スポンサードリンク

シェアする

フォローする