New Surface Proが発表 Surface Pro 4の後継機となる新型モデルのスペックや価格をチェック!

待ちに待った新機種登場!マイクロソフトから「Surface Laptop」に続き「New Surface Pro」が発表されました。これは大人気の分離式2 in 1 PC「Surface Pro 4」の後継機に当たるモデル。どういうわけかPro 5ではありません。ともあれ待望の新モデルをチェックしてみましょう。

スポンサードリンク


スペック

  New Surface Pro
サイズ W292×D201×H8.5mm
重量 【Core m3モデル】
約768g
【Core i5モデル】
約770g
【Core i7モデル】
約784g
OS Windows 10 Pro
CPU 第7世代インテルCore i5/i7
メモリ 4/8/16GB
ストレージ 128/256/512/1024GB
(PCIe SSD)
グラフィクス 【Core m3】
インテルHD615
【Core i5モデル】
インテルHD620
【Core i7モデル】
Iris Plus Graphics 640
ディスプレイ 12.3インチ (2736×1824)
PixelSense液晶
10点マルチタッチ対応
ペン入力対応
フロントカメラ 500万画素 Windows Hello対応
リアカメラ 800万画素
インターフェース USB3.0、microSDスロット
Mini Displayport、カバーポート
Surface Connect、
ヘッドセットジャック
スピーカー 内蔵1.6W×2
(Dolby Premium Audio)
光学ドライブ ×
Wi-Fi規格 IEEE802.11b/g/n/ac
Bluetooth 4.1
バッテリー
駆動時間
約13.5時間
その他 ・Office 365 30日試用版
・オプションでLTE対応
保証 1年

特徴

 地味ながらしっかり進化

Surface Pro 4をベースにした、マイナーチェンジモデルといった印象です。注目の改良ポイントは4点です。

■バッテリー
バッテリー駆動時間が前モデルの9時間から13.5時間に大幅延長。モバイルノートで10時間超えはとてもありがたいことです。

■強化されたキックスタンド
Surface Proといえばキックスタンド。新開発のヒンジは本体を165度傾けられるようになり、緩やかな傾斜を持ったキャンバスとして自然な角度で作業できるようになりました。

■サウンドの強化
ステレオスピーカーを内蔵し、Dolby Premium Audio機能を搭載することにより、小型ながら迫力のあるサウンドを楽しむことができます。

■LTEモデルの追加
今秋にLTEモデムを内蔵した機種の販売が予定されています。今のところ詳細は不明ですが、格安の通信SIMでお手軽に安定したネット環境を使えるようになるのでとても便利ですね。

以下サクッとー

前モデルと同じ12.3インチの2 in 1 PCで、サイズや重さはほぼ同じ。Core i7とi5モデルが若干軽くなった程度です。ディスプレイの解像度も2736×1824で変わりはありませんが、PixelSenseを搭載しており、さらに正確できれいな描写が可能になっています。

CPUにはインテル最新世代のCore i7/i5/m3を搭載。Core i7モデルのみファン付きで、他はファンレスとなっています。具体的な型番までは不明ですが、Core i7モデルに関しては「Iris Plus Graphics 640」が搭載されているので、省エネ版のUシリーズで間違いないでしょう。

メモリは4~16GB、ストレージは128~1024GBとなっており、ラインナップは変わらず。

インターフェースも極限仕様なのは相変わらずですね。あとUSBポートが1つでもあれば便利なのに。Mini Displayportも健在です…。

 キーボードカバーがゴージャス

オプションのキーボードカバーが豪華になり、その名も「Surface Pro Signature Type Cover」

Surface Laptopでお目見えした、アルカンターラ(スエード調の人工皮革)素材を採用し、温かみのある見た目が特長です。そしてカラーのラインナップもうってかわって、落ち着きのあるシックなカラーとなりました。

スエード素材ですが、防汚・撥水加工が施されているので、万が一水をこぼしても大丈夫(さすがにキーボードはアウト)。できれば定期的に拭き掃除をしたいところです。

Surface Penも改良

おなじみSurface Penについては地味に改良されて精度が高くなっています。筆圧検知が従来の1024段階から4096段階となり、傾き検知が可能で、21msの低遅延という内容です。

また、キーボードカバーに合わせ、カラーのラインナップも変更されています。全モデルオプション扱いで付属しない点に注意。

出荷時期・価格

安定の選べる6種類。

すでに予約が開始されており、6月15日の出荷を予定しています。

■Core m3/4GB RAM/128GB SSD
 米国:799ドル/日本:114,264円(税込)

■Core i5/4GB RAM/128GB SSD
 米国:999ドル/日本:136,944円(税込)

■Core i5/8GB RAM/256GB SSD
 米国:1,299ドル/日本:158,544円(税込)

■Core i7/8GB RAM/256GB SSD
 米国:1,599ドル/日本:206,604円(税込)

■Core i7/16GB RAM/512GB SSD
 米国:2,199ドル/日本:280,584円(税込)

■Core i7/16GB RAM/1TB SSD
 米国:2,699ドル/日本:341,064円(税込)

Surface Pro 乗り換えキャンペーン

2017年6月15日~6月30日までの期間中、キャンペーン実施店舗にて対象機種を下取りに出し、「New Surface Pro」を購入すると下取り金額が増加するというもの。

対象製品と下取り増額金額(1件あたり)は、Mac/iPad製品が10,000円増額、旧Surface製品が10,000円増額、Windows PC/タブレットが5,000円増額となります。

詳しくはこちらから。

まとめ

もとのPro 4が優秀なだけに、そこまでのインパクトはありませんが、しっかりブラッシュアップされた正統進化モデルです。特にバッテリーの強化はありがたいですね。

また、オプションのキーボードカバーもおしゃれに進化。使って楽しい、見て楽しい魅力的な一台です。

初物とはいえ、米国版と比べて価格が高いですね…日本ご祝儀価格がここでも炸裂!

関連リンク

Official HP

スポンサードリンク

シェアする

フォローする