ASUS TransBook T304UA をチェック 新型2 in 1 PCはSurface Pro 4の対抗馬になれるのか?

ASUSから新型2 in 1 PC「TransBook T304UA」が発表されました。キックスタンドにキーボードカバー…遠目から見ると「Surface Pro 4」にそっくりですが、性能や価格はどうでしょうか。早速見てみましょう。

スポンサードリンク

スペック

T304UA-7500S

  TransBook T304UA
T304UA-7500S
Surface Pro 4
Core i7モデル 
カラー グレー ブラック 
サイズ 【キーボードあり】
W299.14×D221.69 ×H13.85mm
【キーボード無し】
W298.8×D221.69 ×H8.85mm
W292.1×D201.4 ×H8.4mm 
重量 【キーボードあり】
約1170g
【キーボード無し】
約830g
約786g
OS Windows 10 Home  Windows 10 Pro
CPU Core i7-7500U
(2コア4スレッド 2.9/最大3.5GHz)
Core i7-6650U
(2コア4スレッド 2.2/最大3.4GHz)
メモリ 16GB(LPDDR3-1866) 8/16GB 
ストレージ 512GB SSD 256/512GB 
グラフィクス インテルHD620 インテルIris 540
ディスプレイ 12.6インチ WU+(2160×1440)
グレア 10点マルチタッチ
12.3インチ 2K(2736×1824)
インターフェース USB3.1 Type-C×1、USB 3.0×1、
HDMI、microSDスロット、
ヘッドセット端子
USB3.0、microSDスロット、
MiniDisplayPort
イヤフォン端子、SurfaceConnect
光学ドライブ × × 
カメラ インカメラ(192万画素)
アウトカメラ(768万画素)
インカメラ(500万画素)
アウトカメラ(800万画素)
スピーカー 2W×2 ― 
キーボードカバー 87キー日本語キーボード
LEDイルミネーション付き
別売り
Wi-Fi規格 IEEE802.11ac  IEEE802.11ac
Bluetooth 4.1 4.0 
バッテリー駆動時間 約8時間  約9時間
その他 Office Home and Business
Premium プラス Office 365
指紋認証センサー
Office Home and Business
Premium プラス Office 365
付属品 ASUSペン Surfaceペン 
保証 本体・バッテリー:12か月
液晶ディスプレイ:30日
1年 
2年の物損対応延長保証
価格 191,670円(税込)~  【i7/512GB SSD/メモリ16GB】
184,900円(税込)~
【i7/256GB SSD/メモリ16GB】
166,800円(税込)~
【i7/256GB SSD/メモリ8GB】
141,573円(税込)~

T304UA-72512S

■スペック変更箇所
CPU:Core i5-7200U (2コア4スレッド 2.5/最大3.1GHz)/メモリ:8GB/バッテリー:8.4時間

■価格
161,800円(税込)~

T304UA-7200

■スペック変更箇所
CPU:Core i5-7200U (2コア4スレッド 2.5/最大3.1GHz)/メモリ:8GB/ストレージ:256GB SSD/バッテリー:8.4時間/Officeなし

■価格
117,620円(税込)~

T304UA-7100

■スペック変更箇所
CPU:Core i3-7100U (2コア4スレッド 2.4GHz)/メモリ:4GB/ストレージ:128GB SSD/バッテリー:計測中/キーボード:LEDなし/キーボード付きサイズ:W299.1×D222.9 ×H13.85mm/Officeなし

■価格
88,160円(税込)~

(価格は2017/3/27日時点 価格.com)

特徴

軽くて堅牢、フレキシブル

材質にはアルミニウムよりもさらに軽く、頑丈なマグネシウムを使用。約830gの軽量さと厚さは約8.85mmの薄さをを実現しています。

ASUSのワンポイントだけが入ったフラットなデザイン、グレーとブラックのツートンカラーでとてもシンプル。その姿はSurface Pro4を彷彿させます。

本体のキックスタンドは最大170°まで無段階で固定できるので、使用するシーンや好みに応じてフレキシブルに使うことができます。

使いやすいキーボード

キーボードは別売りではなく、最初から付属しています。しかも下位モデルを除きイルミネーション付きです。スターバックスでも使えますよ!

それはさておき、コンパクトながらもフルサイズキーボードを搭載しています。キーピッチは19.24mmで標準の広さ、キーストロークは1.4mmでノートパソコンにしては深めなので、快適なタイピングが期待できます。

さすがに「ZenBook 3」のような0.8mの浅すぎるキーストロークにはしなかったようで何よりです。。

キーボードのサイドにはASUSペンを収納するスペースがあるので、うっかりなくすといったこともなく安心ですね。

高解像度&タッチディスプレイ

from:Official HP

液晶パネルは2160×1440の高い解像度となっており、さらに10点マルチタッチに対応しています。

付属のASUSペは1024諧調の筆圧検知に対応してるので、「Windows Ink」で文字や図を書き込んだり、さらにはイラストの作成もさくっとできます。作業の幅が広がること間違いなし!

定番構成で快適動作

CPUには最新のインテル製Core i7/Core i5/Core i3を搭載。モバイル用の省エネモデル「Uシリーズ」を採用し、性能と省エネを両立したバラスのいい性能に仕上がっています。

ストレージには高速に読み書きが可能なSSDを搭載し、容量は128GB~512GBを用意。メモリは4GB~16GBのラインナップとなっています。

ゲーミングモデルでもなく、ブラウジングやオフィスソフトという使い方がメインとして想定されるので、Core i3/128GB/4GBのモデルでも十分です。

Sonic Master Premiumを搭載

ASUSではおなじみのオーディオブランドの「Harman Kardon」の技術を元にした独自のサウンドシステム「ASUS Sonic Master Premium」を搭載。より豊かでパワフルなサウンドを楽しむことができます。

ポイントをおさえたインターフェースと機能

最近流行の万能端子USB3.1 Type-CのほかUSB3.0、HDMIにmicroSDスロットの定番モノを装備。電源ジャックも独立して設けられているので、少ない端子を充電にとられることもありません。

モバイルノートでは特に端子類が省かれがちですが、しっかりと考えられた配置は好印象ですね。

なお、Windows Hello対応の指紋認証センサーが電源ボタンに搭載されているので、ログインのたびにPINコードやパスワードを入力する手間がなく、スムーズにログインできます。

発売日

4月中旬を予定

Surface Pro 4と比較

【Surface Pro 4】
キーボードは別売り(約1万円)
Windows10 Pro
全モデルにオフィス搭載
約40~60g軽い
CPUは一世代前
インターフェースが少ない
充実したラインナップ (全6モデル Core i7:3モデル/Core i5:2モデル/Core m3:1モデル)

どっちもどっちで甲乙つけがたいですね。どっちがおすすめかと聞かれたら、好みによるとしか言いようがないです。

WindowsのPro機能を使いたいのであればSurface、インターフェースを多く使うのであればTransBookがおすすめといったような感じです。

ただコスパで語るならキーボード込みでもSurfaceの方がおすすめ。

TransBookの下位2モデルについてはオフィスがついていないので、Surfaceの方が断然お得です。逆に最上位モデルであればオフィスもしっかりついていて価格も安いのでTransBookがややお得か。

なおSurfaceの下位モデルに搭載されているCore m3はCore i3よりも性能は低いものの、ブラウジングやオフィスの利用であれば十分な性能です。

どれがおすすめ?

【T304UA-7100
コアな使い方をしない限りCore i3にストレージ128GB、メモリ4GBで十分ですね。オフィスがいらないのであればコスパ最強です。

まとめ

性能面・機能面がよくまとまっていますが、すべてのモデルにオフィスがついていないので実用面ではイマイチ。一応ビジネスユースでも需要がありそうなのになぜでしょうか?詰めが甘いというかちょっと惜しいですね。

Surface Pro 4もまだまだ現役だと感じました。

関連リンク

Official HP

【価格.com】
T304UA-7500S
T304UA-72512S
T304UA-7200
T304UA-7100

スポンサードリンク

シェアする

フォローする