Lenovo Legion Y520をチェック コスパに非常に優れたエントリーゲーミングノート

レノボのエントリーゲーミングノート「Lenovo Legion Y520」をチェック。ゲーミング分野で攻めたラインナップを展開しているレノボですが、このモデルでは性能面・価格面で攻めに攻めた驚きの内容に仕上がっています。さっそく見てみましょう。

スポンサードリンク

ラインナップ

80WK002TJE

  Lenovo Legion Y520
80WK002TJE
サイズ W380×D265×H25.8mm
重量 約2.4Kg
OS Windows 10 Home(64ビット)
CPU Core i5-7300HQ
(4コア 2.5/最大3.5GHz)
メモリ 16GB(DDR4-2400 8GB×2)
ストレージ 1TB HDD
グラフィクス GeForce GTX 1050 Ti(GDDR5 4GB)
ディスプレイ 15.6インチ、フルHD(1920×1080)、
IPSパネル、ノングレア
インターフェース USB3.0 Type-C、USB 3.0×2、
USB2.0、HDMI、SDカードリーダー、
マイクロフォン・ヘッドフォン出力、
LANポート(ギガビット対応)
光学ドライブ ×
カメラ HD(720p)
スピーカー ステレオスピーカー
(Audio by HARMAN機能)
キーボード 赤色LED内蔵キーボード、英語配列
Wi-fi機能 IEEE802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth 4.1
バッテリー
駆動時間
約6.6時間
その他 ・Lenovo Nerve Sense
保証 1年(最大3年)
価格 Eクーポン使用
140,940円98,658円(税・送料込)

80WK002SJE

■スペック変更点
・CPU:Core i7-7700HQ(4コア8スレッド 2.8/最大3.8GHz)
・ストレージ:256GB SSD(NVMe/M.2)+1TB HDD
・GPU:GeForce GTX 1050 Ti(GDDR5 4GB)

■価格
Eクーポン使用
179,280円120,118円(税・送料込)

カスタマイズモデル

2モデルともにBTOパソコンのようにカスタマイズができるようになっています。メモリやストレージを必要な分だけ搭載できるので、安くできるのが魅力ですが、納期が約3週間なので注意しましょう!

80WK002TJE

■スペック
・CPU:Core i5-7300HQ(4コア 2.5/最大3.5GHz)
・メモリ:4GB(DDR4)
・ストレージ:500GB HDD
・GPU:GeForce GTX 1050(GDDR5 2GB)

■価格
Eクーポン使用
113,400円79,380円(税・送料込)~

80WK002SJE

■スペック
・CPU:Core i7-7700HQ(4コア8スレッド 2.8/最大3.8GHz)
・メモリ:4GB(DDR4)
・ストレージ:1TB HDD
・GPU:GeForce GTX 1050 Ti(GDDR5 4GB)

■価格
Eクーポン使用
165,240円115,668円(税・送料込)~

外観


黒いボディに天板のカーボン加工がオシャレ。スリムな筐体ということもあり、とてもスタイリッシュですね。キーボード周りの差し色がいいアクセントになっています。

上位モデルのY920やY720はやたら重いのがネックでしたが、このモデルは15.6インチサイズとしては標準的な大きさ・重さにおさまっており、持ち運びしやすくなっています。


インターフェースは最小限といったところでしょうか。USB端子はType-Cを含めて計4つで、映像端子はHDMIのみ。ちなみに、Type-Cポートは大容量給電や高速転送が可能なUSB 3.1ではなく、USB 3.0どまりです。SDスロットがついており、地味ながら便利です。

内部

内部へのアクセスはボトムのねじを外すだけでアクセスでき、パーツの交換や増設もかんたんにできます。配置がなかなか面白いことになっていますね。

冷却システムはシンプルです。CPUとGPUが左上に集中配置されており、その熱を2本のヒートパイプで吸収し、デュアルファンでまとめて排熱する仕組みになっています。

HDDとメモリは中央に、M.2 SSDだけポツンと左下に配置されています。メモリは最大16GBまでしか認識しないということもあり、金属カバーでおおわれています。もちろん取り外せるので、メモリ不良の時でも自力交換ができ、安心です。

性能・機能

絶妙なパーツの組み合わせ

2つのラインナップがありますが、特に下位モデルの内容が魅力的ですね。

なんといってもノート用のCore i5×GTX 1050の組み合わせが素晴らしい!GTX 1050はあくまでもフルHDの入門GPUということで、ライトな使い方が中心となり、Core i7のような高性能なCPUが必要となる場面はほぼありません。Core i5で十分すぎます

ストレージも1TB HDDのみというのもいいですね。中途半端に容量の少ないSSDにするのではなく、汎用性の高いHDDで容量を確保しつつ、価格を安くできますから。せっかくならメモリ8GBで安さに全振りすれば完璧でしたが、この内容で10万円以下!驚きです。。

一方上位モデルは、ノート用のCore i7にGTX1050Ti、メモリ16GB、256GB SSD+1TB HDDのデュアルストレージという構成になっています。SSDは通常のSSDよりも4~5倍速い、NVMeタイプを搭載するこだわりようです。

GTX 1050TiといえどもフルHD入門スペックの域を出ないので、一見過剰装備にも見えますが、安いので全然OK。この内容で、税・送料込み12万円はこのモデルくらいのもの。エントリーといえども、ワンランク上のモデルが欲しい場合にはおすすめです。

赤色LED内蔵キーボード搭載

キーボードはテンキー付きとなっていますが、テンキーの下に矢印キーが無理やり詰め込まれているので、慣れるまで誤爆に注意です。

もちろんLED内蔵ですが、さすがにフルカラーとはいかず、赤色の単色LEDを内蔵しています。輝度は2段階&OFFに調整可能です。

HARMANのサウンドシステムを搭載

上位機種に搭載されているサブウーファーは非搭載で、ステレオスピーカーのみの2chのサウンドシステムとなっています。

スピーカーの位置はヒンジ部分の両サイドに搭載されており、音がこもらないように配慮されています。レノボのゲーミングノートはスピーカーの位置がよく考えられており、感心してしまいます。

エントリーモデルながら、HARMAN製のサウンドエンジンを搭載し、迫力のあるサウンドを楽しむことができます。ちなみに上位機種ではDolby Atmosを搭載していますが、このモデルだけはHARMAN製となっています。

もちろんLegionシリーズではおなじみの「Lenovo Nerve Sense」も搭載。パフォーマンスの監視やサウンド・ネットワーク優先度の設定などを一括でできるようになっています。

まとめ

現行のオンラインゲームを設定にこだわらず、気軽にプレイしたいということであれば、スペック・価格面で非常におすすめの一台。特に10万円以下で購入できる下位モデルがイチオシ!

10万円以下の価格帯は、GTX 1050に比べ性能がガクンと落ちる、GTX 960MやGTX 950M搭載モデルがメインということを考えると、非常に魅力的ですね。

必見!ゲーミングPC選びのお役立ち記事

絶対に失敗しないゲーミングPC選び2017
オンラインゲームやVRをパソコンで楽しみたい!とはいうものの、どのメーカーの、どのモデルを選べばいいかわからない…そんな方のために、...

公式サイト

Lenovo Legion Y520

スポンサードリンク

シェアする

フォローする