HP Spectre x2 12-c012dxが発表 人気のラグジュアリーモデルが12インチ2 in 1PCになって登場

カンヌ国際映画祭にて、HPがデタッチャブルタイプ(分離式)の12.3インチ2 in 1PC「Spectre x2 12-c012dx」を発表しました。上品なデザインで人気を博したSpectreシリーズがとうとうデタッチャブルタイプに参戦!概要だけの発表ですが、さくっとチェックしてみましょう。

スポンサードリンク



スペック

  HP Spectre x2
12-c012dx
サイズ W293.9×D194.1×H13.2mm
重量 約1.14Kg
OS Windows 10 Home(64bit)
CPU Core i7-7560U
 ・2コア4スレッド 
 ・2.4/最大3.8GHz
メモリ 8G/16GB
ストレージ 360GB/1TB SSD(PCIe接続)
グラフィクス Iris Plus 640
ディスプレイ 12.3インチ (3000×2000)
IPSパネル、Corning Gorilla Glass 4
タッチ対応、ペン入力対応
フロントカメラ 500万画素 Windows Hello対応
リアカメラ 800万画素
インターフェース USB Type-C×2
ヘッドセットジャック
スピーカー BANG&OLUFSENオーディオ
光学ドライブ ×
Wi-Fi規格 IEEE802.11b/g/n/ac
Bluetooth 4.1
バッテリー
駆動時間
約8時間
付属品 ・HPアクティブペン
・キーボード

特徴

ダークグレーにカッパー(銅)の上品な色合いは、まさしくSpectreファミリーですね。やはり他のモデルとは一線を画した美しさです。

サイズは12.3インチサイズで、このクラスでは標準的な重さ・サイズに収まっています。デタッチャブルタイプの2 in 1 PCということで、パソコンとしてもタブレットとしても使うことができます。

本体はキックスタンド方式で、最大165°まで調整が可能。画面の解像度も3000×2000と十分高く、発色の良いIPSパネルを搭載しています。さらに、キズや汚れに強い「Corning Gorilla Glass 4」を採用している徹底ぶり。

HPペンが標準搭載されているので、ちょっとしたキャンバスとして、イラスト制作などのクリエイト作業でも使いやすいようになっています。

CPUにはIrisグラフィックを搭載した最新世代のCore i7を採用し、強力なグラフィック能力と処理性能を両立させています。複数のラインナップが予定されており、メモリは最大16GB、ストレージは最大1TBを搭載予定です。

その他、おなじみの「BANG&OLUFSEN」のオーディオシステムやWindows Hello対応のカメラも搭載しています。インターフェースはType-Cポートを2基搭載しており、薄型ながら最低限しっかり確保している点は好印象ですね。

from:Official HP

なおキーボードは標準装備。材質は軽さと剛性が特長のアルミ製で、キーピッチは1.5mmと小型ながら狭すぎず、快適なタイピングが期待できます。意外なことにLEDバックライトが非搭載です。必須要素ではないですが、ラグジュアリーモデルとしては無いとちょっと地味というか…さみしいかも!?

発売日・価格

現時点ではいずれも不明です。

まとめ

激戦の12インチ2 in 1PCにまた魅力的なモデルが。Spectreシリーズらしい上品なラグジュアリーモデルとして人気が出そうですね。

できれば「Spectre 13」や「Spectre x360」と同じく、Core i5モデルを出してくれるとよりグッド。

関連リンク

Official HP

スポンサードリンク

シェアする

フォローする