ASUS ROG STRIX GL703VM SCAR Editionが発売 FPSに特化したお手頃価格のゲーミングノート

ASUSより17インチゲーミングノート「ROG STRIX GL703VM SCAR Edition」が発売されました。新デザインを採用した「ROG STRIX」シリーズでは、初めてインテル製CPUを搭載したモデルとなります。さっそくチェックしてみましょう。

スペック

  ROG STRIX GL703VM
SCAR Edition
サイズ W415×D280×H24mm
重量 約3.0kg
OS Windows 10 Home(64ビット)
CPU Core i5-7300HQ
(4コア 2.5/最大3.5GHz)
メモリ 8GB(DDR4-2400)
ストレージ 256GB SSD+1TB HDD
グラフィクス GeForce GTX1060(GDDR5 3GB)
ディスプレイ 17.3インチ フルHD(1920×1080)
ノングレア、120Hz・G-Sync対応
インターフェース USB 3.1 Type-C(Gen.1)
USB 3.0×4、Mini Displayport、
HDMI、SDスロット、
マイク・ヘッドホンコンボジャック、
LANポート(ギガビット対応)
カメラ 92万画素
スピーカー ステレオスピーカー
キーボード フルカラーキーボード、
108キー日本語配列
光学ドライブ ×
Wi-Fi規格 IEEE802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth 4.1
バッテリー
駆動時間
約3.5時間
保証 12か月(最長3年)

特徴

よりシンプルなデザイン

「ROG STRIX」シリーズでは、すでにRyzen搭載モデルが発売されていますが、それよりもさらにシンプルなデザインとなっています。

天板のシックなヘアライン仕上げはそのまま、ROGの象徴である赤く光るロゴと、斜めに鋭く走る1本のラインのみあしらわれており、余分なものは一切なし。わずか24mmのスリムボディも相まって、大型の17インチサイズながら、とてもスマートでスタイリッシュですね。

インターフェースは映像出力端子・USB端子ともに十分な数が搭載されています。最近はやりのUSB 3.1 Type-Cをはじめ、SDカードリーダーも搭載しているので、まず困ることはないでしょう。

120Hz&G-Sync対応

「SCAR EDITION」はFPSに最適化されたシリーズとのことで、ディスプレイが120HzとG-Syncに対応しているのが最大の特徴です。

1秒間に描写できる回数は、通常の60Hzモニターの2倍。描写回数が多い分、ぬるぬる滑らか。さらにNVIDIAの映像同期技術「G-Sync」にも対応しているので、スタッター(カクつき)やテアリング(分断)を抑え、正確なゲーム環境を実現します。

ゲーミングノートは星の数ほどあれど、ミドルクラスのゲーミングノートでこの2つに対応しているのは珍しいです。ASUSも本気を出してきた!?

軽めのFPSゲームに最適

性能面では、CPUにノート用のCore i5、GPUにはGTX 1060(グラフィックメモリ3GB版)を搭載しています。フルHDでのゲーミングに最適なGTX 1060ですが、グラフィックメモリ3GBという点に注意!

GTX 1060にはグラフィックメモリ3GB版と6GB版の2種類があります。両者の性能差は約10%程度ですが、動きの激しいFPSゲームでは数字以上に違いが出ます。中でも重量級のゲームともなると、3GB版だとメモリ不足でフレームレートの振れ幅が大きくなり、カクついてしまうこともしばしば。。

120Hz&G-Syncを生かしつつ、FPSを快適にプレイするということであれば、軽めのタイトル…例えば「AVA」「CSGO」「Overwatch」などがおすすめです。メインメモリが8GBというのも容量的にはちょうどいいですね。

ちなみにゲーミングノートといえば熱が天敵ですが、このモデルではデュアルファンを搭載しているので、心配ご無用。さらに「FN+F5」キーで、ターボモードに切り替えることもできます。

芸の細かいキーボード

キーボードはテンキー付きのアイソレーションタイプです。デスクトップキーボードを参考にしたとのことですが、テンキー周りの矢印キーがちょっと怪しいことになっていますね。使用頻度は高くないですが、慣れるまで誤爆に注意です。

ミドルクラスのモデルですが、しっかりフルカラー仕様となっています。ASUSではおなじみの「AURA」機能で、気分に合わせて好みのカラーに変更することができます。

ゲーミングノートは「耐久性が命」ということで、キーは2000万回の打鍵に耐えられようになっており、30キーの同時入力にも対応しています。

また耐久性だけでなく、細かい点にも気が利いており、WASDキーには強調処理がされ、キートップに窪みを入れることで、視認性や操作性が向上しています。さらに、ボリュームキーやアプリケーションキーを上部に独立して配置し、誤操作しにくくなっています。

ちなみにキーストロークは1.8mmとなっており、深すぎず・浅すぎずちょうどいい塩梅です。

機能も充実

ASUS謹製のゲーミングアプリ「ROG GAMING CENTER」はこのモデルでも健在。CPUやGPUの状況確認や、キーボードカラーの変更などはこのアプリからかんたんにアクセスすることができます。

Xspilit Gamecasterも標準でインストールされているので、ゲームの録画・配信もかんたんに行うことができます。便利なソフトが最初から入っているのはメーカー製PCならではの強みですね。

価格

150,984円(税込)

まとめ

120HzとG-Syncに対応した貴重なFPS特化モデルです。しかもミドルクラスですからね、貴重も貴重です。細かい部分もしっかり作りこまれていながら、国内BTOに匹敵する価格を実現しているので、とてもおいしい!

予算重視のFPSゲーマーにおすすめの一台です。

必見!ゲーミングPC選びのお役立ち記事

絶対に失敗しないゲーミングPC選び2018
オンラインゲームやVRをパソコンで楽しみたい!とはいうものの、どのメーカーの、どのモデルを選べばいいかわからない…そんな方のために、...

公式サイト

ROG STRIX GL703VM SCAR Edition icon-external-link 

シェアする

フォローする