サンワサプライ Surface用ドッキングステーションが発売 おすすめモデルもあわせてチェック!

モバイルノートで困ったらとりあえず「Surface Pro 4」を選んでおけば間違いないのですが、最大の弱点がインターフェースがUSB3.0とMini Displayportのみと絶望的に少ない点。純正品もありますが、とんでもなく高いので手が出せない状況です。そんな中サンワサプライからお手頃なドッキングステーションが発売されました。特長はなんといってもそのスタイリッシュな外観。さっそく見てみましょう。

スポンサードリンク

画像

Surface用ドッキングステーション

【純正品】Surfaceドック

スペック

  Surface用
ドッキングステーション
Surfaceドック
対応製品 Surface 3
Surface Pro 3/4
Surface Book
Surface Pro 3/4
USBハブ 【ダウンストリーム】
USB3.0×3
【アップストリーム】
USB3.0
USB3.0×4
映像端子 【入力】
Mini Displayport
【出力】
HDMI
Mini Displayport×2
LANポート ギガビット ギガビット
オーディオ出力 ×
供給電流 全ポート計1900mA
サイズ W255×D32×H25mm W130×D60×H30mm
重量 約155g 約550g
付属品 Mini Displayportケーブル、
ACアダプタ
SurfaceConnectケーブル
ACアダプタ
価格 7,580円(税・送料込)
(2017/4/18時点 公式HP)
20,600円(税込)
(2017/4/18時点 amazon)

特徴

 
コンパクトなボディにシルバー塗装がされており、とってもスマートな印象ですね。横幅を調整したうえでキックスタンドに取り付ける一体型で、(好みが別れそうではありますが)後ろ配線となっており、とてもスマート。そして何より軽いので、取り付けたまま持ち運べるという芸当もできます。

Surface用ドッキングステーションはSurface ドックと異なり、本体との接続に専用のSurfaceConnectを使いません。データ転送はUSBケーブルを使い、HDMIを使いたい場合にはMini Displayportケーブルで映像を転送します。

本家に比べてUSBポートや映像端子が少ないですが、USBは3ポートもあれば十分ですし、なにより汎用的で使いやすいHDMIを搭載しているので、使い勝手はこちらの方がだんぜん上ですね。

もちろんバスパワーのほか、セルフパワーにも対応しており、付属のACアダプターを使えば外付けHDDなども使うことができます。

そして何より価格がとても安い!Surfaceドックが約2万円なのに対し、ドッキングステーションは約7,500円と約1/3のお値段で購入できます。

さらに安く!という場合にはこれ

ICZI製のドックで、Surface 3/Pro 4に対応しています。

こちらはなんとamazonで4,688円!このお値段でー
・USB3.0×2
・USB2.0
・HDMI
・Displayport
・オーディオポート
・ギガビットLAN
これだけのポートがついてきます。

接続にはSurfaceConnectを使用し、セルフパワーとバスパワー両方に対応しています。

まとめ

現行のSurface Pro 4用ということであれば、価格の安いICZIが最有力でしょう。

サンワサプライはとにかくスタイリッシュ&配線が目立たないので、見た目重視の人におすすめです。

関連リンク

【Surface用ドッキングステーション】
Official HP

【ICZI】
amazon

【Surfaceドック】
Official HP
amazon

スポンサードリンク

シェアする

フォローする