上海問屋 Type-C対応!SATA3.0にカードリーダー付きUSBハブをチェック MacBookなどで大活躍

MacBookやSurface Pro 4など、USB Type-Cのみでカードリーダーも非搭載のノートパソコンもちょくちょく出るようになってきました。薄型万能端子ですが、SDカードやType-Aの活躍場面もまだまだあるので、そんな時だと不便なのもたしか。今回は珍しいType-C接続のカードリーダー付きUSBハブをチェックしてみます。

スポンサードリンク

スペック

  SATA変換搭載カードリーダー
USBハブ
DN-914794
インターフェース SATA3.0、
USB3.0(接続側Type-C、ハブType-A×2)
対応OS iOS/MacOS/Windows/Linux/Android
対応メモリー
カード
SD、microSD(HC/XC)
対応ドライブ SATA接続の2.5インチSSD/HDD
サイズ W45×D80×H10mm
重量 約37g
ケーブル長 26cm
製品保証 初期不良2週間

from:Official HP

USBハブはType-Aのものが2ポート、そしてSD/microSDカードリーダーがついています。デバイスとの接続はUSB Type-CでUSB3.0ベースとなります。これだけ見るとType-C接続のちょっと変わったSDカードリーダ付きUSBハブといった感じです。

しかし、最大の特長はSATA3.0端子を搭載しており2.5インチのSSDやHDDを接続できるという点です。HDDやSSDをもむき出しで使うのか?と考えてしまうかもしれませんが、HDDはともかく、SSDは振動に強いのでUSBメモリやSDカードに代わる究極の大容量ストレージとして持ち運ぶのは十分ありです。

なおUSB3.0の転送速度は5GbpsでSATA3.0の6Gbpsに比べると遅くなってしまいますが、UAPS(USB Attached SCSI Protocol)にも対応しているので、速度低下は最小限に抑えられています。

ちなみにUAPSとはパソコンと周辺機器の接続によく用いられるUSBの拡張仕様のことで、HDDやSSDといった記憶装置のデータ転送を効率化して実効速度を高める仕組みです。対応OSはWindowsが8以降、Macだと10.8以降になります。

価格

2,499円(税込)

まとめ

単なるType-C対応のUSBハブでおわらせないところはさすが上海問屋といったところ。Surfaceドックのような画像出力ポートや有線のLANポートといった高機能がいらないのであれば、こっちの方がだんぜん安くておすすめです。

関連リンク

Official HP

スポンサードリンク

シェアする

フォローする