Lenovoのおすすめノートパソコン2018 幅広いラインナップとコスパの高さが魅力の格安メーカー

レノボは、DELL・HPと肩を並べる中国の大手パソコンメーカーです。ThinkPadのようなレガシーモデルから、YOGAシリーズといったフレキシブルなモデルまで、幅広いラインナップをリーズナブルな価格で展開しています。

レノボの魅力を紹介

  • Eクーポンでとにかく安い
  • 小型軽量モデルに強い
  • 伝統と信頼のThinkPad

レノボはとにかく価格が安い!最大30~40%もの割引率を誇る【Eクーポン】が誰でも使えるようになっており、とてもおトクに購入できます。しかも価格表記が税・送料込みなので、それを合わせて考えると、かなりコスパは高いです。

何かとラインナップの多いレノボですが、特に小型軽量モデルの種類が多くなっています。中でも適度な画面サイズと携帯性の高さで人気の高い、13・14インチモデルについては、レノボの右に出るものはいません

そしてレノボといえばやはり【ThinkPad】ですよね。まさに「伝統と信頼」の言葉がふさわしく、これ抜きには語れません。聞いたことはあるけど、イマイチどんなモデルかわからない…という方は下をチェック!

ThinkPadとは?

IBMによって開発された、ビジネス向けのロングセラーモデルです。現在ではレノボが製造を引き継いでおり、まさに看板商品とも言うべきモデルですね。

ぱっと見スタンダードノートに見えますが、その特徴を3つにまとめてみました。

とにかくタフ

ビジネスシーンでハードに使い倒すことを想定しているので、設計開発段階から厳しい品質テストを繰り返しています。

落下テスト・高温・低温条件でのテスト・ヒンジの耐久テストなど、実際の使用状況に即した厳しいテストのほか、12項目のMIL規格(アメリカの軍事規格)テストをクリアしており、とにかくタフで高品質。

そして、高品質モデルには充実した保証ということで、オプションでThinkPad専用の保証【プレミアサポート】が用意されています。経験豊富な専属スタッフや24時間365日修理受付など、万が一の時に助かるサポートばかりです。

ビジネス向けではありますが、頑丈なノートパソコンが欲しい方にもおすすめ

高い操作性

ThinkPadのキーボードを見ると、中央部分に赤ポチがあります。これは【トラックポイント】とよばれるポインティングデバイスです。

言ってしまえばマウスのようなもので、タイピングしながらマウス操作をできるという優れモノです。いちいちマウスでカーソル操作する必要が無いので、作業効率が格段に向上します。

最初のうちは操作が難しいですが、一度慣れてしまえば強力な武器になります。

カスタマイズ可能

レノボでは唯一ThinkPadのみ、PCの構成をカスタマイズできます

一般のノートPCだと、決められたスペックのモデルを購入しますが、ThinkPadではメモリやストレージ容量を自由に選ぶことができます。

予算や用途に応じて、自分好みの一台に仕上げることができるというわけですね。

レノボの直販サイト指南

直販サイト icon-external-link 

レノボのパソコンは直販サイトがだんぜんおトク!

レノボのモデルは直販サイトと家電量販店でも購入できますが、【Eクーポン】が使える直販サイトで購入するほうが圧倒的に安く購入できます。

おトクな直販サイトを利用する際の注意点をまとめてみました。

納期は早いがムラがある

海外メーカーにしては納期が早く、最短4~5日で届くようになっています。しかし一方で、2週間~1か月かかるものもあり、かなりムラがあります。

モデルのラインナップに納期が記載されているので、購入前に必ずチェックすること!

クーポンを必ず使おう!

レノボは【Eクーポン】ありきの価格なので、絶対に使い忘れが無いようにしましょう。

クーポンそのものは、モデルのラインナップ画面に記載されており、それをカート画面にて入力するだけです。

ThinkPadはカスタマイズ可能

上でも紹介しましたが、ThinkPadはスペックのカスタマイズが可能です。

カスタマイズ画面ではこの通り、メモリ・SSD…など、各項目で構成を変更できるようになっており、好みの内容にクリックして変更します。

スタンダードモデル

 icon-info-circle モデルの価格は日々変動するので、価格は参考までにご覧ください。

持ち運びよりも、据え置きメインのモデルをピックアップしました。

  Ideapad 320

モデル詳細 icon-external-link 

 icon-check-circle 主要スペック
■カラー:プラチナシルバー・ブリザードホワイト
■OS:Windows 10
■ディスプレイ:15.6インチ フルHD/HD(1366×768) ノングレア
■CPU:Core i5-8250U/Core i5-7200U/Core i3-6006U/Celeron N3060
■メモリ:4・8GB
■グラフィック:UHD 620/HD 620/HD 520/HD 400(CPU内蔵)
■ストレージ:SSD 256GB/HDD 500GB
■サイズ:H22.9×W378×D260mm
■重量:2.2kg
■光学ドライブ搭載
■価格:42,595円(税・送料込)~

フルHDなのに安い!

スタンダードブランド【ideapadシリーズ】の15インチベーシックモデル。ファミリー向けというだけあり、ラインナップが広くなっています。

特にCPUのバリエーションが多く、インテルのCore i5~Celeronまで用意されています。ブラウジングやオフィス作業を快適にということであれば、Core i3以上のモデルをぜひ選びたいところ。また、メモリは4GB、ストレージは500GB以上しっかり確保されており、十分実用的です。

ディスプレイ解像度は、一部モデルを除きフルHD解像度というのもポイント。HDよりもより広く・きれいな画面描写ができるようになっています。それでいて安い!フルHDで安いノートPCということであれば、まずこれ

本体デザインはカラバリを含め、「シンプルイズベスト」を地で行く感じですね。もちろん光学ドライブやSDスロットも搭載し、機能面も文句なし。万人受けする汎用性の高いモデルです。

Ideapad 320[Core i3/プラチナシルバー]

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
15.6インチ フルHD ノングレア
■CPU:Core i3-6006U
■メモリ:4GB
■グラフィック:HD 520(CPU内蔵)
■ストレージ:HDD 500GB
【クーポン利用】
74,520円50,674円(税・送料込)

おすすめポイント

Core i3・メモリ4GB・500GB HDDを搭載しており、ブラウジングやオフィス作業を快適にこなせます。フルHDモデルで価格がほぼ5万円とは驚きの一言!

Ideapad 320 [Core i5-7200U/プラチナシルバー]

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
15.6インチ フルHD ノングレア
■CPU:Core i5-7200U
■メモリ:4GB
■グラフィック:HD 620(CPU内蔵)
■ストレージ:500GB HDD
【クーポン利用】
90,720円57,154円(税別・送料込)

おすすめポイント

上のモデルのCPUをワンランク上のCore i5-7200Uにしたモデル。Core i3よりも約30%性能が高いので、価格を抑えつつ性能にもこだわりたいのであればおすすめ。

  Ideapad 520

モデル詳細 icon-external-link 

 icon-check-circle 主要スペック
■カラー:アイアングレー・ゴールデン
■OS:Windows 10
■ディスプレイ:15.6インチ フルHD ノングレア IPS
■CPU:Core i7-8550U/Core i5-8250U
■メモリ:8・16GB
■グラフィック:UHD 620(CPU内蔵)
■ストレージ:512GB SSD/256GB SSD/1TB HDD
■サイズ:H22×W378×D260mm
■重量:2.2kg
■光学ドライブ搭載
■価格:70,200円(税・送料込)~

コスパに優れた上質モデル

型番からもわかる通り、トップのモデルよりワンランク上のモデルです。

メタルボディにアイアングレー&ゴールデンのカラバリで、見た目はもちろん触り心地も上質です。

液晶ディスプレイの解像度はフルHDで、発色に優れたIPSパネルを搭載しています。音質の高さで定評のあるHarman製スピーカーとDolby Auidio機能も相まって、動画鑑賞などエンターテインメント用途にもおすすめ。

性能面では、CPUにインテルの最新Core i7・Core i5を搭載。4コア8スレッドになり、前世代より約30~40%もパワーアップしました。最低でもメモリ8GB・1TB HDDを搭載しており、動画や画像編集にも活用できる、充実した初期構成も魅力です。

ただモデル間の価格差が大きいのがネック。高速ストレージのSSD搭載モデルともなると、10万円オーバーになってしまいます。

Ideapad 520[Core i5/ゴールデン]

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
15.6インチ フルHD ノングレア
■CPU:Core i5-8250U
■メモリ:8GB
■グラフィック:UHD 620(CPU内蔵)
■ストレージ:HDD 1TB
【クーポン利用】
108,000円70,200円(税・送料込)

おすすめポイント

超特価モデル!

ミドルクラスのCore i5を搭載した激安モデルです。メモリ8GB・1TB HDDを搭載しており、普段使いはもちろん、写真や動画の加工などクリエイティブ用途にもおすすめ。

  ThinkPad E570

モデル詳細 icon-external-link 

 icon-check-circle 主要スペック
■カラー:ブラック
■OS:Windows 10
■ディスプレイ:15.6インチ フルHD/HD(1366×768) ノングレア
■CPU:Core i7-7500U/Core i5-7200U/Core i3-6006U
■メモリ:4・8GB
■グラフィック:GeForce 950M/HD 620/HD 520(CPU内蔵)
■ストレージ:SSD 256GB/HDD 1TB/HDD 500GB
■サイズ:H25.4×W379×D261mm
■重量:2.3kg
■光学ドライブ搭載
■価格:52,121円(税・送料込)~

ThinkPadの定番モデル

【ThinkPadシリーズ】の15インチスタンダードモデルです。

ThinkPadの売れ筋モデルということで、ランナップが非常に多いですね。ただ、エントリーモデルでもインテルのCore i3・4GBメモリ・500GB HDDを搭載しているので、オフィス用途に求められるスペックはしっかりおさえています。

性能面もさることながら、指紋認証センサーを標準搭載しているのもポイント。コスパが高く、ThinkPadならまずこれ!というべきモデルです。

ちなみに、上位モデルではグラフィック機能に【GeForce 950M】を搭載していますが、なんとも中途半端な性能なので特に選ぶ必要はありません。それこそCPU内蔵グラフィックで十分です。

ThinkPad E570[スタンダード]

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
15.6インチ HD(1366×768) ノングレア
■CPU:Core i3-6006U
■メモリ:4GB
■グラフィック:HD 520(CPU内蔵)
■ストレージ:HDD 500GB
【クーポン利用】
68,580円52,121円(税・送料込)~

おすすめカスタマイズ

Core i3・4GBメモリ・500GB HDDを搭載し、エントリーながら十分なスペック。

体感速度を上げたいのであれば、Core i5モデルを選ぶより、SSDをカスタマイズするのがおすすめ。ブラウジングやオフィス作業がサクサク快適になります。また、より精彩で表示領域を広くしたいのであれば、ディスプレイをフルHDにしましょう。

このモデルではストレージを、【HDDのみ(標準)】【SSDのみ】【SSD+HDD】の3パターンにカスタマイズできます。

SSD+HDDのデュアルストレージにすれば、アプリ類をSSDに入れて動作を速くし、かさばるデータ類は大容量のHDDに入れる使い分けができます。

SSDのみにしたい場合はHDDのカスタマイズを【なし】にしましょう。

  ディスプレイ
・15.6型FHD液晶 (1920×1080 IPS)【+5,400円】

  メモリ
基本的には4GBで十分ですが、余裕を持たせたければ増やしましょう。

・8GB PC4-17000 DDR4 SODIMM (2スロット使用)【+8,640円】
→4GB×2で8GBということです。体感できないものの、2枚構成の方が転送速度は速くなります。

  HDD(ハードディスクドライブ)
・なし【-8,640円(税別)】※SSDのみ搭載する場合
・1TB ハードディスクドライブ, 5400rpm【+4,320円】

  SSD(ソリッド・ステート・ドライブ)
・128GB SSD【+11,880円】
・256GB SSD【+23,760円】

軽量モデル(通常タイプ)

持ち運びに最適なサイズ・重さについてですが、サイズはA4サイズに相当する13インチ、重さは1.5Kgまでが理想的です。

一番のボリュームゾーンなので、まずは通常の開閉式タイプをチェックしてみましょう。

  ideapad 720S

モデル詳細 icon-external-link 

 icon-check-circle 主要スペック
■カラー:プラチナ
■OS:Windows 10
■ディスプレイ:13.3インチ フルHD ノングレア IPS
■CPU:Core i7-8550U/Core i5-8250U/Core i7-7500U
■メモリ:8GB
■グラフィック:UHD 620/HD 620(CPU内蔵)
■ストレージ:SSD 256・512GB
■サイズ:H13.6×W305.9×D213.82mm
■重量:1.14kg
■光学ドライブ非搭載
■価格:95,758円(税別・送料込)~

エレガント&軽量モデル

Ideapadのプレミアムライン【700シリーズ】の13インチモデルです。

つや消しのアルミボディ&プラチナカラーで、シンプルながらスマートさを感じさせるデザインですね。つや消しはアルマイト加工処理なので、見かけによらずとても頑丈なのもポイント。

重さはわずか1.14Kgと片手で持てる重さで、厚さも1cmちょっとと非常にスリムなので、カバンへの収まりもよく、持ち運びに最適です。

機能面も充実しており、指紋認証センサーを標準搭載し、ログインもラクラク。そして、高解像度ディスプレイ出力・高速データ転送・高速充電をサポートする【Thunderbolt 3 USB Type-C】も搭載しています。

また、ディスプレイは発色に優れたIPSパネルを搭載し、音質の高さで定評のあるHarman製スピーカーとDolby Auidio機能で動画鑑賞にも最適。ちなみに、ディスプレイはベゼル幅が狭いフレームレスタイプで、とてもスタイリッシュです。
 
性能面では、CPUにインテルのCore i7とCore i5を搭載し、メモリは8・16GB、ストレージは高速のSSDオンリーとなっています。どのモデルを選んでも快適!

Ideapad 720S[Core i5/プラチナ]

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
13.3インチ フルHD ノングレア IPS
■CPU:Core i5-8250U
■メモリ:8GB
■グラフィック:UHD 620(CPU内蔵)
■ストレージ:SSD 256GB
【クーポン利用】
138,780円95,758円(税・送料込)

おすすめポイント

充実したスペックが魅力の特価モデルです。CPUは4コア8スレッドで大幅にパワーアップした、最新のCore i5を搭載。さらに8GBメモリに、高速ストレージのSSDを搭載し、キビキビした動作で快適そのものです。

  ThinkPad X1 CARBON(2017モデル)

モデル詳細 icon-external-link 

 icon-check-circle 主要スペック
■カラー:ブラック
■OS:Windows 10 Pro
■ディスプレイ:14インチ フルHD ノングレア IPS
■CPU:Core i7-7500U/Core i5-7200U/Core i5-6200U
■メモリ:8・16GB
■グラフィック:HD 620/HD 520(CPU内蔵)
■ストレージ:SSD 128・256GB
■サイズ:H15.95×W323.5×D217.1mm
■重量:1.13kg
■光学ドライブ非搭載
■価格:128,045円(税別・送料込)~

ThinkPadのフラグシップモデル

【ThinkPadシリーズ】の14インチフラグシップモデルです。

なんといっても軽い!14インチなのに、重さはわずか1.13Kgとずば抜けた軽さです。厚さもわずか1.5cmと薄く、持ち運びがとてもラク。薄型軽量ボディですが、航空機でも使われる炭素繊維(カーボン)でカバーされており、とても頑丈で安心。

フラグシップモデルなので、もちろんディスプレイはIPSパネル指紋認証センサーThunderbolt 3 USB Type-Cも搭載しています。Windowsは充実した機能が自慢の【Windows 10 Pro】となっているのもポイント。

性能面もCPUはインテルのCore i7・Core i5、メモリは8・16GB高速ストレージのSSDを搭載しており、どのモデルを選んでも快適そのもの。

ちなみに2018モデルとの差はCPUくらいのもの。オフィス作業程度では最新CPUにこだわる必要はありませんし、3万円以上の価格差があるので、2017モデルがおすすめです。

ThinkPad X1 CARBON[パフォーマンス]

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
14インチ フルHD ノングレア IPS
■CPU:Core i5-7200U
■メモリ:8GB
■グラフィック:HD 620(CPU内蔵)
■ストレージ:SSD 128GB
【クーポン利用】
224,640円128,045円(税・送料込)~

おすすめカスタマイズ

Core i5・8GBメモリ・128GB SSDの充実した初期構成なので、基本的にはカスタマイズ不要。SSDの容量のみカスタマイズできますが、コスパはよくないです。

  ハードディスクドライブ
・256GB ソリッドステートドライブ PCIe-NVMe【+20,520円】
・512GB ソリッドステートドライブ PCIe-NVMe【+52,920円】

軽量モデル(2-in-1タイプ)

同じく軽量モデルですが、こちらでは2-in-1タイプのモデルをチェックします。

2-in-1タイプは通常のノートPCとは異なり、画面が回転する(もしくは取り外しできる)ようになっているので、PCモード・タブレットモードとフレキシブルに使うことができます

ちなみに、今回紹介するモデルは全て360°ディスプレイが回転するタイプです。

  Yoga 720

モデル詳細 icon-external-link 

 icon-check-circle 主要スペック
■カラー:プラチナ
■OS:Windows 10
■ディスプレイ:12.5インチ フルHD グレア IPS タッチパネル対応
■CPU:Core i5-7200U/Core i3-7100U
■メモリ:4・8GB
■グラフィック:HD 620(CPU内蔵)
■ストレージ:SSD 256・512GB
■サイズ:H15.75×W293×D203.4mm
■重量:1.18kg
■光学ドライブ非搭載
■価格:74,714円(税・送料込)~

ジャストA4サイズの高コスパモデル

レノボの2-in-1ブランドは【YOGAシリーズ】です。ヨガ⇒柔軟性が高い⇒2-in-1/YOGAということでしょうね。これはそのスタンダードモデルになります。

本体サイズはやや小さめの12.5インチサイズ。A4ジャストサイズなので、カバンにスッと入ります。重さもわずか1.18Kgと超軽量!

スタンダードモデルながら完成度が高く、ボディはつや消し加工のアルミ製となっており、高級感があります。

また、機能面は指紋認証センサーや音質の高さで定評のあるHarman製スピーカーを搭載。ディスプレイも発色に優れたIPSパネルを搭載し、フレームレスでとてもスマートです。さらにアクティブペンまで付属するので、別途購入する必要もありません。

性能面では、CPUにインテルのCore i5・Core i3を搭載。メモリは4・8GBで、高速ストレージのSSDを搭載し、エントリーモデルでも快適そのものです。

これで7万円台からとはかなりおトクですね!

Yoga 720[Core i3-7100U/プラチナ]

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
12.5インチ フルHD グレア IPS タッチパネル
■CPU:Core i3-7100U
■メモリ:4GB
■グラフィック:HD 620(CPU内蔵)
■ストレージ:SSD 128GB
【クーポン利用】
109,980円74,174円(税・送料込)

おすすめポイント

Core i3・メモリ4GB・128GB SSDを搭載したエントリーモデルですが、ブラウジングやオフィスなどの普段使いでは十分なスペックですね。Core i5モデルはあくまでも予算に余裕があればというレベル。

  Yoga 920

モデル詳細 icon-external-link 

 icon-check-circle 主要スペック
■カラー:プラチナ・ブロンズ
■OS:Windows 10
■ディスプレイ:13.9インチ フルHD/4K グレア IPS タッチパネル対応
■CPU:Core i7-8550U/Core i5-8250U
■メモリ:8・16GB
■グラフィック:UHD 620(CPU内蔵)
■ストレージ:SSD 256・512GB
■サイズ:H13.95×W323×D223.5mm
■重量:1.37kg
■光学ドライブ非搭載
■価格:152,183円(税別)~

2-in 1タイプのラグジュアリーモデル

【YOGAシリーズ】のハイエンドモデルで、レノボの贅を尽くした完成度の高さが魅力の一台です。やや大きめの13.9インチサイズですが、重さが1.37Kgと軽いので、持ち運びもラクラク。

フラグシップモデルにふさわしく、ヒンジは【ウォッチバンドヒンジ】を採用しています、通常タイプのヒンジよりもスムーズで安定した開閉ができるのはもちろん、とにかくオシャレですよね。

もちろんボディはつや消し加工のアルミ製で、スタイリッシュかつ頑丈です。プラチナとブロンズの落ち着いたカラーも高級感をよりいっそう引き立たせています。

ディスプレイはスタイリッシュなフレームレスタイプで、発色に優れたIPSパネルを搭載。さらに、タッチ&ペン入力にも対応しています。頑丈な強化ガラス【Gorilla Glass】でカバーされているので、キズに強く、安心してペンを使うことができます。

機能面も充実しており、指紋認証センサーや、高解像度ディスプレイ出力・高速データ転送・高速充電をサポートする【Thunderbolt 3 USB Type-C】を搭載するほか、アクティブペンも標準装備する全部盛り。ペンは4092諧調なので、入力精度が高いのもポイント!

性能面では、大幅に性能が向上したインテルの最新CPUを搭載。メモリは8・16GB、ストレージは高速のSSDオンリーの構成となっており、非常に快適な初期構成も魅力的です。

ちなみに、ディスプレイ解像度はフルHDのほか4Kも用意されていますが、13インチの小ささであればフルHDで十分です。

Yoga 920[Core i5-8250U/プラチナ・ブロンズ]

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
13.9インチ フルHD グレア IPS タッチパネル
■CPU:Core i5-8250U
■メモリ:8GB
■グラフィック:UHD 620(CPU内蔵)
■ストレージ:SSD 256GB
【クーポン利用】
197,640円152,183円(税・送料込)

おすすめポイント

一番下位のモデルですが、それでもCore i5・メモリ8GB・256GB SSDを搭載しています。Core i7との性能差はわずか10%程度なので、これで十分でしょう。

  ThinkPad Yoga 370

モデル詳細 icon-external-link 

 icon-check-circle 主要スペック
■カラー:ブラック
■OS:Windows 10
■ディスプレイ:13.3インチ フルHD グレア IPS タッチパネル対応
■CPU:Core i7-7600U/Core i7-7500U/Core i5-7500U/Core i3-7100U
■メモリ:4・8・16GB
■グラフィック:HD 620(CPU内蔵)
■ストレージ:SSD 128・256・512GB
■サイズ:H18.2×W313.5×D222.2mm
■重量:1.38kg
■光学ドライブ非搭載
■価格:119,750円(税別)~

高コスパの2-in-1 ThinkPad

ThinkPadで2-in-1パソコンということであれば、まずこのモデルを選びたいですね。

ベーシックモデルですが、フルHD解像度で発色に優れたIPSパネルのほか、指紋認証センサーやDolby Audio機能も搭載。アクティブペンも標準で付属しており、本体内のホルダーに収納すれば、無くす心配もありません。

性能面もしっかりポイントをおさえており、エントリーモデルでもインテルのCore i3・4GBメモリ・128GB SSDを搭載しているので、オフィス作業などもサクサク快適にこなすことができます。

ThinkPad Yoga 370[スタンダード]

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
13.3インチ フルHD グレア IPS タッチパネル
■CPU:Core i3-7100U
■メモリ:4GB
■グラフィック:HD 620(CPU内蔵)
■ストレージ:SSD 128GB
【クーポン利用】
166,320円119,750円(税・送料込)

おすすめカスタマイズ

Core i3・4GBメモリ・128GB SSDを搭載しており、エントリーモデルながら充実したスペックです。カスタマイズするのであればワンランク上のパフォーマンスモデルを選びましょう。

ThinkPad Yoga 370[パフォーマンスモデル]

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
13.3インチ フルHD グレア IPS タッチパネル
■CPU:Core i5-7200U
■メモリ:8GB
■グラフィック:HD 620(CPU内蔵)
■ストレージ:SSD 256GB
【クーポン利用】
206,280円148,522円(税・送料込)

おすすめカスタマイズ

Core i5・8GBメモリ・256GB SSDを搭載し、マルチタスクに強い余裕のあるスペックです。カスタマイズする必要もないですね。

格安モデル

3万円台から購入できるモデルをピックアップ

Ideapad 120S

モデル詳細 icon-external-link 

 icon-check-circle 主要スペック
■カラー:ミネラルグレー・デニムブルー・ブリザードホワイト
■OS:Windows 10
■ディスプレイ:11.6インチ HD(1366×768) ノングレア
■CPU:Pentium N4200/Celeron N3350
■メモリ:4GB
■グラフィック:HD505/HD 500(CPU内蔵)
■ストレージ:SSD 128GB/HDD 500GB/eMMC 32GB
■サイズ:H17.7×W288×D200mm
■重量:1.15kg
■光学ドライブ非搭載
■価格:34,344円(税別)~

コンパクトな格安モデル

スタンダードブランド【ideapadシリーズ】のエントリーモデル。11インチの軽量コンパクトボディで、持ち運びにもおすすめです。

肝心の性能ですが、これは価格なりといったところ。CPUはインテルのCeleron&Pentiumですが、どちらもエントリーCPUなので、全体的な動作はもっさりしています

しかい格安モデルながら、メモリはしっかり4GB搭載しているので、ブラウジングなど基本的なタスクはしっかりこなせます。その点はご安心を。

Ideapad 120S[Celeron/500GB HDD]

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
11.6インチ HD(1366×768) ノングレア
■CPU:Celeron N3350
■メモリ:4GB
■グラフィック:HD 500(CPU内蔵)
■ストレージ:HDD 500GB
【クーポン利用】
57,240円34,344円(税・送料込)

おすすめポイント

レノボのノートPCで一番安いモデルです。4GBメモリに500GB HDDを搭載しているので、割り切れれば十分使えます。上位モデルのコスパがよろしくないので、選ぶならこのモデルで決まり!

【派生モデル】Ideapad 120S(14インチ)[Celeron/128GB SSD]

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
14インチ HD(1366×768) ノングレア
■CPU:Celeron N3350
■メモリ:4GB
■グラフィック:HD 500(CPU内蔵)
■ストレージ:SSD 128GB
【クーポン利用】
62,640円39,463円(税・送料込)

おすすめポイント

上のモデルと同じシリーズですが、大画面の14インチディスプレイ&128GB SSDを搭載したモデルです。CPUは同じくCeleronですが、高速ストレージ・SSDを搭載しているので、体感速度がとても速くなり快適そのもの

シェアする

フォローする