ドスパラのおすすめノートパソコン2018 業界最短納期を誇る実力派のBTOメーカー

自分好みのスペックをチョイスできる、BTOパソコンの老舗ショップ【ドスパラ】ーパソコン販売実績アジアNo.1というだけあり、その実力と信頼性は折り紙付きです。そんなドスパラのおすすめノートパソコンをご紹介します。

ドスパラの魅力を紹介

  • 業界最短納期
  • シンプル&リーズナブルなモデル
  • カスタマイズ可能

ドスパラといえば何よりもまず【業界最短納期】ですね。最速で当日出荷、ほとんどのモデルで2日出荷を実現しています。他社だと1~2週間あたりなので、とんでもなく速いことがわかります。すぐ使いたいということであれば、ドスパラがまずおすすめ!

最近ではカラバリや装飾を売りにしているメーカーが多いですが、ドスパラではシンプルなデザインのモデルが多く、実用性を重視したラインナップが特徴です。その分リーズナブルなので、予算重視の方にもおすすめです。

また【BTOメーカー】ということで、各モデルでカスタマイズできるというのもポイント。どういうことかというと、メモリやストレージの容量などを自分好みに変更できるということです。予算に応じて柔軟なモデル選びができます。

ドスパラの直販サイト指南

直販サイト icon-external-link 

ドスパラは直販サイトでのみ販売しています。

BTOパソコンということで、自分好みのスペックにカスタマイズできます。アマゾンなどのECサイトとは違い、購入手順が異なるので、サクッと解説します。

 icon-check-circle 手順①

各モデルのページに飛ぶと、【構成内容を変更する】ボタンが表示されるので、こちらをクリックします。

【変更せずカートに入れる】をクリックしてしまうと、各パーツのカスタマイズはもちろん、保証の延長などもできないので注意!

 icon-check-circle 手順②

カスタマイズ画面を一部抜粋した画面です。メモリ・SSD…など、各項目で構成を変更できるようになっているので、好みの内容にクリックして変更します。ちなみに、保証やオフィスソフトもこの画面で変更します。

豆知識ですが、見積もりを保存すると【割引クーポン】が発行されるので、ちょっとおトクになります。

スタンダードモデル

持ち運びはせず、据え置きメインのモデルをピックアップしました。

  Critea DX-KS H3

 icon-check-circle 主要スペック
■OS:Windows 10
■ディスプレイ:15.6インチ HD(1366×768) グレア
■CPU:Core i3-7100U
■メモリ:4GB
■グラフィック:HD 620(CPU内蔵)
■ストレージ:HDD 500GB
■サイズ:H23.9×W382×D256mm
■重量:1.8kg
■光学ドライブ非搭載
■価格:59,980円(税別)~

迷ったらまずこれ

ドスパラのベーシックノートといえばまずこれ。白・黒のパンダカラーが印象的なカジュアルな15インチノートです。

Core i3に4GBメモリ、500GBのHDDを搭載し、ブラウジングやオフィス作業程度なら十分なパフォーマンスを発揮します。

そして何より15インチノートにしては非常に軽く、約1.8Kgと2Kgを切っているのがポイント。据え置きメインながらも、たまに持ち運ぶということであればこのモデルを選んでもいいでしょう。

ちなみに、解像度はフルHDではなくワンランク低いHDとなっており、また光学ドライブは非搭載なので注意です。

おすすめカスタマイズ

スタンダードモデルとして完成されており、このままでも十分使えます。

動画や画像などを多く保存する場合はHDDの容量を増やすのがおすすめ。また高速ストレージのSSDを追加すると、ブラウジングやアプリの動作が速くなり、とても快適になります。動画や画像編集でも使うということであれば、メモリを増やすのもいいでしょう。

  メモリ
・8GB DDR4 SO-DIMM (PC4-17000/4GBx2/2チャネル)【+6,400円(税別)】

  SSD
・120GB SSD【+7,380円(税別)】
・250GB SSD【+12,080円(税別)】

  HDD(ハードディスク)
・1TB HDD (5400rpm)【+2,680円(税別)】
・2TB HDD (5400rpm)【+9,480円(税別)】

  Critea DX-K F7

 icon-check-circle 主要スペック
■OS:Windows 10
■ディスプレイ:15.6インチ フルHD ノングレア
■CPU:Core i7-7500U
■メモリ:8GB
■グラフィック:HD 620(CPU内蔵)
■ストレージ:HDD 1TB
■サイズ:H24.9×W380×D260mm
■重量:2.2kg
■光学ドライブ搭載
■価格:84,980円(税別)~

フルHD&光学ドライブ付きの最安モデル

ワンランク上の15インチノートということで、全部盛りの充実したスペックが魅力のモデルです。

高性能のCore i7に、大容量の8GBメモリと1TB HDDを搭載。ディスプレイは主流のフルHDで、きれいな映像を楽しむことができます。もちろん光学ドライブも搭載しています。

ドスパラのノートPCは光学ドライブを搭載していないモデルが多く、価格を抑えつつ光学ドライブもーということであればこのモデルを選ぶしかありません。ただ、最近はオンラインコンテンツが主流なので、無ければ無いで何とかなるのもたしかです。

おすすめカスタマイズ

大容量メモリにストレージで、これこそカスタマイズの必要はありません。

もちろん、動画や画像などを多く保存する場合はHDDの容量を増やしたり、高速ストレージのSSDを追加してさらに快適性を上げるのもいいでしょう。

  SSD
・120GB SSD【+7,380円(税別)】
・250GB SSD【+12,080円(税別)】

  HDD(ハードディスク)
・1TB HDD (5400rpm)【+2,680円(税別)】
・2TB HDD (5400rpm)【+9,480円(税別)】

  DX-KS F7

 icon-check-circle 主要スペック
■OS:Windows 10
■ディスプレイ:15.6インチ フルHD ノングレア
■CPU:Core i7-8550U
■メモリ:8GB
■グラフィック:UHD 620(CPU内蔵)
■ストレージ:HDD 1TB
■サイズ:H23.9×W382×D256mm
■重量:1.8kg
■光学ドライブ非搭載
■価格:99,980円(税別)~

性能にこだわりたい方におすすめ

最新のインテル製CPU【Core i7-8550U】を搭載したハイスペックモデル。4コア8スレッドとなり、前世代のCPUよりも約30~40%も性能が向上しました。大容量の8GBも相まって、動画や画像編集用途でも使うことができます。

性能にとことんこだわる方におすすめの一台です。

おすすめカスタマイズ

上のモデルと同じく、充実した初期構成でカスタマイズの必要はまずありません。

動画や画像などを多く保存する場合はHDDの容量を増やしたり、HDDの代わりに高速ストレージのSSDに交換して、さらに快適性を上げたりするのもあり。

またSSDを追加して、SSD+HDDのデュアル構成にすれば、アプリとデータ類の保存先を分けることができるので、とても便利です。

  SSD(SSDを追加する場合のみ選択)
・120GB SSD【+7,380円(税別)】
・250GB SSD【+12,080円(税別)】

  HDD(ハードディスク)/SSD
・2TB HDD (5400rpm)【+6,800円(税別)】
・Samsung 250GB SSD (850 EVOシリーズ)【+13,400円(税別)】
・Samsung 500GB SSD (850 EVOシリーズ)【+32,100円(税別)】

大画面モデル

17インチサイズの大画面を搭載したモデルをピックアップしました。

  Critea VF-AGK

 icon-check-circle 主要スペック
■OS:Windows 10
■ディスプレイ:17.3インチ フルHD ノングレア
■CPU:Core i5-7200U
■メモリ:8GB
■グラフィック:HD620(CPU内蔵)
■ストレージ:HDD 1TB
■サイズ:H33×W420×D279mm
■重量:2.8kg
■光学ドライブ搭載
■価格:89,980円(税別)~

高い性能と大画面でエンターテインメント用におすすめ

17インチの大型ディスプレイとフルHDの高い解像度で、映画鑑賞などのエンターテインメントを楽しむのに最適なモデルです。

性能面も充実しており、CPUにはミドルクラスのCore i5を搭載。8GBメモリに1TB HDDの大容量構成となっており、快適そのもの。長く使うにはもってこい!

おすすめカスタマイズ

初期構成でも十分なので、このままでも基本的にはOKです。

動画や画像などを多く保存する場合はHDDの容量を増やしたり、HDDの代わりに高速ストレージのSSDに交換して、さらに快適性を上げたりするのもあり。

またSSDを追加して、SSD+HDDのデュアル構成にすれば、アプリとデータ類の保存先を分けることができるので、とても便利です。

  SSD(SSDを追加する場合のみ選択)
・120GB SSD【+7,380円(税別)】
・250GB SSD【+12,080円(税別)】

  HDD(ハードディスク)/SSD
・2TB HDD (5400rpm)【+9,480円(税別)】
・Samsung 250GB SSD (850 EVOシリーズ)【+8,000円(税別)】
・Samsung 500GB SSD (850 EVOシリーズ)【+20,000円(税別)】

  Critea VF-HGK1050

 icon-check-circle 主要スペック
■OS:Windows 10
■ディスプレイ:17.3インチ フルHD ノングレア
■CPU:Core i7-7700HQ
■メモリ:8GB
■グラフィック:GTX 1050
■ストレージ:HDD 500GB
■サイズ:H38.5×W420×D285mm
■重量:2.9kg
■光学ドライブ非搭載
■価格:124,800円(税別)~

3Dゲームもできるハイスペックモデル

トップのモデルとは打って変わって、非常に性能が高いモデルです。

4コア8スレッドのハイパワーCPU【Core i7-7700HQ】とGTX 1050を搭載し、動画・画像編集はもちろん、3Dゲームまでできるオールラウンダー。これ一台あればとりあえず何でもできます

ただし、3Dゲームに特化した「ゲーミングノート」のカテゴリーでは、エントリーレベルという点に注意!FF14など、DirectX 11をベースにした最近の重量級ゲームをプレイするのであれば、しっかり設定を落とす必要があります。

ちなみに、キーボードにLED電飾が内蔵されており、暗い場所でのタイピングがしやすくなっています。そして何といってもオシャレですね。

おすすめカスタマイズ

このままでも基本的にはOKですが、しっかりカスタマイズして、ワンランク上のオールラウンダーに仕上げればさらに快適です。ストレージの追加や増設はもちろん、編集用途ではメモリも使うので、メモリ容量を増やすのもおすすめ。

※SSD+HDDのデュアルストレージ構成は別モデルとして用意されています。

  メモリ
・16GB DDR4 SO-DIMM (PC4-19200)【+13,000円(税別)】

  HDD(ハードディスク)/SSD
・2TB HDD (5400rpm)【+9,480円(税別)】

軽量モデル

持ち運びしやすい軽量タイプのモデルをピックアップしました。

持ち運びに最適なサイズ・重さについてですが、サイズはA4サイズに相当する13インチまで、重さは1.5Kgまでが理想的です。

Altair F-13

 icon-check-circle 主要スペック
■OS:Windows 10
■ディスプレイ:13.3インチ フルHD グレア
■CPU:Core i5-7200U
■メモリ:8GB
■グラフィック:HD 620(CPU内蔵)
■ストレージ:SSD 256GB
■サイズ:H19.6×W327×D220mm
■重量:1.35kg
■光学ドライブ非搭載
■価格:79,980円(税別)~

ドスパラの大人気モデル

わずか1.35Kgと小型軽量なのはもちろん、シルバー&ブラックの落ち着いたカラーで、使う場所を選びません。

性能面も非常に充実しており、CPUにはミドルクラスのCore i5を搭載。8GBメモリに高速ストレージのSSDで、ブラウジングやオフィス作業などの普段使いは快適そのもの。

地味ながら嬉しいのがこの【リフトアップヒンジ】です。画面を開いたときに傾斜ができるので、タイピングがしやすくなるのはもちろん、吸気もしやすくなり、冷却面での効果もバツグンです!PCの下に冷却台を置いているようなものですね。

おすすめカスタマイズ

小型の特殊モデルということで、ほぼカスタマイズできません。SSDの容量のみ増やすことができます。

  HDD(ハードディスク)/SSD
・500GB SSD【+17,820円(税別)】

格安モデル

3万円台から購入できるモデルをピックアップ

  Altair VH-AD3L

 icon-check-circle 主要スペック
■OS:Windows 10
■ディスプレイ:14インチ HD(1366×768) グレア
■CPU:Celeron N3450
■メモリ:4GB
■GPU:HD 500(CPU内蔵)
■ストレージ:eMMC 64GB
■サイズ:H25.5×W340.6×D237mm
■重量:1.6kg
■光学ドライブ非搭載
■価格:34,980円(税別)~

エントリーながらポイントをおさえたモデル

パンダカラーのカジュアルなカラーリングが印象的なモデルです。エントリークラスながら、ゆとりのある14インチディスプレイを搭載。重さも約1.6Kgに抑えられており、モバイル用途でも使えます。

性能面も4コアCPU・4GBメモリ・ストレージ容量64GBと最低限ながらしっかりポイントをおさえています。特に64GBのストレージが嬉しいですね。32GBだと大型のWindowsアップデートで容量不足になりますが、64GBであればそんな心配もありません。

ただし、あくまでもエントリークラスのCPUなので、全体的な動作はもっさりしています。もちろん、ブラウジングや動画鑑賞など基本的なタスクはしっかりこなせるのでご安心を。

このモデルの最大の特徴は、2.5インチ7mmサイズのHDDやSSDを増設できる点。側面に拡張ベイがあるのでかんたんに増設できます。もちろんSDカードスロットも付いており、少ないメインストレージ容量をカバーすることができます。

おすすめカスタマイズ

エントリーモデルということで、パーツのカスタマイズはできません。

  Altair VH-AD3NS SSD搭載

 icon-check-circle 主要スペック
■OS:Windows 10
■ディスプレイ:14インチ HD(1366×768) グレア
■CPU:Celeron N3450
■メモリ:4GB
■GPU:HD 500(CPU内蔵)
■ストレージ:SSD 120GB
■サイズ:H25.5×W340.6×D237mm
■重量:1.6kg
■光学ドライブ非搭載
■価格:39,980円(税別)~

SSD搭載でパワーアップ

上のモデルのストレージをSSDにしたモデルです。

CPUこそ同じものの、SSDはeMMCよりも転送速度が2倍以上と段違いに速く、キビキビした動作で快適そのもの。価格を抑えつつ快適さを求めるのであれば、このモデルがおススメ!

おすすめカスタマイズ

SSDのみ容量を増やすことができます。ただ、あくまでもエントリーモデルなので、120GBもあれば十分でしょう。

  HDD(ハードディスク)/SSD
・240GB SSD【+3,500円(税別)】
・500GB SSD【+12,000円(税別)】

シェアする

フォローする