HP ENVY 13-ad100をレビュー デザイン・機能・性能すべてが高次元の13インチプレミアムノート

今回HPの「HP ENVY 13-ad100」をお借りしました。

HPらしさが十二分に発揮された上品なデザインと、8万円台から購入できるリーズナブルさを両立させた13インチモデルをチェックしてみましょう。

スペック

  HP ENVY 13-ad100
パフォーマンスモデル
カラー シルクゴールド
サイズ W305×D215×H14~16mm
重量 約1.24Kg
OS Windows 10 Home(64ビット)
CPU Core i7-8550U
(4コア8スレッド 1.8/最大4.0GHz)
メモリ 8GB(DDR3L-1866)
ストレージ 512GB SSD
グラフィクス UHD620(CPU内蔵)
ディスプレイ 13.3インチ、フルHD(1920×1080)、
IPS、グレア
インターフェース USB3.1 Type-C Gen.1×2、
USB3.1 Gen.1×2、
microSDスロット、
マイク入力/ヘッドフォン出力
光学ドライブ
カメラ 92万画素
キーボード 日本語キーボード
Wi-Fi IEEE802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth 4.2
保証 1年(最大3年)
価格 149,800円(税別)~
付属品 ・各種マニュアル
・電源アダプタ(165g)
・電源ケーブル(115g)

※2018年4月6日時点での内容です。製品仕様・販売価格については変更となる可能性があります。

外観

メリハリのある上品なデザイン

まずさわり心地が非常にグッド。アルミニウムボディに梨地加工がされており、見た目もさることながら、手になじむ感触が気持ちいいです。カラバリもピカピカのゴールドではなく、上品な淡いシルクゴールドというのもいいですね。

また、ラウンドフォルムとエッジを織り交ぜたデザインもメリハリがあり、見てて飽きないです。特にヒンジ部分のエッジ形状がかなり凝っており、さらに鏡面加工までするこだわりようです。

スピーカー部分の処理もオシャレ。タッチパッド部分はダイヤモンド加工までしているこだわりようです。

持ち運びに最適なコンパクトボディ

ボディサイズは、持ち運びしやすいということで最近人気沸騰中の13インチボディです。

この通りA4ファイルとほぼ同じなので、最薄14mmのスリムさもあいまって、カバンにサッと入れられます。さらに重さもわずか1.24Kgと超軽量で、電源アダプタとケーブル込みでも約1.5Kgと持ち運びもラクラク。

リフトアップヒンジ搭載

このモデルでは【リフトアップヒンジ】を搭載しています。リフトアップヒンジとは画面を開いたときに、ボディがせり上がるギミックのことです。

適度な傾斜ができるためタイピングしやすくなるほか、接地面とパソコンの間にすき間が空くことで、給排気がスムーズになり、冷却能力もアップします。

インターフェースは最小限

13インチかつスリムボディなだけあり、最小限です。13インチの例にもれず、光学ドライブは非搭載

USBは大容量給電に対応したUSB3.1 Gen.1を4ポート搭載。そのうち2つは小型・リバーシブルのType-Cポートとなっています。スリムモデルで省かれがちなSDスロット(microのみ対応)が付いているので、地味ながら便利ですね。

ちなみに、HDMIなどの画像出力端子はなく、Type-Cポートから画像出力することになります。Type-C対応ディスプレイやType-C・HDMI変換ケーブルなどが必要になり、ひと手間かかる点がネック。

ディスプレイ&キーボード

フレームレスディスプレイ×IPS

ディスプレイは13.3インチサイズで、持ち運びに最適なコンパクトさと見やすさを両立したサイズとして、最近人気のサイズです。

解像度は主流のフルHDで、発色に優れたIPSパネルを搭載しています。視野角も広くどこから見ても色むらがほとんどありません。光沢のあるグレアパネルとの相乗効果で、美麗な映像を楽しむことができます。動画鑑賞にも最適ですね。

また、ハイエンドモデルならではのフレームレスディスプレイとなっており、ベゼル幅が狭くとてもスタイリッシュ。このタイプだとWebカメラが下部に搭載されることが多いのですが、しっかり上部に搭載されており、自然な角度でチャットなどを楽しめます。

白色LED内蔵キーボード搭載

上位モデルらしくキーボードには白色LEDを内蔵しています。薄暗い場所でタイピングしやすくなるのはもちろん、なによりもオシャレですよね。ちなみに、ON/OFFはファンクションキーで切り替えられるようになっています。

キー配置は縦6列で、横幅も目一杯広げられており、【Enter】横にもキーが配置されています。配置そのものは素直で、キーピッチも19mmとゆとりがあり、キーストロークも浅すぎず深すぎず、打鍵感を楽しみつつ快適にタイピングできます。

タッチパッドも滑らかでカーソル操作も非常にスムーズ。また、クリックボタンも軽い力で反応し、動作音も小さく操作感はバツグン。キーボード・タッチパッドともにとても高い完成度となっています。

サウンドエンジン搭載

デンマークの高級オーディオメーカー【BANG & OLUFSEN】のサウンドエンジンを採用し、付属アプリで自分の好みのサウンドにチューニングできるようになっています。

ベンチマーク

各種ベンチマークソフトで実際の性能をチェックしてみました。

主なスペックですが、CPUには最新のインテル第8世代CPU・Core i7-8550Uを搭載しています。4コア8スレッドになり、前世代よりも30~40%もパワーアップしました。

8GBメモリに512GB SSDを搭載しており、サクサク快適に動作するスペックに仕上がっています。

PCMark 8

PCMark8は動画再生やブラウジング、ビデオチャット、画像・動画編集など、一般的なノートパソコンで想定される用途での性能を測るソフトです。

さすがに4コア8スレッドというだけあり、いずれのテストでも、一般的なノートPCを上回る非常に高いスコアをマークしています。クリエイティブテストでも頭一つ抜けており、動画や画像編集にも使えるスペックということがわかりますね。

実際の使用感も快適そのもの。PCの起動からブラウジング、アプリの操作にいたるまで、ラグ無しでやってのけます。

ドラクエ10

3Dゲームのベンチマークもチェックしてみましょう。軽めのゲームから順にチェックしていきます。

グラフィック品質にこだわらなければ、ノートPCでもプレイできるほどの軽さが特徴です。スコア5500以上で平均60fpsをキープし、滑らかにゲームを楽しめます。

前世代の内蔵グラフィックよりも性能が上がっていることもあり、ワンランク低いHD(1280×720)解像度にすれば最高品質で快適に動作します。フルHDだとさすがに厳しいですね。

PSO2

エピソード4にてグラフィック描写が「設定6」に引き上げられましたが、それでもやはり軽いことに変わりありません。スコア2700以上で平均60fpsをキープできます。

HD(1280×720)・設定6でもスコア2056とドラクエのようにはいかないです。

モンスターハンターフロンティアZ

こちらも軽めのゲームとなっており、スコア6000で平均60fpsをキープできますが、HD(1280×720)でもスコア4978とこちらも動かすには厳しい結果に。

FF14

毎度おなじみDirectX 11の重量系ベンチマークです。DirectX 11・フルHD・最高設定で、スコア7000以上の「非常に快適」をマークできれば、現行オンラインゲームを幅広くプレイできるスペックだと判断することができます。

結果はHD(1280×720)・標準品質でも「設定変更を推奨」と、どうにもならないレベル。ドラクエ以外は素直にゲーミングPCがおすすめ。

3DMARK

3DMARKは、グラフィックボードやCPUを含めたグラフィック能力を総合的に測定するベンチマークソフト。

DirectX 9(Ice Storm)・DirectX 10(Cloud Gate)・DirectX 11(Sky Diver/Fire Strike)、そして最新のDirectX 12(Time Spy)と、重量級から軽量級まで、それぞれの条件で測定することができます。

グラフィック機能の性能指標として、参考までにどうぞ。

CrystalDiskMark

【CrystalDiskMark】は、ストレージの読み書きの転送速度をチェックソフトです。ポイントはランダムデータ(4Kと書いてある項目)の転送速度。これが速いほど、ブラウジングやアプリの動作が速くなり、実用的なストレージといえます。

このモデルは512GB SSDのみ搭載しており、通常のSSDよりも4~5倍高速のNVMeタイプとなっています。実際測ってみると、シーケンシャルデータ(連続データ)の読み書きは爆速。さらにランダムデータの読み書きも速く、ポテンシャルがとても高いことがわかります。

温度

ドラクエ10実行時の温度を測定してみました。なお、室温は25℃です。

4コア8スレッドになり発熱も相応に上がっていますが負荷時でも60℃台をキープしており、しっかり冷却できています。

ファンコントロールもよくできており、通常時はほぼ音がしないレベルで、ピーク時でも必要以上にやかましくなりません。

バッテリー持続時間

「bbench」でバッテリーの持続時間を調べてみました。

条件は5つで、実際の使用感に近い設定にしています。

  • 電源設定:HP推奨
  • バックライト:40%
  • 10秒ごとにキー入力
  • 1分ごとに無線LAN経由でネット接続

結果は約3時間40分でした。3~4時間がおおよその目安と考えると、標準的なバッテリーの持ちですね。短いと思うかもしれませんが、Wi-Fi接続は意外と電力を消費するので、しっかり使うとこのくらいになってしまいます。

バッテリーの持ちを重視するのであれば、省電力モードにしましょう。

まとめ&おすすめモデル

全体の意匠からディスプレイやキーボードなど細部に至るまでデザインが徹底しており、HPのセンスの良さを感じる一台です。

また、最新世代のCore i7を搭載しているだけあり、動作も快適そのもの。ワンランク上の上品なモデルということであれば、まずおすすめしたいモデルです。

ちなみにブラウジングやオフィス作業などの軽いタスクであればCore i3搭載モデルでも十分です。以下おすすめモデルをまとめたので、比較してみてください。

【派生モデル】HP ENVY 13-ad000[ベーシックモデル]

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
13.3インチ フルHD グレア IPS
■CPU:Core i3-7100U
■メモリ:4GB(DDR3)
■グラフィック:HD620(CPU内蔵)
■ストレージ:SSD 256GB
■価格:82,800円(税別)~

おすすめポイント

前世代のCore i3を搭載しており、派生モデルという扱いですが、ボディは共通です。

ブラウジングや動画鑑賞、オフィス作業程度であれば最新CPUでなくとも、Core i3で十分!4GBメモリに256GB SSDを搭載しており、動作も快適そのもの。お財布に優しい価格も嬉しいですね。

シェアする

フォローする