国内のノートパソコン販売台数が回復傾向に その要因と今後の展望は?

全国の主要家電量販店・ネットショップからの実売データを収集し、集計している「BCNランキング」によると、2016年10月・12月・2017年1月~3月にノートPCの販売台数の実績が前年同月比を超え、Windows XP特需の2014年4月以来の回復傾向を見せています。さっそく内容をチェックしてみましょう。

スポンサードリンク

要因

つい先日の4月11日にWindows Vistaのサポートが終了したので、その買い替え需要多少なりとも影響していることが考えられます。

ちなみにWindows Vistaの日本におけるシェアは、2017年の時点で2.08%(StatCounter調べ)と雀のほどではありますが、台数で換算すると約14万台に相当するのでやはり因果関係はありそうです。

コンパクトモデルが躍進

XPの買い替え特需のころとは打って変わり、14インチ未満のコンパクトなモデルが躍進しています。中でも11.6インチや13.3インチの存在が目立ちます。

タイプも従来のクラムシェルタイプだけではなく、タブレットに変形したりする2 in 1タイプのものが多く出回るようになっています。

サイズは「13インチ台」のモデルが人気。14インチ未満での売れ筋を見てみると、2015年には「11インチ台」が3割で「13インチ台」が5割でしたが、今年の1月~3月だと「11インチ台」が2割で「13インチ台」が6割とかなり差がつくようになりました。ノートPC全体でのシェアも13インチ台は13.1%から16.1%に上昇しました。

重さは同じく14インチ未満での売れ筋を見てみると、3年前はわずか1.9%にすぎなかった「0.75kg未満」が、今年は6.0%に。「0.75kg以上1kg未満」の割合も増え、全体のほぼ3割が「1kg」未満になりました。

コンパクトながら画面は大きく、重さは軽いモデルが人気なのがわかります。実際13.3インチは超激戦ですからね。なによりサイズと重さのバランスがよく、特にサイズに関してはA4ファイルに相当するので、資料と同じ感覚で持ち運ぶことができます。

今後の展望

NECは2017年春モデルとして、大学生を意識したモデルを3種類発売しました。これは他の先進国に比べて自前のパソコンを持つ若者が少ないことを受けたもの。学生向けということで、いずれもおしゃれで持ち運びがしやすい点を重視しています。また一番下のモデルでは最安10万円強で購入でき、価格の安さもしっかりと考えられています。

さらに長期間使う場合に安心な充実した保証も魅力的。2017年春モデルとあわせて、長期の物損保証が登場しました。上限は10万円に限られますが、安い掛け金で最長で4年間の物損保証を受けることができます。

忘れてはいけないのがモバイルノートで一番売れているといわれるマイクロソフトのSurface Pro 4です。別売りのキーボード込みでも高いコスパが魅力の同機ですが、今年1月の価格改定とペンなしのエントリーモデルを追加し、さらにコスパに磨きがかかり、怒涛の攻勢をかけています。

このように、まだパソコンを持たない大学生や新社会人を取り込むため「おしゃれ・軽い・安い」の3本柱に、「充実した保証」を加えた4本柱を軸とした商品展開がキーになるものと思われます。

さらにLTEモデル用のMVNOのデータ通信専用プランの低料金化や、長居を歓迎する電源・Wi-Fiありカフェの増加など、持ち歩き要素を十分生かせるような環境づくりも重要になりそうです。

まとめ

パソコン業界の明るい話題といえば、2017年1月のデスクトップパソコン・ノートパソコン・タブレットの販売台数の伸び率(前年同月比)が103.5%となり、2014年4月以来プラスになったニュースがありました。

デスクトップよりもノートパソコンのシェアが高いので、この流れを維持できればパソコン業界全体が低空飛行状態から脱出できるかもしれませんね。ただデスクトップはともかく、タブレットがとにかく心配の種ではありますが…。

スポンサードリンク

シェアする

フォローする