サイコムのおすすめゲーミングPC ~G-Master Hydro デュアル水冷編

公式サイト 

こだわりのBTOメーカー、サイコムが誇るこだわりのゲーミングPC「G-Masterシリーズ」の中で、格段に冷却性能が高く、静音性に優れた【Hydro デュアル水冷モデル】をチェックしてみましょう。

サイコムのショップ情報はこちら

Sycom(サイコム)のショップ情報とおすすめゲーミングPC
公式サイト 他社とは一線を画す、知る人ぞ知るいぶし銀のBTOメーカー。ゲーミングPCのラインナップは「Masterシリーズ」です。...

デュアル水冷とは?

デュアル水冷とは、CPUとグラフィックボードを水冷式の冷却ユニットで冷やす方式のことです。

水枕・ポンプ・ラジエーター(ファン)・チューブで構成され、内部に冷却液が充填されています。CPUやGPUに設置した水枕から熱を吸収し、ポンプで冷却液を循環させ、ラジエーターに熱を移動・発散する仕組みです。

空冷式のCPUクーラーよりも冷却能力が高く、ピーク時には標準の小型クーラーよりも20~30℃ほど低く冷却します。その分ファンの回転数も抑えられ、冷える上に静か。一石二鳥の冷却システムです。

Asetek社の水冷式CPUクーラーを採用

サイコムでは、水冷のパイオニアともいえるAsetek社製の水冷ユニットを採用しています。

グラボの水冷ユニットは、低騒音のEnermax社製12cmファンとラジエーターで構成された【740GN】を搭載。グラボ側のファンとあわせて、GPUだけでなくメモリや電源周りもしっかり冷却できるようになっています。

CPUの水冷ユニットは、BTOマシンで定番の【550LC】を標準搭載しています。こちらもEnermax社製12cmファンとラジエーターで構成されており、従来の空冷ファンと比較して、格段に冷却性能と静音性が向上しています。

さらに、グラフィックボードには輸送中の破損防止対策として、カードキーパー(固定具)が標準装備されています。このあたりの細やかさもうれしいですね。

G-Master Hydro Z370

公式サイト 

モデルの特徴デュアル水冷ならまず選びたい静音モデル】

icon-info-circle モデルの構成・価格は日々変動するので、参考までにご覧ください。

標準構成

  • CPU:Core i7-8700K [3.70GHz/6Core/HT/UHD630/TDP95W]
  • CPUファン:サイコムオリジナルAsetek 550LC + Enermax UCTB12P
  • マザーボード:ASRock Z370 Extreme4 [Intel Z370chipset]
  • メモリ:8GB[4GB*2枚] DDR4-2400 [メジャーチップ・8層基板]
  • グラボ:GeForce GTX1070Ti 8GB+Asetek 740GN水冷+Enermax UCTB12
  • ストレージ:Crucial CT500MX500SSD1 [SSD 500GB]
  • 電源:SilverStone SST-ST75F-GS V2 [750W/80PLUS Gold]
  • 価格:246,990円(税込)~

初期構成はCore i7×GTX 1070 Tiの4K入門推奨スペックになっています。メモリは8GB、ストレージは500GBのSSDのみのシンプル構成です。

ケース

ケースは静音ケースでは定番のFractal Design製ミドルタワーケース【Define R5】を採用。前面やサイドパネルに高密度吸音材を搭載し、防音性に優れています。フラットでシンプルなデザインも人気の秘密です。

このモデルでは天板部分にもラジエーターを搭載するので、ほこり対策としてサイコム独自の防塵フィルタを取り付けています。フロントと底面のフィルタと合わせて、ほこり対策も万全!

ミドルタワーモデルながら拡張性がとんでもなく高く、HDDは最大8台、SSDなら最大10台も搭載できます。もちろんツールレス設計で、HDDのトレイやサイドパネルはワンタッチで収納可能です。購入後のパーツの交換や増設もカンタン。

さらにフロントと天板部分のファンは、フロントのスイッチで回転数を調整でき、限りなく静音に近づけることも可能です。

パーツ

インテルの最新CPUとなる、第8世代「Coffee Lake-S」のCore iシリーズを搭載。前世代よりもコア数が増え、性能が約30~40%と飛躍的に向上しています。特にマルチタスクに強くなり、ゲームをしながら録画・配信するような場面で真価を発揮します。

ストレージはおなじみCrucial製【MX500シリーズ】の500GBモデルを搭載しています。読み書きがムラなく速く、ド安定の性能で定評があります。「SSDといえばまずこれ」といっても過言ではありません。

マザーボードは【Asrock Z370 Extreme4】を搭載。ATXサイズの大型のマザーボードで、拡張性に優れています。

ミドルクラスのマザーボードということで、エントリークラスのものよりも機能が充実しています。インテル製LANチップやUSB 3.1(Type-C)、2基のM.2スロットを搭載。もちろんSLI(グラボ2枚構成)にも対応しており、基本的な装備はバッチリ。

さらに独自のサウンドエンジン「Purity Sound 4」で迫力あるサウンドを楽しめるほか、グラボのスロットをスチール製にし、重量級のグラボをしっかり支える堅牢性を確保しています。また、LEDイルミネーションも搭載しているので、アクリルパネルだとさらに楽しめます。

また、電源も高品質のSilver Stone製750Wゴールドクラス電源を搭載。最大90%の電力変換効率を誇り、省エネ・低発熱の優れもの。全ケーブルが脱着可能なフルモジュラー式なので、使わないケーブルは取り外すことでケース内はスッキリ。エアフローもスムーズです。

おすすめカスタマイズ

CPUがモデルのベース金額
・グラボをカスタマイズしてさらに高性能なモデルに変更可
HDDが非搭載なので、カスタマイズをお忘れなく

CPU [モデルのベース金額]

ゲーム+録画・配信、さらに動画編集など、マルチタスクではCPUのコア・スレッド数がパフォーマンスに直結するので、基本的には6コア12スレッドのCore i7がおすすめです。

ただし、ゲームオンリーかつ予算重視ということであれば6コアのCore i5でもOK。やはりコア数の増加が効いており、前世代のCore i7に匹敵する性能になりました。

モデル価格

 Core i7

・Intel Core i7-8700 [3.20GHz/6Core/HT/UHD630/TDP65W]【251,180円(税込)】
→Core i7-8700Kとの性能差は約10%程度。価格差も小さく、また「K」付きのCPUではオーバークロックに対応しているので、Core i7-8700Kがおすすめ。

 Core i5

・Intel Core i5-8600K [3.60GHz/6Core/UHD630/TDP95W]【240,980円(税込)】
・Intel Core i5-8400 [2.80GHz/6Core/UHD630/TDP65W]【230,770円(税込)】
→両者の差は約25%と大きく、またオーバークロックにも対応しているので、Core i5-8600Kがおすすめ。しかし、ゲームでは目に見えて差が出ないので、さらに予算を抑えたいのであれば、Core i5-8400でも十分です。

マザーボード

CPUやメモリなどの各パーツを搭載する基盤。標準モデルでも最低限のポイントをおさえていますが、こだわるのであれば、よりゲームに特化したものを選びたいものです。

おすすめカスタマイズ

高い品質・信頼性で定評のあるASUS製マザーボードがおすすめ。

・ASUS ROG STRIX Z370F GAMING

→熱くなりがちなM.2 SSDを冷やすためのヒートシンクが搭載されており、拡張スロットも金属プレートで補強され、とても頑丈。

また、独自のサウンドエンジンとゲーミングに特化したオーディオ機能のほか、イルミネーション機能【AURA RGB】も搭載。さらに【AURA Sync】に対応したグラボにカスタマイズすることで、イルミネーションを同調させることも可能です。

ケース

ケースはブラックのほか、ホワイトも選択できます。ホワイトはスタイリッシュなので、ちょっとしたインテリアにもなります。

そして、ブラック・ホワイトいずれもアクリルパネルに変更することができ、パソコンとして使うだけではなく、内部をのぞく楽しみも味わうことができます。

おすすめカスタマイズ

・【黒・アクリル】Fractal Design DEFINE R5 Black Window
・【白】Fractal Design DEFINE R5 White
・【白・アクリル】Fractal Design DEFINE R5 White Window

ケースオプション(内部LED電飾)

サイドパネルをアクリル仕様にすると、内部が見えるようになります。ただ、デフォルトだと内部がまっ暗で見栄えが悪いので、LED電飾を入れるのがおすすめ。その差は一目瞭然、とても華やかになります。

おすすめカスタマイズ

・内部LED発光システム (LED ILLUMINACION 切り替えリモコン付属)
→サイズ製の定番モデルですね。リモコンで16色に変更でき、明るさや発光パターンを変えることもできます。

サイコム共通カスタマイズ

HDDやメモリなど、その他パーツのおすすめカスタマイズはこちらをチェック

サイコムのおすすめカスタマイズを徹底解説!
サイコムのおすすめカスタマイズを、かんたんなパーツの説明とともにご紹介。自分好みの一台に仕上げて、快適なゲームライフを楽しみましょう! ...

G-Master Hydro Mini-ITX

公式サイト 

モデルの特徴

icon-info-circle モデルの構成・価格は日々変動するので、参考までにご覧ください。

標準構成

  • CPU:Core i7-8700K [3.70GHz/6Core/HT/UHD630/TDP95W]
  • CPUファン:Asetek 550LC + Enermax UCTB12P
  • マザーボード:ASRock Z370M-ITX/ac [Intel Z370chipset]
  • メモリ:8GB[4GB*2枚] DDR4-2400 [メジャーチップ・8層基板]
  • グラボ:GeForce GTX1070Ti 8GB+Asetek 740GN水冷+Enermax UCTB12
  • ストレージ:Crucial CT500MX500SSD1 [SSD 500GB]
  • 電源:SilverStone SST-ST75F-GS V2 [750W/80PLUS Gold]
  • 価格:246,990円(税込)~

初期構成はCore i7×GTX 1070 Tiの4K入門推奨スペックになっています。メモリは8GB、ストレージは500GBのSSDのみのシンプル構成です。

ケース

知る人ぞ知るオランダのメーカーPhanteks製コンパクトケース【ENTHOO EVOLV ITX】を採用。そもそもこのメーカーのケースを採用したことに驚き。ついついにやけてしまいますね。

メタルボディの高級感あふれる、独特な意匠のケースが魅力的です。その小ささは一目瞭然で、机の上に置いても威圧感はありません。オシャレで静か、そしてパワフルと3点そろった魅力的なモデルです。

もちろん見た目のよさだけではなく、カスタマイズ性も高くなっており、コンパクトながら使いやすいケースに仕上がっています。奥行き約39cmながら、33cmまでの長いグラボを搭載することができ、さらにフル規格のATX電源を搭載することもできようになっています。

コンパクトケースということもあり、拡張性は最低限。2.5インチベイが1基に3.5インチベイが2基、そして付属の拡張ケージで1基追加できます。なお、このモデルでも光学ドライブ用のベイは非搭載です。

前面に20cmの大型ファン、後部に14cmファンが搭載されており、エアフローがスムーズで内部に熱がこもらないようになっています。吸気が多い正圧構成なので、ケース内部の気圧が高く、ほこりが入りにくいのもポイントです。

このモデルでは左サイドパネルがアクリル仕様になっており、内部が見えるようになっています。LEDの電飾を入れると幻想的になるので、ぜひカスタマイズして内部を見て楽しみましょう!

もちろんほこり対策もばっちりで、前面と底面にはダストフィルターが取り付けられています。ワンタッチで取り外せるので、清掃もかんたんにできます。

パーツ

インテルの最新CPUとなる、第8世代「Coffee Lake-S」のCore iシリーズを搭載。前世代よりもコア数が増え、性能が約30~40%と飛躍的に向上しています。特にマルチタスクに強くなり、ゲームをしながら録画・配信するような場面で真価を発揮します。

ストレージはおなじみCrucial製【MX500シリーズ】の500GBモデルを搭載しています。読み書きがムラなく速く、ド安定の性能で定評があります。「SSDといえばまずこれ」といっても過言ではありません。

コンパクトケースなので、マザーボードは超小型のMini-ITX「Z370M-ITX/ac」を搭載。

小型ながらも、M.2スロットインテル製LANチップ搭載。ac規格の無線LANにも対応しており、無線環境で手軽に使うこともできます。耐久性についてもアルミ製の個体コンデンサを採用し、さらに電源周りも強化されており、とても頑丈です。

また、電源も高品質のSilver Stone製750Wゴールドクラス電源を搭載。全ケーブルが脱着可能なフルモジュラー式なので、使わないケーブルは取り外すことができ、ケース内がケーブルでかさばることがありません。

おすすめカスタマイズ

CPUがモデルのベース金額
・グラボをカスタマイズしてさらに高性能なモデルに変更可
HDD・光学ドライブは非搭載。特にHDDのカスタマイズをお忘れなく

CPU [モデルのベース金額]

ゲーム+録画・配信、さらに動画編集など、マルチタスクではCPUのコア・スレッド数がパフォーマンスに直結するので、基本的には6コア12スレッドのCore i7がおすすめです。

ただし、ゲームオンリーかつ予算重視ということであれば6コアのCore i5でもOK。やはりコア数の増加が効いており、前世代のCore i7に匹敵する性能になりました。

モデル価格

 Core i7

・Intel Core i7-8700 [3.20GHz/6Core/HT/UHD630/TDP65W]【243,940円(税込)】
→Core i7-8700Kとの性能差は約10%程度。価格差も小さく、また「K」付きのCPUではオーバークロックに対応しているので、Core i7-8700Kがおすすめ。

 Core i5

・Intel Core i5-8600K [3.60GHz/6Core/UHD630/TDP95W]【233,740円(税込)】
・Intel Core i5-8400 [2.80GHz/6Core/UHD630/TDP65W]【223,530円(税込)】
→両者の差は約25%と大きく、またオーバークロックにも対応しているので、Core i5-8600Kがおすすめ。しかし、ゲームでは目に見えて差が出ないので、さらに予算を抑えたいのであれば、Core i5-8400でも十分です。

ケース

ケースのカラーはホワイトとブラックの2種類です。ホワイトはとてもスタイリッシュに見えてかっこいいですが、ブラックも捨てがたいですね。やはり引き締まった印象を受けますし、レッドのアクセントカラーでいかにもゲーミングモデルらしくなります。

おすすめカスタマイズ

ブラックのみカスタマイズ可能です。

・【黒】Phanteks Enthoo Evolv ITX

ケースオプション(内部LED電飾)

サイドパネルがアクリル仕様で、内部が見えるようになっています。デフォルトだと内部がまっ暗で見栄えが悪いので、LED電飾を入れるのがおすすめ。その差は一目瞭然、とても華やかになります。

おすすめカスタマイズ

・内部LED発光システム (LED ILLUMINACION 切り替えリモコン付属)
→サイズ製の定番モデルですね。リモコンで16色に変更でき、明るさや発光パターンを変えることもできます。

サイコム共通カスタマイズ

HDDやメモリなど、その他パーツのおすすめカスタマイズはこちらをチェック

サイコムのおすすめカスタマイズを徹底解説!
サイコムのおすすめカスタマイズを、かんたんなパーツの説明とともにご紹介。自分好みの一台に仕上げて、快適なゲームライフを楽しみましょう! ...

関連リンク

サイコムのショップ情報とゲーミングモデルをチェック

ほかのショップもチェック

あわせて知りたい

icon-exclamation-circleおトクなセール情報もチェック!

パソコン工房のゲーミングPCセール情報 格安モデルがさらに安く!
公式サイトicon-external-link BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップ...
ドスパラのゲーミングPCセール情報 無料アップグレードでコスパUP!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感...
G-TuneのゲーミングPCセール情報 おトクな格安モデルをお見逃しなく!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感...
ツクモのゲーミングPCセール情報 自作クオリティのおトクなモデルをご紹介!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお...

シェアする

フォローする