サイコムのおすすめゲーミングPC ~G-Master Standard Model編

サイコムが誇るこだわりのゲーミングPC「G-Masterシリーズ」の中で、一番コスパが高く、売れ筋の【Standard Model】をチェックしてみましょう。

スポンサードリンク

  サイコムのショップ情報はこちら

Sycom(サイコム)のショップ情報とおすすめゲーミングPCランキング
公式サイト   他社とは一線を画す、知る人ぞ知るいぶし銀のBTOメーカー。ゲーミングPCのラインナップは「Masterシリーズ」です。...

G-Master Spear Z370

公式サイト  

モデルの特徴【サイコムでは人気NO.1】

標準構成

  • CPU:Core i7-8700K [3.80GHz/4Core/HD630/TDP91W] 
  • CPUファン:CoolerMaster Hyper 212EVO RR-212E-20PK-J1
  • ASRock Z370 Pro4 [Intel Z370chipset]
  • メモリ:8GB[4GB*2枚] DDR4 PC4-19200
  • グラボ:GeForce GTX1060 6GB GIGABYTE製 GV-N1060IXOC-6GD
  • ストレージ:Crucial CT525MX300SSD1 [SSD 525GB]
  • 電源:SilverStone SST-ST75F-GS V2 [750W/80PLUS Gold]
  • 価格:173,010円(税込)~

ケース

自作で大人気のCOOLER MASTER製「CM690 III」を採用。ワイドボディの空間は広々しており、前面のメッシュ加工で通気性は抜群です。また、配線を裏に回すスペースも設けられており、内部はスッキリ。より高いエアフローを確保しています。

もちろん拡張性も高く、光学ドライブやSSDのトレイはワンタッチで収納可能です。購入後のパーツの交換や増設もカンタン。

性能

初期構成はCore i7×GTX 1060のフルHD推奨スペックになっています。メモリは8GB、ストレージは525GBのSSDのみです。

インテルの最新CPUとなる、第8世代「Coffee Lake-S」のCore iシリーズを搭載。前世代よりもコア数が増え、性能が飛躍的に向上しています。特にマルチタスクに強くなり、ゲームをしながら録画・配信するような場面で真価を発揮します。

また、電源も高品質のSilver Stone製750Wゴールドクラス電源を搭載。全ケーブルが脱着可能なフルモジュラー式なので、使わないケーブルは取り外すことができ、ケース内がケーブルでかさばることがありません。

マザーボードは「Asrock Z370 Pro4」を搭載。ATXサイズの大型のマザーボードで、拡張性に優れています。

スタンダードモデルながら、インテル製LANチップやUSB 3.1(Type-C)、2基のM.2スロットを搭載。

その他のパーツもオーソドックスながら実用的なチョイスですので、HDDさえ追加すれば十分使えます。

おすすめカスタマイズ

CPUがモデルのベース金額
・グラボをカスタマイズしてさらに高性能なモデルに変更可
OSとHDDが非搭載なので、カスタマイズをお忘れなく

CPU [モデルのベース金額]

ゲームオンリーかつ予算重視ということであればCore i5でもOK。やはりコア数の増加が効いており、前世代のCore i7に匹敵する性能になりました。なお録画・配信性能を重視するのであれば、素直にCore i7を選びましょう。

・Intel Core i5-8400 [2.80GHz/6Core/UHD630/TDP65W] 【145,790円(税込)】
・Intel Core i5-8600K [3.60GHz/6Core/UHD630/TDP95W]【156,000円(税込)】
→両者の差は約25%となっており、少しでも性能にこだわるのであれば、Core i5-8600Kを選びましょう。しかし、ゲームでは目に見えて差が出ないので、さらに予算を抑えたいのであれば、Core i5-8400でも十分です。

CPUグリス

CPUとCPUクーラの間に塗布して熱伝導率を高めるもの。特にCore i7-8700Kは前世代に比べると発熱が高いので、変更がおすすめ。

・Arctic Silver AS-05 [高密度微粒子、高熱伝導率タイプ]【+1,840円(税込)】
→定番のシルバーグリス。ノーマルのものより2~3℃ほど温度が下がります。

CPUファン

その名の通り、CPUを冷却するパーツです。標準搭載のモデルでも十分ですが、より高い冷却性能と静音性を求めるのであれば、変更がおすすめ。オーバークロックするのであれば、水冷式を選びましょう。※オーバークロックによる故障は保証対象外です。

  空冷式
・Noctua NH-U14S [空冷/CPUファン]【+3,180円(税込)】
→玄人御用達の老舗メーカー「Nocture」製のモデル。精度の高いヒートシンクに、低ノイズの14cm大口径ファンを搭載。水冷式に匹敵する冷却性能を発揮します。※高性能のCPUグリスが付属するので、グリスをカスタマイズする必要はありません。

  水冷式
・Corsair H100i V2 (CW-9060025-WW) [水冷ユニット]【+12,130円(税込)】
→24cmの大型ラジエーターを搭載し、小型ラジエータータイプに比べ、ピーク時にはさらに10℃以上低く冷却が可能です。通常用途では必要ありませんが、オーバークロックでハードに使い込むのであればおすすめ。

マザーボード

CPUやメモリなどの各パーツを搭載する基盤。標準モデルでも最低限のポイントをおさえていますが、こだわるのであれば、よりゲームに特化したものを選びたいものです。

・ASUS ROG STRIX Z370F GAMING【+10,510円(税込)】
→熱くなりがちなM.2 SSDを冷やすためのヒートシンクが搭載されており、拡張スロットも金属プレートで補強され、とても頑丈。また、独自のサウンドエンジンとゲーミングに特化したオーディオ機能を搭載し、足音で敵の居場所がわかる「オーディオレーダー」でゲームを有利に展開できます。

メモリ

WQHDや4Kといった高解像度でゲームする場合には、8GBメモリだと容量に不安があります。最低でも16GBにカスタマイズしておきましょう。

・16GB[8GB*2枚] Crucial Ballistix Sports LT DDR4-2400【+9,940円(税込)】
・32GB[16GB*2枚] Crucial Ballistix Sports LT DDR4-2400【+22,870円(税込)】
→Crucial製の高品質メモリです。ヒートスプレッダという金属製の放熱板がついているので、メモリチップの熱を効率的に発散できるようになっています。

SSD

OSがインストールされているドライブです。容量を1TBに増やす、また通常のSSDよりも4~5倍速いNVMeタイプのSSDにカスタイズするのもありですが、ゲームではその違いをほぼ体感できないので、無理に変更する必要はありません。

  通常タイプ
・WesternDigital WD Blue WDS100T1B0A [SSD 1TB]【+22,590円(税込)】

  NVMeタイプ
・PLEXTOR PX-512M8SeG [M.2 PCI-E SSD 512GB]【+8,580円(税込)】5,000円引き!
・PLEXTOR PX-1TM8PeG-08 [M.2 PCI-E SSD 1TB]【+37,700円(税込)】
→どちらも転送速度に定評のあるモデルとなっています。その分高めですが、どうせ変更するならこのクラスのものを選びたいものです。

増設SSD

最近のゲームは数十GBなんて容量はざらなので、メインのSSDとは別にゲーム専用のSSDを追加した方が長期的にみると安心です。

・Crucial CT525MX300SSD1 [SSD 525GB]【+21,900円(税込)】
・WesternDigital WD Blue WDS100T1B0A [SSD 1TB]【+44,490円(税込)】

増設HDD

このモデルではデータ用のHDDが非搭載なので、忘れずに入れておくようにしましょう。通常なら2・3TBもあれば十分ですが、録画などをするならさらに大容量のものを選んでもいいでしょう。

  通常タイプ
・Seagate ST2000DM006 [2TB 7200rpm 64MB]【+8,980円(税込)】
・Seagate ST3000DM008 [3TB 7200rpm 64MB]【+9,320円(税込)】

  高品質タイプ
・TOSHIBA MD04ACA200 [高信頼 2TB 7200rpm 128MB]【+11,020円(税込)】
・TOSHIBA MD04ACA300 [高信頼 3TB 7200rpm 128MB]【+12,510円(税込)】
→サーバーグレードの耐久性・信頼性を誇る、東芝製のHDDです。

グラフィックボード

標準で搭載されているのはGTX 1060のショート基盤モデルで、搭載ファンが1基のみと、やや冷却に難ありです。せっかくなので、冷却面で定評のあるモデルを選びたいものです。

・GTX1060 6GB MSI製 GeForce GTX1060 GAMING X 6G【+7,080円(税込)】
・GTX1070 8GB MSI製 GeForce GTX1070 GAMING X 8G【在庫切れ】
・GTX1080 8GB MSI製 GeForce GTX1080 GAMING X 8G【在庫切れ】
・GTX1080Ti 11GB MSI製 GeForce GTX 1080Ti GAMING X 11G【+81,380円(税込)】
→自作PCではおなじみのMSI製「Twin Frozr VI」ですね。独自の「トルクスファン」を2基搭載し、とても静かで、冷却性能も非常に高くなっています。

※人気モデルのため、在庫切れのことがしばしば。その場合は同じくMSI製の「ARMOR」シリーズがおすすめ。下位モデルながらトルクスファンを搭載し、冷却も性能もほぼ互角の性能です。

電源

電源は最初から高品質のモデルが搭載されており、無理に変更する必要はありません。将来ハイエンドのグラボをSLI構成(2枚)にするのであれば、容量を上げるのもいいでしょう。

・Corsair RM850x [850W/80PLUS Gold]【+8,950円(税込)】
・Corsair HX850i [850W/80PLUS Platinum]【+14,230円(税込)】
→安心と信頼のCorsair製電源です。自作PCでは大人気の定番モデルで、とりあえずこれを入れておけば間違いありません。SLI構成でも容量は850Wもあれば十分。より省エネで長寿命なものということであれば、プラチナクラスをおすすめします。

OS

・Windows10 Home (64bit) DSP版【+17,240円(税込)】
・Windows10 Home (64bit) DSP版【+24,430円(税込)】

G-Master Spear Z370-Mini

公式サイト  

モデルの特徴

標準構成

  • CPU:Core i7-8700K [3.80GHz/4Core/HD630/TDP91W] 
  • CPUファン:CoolerMaster Hyper 212EVO RR-212E-20PK-J1
  • マザーボード:ASRock Z370M Pro4 [Intel Z370chipset]
  • メモリ:8GB[4GB*2枚] DDR4 PC4-19200
  • グラボ:GeForce GTX1060 6GB GIGABYTE製 GV-N1060IXOC-6GD
  • ストレージ:Crucial CT525MX300SSD1 [SSD 525GB]
  • 電源:SilverStone SST-ST75F-GS V2 [750W/80PLUS Gold]
  • 価格:168,030円(税込)~

ケース

静音ケースでは定番のFractal Design製ミニタワーケース「Define Mini C」を採用。フロントやサイドパネルに高密度吸音材を搭載し、防音性に優れています。フラットでシンプルなデザインも人気の秘密です。

このモデルでは左サイドパネルがアクリル仕様になっており、内部が見えるようになっています。内部を見てどうするのか…というと、ニヤニヤできます。LEDの電飾を入れるとさらに見栄えがよくなります。欧米では流行りのスタイルなので、ぜひ入れてあげましょう!

ミニタワーケースということもあり、拡張性はそこそこ。それでもHDDは最大2台、SSDなら最大5台も搭載できます。もちろんHDDやSSDのスペースはケース背面や底面に搭載されており、エアフローがスムーズになるように工夫されています。

注意点は5インチベイが非搭載ということ。見た目重視ということで、今はやりのスタイルです。オンラインコンテンツが増えた現在では、ディスクにこだわる必要もなく、無ければ無いでなんとかなりますからね。

もちろんほこり対策もばっちりで、前面と底面にはダストフィルターが取り付けられています。ワンタッチで取り外せるので、清掃もかんたんにできます。

性能

このモデルでも初期構成はCore i7×GTX 1060のフルHD推奨スペックになっています。メモリは8GB、ストレージは525GBのSSDのみです。

インテルの最新CPUとなる、第8世代「Coffee Lake-S」のCore iシリーズを搭載。前世代よりもコア数が増え、性能が飛躍的に向上しています。特にマルチタスクに強くなり、ゲームをしながら録画・配信するような場面で真価を発揮します。

また、電源も高品質のSilver Stone製750Wゴールドクラス電源を搭載。全ケーブルが脱着可能なフルモジュラー式なので、使わないケーブルは取り外すことができ、ケース内がケーブルでかさばることがありません。

ミニタワーケースということもあり、マザーボードはやや小さめとなるMicro-ATX「Asrock Z370M Pro4」を搭載。「Asrock Z370 Pro4」を一回り小さくしたマザーボードです。

小型ながらも、2基のM.2スロットを備え、インテル製LANチップやUSB 3.1(Type-C)も搭載しており、充実した内容となっています。

その他のパーツもオーソドックスながら実用的なチョイスですので、HDDさえ追加すれば十分使えます。

おすすめカスタマイズ

CPUがモデルのベース金額
・グラボをカスタマイズしてさらに高性能なモデルに変更可
OSとHDDが非搭載なので、カスタマイズをお忘れなく

CPU [モデルのベース金額]

ゲームオンリーかつ予算重視ということであればCore i5でもOK。やはりコア数の増加が効いており、前世代のCore i7に匹敵する性能になりました。なお録画・配信性能を重視するのであれば、素直にCore i7を選びましょう。

・Intel Core i5-8400 [2.80GHz/6Core/UHD630/TDP65W] 【140,810円(税込)】
・Intel Core i5-8600K [3.60GHz/6Core/UHD630/TDP95W]【151,020円(税込)】
→両者の差は約25%となっており、少しでも性能にこだわるのであれば、Core i5-8600Kを選びましょう。しかし、ゲームでは目に見えて差が出ないので、さらに予算を抑えたいのであれば、Core i5-8400でも十分です。

CPUグリス

CPUとCPUクーラの間に塗布して熱伝導率を高めるもの。特にCore i7-8700Kは前世代に比べると発熱が高いので、変更がおすすめ。

・Arctic Silver AS-05 [高密度微粒子、高熱伝導率タイプ]【+1,840円(税込)】
→定番のシルバーグリス。ノーマルのものより2~3℃ほど温度が下がります。

CPUファン

その名の通り、CPUを冷却するパーツです。ラインナップの性能が大差ないため、標準搭載のモデルでも十分です。より高い静音性を求めるのであれば、変更してもいいでしょう。

・Noctua NH-U12S [空冷/CPUファン]【+2,210円(税込)】
→玄人御用達の老舗メーカー「Nocture」製のモデル。精度の高いヒートシンクに、低ノイズの12cmファンを搭載しているので、静かです。※高性能のCPUグリスが付属するので、グリスをカスタマイズする必要はありません。

メモリ

WQHDや4Kといった高解像度でゲームする場合には8GBメモリだと容量に不安があります。最低でも16GBにカスタマイズしておきましょう。

・16GB[8GB*2枚] Crucial Ballistix Sports LT DDR4-2400【+9,940円(税込)】
・32GB[16GB*2枚] Crucial Ballistix Sports LT DDR4-2400【+22,870円(税込)】
→Crucial製の高品質メモリです。ヒートスプレッダという金属製の放熱板がついているので、メモリチップの熱を効率的に発散できるようになっています。

SSD

OSがインストールされているドライブです。容量を1TBに増やす、また通常のSSDよりも4~5倍速いNVMeタイプのSSDにカスタイズするのもありですが、ゲームではその違いをほぼ体感できないので、無理に変更する必要はありません。

  通常タイプ
・WesternDigital WD Blue WDS100T1B0A [SSD 1TB]【+22,590円(税込)】

  NVMeタイプ
・PLEXTOR PX-512M8SeG [M.2 PCI-E SSD 512GB]【+8,580円(税込)】5,000円引き!
・PLEXTOR PX-1TM8PeG-08 [M.2 PCI-E SSD 1TB]【+42,190円(税込)】
→どちらも転送速度に定評のあるモデルとなっています。その分高めですが、どうせ変更するならこのクラスのものを選びたいものです。

増設HDD

このモデルではデータ用のHDDが非搭載なので、忘れずに入れておくようにしましょう。通常なら2・3TBもあれば十分ですが、録画などをするならさらに大容量のものを選んでもいいでしょう。

  通常タイプ
・Seagate ST2000DM006 [2TB 7200rpm 64MB]【+8,980円(税込)】
・Seagate ST3000DM008 [3TB 7200rpm 64MB]【+9,320円(税込)】

  高品質タイプ
・TOSHIBA MD04ACA200 [高信頼 2TB 7200rpm 128MB]【+11,020円(税込)】
・TOSHIBA MD04ACA300 [高信頼 3TB 7200rpm 128MB]【+12,510円(税込)】
→サーバーグレードの耐久性・信頼性を誇る、東芝製のHDDです。

グラフィックボード

標準で搭載されているのはGTX 1060のショート基盤モデルで、搭載ファンが1基のみと、やや冷却に難ありです。せっかくなので、冷却面で定評のあるモデルを選びたいものです。

・GTX1060 6GB MSI製 GeForce GTX1060 GAMING X 6G【+7,080円(税込)】
・GTX1070 8GB MSI製 GeForce GTX1070 GAMING X 8G【在庫切れ】
・GTX1080 8GB MSI製 GeForce GTX1080 GAMING X 8G【在庫切れ】
・GTX1080Ti 11GB MSI製 GeForce GTX 1080Ti GAMING X 11G【+81,380円(税込)】
→自作PCではおなじみのMSI製「Twin Frozr VI」ですね。独自の「トルクスファン」を2基搭載し、とても静かで、冷却性能も非常に高くなっています。

※人気モデルのため、在庫切れのことがしばしば。その場合は同じくMSI製の「ARMOR」シリーズがおすすめ。下位モデルながらトルクスファンを搭載し、冷却も性能もほぼ互角の性能です。

ケースオプション(内部LED電飾)

サイドパネルがアクリル仕様で、内部が見えるようになっています。デフォルトだと内部がまっ暗で見栄えが悪いので、LED電飾を入れるのがおすすめ。その差は一目瞭然、とても華やかになります。

・内部LED発光システム (LED ILLUMINACION 切り替えリモコン付属)【+2,450円(税込)】
→サイズ製の定番モデルですね。リモコンで16色に変更でき、明るさや発光パターンを変えることもできます。

電源

電源は最初から高品質のモデルが搭載されており、無理に変更する必要はありません。将来ハイエンドのグラボをSLI構成(2枚)にするのであれば、容量を上げるのもいいでしょう。

・Corsair HX850i [850W/80PLUS Platinum]【+14,230円(税込)】
→自作で大人気!安心と信頼のCorsair製電源です。最大92%の変換効率を誇るプラチナクラス電源で、さらに省エネで低発熱。SLIでも容量は850Wもあれば十分

OS

・Windows10 Home (64bit) DSP版【+17,240円(税込)】
・Windows10 Home (64bit) DSP版【+24,430円(税込)】

関連リンク

サイコムのショップ情報とゲーミングモデルをチェック

ほかのショップもチェック

あわせて知りたい

 icon-exclamation-circle おトクなセール情報もチェック!

パソコン工房のゲーミングPCセール情報 格安モデルがさらに安く!
公式サイト icon-external-link  BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などな...
ドスパラのゲーミングPCセール情報 無料アップグレードでコスパUP!
公式サイト   BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きも...
G-TuneのゲーミングPCセール情報 おトクな格安モデルをお見逃しなく!
G-Tuneでは現在、12月25日まで最新のCore i7×GTX 1080モデルを超特価で販売中です。かなり魅力的なお値段なのでお...
ツクモのゲーミングPCセール情報 自作クオリティのおトクなモデルをご紹介!
公式ページ   BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きも...
スポンサードリンク

シェアする

フォローする